オトデザイナーが教える!「伝わる」技術/坂本真一 | 朝4時起きで活動し、圧倒的読書量で介護業界に革命を起こす男のブログ

朝4時起きで活動し、圧倒的読書量で介護業界に革命を起こす男のブログ

このブログを読む……メリット。
・時間とお金の節約。
・必要な書籍がしぼり込める。
・限られた時間の中であなたがあなた自身やあなたが所属する組織の改善に役立つ本やその読み解き方がたった3分でわかる。


テーマ:
おはようございます。岡本大輔です。
本日の紹介はこちらです。
↓↓↓













【出会い】
帯広図書館の新刊コーナーに置いていたので、借りました。


【本書のテーマ】
聴覚心理から考える聴く力。


【岡本大輔の視点】
高齢者介護における「伝える」と「聴く」。

【気になった抜粋】

男性の話はじっくりと聞く、女性の話にはアイの手を入れる。しゃべっている相手の口元に視線を持っていってください、目を見るよりは気が楽なはずです。


空気を聞こう、「咳払いや」や「溜め息」、椅子が動く音、座布団と洋服がすれる音、足を組み直すときのズボンやスカートの衣擦れの音、「え?」とか「なんで?」という呟き、これらを聞き逃さないように。


【響いた抜粋と学び】
音の記憶というのは、かなり長期間にわたって残るのです、亡くなった方の顔はなかなか思い出せないけど、声や言葉は時間が経ってもハッキリと思いだせるという人は、とても多いですね。

声というのは確かに記憶に残ります。

声の記憶とは別の話題になりますが、僕自身小学5年生くらいから声変わりをして、ものすごく低くなりました(ゴスペルサークルに低音でスカウトされるくらい)。

小学生の時は「低すぎて聞こえない」(元々声が小さいこともあり)としょっちゅう言われ、コンプレックスになっていましたが、今では「岡本さんの声に癒されます」と言われることもあり、これは強みなのだと感じるようになりました。


うるさい場所で、早口で話しても意思の疎通が取れるのは、20代、30代までだけだと肝に銘じてください。


高齢者介護の現場ではこの場面はよく見られます。また介護支援の現場でも、ご家族様(50代)とお客様(80代)の会話でも見られます。


話すスピードと聴く相手の理解スピードを合わせないと会話が成立しないことは高齢者介護で働く専門職ならば、分かっていて当然と僕は思っていますが、現実はそうではありません。


「ちゃんと説明したんですが、相手が理解できなくて・・・」、あなたの話すスピードに相手がついていけていない可能性がありますよ。


80代以降の方に話すときは、①0,8倍速以下にして話すこと、②ワンセンテンスを短くして、区切る、③区切ったところで相手に確認する・・・「この部分は分かりますか?」と。


相手が分かっていない状態で喋り続けるなんて、僕から言わせると暴力的会話です。分からない相手に、分からせようと聴かせているのですから。


オノマトペは、人々の感性や感情にダイレクトにアプローチできる、日本語に特有の表現手段であり、大きな「武器」なのです。


オノマトペとは「擬音語」と呼ばれるもので、「早起きしたくてガバッと布団から起きる。」と表現した時の”ガバッ”の部分です。


僕はお客様との会話や各事業所との連携の部分でオノマトペを使います。


幼稚に聞こえる可能性はありますが、それはオノマトペだからというよりかは語尾が「~でね」などの話し方が要因ではないかと感じます。


聴く相手にイメージがつきやすいのはオノマトペの強みです。


別れ際の一言は強く記憶に残るものです。

言われて嬉しい言葉・・・ありがとう、一緒にいると癒やされる(安心する、楽だ)。

朝の挨拶で「〇〇さん、おはようございます、会えて嬉しいです。」と僕は心がけています。


別れ際の言葉も「〇〇さん、ありがとうございます。また〇日△曜日にお待ちしております。」と伝えます。


これは昔の上司が教えてくれたもので、相手が認知症の人や認知状態が低下してきたお客様に次回の利用日(曜日)も伝えるのは専門職として当然ではないか?と言われてから気をつけています。



ここまでお読みいただきありがとうございます。

コメントは自由制です。一見さんも読者も大歓迎です。
返信は24時間以内にいたします。
※心無い非難・誹謗・中傷等は削除させていただきます。





岡本大輔@介護支援専門員(社会福祉士)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス