渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba

鉄道ジャーナリスト渡部史絵オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba

※お仕事に関するご依頼やお問い合わせはこちらでございます。※お気軽にお問合せ下さい。


shie@shie-rail.com




渡部史絵(わたなべしえ) (鉄道ジャーナリスト)(略歴)


2006年より公式に鉄道関係の活動を開始。

鉄道の有用性や魅力を発信するため、鉄道に関する書籍の執筆や監修に日々励む。月刊誌や新聞等の連載や寄稿など執筆活動を主体に、国土交通省をはじめ、行政や大学、鉄道事業者にて、講演活動等も多く行っている。

著書に、『電車の進歩細見』DJ鉄ぶらブックス(交通新聞社)、『首都東京 地下鉄の秘密を探る』 (交通新聞社新書)、『鉄道なぜなにブック』(交通新聞社児童書)、
『譲渡された鉄道車両』、『路面電車の謎と不思議』(東京堂出版)、『鉄道のナゾ謎100』、『鉄道のナゾ謎99』(ネコ・パブリッシング )、『進化する路面電車』(交通新聞社) など多数。

最近の掲載誌(寄稿や撮影、コメント、デザイン)等

〇「PRESIDENT WOMAN(プレジデントウーマン)」2016年12月号寄稿 ウーマン・ニュース

〇リクルート住まいカンパニー『SUUMOジャーナル』にて、2本の記事にコメント執筆(2016年10月)

〇小学館『LIVErary.tokyo』 にて、JRの豪華列車、クルーズトレインについて執筆(2016年10月)

〇『JTB時刻表8月号』(JTBパブリッシング)巻頭カラーページ寄稿

〇『GLOW』(宝島社)8月号「鉄道の旅が楽しい!」という特集記事が掲載

〇発売中の『鉄道ファン』(交友社)8月号より新連載が掲載

〇「PRESIDENT WOMAN(プレジデントウーマン)」2016年6月号寄稿 ウーマン・ニュース

〇『女性セブン』(小学館)ローカル路線の旅特集 8ページカラー展開 183~190ページ(2016年4月28日発売号)

〇『FLASHスペシャル』(光文社)寄稿102ページ(2016年4月22日発売号)

〇『RM MODELS』2016年5月号別冊付録『熱闘 鉄道模型~シュツットガルトへの道~』(ネコ・パブリッシング)寄稿・インタビュー取材(2016年3月19日発売号)

〇『リベラルタイム』3月号(リベラルタイム出版社)寄稿(2016年2月3日発売号)

〇『週刊SPA!』扶桑社(2016年1月5日発売号)

最近の新聞連載情報

〇『毎日新聞』にて連載 鉄道×毎日新聞「線路はつづくよ」の企画特集内【渡部史絵の乗ってみなくちゃ!】毎日新聞社・大阪本社(2015年2月1日付け~2017年2月現在) 主に観光列車を紹介


著書(9冊) 全国の書店で発売中



電車の進歩細見 ようこそ。電車の発達史へ/渡部史絵


鉄道なぜなにブック ぷち鉄ブックス / 渡部史絵 【単行本】



首都東京地下鉄の秘密を探る 歴史・車両・駅から見た地下路線網/渡部史絵



譲渡された鉄道車両/東京堂出版



路面電車の謎と不思議/東京堂出版



『鉄道のナゾ謎100 』
(ネコ・パブリッシング )現在は一部書店のみ発売中

『鉄道のナゾ謎99 』 
一昨年コンビニや書店で発売され完売しました。



『思い出の昭和50年代 国鉄特急』
発売中


進化する路面電車―超低床電車はいかにして国産化されたのか (交通新聞社新書 18)/交通新聞社        発売中



最新のテレビ出演情報


〇日本テレビ「ヒルナンデス!」に出演7月18日(祝)観光列車伊豆クレイルについて



〇テレビ朝日「スーパーJチャンネル」に出演6月23日㈭(木曜企画 観光列車の案内役)



〇テレビ東京「なないろ日和」(全国放送)に出演2016年6月2日放送(東京地下鉄の案内役)



〇毎日放送(MBS)制作・TBS系列の「サタデープラス」(全国放送)に出演2016年5月7日放送(観光列車の案内役) 

フリーペーパー連載情報



〇『SUBWAY NEWS LETTER7』コラム「鉄道古今物語」 2013年から連載中

2015年の掲載誌の一部↓↓


http://ameblo.jp/shie-rail/entry-12173120256.html



2014年の掲載誌の一部↓↓


http://ameblo.jp/shie-rail/entry-11894719281.html



講演会・経歴の一部

〇国土交通省 中部運輸局 主催「第21回鉄道の日・記念講演」 【乗って楽しむ鉄道旅】2014年10月12日(日)  講演

〇国土交通省・霞ヶ関の中央合同庁舎にて「鉄道と観光」に関する講演 【ある鉄道事業者による観光客の誘致について】2012年9月  講演

〇愛知県 福井県 さいたま市 静岡市 新座市 などの行政にて、多くの講演を行う

〇豊昭学園 東京交通短期大学 2012年から、特別教養講座の講師として講演   他多数

鉄道イベントの一部

〇東武鉄道の大イベント「東武ファンフェスタ」に5年連続出演など。


以下の情報をご覧頂く際は、文字部分をクリックしてください。 ↓↓



テレビ・ラジオ出演☆経歴

雑誌 新聞  最近の寄稿・コメント経歴

講演会情報☆経歴

鉄道イベント☆出演経歴(トークや司会など)

DVD企画、監修、執筆、出演

主な鉄経歴☆




テーマ:

 

みなさま、こんばんは。

先日、取材先から帰路につくため、東海道線の駅で列車を待っていたら、なんと偶然にもリバティの甲種輸送を見掛けました。・・・なるほど、ホームの端には、撮り鉄の方が大勢居たのも納得です。

さて、本日(2月22日)は、毎日新聞社(大阪本社版)さまの紙面で連載中の【渡部史絵の乗ってみなくちゃ!(カラー版)】第25回目が掲載されています。(新聞のため、予定でございます)

 

この連載は、鉄道×毎日新聞「線路はつづくよ」の企画特集内にて、コラム連載として、毎月書かせていただいている記事です。

第25回目となる今回の内容は、国鉄型気動車特急のイメージを残す、キハ189系で運行されている「はまかぜ」のご紹介です。

 



「はまかぜ」は、大阪から岡山、播但線を経由し、鳥取方面に向かうモノクラスの特急です。

 

1972年、山陰地方と山陽新幹線、および大阪に連絡するための特急列車として登場しました。現在でも、その目的は変わっておらず、重要な列車のひとつです。

 

その証拠が、登場から45年の歴史と、特急を名乗るのに相応しい車両の選択にあると思います。何しろ、キハ189系は「はまかぜ」のために、製造されたほどです。

大都市、大阪駅を出発した列車は、所々で瀬戸内海を望み、山々が連なる播但線を、コマツ製のエンジン音を轟かせ、有名な余部鉄橋を唯一の定期特急列車として通過し、山陰地方に至ります。「はまかぜ」は、観光にもビジネスにも使える列車なのです。


なお、詳しい車内の特徴や沿線の風景などに関しましては、毎日新聞(大阪本社版)の紙面をご覧くださいませ。

ところで、このキハ189系に乗った感想は、「速い!」の一言。

最近の気動車、特に特急列車に使われる気動車は、電車並の加速力で驚かされてしまいます。関東に住んでいると、気動車特急に乗るチャンスが中々無いので、乗るだけで感動的でした。(笑)

 

ぜひ、ご乗車下さいませ。

それでは、また更新しますね。おやすみなさい。

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
みなさま、こんにちは。
 
ここの所、各地で雪が舞う寒い夜が続いていますね。
日本海側では、大雪が続き交通網にも影響が出ています。
国土交通省からは、不要不急の外出は控えるように、と注意報も出ています。
みなさんも十分ご注意くださいませ。
 
さて、2月16日に洋泉社さまから「2030年 日本の鉄道未来予想図」というムック本が発刊されます。(詳細は、以下の洋泉社さまの公式HPをご覧くださいませ。)
 
 
そのなかで当方は、LRTの記事を書かせて頂きました。102~105ページです。
 
日本は、新幹線などの普通鉄道としては、世界でもトップレベル近くの地位にいますが、ことLRTに関しては、途上国です。
 
アメリカ合衆国やヨーロッパ諸国の後塵どころか、新興国よりも遅れているかも知れません・・。
その大きな要因は、採算性をとるか、利便性をとるかの考え方の違いのようです。
 
日本では、採算性が一番の大きな要因になってしまうため、なかなか進まないようですね。
 
もちろん、正解はありません。
 
人それぞれ、国それぞれの考えがあるからです。
 
しかし、利便性を優先している多くの国や地域では、それなりの目標を達成しています。
国や地方行政、事業者、識者、利用者間で、そのあたりを、よく研究・検討して頂きたいものです。
 
是非、ご購入頂き、私の記事だけでなく、他の記事にもお目を通して頂き、
より良い将来の【日本の鉄道】について、皆さまなりのご考察を頂ければ、幸いです。
 
 
 
 
日本唯一のLRTと称される富山ライトレール
 
 
上下共に、サンノゼのVTA(Valley Transportation Authority)、車両は、近畿車輛製。
 
 
 
読者登録してねペタしてね
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

みなさま、こんばんは。

早いもので、一月ももう終りに近づいています。


ことしは、大雪になる場所が多いようで、積雪による運転見合わせ区間が、意外な場所で発生していたりします。

 

みなさまも、お出掛けの際は、現地のお天気や運転状況を是非ご確認下さいませね。

さて、本日(1月29日)は、毎日新聞社(大阪本社版)さまの紙面で連載中の【渡部史絵の乗ってみなくちゃ!(カラー版)】第24回目が掲載されています。(新聞のため、予定でございます)


この連載は、鉄道×毎日新聞「線路はつづくよ」の企画特集内にて、コラム連載として、毎月執筆している記事です。気づけば二年間も書かせていただいており、とても嬉しく思います。

第24回目となる今回の内容は、運行事業者が変わり、イメージチェンジを果たした「京都丹後鉄道」です。

「京都丹後鉄道」は、最近まで「北近畿タンゴ鉄道」と称して元国鉄線などを運行していた第三セクター路線です。

 

沿線には、日本三景のひとつ天橋立や木津温泉・夕日ヶ浦温泉など、観光地も抱えているため、発足当時から特急型の車両も用意し、JR大阪駅まで乗り入れたりしていました。

 

2015年からは、ピンク色の高速バスで有名なウィラーが運行を担当することになり、現在の「京都丹後鉄道」と名前を変えて、リニューアルされました。

 

正直、「北近畿タンゴ鉄道」というと、関西以外の方には、どこを走っている鉄道路線だか、ちょっと判りづらい面もあったように感じますし、また何故「タンゴ」なのか?音楽のタンゴと関係があるのか?という第三セクターらしい不思議な名称でした。

その点、「京都丹後鉄道」の名称は、走っている場所をイメージしやすく、とても落ち着いた良い名称だと思います。

最近流行りのレストラン列車やラッピング列車などの観光列車も走らせ、この路線は、数字以上にイメージを変えました。

 

その中で、今回は外装をシックな藍色に変え、内装を完全にリニューアルした「丹後の海」をご紹介させて頂きました。

 



なお、詳しい車内の特徴や沿線の風景、おもてなしなどに関しましては、毎日新聞(大阪本社版)の紙面をご覧くださいませ。

ところで、みなさまは、木津温泉に宿泊されたことはございますか?

 

とても静かな湯治場で、非常に癒されます。溜まりに溜まった疲れが飛ぶような感じです。

 

京都丹後鉄道をお楽しみの際は、併せてのご利用をお勧めします。

 

列車を楽しみ、車窓を楽しみ、温泉を楽しむ。こんな贅沢が、ここにはあります。

ぜひ、ご乗車下さいませ。

それではまた、更新をしますね。

 

おやすみなさい。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み