渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba

渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba

鉄道ジャーナリスト渡部史絵オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba


※お仕事に関するご依頼やお問い合わせはこちらでございます。※お気軽にお問合せ下さい。
shie@shie-rail.com
渡部史絵(わたなべしえ) (鉄道ジャーナリスト)(略歴)
2006年より、鉄道の有用性や魅力を発信するために活動。鉄道に関する書籍の執筆や監修に日々励む。
月刊誌や新聞等の連載や寄稿など執筆活動を主体に、国土交通省をはじめ、行政や大学、鉄道事業者にて、講演活動等も多く行っている。
著書に、『関東私鉄 デラックス列車ストーリー』、『電車の進歩細見』DJ鉄ぶらブックス(交通新聞社)、 『首都東京 地下鉄の秘密を探る』 (交通新聞社新書)、『鉄道なぜなにブック』(交通新聞社児童書)、『写真で振り返るJRダイヤ改正史』(飛鳥出版)、『譲渡された鉄道車両』、『路面電車の謎と不思議』(東京堂出版)、『鉄道のナゾ謎100』、『鉄道のナゾ謎99』、『思い出の昭和50年代 国鉄特急』(ネコ・パブリッシング )、『進化する路面電車』(交通新聞社) 他、多数。

連載経歴は、「鉄道ファン」(交友社)、「渡部史絵の乗ってみなくちゃ!」(毎日新聞)、
ダイヤモンド社「ダイヤモンド・オンライン」
「鉄道ダイヤ情報」(交通新聞社)、「鉄道ジャーナル」(成美堂出版)、
「鉄道古今物語」(SUBWAY NEWS LETTER7;さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会発行)他、多数。 
著書(11作) 全国で発売中
関東私鉄 デラックス列車ストーリー (DJ鉄ぶらブックス)/交通新聞社 [ 渡部史絵 ]
電車の進歩細見 (DJ鉄ぶらブックス)/交通新聞社/渡部史絵
鉄道なぜなにブック (ぷち鉄ブックス) [ 渡部史絵
首都東京 地下鉄の秘密を探る (交通新聞社新書) 渡部史絵
譲渡された鉄道車両/東京堂出版/渡部史絵
路面電車の謎と不思議/東京堂出版/渡部史絵
思い出の昭和50年代国鉄特急―昭和の黄金期を駆け抜けた国鉄特急&急行がここに蘇る (NEKO .../ネコ・パブリッシング
『写真で振り返るJRダイヤ改正史』(飛鳥出版)渡部史絵
『鉄道のナゾ謎100 』 、『鉄道のナゾ謎99 』  (ネコ・パブリッシング )完売御礼!
進化する路面電車―超低床電車はいかにして国産化されたのか (交通新聞社新書 18)/交通新聞社

寄稿
『鉄道ファン』(交友社)2012年から2018年連載中
交通新聞社トラベルムックシリーズ
『新しい東急電鉄の世界』(2018年3月8日発売)(交通新聞社)
「おもしろ東急電鉄」
『都営交通の世界』(2017年9月7日発売)(交通新聞社)
「インタビュー 2020年に向けてさらに進化する都営交通」
『東武鉄道の世界』(2015年2月27日発売)(交通新聞社)
「インタビュー ~愛される万能電車8000系と仲間たち~」
『男の隠れ家』(三栄書房)(2017年6月27日発売号)「ビジネスシーンでの「青春18きっぷ」の活用法」
『2030年 日本の鉄道未来予想図』(洋泉社)(2017年2月16日発売)「日本のLRT事情について」
『学燈』(丸善雄松堂)(2016年12月6日発売) 特集「東京の地下鉄の複雑さとシンプル」
『PRESIDENT WOMAN(プレジデントウーマン)』(プレジデント社)(2016年12月号)ウーマン・ニュース 「リニア中央新幹線で何が変わるのか?」
『LIVErary.tokyo』(小学館)(2016年10月17日) 列車旅の新しいカタチ「JRの豪華列車クルーズトレインについて」
『JTB時刻表8月号』(JTBパブリッシング)巻頭特集カラーページ<この夏は、譲渡車両を楽しもう>
<これが鉄道の「お・も・て・な・し」2020年 首都圏の鉄道はこう変わる>(2016年8月号)
『PRESIDENT WOMAN(プレジデントウーマン)』(プレジデント社)(2016年6月号)ウーマン・ニュース 「座席指定で朝が優雅に!通勤電車の最新情報」
『女性セブン』(小学館)(2016年4月28日発売号)「ローカル路線の旅特集」ローカル線で旅に出よう!
『FLASHスペシャル』(光文社)(2016年4月22日発売号)「GWにお勧めの駅」
『RM MODELS』2016年5月号ムック『熱闘 鉄道模型~シュツットガルトへの道~』(ネコ・パブリッシング)(2016年3月19日発売号)
巻頭特集のインタビュー記事 また、同誌2013年11月5日発売号でも、巻頭特集のインタビュー記事を寄稿
『リベラルタイム』3月号(リベラルタイム出版社)(2016年2月3日発売号)特集 復活する! 「日本のものづくり」「高速・安全・乗り心地」で世界を魅了する「鉄道技術」
『鉄道ジャーナル』(成美堂出版)連載寄稿「行って・観て・触れたい鉄道旅」、「特集:鉄道をデザイン「LRTと街のデザイン」ほか、多数
『鉄道のビジネス学』(宝島社)ムック本【次世代路面電車「LRT」の収益構造】
『ジパング倶楽部』会報誌(交通新聞社) 巻頭特集「記念旅行は、特別席で。」
特別席で列車旅 (トラベルムック ジパング倶楽部)ムック
『旅行読売』(旅行読売出版社)夜行列車特集【夜汽車最終章】「トワイライトエクスプレス」に関するコラム
テレビ出演情報(全国放送)
・テレビ朝日「スーパーJチャンネル」に出演2016年から2018年出演中(木曜企画 観光列車の案内役)
・日本テレビ「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」2018年1月17日(水)(地下鉄博物館の案内役)
・日本テレビ「ヒルナンデス!」に出演 観光列車伊豆クレイルについて
・テレビ東京「なないろ日和」に2015年から出演(東急世田谷線、東京地下鉄の案内役など)
・毎日放送(MBS)制作・TBS系列の「サタデープラス」に出演(観光列車の案内役)
講演会経歴  国土交通省、愛知県、 静岡県、福井県、富山県、さいたま市、新座市、東京交通短期大学、他、多数
鉄道イベント経歴 東武鉄道 JR東日本、東京都交通局 西武鉄道 江ノ島電鉄 北総鉄道 秩父鉄道 伊豆箱根鉄道 他、多数
アメブロ(プロフェッショナル部門):http://ameblo.jp/shie-rail/
twitter(ジャーナリスト部門):http://twitter.com/shierail

テーマ:

 

 

おそらく、もうそろそろだろうなと感じていましたが、東京地下鉄(東京メトロ)千代田線で長らく活躍していた6000系電車の引退が決定したようです。

 



通常での運行が10月5日まで。10月13日~11月11日までの土休日限定で1日1往復(綾瀬~霞ヶ関間)を特別運転するようです。

運行にあたっては、40年以上ものご利用に感謝の気持ちを込めて、特別なヘッドマークを掲げて走るとのことです。

6000系といえば、私にとっても、強い想いのある列車の一つ。

たくさんの思い出が詰まっている存在であり、私自身の心の中でも、常に走り続けている列車です。

 

そのため、むかしから著書をはじめ、雑誌や新聞の寄稿、講演など様々な場面で、6000系への想いを発信してまいりました。

 



今までの特別運転といえば、抽選で当選したファンの方々が、限定で乗れる貴重な運行が多いと感じます。しかし、今回はより多くの人が最後の6000系に乗れるように、誰もが乗車できる通常のような「営業列車」として運行される予定です。

6000系に強い想いがある人は、当方も含め非常に多いことと感じます。

特別運転は、東京メトロさんの温かいお心遣いだと思います。

心から感謝しつつ、6000系の旅立ちを見送りたいです。

 


 

 

 

 

フォローしてね


テーマ:

皆さんこんばんは。

秋色も次第に深まってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

 

本日はお知らせがございます。

 
21日から発売中の月刊「鉄道ファン」11月号(交友社)にて、連載中のシリーズ【東京の鉄道】が掲載されております。
 
 
ページは、94から101ページで、3回目は「台東区」を書かせていただきました。
「鉄道ファン」11月号(交友社)目次ページ
 
 
台東区の鉄道は、今は無き東京馬車鉄道(のちの東京都電車)から始まり、台東区の鉄道の要所である上野駅は、明治時代に開設されました。
 
その辺りの歴史をご紹介しつつ、乗り物文化の発祥地であることや、地下鉄で唯一の踏切、上野検車区(東京メトロ銀座線)の話題、京成本線の「東臺門トンネル」のミステリーなど色々書かせていただきました。
 
また、台東区は個人的に思い出深い場所でもあります。浅草の町が大好きで数年居住していましたし、今でも六区にはたまに行きます。上野にも、昔から良く通っています。
 
取材時は8月。暑い陽射しが強い酷暑でしたが、東京下町の優しさに触れつつ、温かい気持ちで書かせていただいた記事でもあります。
 
そして、結解学カメラマンのお写真は、今まで気づかなかった東京の鉄道風景が発見できますので、非常にお勧めです。毎回私も楽しみです!
ぜひ、ご覧いただければ幸いです。
 
フォローしてね

テーマ:

 

 
みなさんこんばんは。真夜中に失礼いたします。
 
先日からの台風の影響が心配ですが、大丈夫でしょうか・・。
 
さて今回は、先日の東京交通短期大学オープンキャンパスのブログを更新いたします。
 
 
9月1日土曜日はお足元の悪い中にも関わらず、東京交通短期大学のオープンキャンパスにお越しいただき、ありがとうございました。
当日は、東武博物館の名誉館長であられた花上さんとご一緒に講師として壇上に立たせていただきました。
 
 
昨年に続き、今回もご受講頂いた皆さまの人数が多く、階を分けての別々の授業になってしまい、非常に申し訳ありませんでした。
 
今回のテーマは『「素晴らしき鉄道」―鉄道趣味の楽しみ方―』です。
 
日本は国土を動脈のように鉄路が張り巡らされており、ネットワーク化されているため、鉄道を利用することによって素晴らしい旅行ができます。ほかの国に比べて鉄道趣味が発展しているのも、そういった理由があると思います。
 
 
花上さんが「幼き頃の環境によって鉄道に興味が出てきた」と仰っていたように、私も祖父の影響によって鉄道への興味が深くなりましたので、非常に共感しました。
やはり幼少時代の環境から今に結びいたのだと思います。
 
また、東武鉄道・鬼怒川線で運行されている「SL大樹」の裏話では、運行開始までの準備や修繕にともなう大変なご苦労をはじめ、安全弁の修理などで、小さな部品が100万円以上もした。お話など、とても興味を引く内容でした。
 
最近の鉄道車両に関するデザインのお話でも、少々辛口なトークも展開されましたが、参考になることばかりでした。
ご受講いただきました皆さま、本当にありがとうございました。
 

 
講演が終わった後に、東京交通短期大学・松岡弘樹学長と花上さんと記念写真。
 
 
いつもはパワーポイントなど資料や画像をつかっての内容でしたが、今回は鉄道業界でも大先輩である花上さんの深いお話を中心に進行させていただきました。今回のような形式も好評だったようでなによりです。次回以降もやってみたいです。

その際は、ぜひよろしくお願いいたします。
フォローしてね

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース