Shimizu 輪工房のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

使いづらい立爪の婚約指輪をリフォーム

今回ご紹介するのは婚約指輪のリフォーム。

数十年経ってデザイン的に古くなってしまい、普段使いできるようにとのご希望です。

 

 

お預かりしたのがコチラ。

 

かなりしっかりした立爪のリングです。

地金もたっぷりついていましたヮ(゚д゚)ォ!

 

 

出来上がったのがコチラ。

 

キレイなダイヤモンドを引き立ててくれるデザインですね(*^。^*)

最近、ミル打ちのデザインをお受けすることが増えました。

 

 

仕上がりにとても喜んでいただけました(´∀`*)

眠っていたダイヤモンドですが、これからどんどん使っていただけたら嬉しいです。

 

 

リフォーム等もお気軽にご相談くださいm(。・ε・。)m

 

 

 

 

 

 

2.3カラットのダイヤをリフォーム

今回ご紹介するのはペンダントトップのリフォーム。

2.3カラットダイヤのペンダントトップの枠の作りかえです。

 

 

 

お預かりしたのがコチラ。

 

1点留めで作りもしっかりしていました。

リフォーム必要?って感じでしたが、お話を聞いてみるとなるほどなるほど(´☆ω☆`)

 

 

 

2点留めにして、ビヨーンと長く、、、

 

 

 

チェーンを通すところをかなり大きく、、、

 

 

 

 

というのも、、、

 

50gの喜平ネックレスに付けるからでした。

かなり存在感ありますねヮ(゚д゚)ォ!

 

平べったい6面ダブル喜平でしたので、先の部分がクルッとなりがちですが、うまく収まり良かったです(*^。^*)

 

 

今回は全部作り直しでしたが、バチカン替えるだけですごく収まり良くなったりします。

お気軽にご相談くださいm(。・ε・。)m

 

 

 

 

ゴールデンウィーク中の営業について

 

今年のゴールデンウィークは休まず営業いたします。

 

 

 

6日(木)は代休とさせていただきます。

よろしくお願いいたしますm(。・ε・。)m

 

 

 

槌目のマリッジリング

 

今回ご紹介するのは槌目のマリッジリング。

 

槌目(ハンマード)とは、読んで字のごとく金槌で叩いた跡を残す仕上げで、叩き方や金槌の大きさ、種類などで如何様にも出来ます。

全く同じパターンは出来ませんので、世界でたった一つの紋様(?)になります。

 

 

 

で、今回出来上がったリングがコチラ。

 

ベースのリングは幅広のプラチナ。

男性用にはブルーサファイア、女性用にはダイヤモンドを石留。

 

大きめの槌目で、深く叩きすぎず、鏡面仕上げとのご希望でした。

 

 

 

いつもと少し作りの方法を変えましたので、先にシルバーの板にパターンのサンプルを作成して確認していただきました。

 

ジュエリーに凄くお詳しいと思ったら、元同業者の方でしたヮ(゚д゚)ォ!

元同業者といっても東京のガチの卸の方でしたので、目が肥えておられて少し緊張しました(=_=)

 

 

 

そんな方に当店を選んでいただき、仕上がりにも大変ご満足いただけてとても嬉しかったです(*^。^*)

 

 

店頭にない仕上げのパターンなど、可能な限りサンプル作成も致します。

お気軽にご相談くださいm(。・ε・。)m

 

 

 

龍の手彫りのZippoライター

 

今回ご紹介するのは龍の手彫り。

これまでほとんどご紹介していませんでしたが、Zippoなどにも手彫り可能です。

 

 

お客様がお持ちになったシルバー925のZippoに、、、

 

こんな感じに仕上がりました。

 

シルバーなので使っていくうちにどんどん味が出てイイ感じになりそうですね(*^。^*)

 

 

 

こちらは私の私物。

 

左は真鍮。

右は真鍮にメッキ

 

 

どちらも十数年前に彫ったものですので味が出てきました。

 

こちらのメッキなしの方は結構使っていたので味が出てきました。

 

 

 

メッキありだと、彫った部分は下地の真鍮の色になります。

ほぼ使ったことなく放置していたらサビが出てました(¬_¬)

 

たまたま今、撮影できるものが龍だけでしたが、もちろん他のデザインも可能です。

ご興味のある方はお気軽にご相談くださいm(。・ε・。)m

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>