常に予約いっぱいの「太陽の塔」を、希望日前夜に入館予約ゲットできた奇跡の方法! | 【遊び×デザイン】しゲさんの誌面編集テクニックと遊びのデザインワーク

【遊び×デザイン】しゲさんの誌面編集テクニックと遊びのデザインワーク

編集者の仕事で培った二次元ツール制作に関するノウハウと、
そんなテクニックを使った遊びグッズづくりなどをご紹介!
最近はあなたのテーマソング「ジングル」づくりと、
レッズのホーム&アウェイのグルメ情報が多いです。


テーマ:

1970大阪万博のシンボル

「太陽の塔」って、

ご存知ですよね??

 

 

知ってる?

 

 

今年の3月19日から

内部見学がスタートして、

またたく間に大人気!!

 

 

全くもって

予約できない状況でした。

 

 

ほえー

 

 

でもでも自分、

行きたかった日の前の晩に

予約できちゃいました!

 

 

なんて、奇跡!!

 

 

ホントに奇跡なの??

 

 

でもその奇跡を起こすために、

ちょっと考えて

行動していたことがありましたので、

自分がやった方法をご紹介します!

 

 

右側は大屋根「お祭り広場」の鉄骨の一部

 

 

と、その前に、

「太陽の塔」とは。

 

 

1970年の大阪万博開催にあたって、

中央に予定されていたお祭り広場下に

万博のテーマを紹介する展示が

考えられたそうです。

 

 

その際に

その展示プロデューサーとして

白羽の矢が立ったのが

「芸術は爆発だ」のCMでも

お馴染み(もう知らないか…)の

岡本太郎さんでした。

 

 

しかし、岡本太郎さんは、

万博のテーマ「人類の進歩と調和」

に反発して、

真逆とも言えるような展示施設が

つくられました。

 

 

つまり、

万博のシンボルとしての

芸術作品であると同時に、

展示施設でもあったんですね。

 

 

それが今でも

万博記念公園のシンボルとして、

当地に残っていたわけですが、

外部が見られるだけで、

一時期の例外を除いて、

万博後は内部公開されてきませんでした。

 

 

それが万博40周年記念事業として

内部公開を検討することとなり、

紆余曲折して、

ようやく48年目の2018年3月に、

一般の方でも

内部見学ができるようになったのです。

 

 

どーん

 

 

内部見学できなくても

高さ70mもの

有名なアートでしたから、

皆さんご存知だったわけです。

 

 

その内部が見られるとなれば、

それは「見たい」と思う人も

すごく多いというのは、

納得ですね!

 

 

で、構造的な問題もあったりして、

人数制限が必要だったために、

人数制限を図る意味でも

事前予約制になりました。

 

 

募集は4カ月前からで、

スゴイ人気。

全然予約できなーい!という状況。

 

 

自分も予約できてなかったのですが、

できれば

アウェイ・ガンバ大阪戦にあわせて

見たいと思って、

予約画面をよーっく読んだんです。

 

 

で、

報道でも「ドタキャンが多くて困る」

みたいな話もあって、

予約方法の説明ページにも

「(キャンセルの場合は)

 遅くても見学日の3日前までに」

キャンセルの手続きをして欲しいと

書いてありましたので、

これはもしかしたら、

直前になったらキャンセルが出るかもしれない!

と考えちゃったのです。

 

 

その日から、

気がついた時には予約画面をリロード。

 

 

希望日ではなかったですが、

他の日でも

「×」が「○」に変わるタイミングが

あって、

ホントに直前になったら

出るんじゃないかな〜と

思い始めました。

 

 

例えば今日ですと、

12:30の状況は・・・

 

 

13:30になると・・・

 

 

ね!ポツッと急に空きが出るんです!

 

 

自分が力を強く入れたのは、

3日前から!

 

 

根気よくリロードを続けること、

3日…。

 

 

「あああ、やっぱダメかな〜」と

思った数時間後、

ガンバ戦開催の19日(土)が

「○」に変わりました!!!

 

 

「おおおおお!!!」と

興奮してクリックすると、

試合時間にも重ならない、

「11時〜」が2枠空きに!!!

 

 

夢中でクリックしました(笑)。

 

 

もしかしたら、

ここでよかったのは、

事前に予約に必要な

メールアドレス登録をしておいたこと。

 

 

メアドとパスワードで

ログインしないと、

予約ができない仕組みになってました。

 

 

なので、

空きが出た時に、

すぐ予約ができたんですね!

 

 

メールアドレス登録は、

予約画面の右上の「三」の中に

「新規登録」とありますので、

こちらから登録して下さい。

 

 

 

 

 

希望していた日が「○」になった時、

すぐ手続きできますから、

もし早いもん順だったら、

可能性が高まりますよね!

 

 

てことで、

予約いっぱいでも

個人(一般)で

希望日に

「太陽の塔」入館予約を

ゲットする方法

 

 

(1)

 太陽の塔予約サイトで

 新規登録を済ませておく。

 

(2)

 太陽の塔予約サイトの

 希望日が表示されているカレンダーを

 定期的にリロード。

 3日前からはラストスパート!

 

 

内部は撮影禁止なので、

感想は書きませんが、

すんごくよかったです!とだけ

書いておきます(笑)。

 

 

しつこくしつこく

リロードして、

希望日の入館予約を

ぜひゲットしてください!

 

 

あと、

予約できたら、

当日の開始時間の20分前までに

太陽の塔の下に

予約QRコードを持参して

集合するのを忘れずに!!w

 

 

入館チケット!

裏にスタンプ押してもらえます♪

 

 

わーい!

 

 

※候補日が空いていたら、

 すぱっと

 予約してしまうのがよいかと思います。

 それから一日の予定を考えましょうw

 

※時々、

 まとまって空きが出る時がありました。

 おそらく、

 予定していなかった時間帯に

 新たに予約枠を

 設けてくれたりすることが

 あるんじゃないかと推察します。

 

 

 

◆太陽の塔オフィシャルサイト

 http://taiyounotou-expo70.jp/

 

 

いらっしゃーい

 

 

 

【受付中】

 

■WebCM用ジングル制作

 

1曲7000円(18/2/1~)

※Web掲載可能な動画ファイル付きです。

・タイトルと制作者名等が入ります。

・ご希望によりあなたのお写真(1点)を表示させることが可能です。

※音源データのみでよい方は5000円で承ります。

※それ以外は、

 下記のご注意をお読みいただきまして、

 下記メールアドレスまでご連絡ください。

 本業と並行しての作業になるので、

 すぐにご対応できない場合が多々ありますが、

 予めご了承ください。

 (目安:0~2作/月)

 

[ジングル制作一覧]

https://ameblo.jp/shige2010year/entry-12292874412.html

[ジングル制作の方法・流れのご説明]

https://ameblo.jp/shige2010year/entry-12305548488.html

[ジングル制作のご注意・お願い]

https://ameblo.jp/shige2010year/entry-12279193536.html

[ご連絡先]

 shige★asahishuppan.co.jp

(★→@に変えてください)

 

 

■スライドショー制作(iMovie使用)

 

基本料金5000円。

(テロップ10点付き。音楽1曲1回挿入可。音楽データは支給か実費)

→写真50枚ごとに10000円加算。

→テロップ1点増えるごとに100円加算。

→特別なデザインのインサートは応相談。

音楽付ける場合は1曲1回ごとに500円加算

(楽曲データ支給してください。弊社手配の場合は実費加算)。

※簡単なものは1~2日間で制作可能です。

※しゲ制作のジングル使用の場合は、別途ご相談可(しゲ割)です!

 

 

【随時更新中】

 

■オモシロ自撮り術研究家のインスタ

https://www.instagram.com/shige_omoshiro_jidori/

■ライブ鑑賞記録用のインスタ

https://www.instagram.com/shige_go_go/

■音しゲ(作曲データや歌ってみた等)

https://www.tumblr.com/blog/shige2010year

 

しゲさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス