渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba

渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba

鉄道ジャーナリスト渡部史絵オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba


※お仕事に関するご依頼やお問い合わせはこちらでございます。※お気軽にお問合せ下さい。
shie@shie-rail.com
渡部史絵(わたなべしえ) (鉄道ジャーナリスト)(略歴)
2006年より、鉄道の有用性や魅力を発信するために活動。鉄道に関する書籍の執筆や監修に日々励む。
月刊誌や新聞等の連載や寄稿など執筆活動を主体に、国土交通省をはじめ、行政や大学、鉄道事業者にて、講演活動等も多く行っている。
著書に、東京メトロ 知られざる超絶!世界』(河出書房新社)、『関東私鉄 デラックス列車ストーリー』、『電車の進歩細見』DJ鉄ぶらブックス(交通新聞社)、 『首都東京 地下鉄の秘密を探る』 (交通新聞社新書)、『鉄道なぜなにブック』(交通新聞社児童書)、『写真で振り返るJRダイヤ改正史』(飛鳥出版)、『譲渡された鉄道車両』、『路面電車の謎と不思議』(東京堂出版)、『鉄道のナゾ謎100』、『鉄道のナゾ謎99』、『思い出の昭和50年代 国鉄特急』(ネコ・パブリッシング )、『進化する路面電車』(交通新聞社) 他、多数。

連載経歴は、「鉄道ファン」(交友社)、
「毎日新聞」紙面カラー版【渡部史絵の乗ってみなくちゃ!】(毎日新聞社)、
ダイヤモンド社「ダイヤモンド・オンライン」
「鉄道ダイヤ情報」(交通新聞社)、「鉄道ジャーナル」(成美堂出版)、
「鉄道古今物語」(SUBWAY NEWS LETTER7;さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会発行) 他、多数。 
著書(12作) 全国で発売中 


東京メトロ 知られざる超絶!世界(河出書房新社) [ 渡部史絵 ]  
関東私鉄 デラックス列車ストーリー (DJ鉄ぶらブックス)/交通新聞社 [ 渡部史絵 ]
電車の進歩細見 (DJ鉄ぶらブックス)/交通新聞社/渡部史絵
鉄道なぜなにブック (ぷち鉄ブックス) [ 渡部史絵
首都東京 地下鉄の秘密を探る (交通新聞社新書) 渡部史絵
譲渡された鉄道車両/東京堂出版/渡部史絵
路面電車の謎と不思議/東京堂出版/渡部史絵
思い出の昭和50年代国鉄特急―昭和の黄金期を駆け抜けた国鉄特急&急行がここに蘇る (NEKO .../ネコ・パブリッシング
『写真で振り返るJRダイヤ改正史』(飛鳥出版)渡部史絵
『鉄道のナゾ謎100 』 、『鉄道のナゾ謎99 』  (ネコ・パブリッシング )完売御礼!
進化する路面電車―超低床電車はいかにして国産化されたのか (交通新聞社新書 18)/交通新聞社

寄稿
『鉄道ファン』(交友社)2012年から2019年連載中
他、多数
テレビ出演情報(全国放送)
・テレビ朝日「スーパーJチャンネル」に出演2016年から2019年出演中(木曜企画 観光列車の案内役)
・日本テレビ「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」2018年1月17日(水)(地下鉄博物館の案内役)
・日本テレビ「ヒルナンデス!」に出演 観光列車伊豆クレイルについて
・テレビ東京「なないろ日和」に2015年から出演(東急世田谷線、東京地下鉄の案内役など)
・毎日放送(MBS)制作・TBS系列の「サタデープラス」に出演(観光列車の案内役)
講演会経歴  国土交通省、愛知県、 静岡県、福井県、富山県、さいたま市、新座市、東京交通短期大学、他、多数
鉄道イベント経歴 東武鉄道 JR東日本、東京都交通局 西武鉄道 江ノ島電鉄 北総鉄道 秩父鉄道 伊豆箱根鉄道 他、多数
アメブロ(プロフェッショナル部門):http://ameblo.jp/shie-rail/
twitter(ジャーナリスト部門):http://twitter.com/shierail

 

皆さん、こんばんは。

 

台風の影響はございましたか?

西日本を中心に、鉄道も運転見合わせやダイヤ調整が入り、帰省の方を中心に大変混乱したようですが、昨今の情勢から安全を第一に考えると、これらが唯一の選択なのかも知れません。。。

 

さて、半月も前のお話しになってしまいますが、8月1日(木)放送のスーパーJチャンネルのご報告をお伝えしたいと思います。

 

今回も、リポーターの宮脇理恵子さん、アナウンサーの林美沙希さんとご一緒させていただきました。とっても素敵な女性2人とのローカル線珍道中です。

 

鉄道旅の特集シリーズ、第七弾の今回は、茨城県のひたちなか海浜鉄道と、千葉県の銚子電気鉄道を訪問して来ました。

 

 

ひたちなか海浜鉄道は、 常磐線の勝田駅から阿字ヶ浦駅までの14.3㎞を走る非電化路線。その昔は、上野からの海水浴列車などが直通運転されており、現在でも勝田駅構内に渡り線が残っています。

 

番組でもお話ししましたが、終点の阿字ヶ浦駅からネモフィラなどで有名な国営ひたち海浜公園までの延伸も計画されている夢あるローカル線。ぜひ、叶って欲しいと強く思います。

 

ロケの前月には、利用者に愛されていた駅猫の「おさむ」が、残念ながら亡くなってしまい、私も、亡くなった後すぐにお別れを告げて来ました。勿論ロケの日も。。

 

 

延伸は、きっと「おさむ」が応援してくれているように思います。

ひたちなか海浜鉄道さん、どうか、頑張ってください!

 

 

 

次の銚子電気鉄道の旅は、リポーターの宮脇理恵子さんと2人で訪問しました。↓↓

 

 

 

銚子電鉄と言えば、全国的には「ぬれ煎餅」で有名ですが、鉄道ファンであれば、注目はやはり車両。

 

 

例えば2000形は、四国の伊予鉄道からの譲渡車ではありますが、その伊予鉄道も京王電鉄からの譲渡車で、元々は緑一色の2000・2010系が種車です。

もう60歳前後の大ベテラン車両の本来のお顔は、当時の流行「湘南顔」なのですが、伊予鉄道で分割・増結の必要性からT車に貫通形のお顔を取り付けました。それが京王の旧5000系と同じようなお顔だったから、改造当時は結構スポットライトが当たっていました。

 

 

また、その完成度の高さは、施工した京王重機の技術力を世に示した良い機会となったのです。

 

幸せな事に、この電車は最近の鉄道車両では珍しく3社目のご奉公でも活躍しています。

 

「ぬれ煎餅」「流転の電車」「まずい棒」これら三本の矢が、現在の銚電を支えていると改めて実感しました。

 

ローカル線の旅は、いつも考える時間や癒しを与えてくれますので心の充電に最適です。

 

 

フォローしてね

 

 

皆さんこんばんは。

台風の影響が心配な状況です。

どうかお気をつけください。

 

さて、毎号書かせていただいております「SUBWAY NEWS LETTER7」の紙面にて、連載【鉄道古今物語】が掲載されました。

 

地下鉄7号線の延伸化推進に向けた運動による会報誌にて、12回目の今回は「鉄道の安全」をテーマに書かせていただきました。

 

先日発生した神奈川県を走る「横浜シーサイドライン」の逆走事故についてです。

 

この事故は自動運転列車が終点を逆走し、車止めに衝突した事故ですが、その事によって、将来に向けて推進している普通鉄道の無人運転化についても懸念があることを書かせていただいております。

 

地上の鉄道は、踏切などがある関係から無人運転のハードルがいささか高いものの、地下鉄はホームドアを設置してしまえば、特に障害物の影響なく運行できるため、今後地下鉄の自動運転の方が進むのではないかと推測しています。

 

今回はそのあたりにつきまして、私の安全に対する考えを交えて書かせていただきました。

 

ぜひ、ご覧ください。

 

お近くの埼玉高速鉄道の各駅や関係各署などで是非ご入手下さいませ。

 

(参考)【さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会】公式HP

 

http://www.saitamacci.or.jp/subway7/index.html

 

 

 

##############################################
 
本12作目の新著を発売中です本

大型書店やコンビニ、ネット媒体などにて、お求め頂けましたら幸いです。地下鉄

 

 

フォローしてね

 

みなさん、こんにちは。
 
8月に入り、一層の猛暑が続いていますが、大丈夫でしょうか?
ご自愛ください。
 
さて、本日も、お知らせがございます。
 
長きにわたりお世話になっております「東京交通短期大学」にて、特別教養講座の講師を担当させていただいておりますが、昨年からは、元東武博物館・名誉館長、現東武博物館・友の会会長の花上嘉成氏とご一緒に、オープンキャンパスをやらせていただいております。
 
今回は、8月24日(土)にご開催いただきます。
テーマは、「鉄道業務革命」です。
 
花上さんとご一緒に鉄道の業務について、色々な話題を交えながら、講義ができればと思っております。
お時間のある方はぜひ、お越しくださいませ。
 
2019年(令和1年)度オープンキャンパス日程
8月 24日(土)
講義時間  13時00分から14時00分まで
特別教養講座(模擬講義):花上嘉成氏(元東武博物館・名誉館長、現東武博物館・友の会会長)、渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)
 
題目『鉄道業務革命』
 
2019年(令和1年)度オープンキャンパス日程
オープンキャンパスお申込みページ
 
 
東京交通短期大学の場所につきましては、以下をご覧ください。

詳細は、東京交通短期大学の公式HPをご覧いただければ幸いです。
 
 
よろしくお願い申し上げます。
 
なお、以下の写真は、昨年のオープンキャンパスの様子です。
 
 

 
それでは、当日はぜひ、東京交通短期大学へお越しくださいませ。
##############################################
 
講談社の「現代ビジネス」にて、東京五輪を控えた東京メトロの取り組みを執筆させていただきました。以下をご覧くださいませ。
 
現代ビジネス(マネー現代):https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66215
 
 
本12作目の新著を発売中です本

大型書店やコンビニ、ネット媒体などにて、お求め頂けましたら幸いです。

 

 

 
フォローしてね