車の花粉・シミ・汚れ除去【完全版】花粉汚れ・イオンデポジットを落とす!花粉や雨染み対策と考え方 | 洗車とコーティングと私/洗車用品 車用コーティング剤 ならハイブリッドナノガラス

洗車とコーティングと私/洗車用品 車用コーティング剤 ならハイブリッドナノガラス

【17周年】洗車用品 車用コーティング剤 カーケア用品 開発販売 ハイブリッドナノガラス/クルーズジャパン 「洗車とコーティングと私」/富山県のカーケミカルメーカー
【スマホサイト】https://www.nano-glass.jp/smp/ 【PCサイト】 https://www.nano-glass.jp/


どうも、こんにちは!

今年は全国的いいお天気で「花粉」情報
も耳にする機会が多くなりましたねぇ。。

そこで、本日は、、、

春の困った風物詩!

愛車に花粉が付着した場合の、
対処方法
についてご紹介!

雨ジミ(イオンデポジット)や水垢、
汚れ落とし全般に通じる考え方&対処方法
です(^^)v

ぜひ、参考にしてください!

【保存版】困った春の車汚れ!花粉汚れの対処方法


だって、雪国の富山でも
2月なのに花粉とんでるし…((+_+))

H31年2月24日付北日本新聞の花粉飛散記事
H31.2.24付 北日本新聞の記事抜粋(ローカル新聞)


まず、花粉がクルマに付着すると
どーなるのか?

そして、深刻なダメージの原因
となってしまう場合はどんなケースか?

大きく2パターンに分けてご紹介!


花粉が乾いてる場合

ボディの上に載っているだけの
サラッサラ状態の花粉。

まだまだ落としやすいので、
できれば今のうちに落としたい状態。

車のボディーに付着したスギ花粉
見てるだけで鼻がムズムズ(T_T)


でないと、このまま放置してると…

日差しの熱で塗装(=クリア層)が緩み、
徐々に入り込んでしまう恐れが!
"(-""-)"


花粉が濡れた場合

ボディに付着した花粉を放置して、
さらに雨が降って乾燥すると、、、

こんな「Oh My God!」の状態に!

花粉が濡れると酸性物質を出して塗装のダメージ深刻
花粉やら点状のシミやらで最悪


これは「花粉汚れならでは」
ともいえる現象で…

じつは、花粉は水分を含むと殻が破れて
酸性物質(ペクチン)を出すのです。

さらに悪いことに、、

再び乾く際に、塗装と一緒に収縮して
塗装表面に深刻な悪影響が!"(-""-)"

クルマの花粉汚れを放置すると深刻なシミに
アップにすると「ひでぇ…」末期的シミ状態


ちなみに、、、

これらを未然に防ぐには、
やはりコーティングの効果は大!

特に、繊維系でも防汚性に優れたものや
硬化系のコーティングがベター。

もちろん、ほったらかしじゃあダメで
定期的な洗車メンテは不可欠ですよ!

あえて、コーティング剤を
おすすめするとしたら、、

防汚に優れたスーパーゼウス >


強固な硬化被膜のDアーマー >


新登場グロスフォームコート>


あたりが、個人的におすすめの
コーティングですかね(^^)v


さて、さて。

じゃあ、このクルマの花粉汚れ。

具体的にはどーしたらいいか?


花粉汚れの対処法

まずはセオリー(鉄則)の確認から!


【ボデイケアのセオリー】
なるべく早く処置すること
&
ボディへの影響の少ないものから試すこと
&
物理的・化学的アプローチを試すこと
&
使用するツールも変えてみること
&
状態と限界を見極めること


これ、プロ・アマ問わず、
カーケアの鉄則!

一発で何もかも除去できるモノ、
方法なんてありません
からね('ω')ノ

では、このセオリーに則って
対処例をご紹介しましょう。

1,シャンプー洗車

いうまでもなく、

サラサラ花粉が"載ってる"段階で、
なるべく早く洗車する
のがベスト!

花粉汚れの対処法まず第一はシャンプー洗車で落とす

※画像で使用中のケミカル&ツール
中性シャンプー/マイルドケアシャンプー
洗車用クロス/ムートンクロス


この段階で対処できて
すんなり落ちれば、言うことなし!(^^)v

洗車後は追加でコーティングして、
ボディを保護しておきましょう!

じゃあ、落としきれなかったら!?


2,クリーナー

洗車で落ちなかったということは、
ただ塗装に載っかっている状態でない、ということ。

塗装に入り込みつつあるか、
シミになりつつある可能性があります!

こんな時にまず使用したいのが、
化学的にアプローチする専用クリーナー。

花粉汚れ落としに最も効果的なのは専用クリーナー
花粉などの有機汚れに浸透除去


当店のラインナップで言えば、
虫汚れ・鳥ふんクリーナー!

このクリーナーは、タンパク質に浸透作用し、
汚れを化学的に分離除去
できる専用品。

もちろん、有機物である花粉にも有効!

汚れの範囲に合わせて部分的にも、
シャンプーとして全体的にも使えます。

花粉だけでなく、これから増える、
虫・鳥フン対策にも1本あるとベターです。

花粉・虫汚れ・鳥ふんクリーナー >


では、これでも落ちなかったら?


3,花粉の最終局面

これでも、落ちなかった花粉汚れ、
そんな場合は、、、

塗装に入り込んでしまっている
or
酸で塗装表面が侵され、シミ化している

なんてケースが考えられます。。

ちょっと長くなりますが、
順を追って対処方法を説明しますね('◇')ゞ


物理的アプローチ

上記の化学的アプローチでも落ちない
場合は、、、

今度は物理的要素を絡めた
ケミカル
でアプローチ。

まずは、クリーナー系で
行ってみましょう!

範囲が限られてる場合は、
コーティングコンディショナー

コーティングコンディショナーのシミ除去後クロス
コンディショナーのボディケア力は驚異的!



広範囲な場合は、
クイックワンシャンプー

クリーナーシャンプーでベンツの黒を洗車している
クリーナーシャンプーは下地処理に最適!



あたりがこの段階でのおすすめ

化学的アプローチ(虫汚れ・鳥ふんクリーナー)で
ある程度汚れが取れやすくなってれば、
これで除去できる可能性も(^^)v

ただ、くれぐれも、無理にはこすらない
ように注意してくださいね!

どんなケミカルでも、
ゴシゴシこすれば必ず傷がつきます。

汚れは落ちたけどキズだらけ、
では意味がないので(^^;

使用ツールワンポイント
通常スポンジで施工するものを
クロスでやるだけでも除去力はupします。

ウレタンバフよりウールバフの方が
研削力があるのと同じですね。


で、これでもダメだったとしたら、、
花粉・シミが完全に塗装領域に入ってしまっている
ということ。

ここまでやってはじめて、、、

最強の物理的アプローチ、
コンパウンドの登場となります。

が!

ちょっとここでストップ('◇')ゞ

この段階まできたら、、

塗装の状態と自分のニーズにあわせ
この先の対処を選択します。


シミ&早く落としたい

パッと見で、
「あきらかにシミになってる!」

また、
「一刻も早く綺麗にしたい!」

なら、磨き落としてみるのも一手です。

というか、シミ化が進んでいる場合は
ここで落としておかないと…

状態がさらに悪化する可能性も。。((+_+))

落ちない花粉汚れはコンパウンドで磨くのも一手


汚れ・シミの大切な考え方
塗装の表面に載ってるor入りきってないシミや汚れなら、、
【洗車やクリーナーで対処】

完全に塗装領域に入ってしまってる
シミや汚れには、、
【コンパウンドで対処】

というのが、基本的考え方です。

ただ残念ながら、見ただけでは判断できないので、、
順番に試すしかないというわけです。

個人的には、なんでもかんでもコンパウンド!
というのは、ちょっといただけません((+_+))

例えれば、薬も試さずに、
いきなり外科手術するようなものなので…


もちろん、コンパウンドを使う際は、
研削力の弱いものから!

極超微粒子ミラーフィニッシュ

高濃度極細エクストラカット

※スポンジを濡らして固く絞って使うと
 粉を抑えて磨きやすいよ


くれぐれも無理せず、欲をかかず、
限度を見極めながら進めてくださいね♪

あ、終了後はコーティングの再施工を
お忘れなく!


花粉&慌ててない

一方、、

「シミにはなってない感じで、
細かな粒状のものが落ちない!」

こんな、塗装に入り込んでしまった
(と思われる)花粉の場合はどうするか?

慌ててるなら、上記同様
コンパウンドで対処となるでしょうが…

「あんまり慌ててもない('_')」

そんな場合、どうするかというと…


しばらく様子を見る

「様子を見る!?」

…ですよね(^^;

こんな時、プロショップさんなら
どうするかというと…

塗装に赤外線とかをあてて表面を加熱し、
塗装の応力を利用して塗膜をある程度
復元し、必要があれば磨いて仕上げる

というふうにやっておられるかと。。

つまり、暖めて状態をより良くしてから
適切に対処する、ということ。


これをユーザーが実施可能な視点で言い換えると、、

日差しがより強くなって塗装を熱し、
膨張して汚れが出てくる(上がってくる)のを待つ。

で、状態に応じシャンプーやクリーナー
コンパウンドで仕上げる、と。


つまり、、

しばらく花粉汚れに固執せず、
普通に車を使い様子を見て処置する

さらに、もっと突っ込んで言うと、、、

普通に洗車したり、お手入れしたりしてると
そのうち無くなるor良くなる。(※可能性もある)

ということです(#^.^#)


これは、特に塗装に入り込んでしまった
花粉には有効な対処法の1つ。

この方法のメリットは、、、

自然の熱と力を利用した方法なので、
ムリヤリ磨き落とすよりもボディに優しい。

さらに、結果的に何らかの処置が必要としても、
ある程度の改善が期待できる。

ということが言えるかと思います。

もちろん、完全に"ほったらかす"のでなく、、

状況の変化に対応できるよう、
洗車の時などにチェックは必要ですよ~('◇')ゞ


さてさて。

自分で行う愛車お手入れ・ボディケア
は、クルマ次第で状況は千差万別

自己責任を踏まえつつ、そこに
試行錯誤するのも、楽しみの一つ。

「ケースバイケース」ということも念頭に…

【完全版】花粉・シミ汚れ等の対処方法。

タイムリーなご紹介でしたっ('ω')ノ

ではまたっ!

「長くて疲れたぁ~(T_T)」


最新記事一覧

キャンペーン等

本店サイト