非常事態宣言から約1ヶ月半、サイバーエージェントでは全社員が原則リモートワークでしたが、その解除の方針を受けて6月1日から通常に戻すことを全社メールで社内に伝えました。


リモート期間は、働き方についてとても多くの発見と学びがありました。

まず、当社の場合、やろうと思えば大部分の仕事がリモートワークで遂行可能ということです。それはやってみて初めてよく分かりました。

 

リモートのメリットは、zoom会議の利便性、移動コストの削減、オフィス賃料の見直し、通勤ストレスの軽減など、並べればたくさんあります。
一方で、リモートでは一体感、チームワークは損なわれます。また、リモートではかなり極端に成果主義、個人主義に振らざるを得なくなり、それは当社の根本的なカルチャーと相性が悪いです。それらは数値には出来ないですが、当社にとっては強みが失われかねない由々しき問題です。

 

リモートのメリットデメリットについては、先日の役員合宿で、コロナ後の働き方の方針を決める際に皆で話しあったのですが、正直言って「カオス」です。

立場、仕事内容、時間軸、様々な視点から検討すればするほど、最適な答えを求めれば求めるほど混迷を深めます。

 

世の中的にも「これからの働き方」に対する考え方は各社、各人でそれぞれでしょう。
今日の産経新聞の報道によると、

 

 

 

リモートワークを続けたい人が6割、リモートワークで効率が下がった人が6割という、これだけ見れば自己矛盾を抱えたような調査結果が出ています。

そんな中で、我々はまずはコロナが終わっても引き続き活かしたいリモートの利点を2点に絞って働き方を変えていくことにしました。


1点目は、zoomなどのテレビ会議は増やすということです。

頻繁にビル間の移動を伴う社内会議や、必須ではない出張など、無駄な移動を伴う会議は社内であってもzoomで十分でしょう。
また9人以上の会議は原則zoomでお願いしました。これは3密対策ではなく、単純に大勢の会議は会議室で集まるよりもzoomの方が相性が良いことに気づいたからです。

 

 

2点めは、社員の心身ともにリフレッシュできる機会を増やすということです。

これは個人の環境差があるので難しいのですが、少なくとも週5日フルで会社に来れば良いというものではありません。
当社では、6月1日より毎週月曜日を「リモデイ」として、全社員原則リモートにすることにしました。

これは、このコロナの期間だけではなく、うまく機能すればこの先ずっと続けていくものです。

みんなで一斉にリモートにしてこそ効率が上がるという考えから、個別のフレックスタイム制のようなものではなく全社一斉にしています。


満員電車対策で午前を休みにした方が良いのではとか、もっと日数を増やしたらとか、いろんな意見が出ましたが、6月いっぱいまずは月曜でやってみます。その様子をみて、曜日、日数、時間などは柔軟に変えていくつもりです。

 

それ以外に、コロナが完全に収束するまでは下記に該当する方には強く在宅勤務を推奨しています。

・基礎疾患がある方(糖尿病や呼吸器疾患など)
・ご家族のサポートが必要な方(高齢者同居、学校休校、同居人配慮など)
・妊婦の方(妊活中の方なども)

 

 

3密に気をつけ、手洗い、アルコール消毒、うがいを徹底し、我々は元気に仕事をして経済に貢献して参りたいと思います。


新入社員のみなさんにも、6月以降やっとお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

本日は2020年4月1日。

217名の20入社の皆さん、ご入社おめでとうございます。

ようこそサイバーエージェントへ。

皆さんが入社して来てくれるのをずっと心待ちにしていました。

 

この未曾有のコロナ危機の真っ只中、世界中の誰もがいつ収束するのか、経済への悪影響がどれほどなのか、現時点では計り知れず。

当社も原則全員リモートワークのタイミングで、当然ながら入社式は中止。

新入社員研修もなくなり、皆さんは即配属ということになりました。

(研修は秋頃にやろうという話になっています)

そんな異例だらけの年に入社して来た皆さんの世代は、2020というキリが良い数字も相まって、忘れられない世代になるでしょう。


でも悪いことばかりではありません。

今回のコロナ危機によって、企業と人々の生活は強制的にデジタルシフトが迫られています。

今までもやれば出来たことですが、やらざるを得ない状況になって初めて、デジタル革命が一気に進むでしょう。

対面原則の旧来型の価値観も変わり、テレワークが働き方の標準になる可能性が高く、新しい時代の新しい価値観で働く人に有利な時代がやってきます。

つまり皆さんのような新しい世代が活躍できる世の中です。

昨日役員の内藤がFBに投稿していたような考え方にいち早く切り替え、対処することが、これからの会社の競争力になって行くと思います。


 

 



サイバーエージェントの会社のビジョンは

「21世紀を代表する会社を作る」

 

です。我々の主目的は新しい時代に素晴らしい会社を作るということであり、それにふさわしい人を集め、事業を展開しています。

 

半年前、最後の全社での社員総会で私が伝えた言葉は

「会社を楽しもう」でした。


 

時代は変わっても、柔軟に姿、形を変えながら成長して行くサイバーエージェントという会社で、変化も含めて楽しんで働こうという意味です。

 

我々は過去にも大中小様々な危機を乗り越えて来ました。

ネットバブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災、、その度に振り返って見れば、乗り越えたことでさらに会社が強くなり、その後の大きな飛躍の機会に変えています。

今回も、我々らしく、明るく元気に前向きに乗り越えて行きましょう。

 

20入社の皆さん、改めて入社おめでとうございます。

仲間になってくれたことを心から歓迎します。

一緒にすごい会社を作りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 
昨日、FC町田ゼルビアのサポーターミーティングを開催しました。
その模様はyoutubeで見ることが出来ます。

 

私からは、昨年FC町田ゼルビアに投資を決めた立場で、嘘のない率直な言葉で現状の課題とそれを解決するアイデアの話をさせてもらったつもりです。

でも、オーナーという呼称が紛らわしいのですが、多くの株主と従業員に対して責任を負う上場企業の経営者の立場で投資してるので、ドライに感じた方もいたかも知れません。

 

荒れるだろうなとは思っていましたが、体感的には覚悟していた予想を大幅に上回るものでした。

また、Twitterではトレンド入りしています。

 




 

 

ニュースのタイトルや写真チョイスも、全く好意的ではなく、


↑この悪者感。

しかしながら、FC町田ゼルビアのサポーターに対して後ろめたいことなど一つもありません。あれば、自分で目の前に行って話すことなど出来ませんし、わざわざライブ配信などやりません。
 
昨日は、18歳のサポーターの言葉に心を動かされたこと、そしてここで決めるよりも第一回目の話合いの場にした方が良いと判断して、改名を保留としました。
 
保留と言ってももう決まってるんでしょ?と思ってる方がほとんどだと思いますが、そうとは限りません。
私は「頑固」と言われることもある経営者ですが、名称は絶対譲れないものではありません。上場企業の立場として納得できる投資に持っていければ良いだけです。昨日ミーティングと懇親会で多くのサポーターと直接話せたので、今はより良い着地点を見つけられたらと思っています。
 
ネットでは過激な言葉を投げかけてくる人もいますが、町田サポーターとは目的は同じ同志なので会って話せば分かり合えると信じてます。今回の件で、本当の意味でFC町田ゼルビアの仲間に入れてもらえるプロセスに出来るよう努力していきます。


FC町田ゼルビアサポーターの皆さんへ
 
引き続き、本件についてサポーターミーティングで話し合いの場を設けたいと思います。試合のあとなら集まりやすく、私も参加しやすいので、ホームかアウェイの試合のあと、複数回行います。
広い場所をとるのが難しく、昨日の懇親会のようなお店の貸切が現実的かも知れませんが、出来るだけ多くの方が参加出来るようやり方は考えます。


最後に、昨日の質疑の最後の方、覚えにくい名前の話で、V・ファーレン長崎の名前を出したのは完全に失言でした。
友人である高田社長には謝って快く許してくれましたが、長崎サポーターのみなさま、申し訳ありませんでした。