ほっこり 知恵袋

三軒茶屋の歯医者さん 下馬デンタルクリニックのブログです。詳しくはこちら⇒http://shimouma-dentalclinic.jp/


テーマ:
第19回認知症カフェ ケアコミュニティーカフェせたカフェ主催に参加しました。本日のテーマは「認知症の地域、在宅医療」です。ゲストは、医療法人社団創福会 ふくろうクリニック等々力の山口 潔先生でした。山口先生は、認知症専門医であり、老年病専門医です。老年病という言葉を初めて聞きました。



❰老年病とは?❱
平たく言えば、高齢者になれば罹患する病気全般。
認知症、骨粗鬆症、心不全、糖尿病、肺炎、頻尿、高齢者のがんなど。
これらは、老年内科にあたる。

❰高齢者医療はどうなる?❱
従来は、各科に専門分野が別れたが、これからの高齢者医療は、老年病をまとめて診る医療が必要になってくる。
内科、眼科、耳鼻科、皮膚科、整形外科などが老年内科と連携して患者を診る。
加齢により、いくつかの病気を併発していることが多い。
例えば、認知症だけ罹患している人は少なく、ほとんどがいくつかの病気を併発している。つまり、認知症は加齢すれば誰でもなる病気である。
おおよそ、85歳以上で35%,90歳で50%,100歳で90%だそうだ。

❰認知症はかかりつけ医に診てもう病気?❱
認知症も老年病ならば、一般のかかりつけ医に診てもらった方が安心するのでは?
かかりつけ医に診てもう方が患者は安心かもしれないが、医者が経験不足の場合、難しい時もある。

❰在宅医療へ❱
入院すると、環境の変化が認知症に悪影響を及ぼす。ADL を上げるためには、施設や自宅で療養することが勧められる。


❰在宅医療への不安(本人、家族の場合)❱
認知症の場合は、周囲との人間関係が重要で、介護を含め連携することが求められる。ふくろうクリニック等々力では、「物忘れ往診」もされている。医師が自宅へ来て診察してくれる。医師と良好な人間関係を作り、気持ちがほぐれてから、病院で画像診断などをしている。

❰「お馴染み関係」を作るには?❱
▪困ったときに手を差しのべられる距離にいて、見守り続ける。
▪必要なときに直ぐに駆けつける。

❰「通院拒否、通院忘れ」の時は、訪問診療を❱
専門職の評価や介入を押し付けないこと。先ずは、人間関係をつくること。
認知症の方にも社会参加してもらう。生き甲斐があると、積極的になってくれる。
❰「おひとりさま」でも、最期まで在宅は可能か?❱
可能になっている。
心臓や呼吸が止まっても、後から在宅医師が来るので大丈夫。
訪問診療は定期的にしているので、死亡の確認がとれる。

❰感想❱
認知症は、もはや老年病の一部であることを知りました。
寿命が延びたことで、罹患率が高くなったのです。認知症のリスクは避けられないのだから、認知症になっても安心だという環境を整える方がよいのです。そのためには、認知症の人が安心できる人間関係を作ることが重要です。できれば、馴染みのかかりつけ医師に診てもらい、医療や介護スタッフとも良好な関係を築きたいです。何かが起こっても、周囲の環境が認知症を受け入れていれば、不安ではなくなります。地域の人が顔見知りになり、声を掛け合う関係になれば、認知症の方も安心し、落ち着いてきます。そのためには、医療者側から患者へ近づくことが重要になります。親切に声かけをする、挨拶をする、そんな小さなことから始めようと思いました。病気を持つと不安になるのは、誰でも同じです。病気になっても安心できるまちを地域で作ることが理想です。
当院でも、認知症にかかっている方が増えました。ご家族が付き添って来ますが、「本人が来たいときは予約しなくてもできるだけ診ます。」と言っています。ご家族にとっても安心できる診療所でありたいと思っています。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は、地域の老人会「明和会」に、「地域栄養サポート自由が丘」管理栄養士の繁田さんをお招きしました。歯と健康について時々、お話しさせて頂いていますが、今回は栄養面でのサポートということでテーマ「歯がなくなっても食べられる食事」について行いました。お口の不調については診療室では時間がなく、お話できません。普段、身近に質問される内容を分かりやすく、皆様に情報を提供させて頂いています。

 
 
 
 
 
テーマ「歯がなくなっても食べられる食事」
Q 何種類のビタミンとミネラルを覚えていますか?
A 人の体に欠くことのできないビタミンは13種類、ミネラルは13種類(もしくは16種類)。
摂取基準が設けられているナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、モリブデン、クロム、の13種類に加えて、たんぱく質が摂れていれば不足の心配はない硫黄、ナトリウムが摂れていれば不足の心配はない塩素、VB12が摂れていれば不足の心配はないコバルトを含めて16種類とさせて頂きました。
 
しっかり糖質、脂質、たんぱく質がとれていても、1つのビタミンやミネラルが不足しているとそれらの利用は難しくなる。
 
暑い季節はバテますよね?
少しでも簡単に効率よく栄養を摂るにはどうしたらよいでしょうか?
 
ひらめき電球❰栄養のバランスの善い食品を使ってみる❗❱
①牛乳チーズ
骨や歯を形成するカルシウム、たんぱく質、脂質、鉄分、リン、ビタミンA 、B2などを含む。(1日の目安は200ml )
②卵
必須アミノ酸をバランスよく含んでいる。他にビタミンA ,ビタミンB群を含む。(1日の目安は2こぐらい)
③ジャガイモ
ビタミンC,B2,食物繊維のほか、カリウムが豊富に含まれている。
ビタミンCは加熱しても減少しない。(1日の目安は1,2こ)
④アボカド
10種類以上のビタミンとミネラル、脂肪を含む。その8割が不飽和脂肪酸の為、善玉コレステロールを増やすと言われている。(1日の目安は1/2こ)
 
 
❰自分の食事内容をチェックしてみよう❗❱
①肉ステーキ
②魚介類
③卵
④大豆、大豆製品
⑤牛乳、乳製品
⑥緑黄色野菜にんじん
⑦海藻類
⑧いも
⑨果物ぶどうリンゴ
⑩油を使った料理
 
❰評価❱
1-3: 偏っています。食事を見直そう。
4-8: 足りなかった食品を意識して取り入れよう。
9-10:バランスよく摂れています。
 
私は8点でした。
いも類、果物が足りませんでした。
「果物はジュースや缶詰めでも善いですか?」と質問。
「ジュースは食物繊維が足りないこと。毎日摂ることが難しければ、一週間単位で善いので、旬の果物を摂るようにするとよい。」そうです。
「缶詰はシロップは糖分が多いので、避けた方が善い。」とのことです。
冷凍の果物を使うのもよい。
 
 
❰歯が少なく、食べにくい方へ❱
食べやすい食品
①口の中でまとまりやすいもの
食塊(しょくかい)を作りやすいもの。
食塊は、咀嚼し食べ物を嚥下しやすいように、唾液と食べ物が混ざり飲み込みやすい塊を作る。その塊という。
繊維、酸味の少ない果物(バナナ、熟した柿など)
②喉ごしの善い、つるんとしたもの。
豆腐、ムース、茶碗蒸し、ゼリー
③とろみのあるもの
お粥、ポタージュスープ、ヨーグルト、アイスクリームなど
 
良く噛めない人は、固いナッツ類は食べにくい。
その代わりになるのは、アボカドやゴマ豆腐などがある。
 
例えば、フレンチトーストやアボカドのポタージュなどはどうでしょうか?
繁田さんの提案に大きく頷いている方も多かったです。
フレンチトーストを召し上がったことのあるかたも多く、より柔らかく美味しく食べるコツも教えて頂きました。
液に浸す時間がポイントということ。某有名ホテルでは1日浸けるとか…。
アボカドの食べ方についても色々あるそうです。
生で食べることが多いですが、加熱しても美味しいそうです。
参加者のかたから、新しいレシピも教えて頂きました。😄
 
❰感想❱
楽しい時間でした。
お口の状態が悪く、一時的にでも柔らかい食事を必要とする場合はあります。
体調が悪く、調理に時間をかけられない場合、どうすれば手軽に美味しく食べられるでしょうか?日常の歯科治療後によく聞かれることです。
「先生、何食べたら善いですか?」「不味いものは食べたくありません。」
そんな悩みにこたえてくれるのは、食の専門化、栄養士なのです。
本日は大変勉強になりました。
地域栄養サポート自由が丘の栄養士の皆様、今回担当して下さった繁田さんに改めて、感謝申し上げます。
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
第22回市民と介護を考えるカフェ「オリーブの木」は、認知症と音楽の関係性が明らかになり、数年前に話題になった映画「パーソナル ソング」のDVD を鑑賞しました。忘れてしまった記憶を、音楽が呼び戻すきっかけを作るという内容です。アメリカで話題になった、ドキュメント映画です。
映画鑑賞後、皆様ご自身が過去の自分から現在の自分に向かって呼び掛けることは何か、何に気づきどうしたいか話し合ってみました。


認知症になっても、心は昔と変わらないこと。言葉では表現できない感情を呼び戻すことができます。楽しかった思い出、当時の自分など想起することができます。音楽を聴いて、踊り出す方もいます。
さて、皆様ご自身はどうでしょうか?

❰参加者のご意見❱
▪「音楽から思い起こす映像を写真で表現したい。」
自分史を作っているが、映像と詩をセットにして記録している。
認知症に限らなくても、自分を見つめ直すきっかけを作りたい。

▪「音楽は何かを思い出すきっかけになるから素晴らしい。」
感情を揺さぶるものなので、生き生きとした思いが甦ります。
誰かと共有し、繋がりを確かめ合うのもよいと思う。

▪「認知症の家族がいるので是非試してみたい。」
本人が好きと思っていた曲を聞かせてもあまり良い反応はない。もしかしたら、本人の中に物語として記憶に残っている曲ではないかもしれない。リサーチしてみようと思う。


▪「音楽のほかにも、居心地の良い環境や人に囲まれていることは重要。」
孤独ではないこと、仲間がいること。頼れる人が近くにいることも大切。

▪「音楽を聴いて、踊り出すという感覚が日本人には馴染みがないと思った。」
もし、自分ならば誰かに話を聴いてもらいたい。文字や言葉で表現したい。

▪「音楽療法を実際に取り入れている施設を知りたい。」
▪「体が覚えている記憶がある。」
先日、随分久しぶりに盆踊りを踊った。すっかり忘れていたはずなのに、まさか踊れるとは思わなかった。記憶は頭で考えていることだけではなく、体が覚えていることもあると気づいた。

❰過去から見つめる自分❱
音楽によって呼び起こされた記憶は様々です。善い思い出もあれば、辛い思い出もあるでしょう。思い出から今を見つめると、実に多くの方に支えられていることに気づきます。身近にいる人は、家族、友人、仲間、ご近所の方かも知れません。施設や医療関係者かもしれません。どんな場合でも、誰かしらいるはずです。支えられて生きています。
支えてくれている人に感謝し、自分も人を支えることができているか考えましょう。どんな形でもよいから、誰かに喜んでもらえることをしましょう。
それが何かはわかりません。自分できることを、できる範囲することが繋がりを生むことになります。一歩踏み出す勇気をそれぞれが思うこと。
明日からできることは何でしょうか。
是非、皆様も考えてください。

❰明日からできること❱
▪新しい刺激を大切にすること…「人」「場所」「もの」
▪振り替える時間…大切なことは見落としていないか自分自身を振り替える時間をもつ
▪挑戦する勇気をもつ…未知のことを恐れず、日々学ぶ覚悟で

❰感想❱
毎回開催して思うことは、新しい刺激を参加者からいただけることです。
それも同じことは何もないのです。年齢は関係ありません。
今回の参加者も90代が数名いました。「楽しいこと」「新しい刺激」を貪欲にといれる前向きな気持ちがあることに感銘を受けています。
いずれ自分も介護される時がくるでしょう。介護はされるだけなのかというと、そうではないのです。自分も人に与えられることはなにかしらあるのです。
体は不自由かもしれませんが、感謝の気持ちを持ち、温かい心でいることも介護者の癒しになるのです。喜びとは、人を思いやる気持ち、愛情であると感じています。愛されるよりは愛することをしていきたいです。


いいね!した人  |  リブログ(0)