渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba

鉄道ジャーナリスト渡部史絵オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba

※お仕事に関するご依頼やお問い合わせはこちらでございます。※お気軽にお問合せ下さい。


shie@shie-rail.com


渡部史絵(わたなべしえ) (鉄道ジャーナリスト)(略歴)


2006年より公式に鉄道関係の活動を開始。

鉄道の有用性や魅力を発信するため、鉄道に関する書籍の執筆や監修に日々励む。月刊誌や新聞等の連載や寄稿など執筆活動を主体に、国土交通省をはじめ、行政や大学、鉄道事業者にて、講演活動等も多く行っている。

著書に、『首都東京 地下鉄の秘密を探る』 (交通新聞社新書)、『鉄道なぜなにブック』(交通新聞社児童書)、
『譲渡された鉄道車両』、『路面電車の謎と不思議』(東京堂出版)、『鉄道のナゾ謎100』、『鉄道のナゾ謎99』(ネコ・パブリッシング )、『進化する路面電車』(交通新聞社) など多数。

最近の掲載誌(寄稿や撮影、コメント、デザイン)等

〇『JTB時刻表8月号』(JTBパブリッシング)巻頭カラーページ寄稿

〇『GLOW』(宝島社)8月号「鉄道の旅が楽しい!」という特集記事が掲載

〇発売中の『鉄道ファン』(交友社)8月号より新連載が掲載

〇「PRESIDENT WOMAN(プレジデントウーマン)」2016年6月号寄稿 ウーマン・ニュース

〇『女性セブン』(小学館)ローカル路線の旅特集 8ページカラー展開 183~190ページ(2016年4月28日発売号)

〇『FLASHスペシャル』(光文社)寄稿102ページ(2016年4月22日発売号)

〇『RM MODELS』2016年5月号別冊付録『熱闘 鉄道模型~シュツットガルトへの道~』(ネコ・パブリッシング)寄稿・インタビュー取材(2016年3月19日発売号)

〇『リベラルタイム』3月号(リベラルタイム出版社)寄稿(2016年2月3日発売号)

〇『週刊SPA!』扶桑社(2016年1月5日発売号)


最近の新聞連載情報

〇『毎日新聞』にて連載 鉄道×毎日新聞「線路はつづくよ」の企画特集内【渡部史絵の乗ってみなくちゃ!】毎日新聞社・大阪本社(2015年2月1日付け~2016年5月現在) 主に観光列車を紹介


最新のテレビ出演情報


〇日本テレビ「ヒルナンデス!」に出演7月18日(祝)観光列車伊豆クレイルについて


〇テレビ朝日「スーパーJチャンネル」に出演6月23日㈭(木曜企画 観光列車の案内役)


〇テレビ東京「なないろ日和」(全国放送)に出演2016年6月2日放送(東京地下鉄の案内役)


〇毎日放送(MBS)制作・TBS系列の「サタデープラス」(全国放送)に出演2016年5月7日放送(観光列車の案内役) 


著書(8冊) 全国の書店で発売中



鉄道なぜなにブック ぷち鉄ブックス / 渡部史絵 【単行本】



首都東京地下鉄の秘密を探る 歴史・車両・駅から見た地下路線網/渡部史絵




譲渡された鉄道車両/東京堂出版



路面電車の謎と不思議/東京堂出版



『鉄道のナゾ謎100 』

(ネコ・パブリッシング )現在は一部書店のみ発売中



『鉄道のナゾ謎99 』 

一昨年コンビニや書店で発売され完売しました。


『思い出の昭和50年代 国鉄特急』

発売中




進化する路面電車―超低床電車はいかにして国産化されたのか (交通新聞社新書 18)/交通新聞社        発売中




フリーペーパー連載情報

〇『SUBWAY NEWS LETTER7』コラム「鉄道古今物語」 2013年から連載中


2015年の掲載誌の一部↓↓


http://ameblo.jp/shie-rail/entry-12173120256.html

2014年の掲載誌の一部↓↓


http://ameblo.jp/shie-rail/entry-11894719281.html

講演会・経歴の一部

〇国土交通省 中部運輸局 主催「第21回鉄道の日・記念講演」 【乗って楽しむ鉄道旅】2014年10月12日(日)  講演

〇国土交通省・霞ヶ関の中央合同庁舎にて「鉄道と観光」に関する講演 【ある鉄道事業者による観光客の誘致について】2012年9月  講演

〇愛知県 福井県 さいたま市 静岡市 新座市 などの行政にて、多くの講演を行う

〇豊昭学園 東京交通短期大学 2012年から、特別教養講座の講師として講演   他多数

鉄道イベントの一部

〇東武鉄道の大イベント「東武ファンフェスタ」に5年連続出演など。


以下の情報をご覧頂く際は、文字部分をクリックしてください。 ↓↓


テレビ・ラジオ出演☆経歴

雑誌 新聞  最近の寄稿・コメント経歴

講演会情報☆経歴

鉄道イベント☆出演経歴(トークや司会など)

DVD企画、監修、執筆、出演

主な鉄経歴☆

テーマ:


みなさまこんばんは。

暑さ厳しい日中と比べ、朝晩は爽やかな風が頬をかすめる頃となりました。
私のお仕事は、座りっぱなしが多い執筆作業がメインなので、今度近くの川岸をお散歩したいな。と思う今日この頃です。


さて、本日(8月26日)は、毎日新聞社(大阪本社版)さまの紙面で連載中の

【渡部史絵の乗ってみなくちゃ!(カラー版)】第19回目が掲載されています。

この連載は、鉄道×毎日新聞「線路はつづくよ」の企画特集内にて、コラム連載として、毎月書かせていただいている記事です。


19回目となる今回の内容は、近鉄のプレミアムエクスプレス「しまかぜ」です。



(小俣〜宮野間の宮川橋梁)

「しまかぜ」は、大阪(難波)・京都・名古屋から奥志摩観光の拠点である賢島までを結ぶ、豪華な観光特急です。


2013(平成25) 年3月、大阪(難波)と名古屋からから運転を開始し、好評を得て翌年には京都からも運転されるようになりました。

車両は、50000系6両編成で、「しまかぜ」のために新製された豪華仕様の車両です。

革張りのプレミアムシートを標準に、先頭車は展望仕様、中間車には和個室や洋個室、更にはグループ向けにサロン席まで用意、そして特筆すべきは、飲食が楽しめる2階建てのカフェ車両まで擁していること。正にプレミアムエクスプレスです。

そのプレミアムの証として、2014年度のブルーリボン賞を獲得しています。



(明野〜小俣間)


「しまかぜ」に乗った瞬間から伊勢志摩へのプレミアムな旅が始まります。


なお、車内の特徴や沿線の風景、おもてなしなどに関しましては、毎日新聞(大阪本社版)の紙面をご覧くださいませ。



厳しい暑さももう一息です。なおいっそうご自愛ください。




読者登録してね
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:



みなさんこんばんは。

今日は各地で台風の影響が出ており心配です、みなさんは大丈夫ですか?
引き続き気をつけてくださいね。


さて、本日もお知らせがございます。


発売中の鉄道ファン10月号に、連載(3回目)が掲載されています。




記事のタイトルは「首都圏通勤電車ガイド」です。


内容は、通勤電車の列車種別と行先についてがメインです。

1回目は「中央線・青梅線・五日市線」、二回目は「山手線」でしたが、今回は「京浜東北線・根岸線」の行先にスポットを当てました。
掲載ページは、82~85ページです。

普段は気が付かない意外な行先や発見が載っています。また、全種類を網羅しているため、資料性もありますのでぜひご覧くださいませ。

ほんの少しだけ、誌面の写真を掲載しますね。




鉄道ファン(交友社)公式HP↓↓

http://railf.jp/japan_railfan_magazine/point/666/666-082.html


ぜひ一度ご覧くださいね。


また、前回の鉄道ファンのブログ記事に記しましたクイズに、多くのコメントをいただきありがとうございました。

http://ameblo.jp/shie-rail/entry-12183746247.html




早速、前回の答えを記しますね。

正解は 新宿です。

山手線は、東京、上野、池袋、新宿、渋谷、品川の2駅が行先方面で表示されます。

これは、内回りの順番ですね。

つまり「渋谷 品川方面」が最初に登場する駅は新宿です。

ちなみに、新大久保では「新宿 渋谷方面」となっており、

この表示は、新宿駅入線時点ですでに「渋谷 品川方面」に変わっています。



それでは、今月のクイズです。



写真は、根岸線大船駅に停車中の上野行です。

1日1回しかない珍しい行先ですね。

E233系は、行先と路線名を交互に表示します。

さて、ここで問題です。

この後、この電車は何という路線表示を出すのでしょう?

下記の3つから選んでください。



①京浜東北線

②根岸線

③京浜東北・根岸線



鉄道ファンには答えが出ていますよ。


たくさんの正解とコメントをお待ちしてます。



それでは、また近い内にブログを更新しますので

よろしくお願いいたします。







鉄道ファン 2016年 10 月号 [雑誌]/交友社

Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:



みなさまこんばんは☆

深夜にブログの更新をすみません。

また、しばらくブログの更新が途絶えておりました。

非常にバタバタしていて、大変な状況でした。
長らく更新できず、ご心配をおかけしてすみません。


いつも当方のブログにご乗車いただき、色々と気にかけていただきまして、
本当にありがとうございます。



さて、つい先日、郵送にて「SUBWAY NEWS LETTER7」が届きました。


「SUBWAY NEWS LETTER7」は、さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会さまが発行されているフリーペーパーです。
現在第9号が、主に埼玉高速鉄道の各駅や官公庁、関係各所などで、配布されています。


「SUBWAY NEWS LETTER7」↓↓
http://www.saitamacci.or.jp/subway7/index.html


その中で、私の連載コラム『鉄道古今物語』も掲載されております。


今回は第6話で、マイレールというお話です。








内容は、当方の鉄道に関する想いなどを記しながら、7号線開通への期待をこめて書かせていただきました。

どうぞ誌面にてご覧くださいませ。

よろしくお願いいたします。ご感想コメントなど、お待ちしております。



ところで、


埼玉高速鉄道線(7号線)は、現在浦和美園から東京メトロ南北線を通り、東急線に乗り入れ、神奈川方面へと向かっています。

この路線が、岩槻に伸びるということは、単に移動の便が豊かになるだけではなく、この街に住む多くの人達が都心へ出る際、今まで気が付かなかった街との繋がりを、7号線が懸け橋となり、より深く教えてくれるのだと思います。


地方などでは、少子高齢化が進む一方で、東京都心を中心に首都通勤圏は今後も人口微増が続く予想があります。その一方で、首都圏にありながら、交通アクセスが不便なところは、過疎化すら予想され、現に先の国勢調査では、大きく人口を減らした街もあります。これは東京近隣・周辺の市町村にとっても、大きな問題になっています。


少子高齢化の加速によって、日本全体の人口が減少し、公共交通事業の弱体化がはじまります。それに歯止めをかけ、地域の活力強化となる地域公共交通のネットワークを再構築して、街の活性化・再生を図るために「地域公共交通活性化再生法」があります。平成26年5月21日に交付され、その年の11月20日に施行されました。


そのうえで、7号線の延伸計画は、今こそ前へ進めるべきなのです。






読者登録してね


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み