キッチンリフォームの際に

収納の方法をガラリと変えて早1年

 

キッチンで食事を作るのは

もはや私だけの仕事ではなくなりました。

 

 

 

今週私が夕飯を作るのに

平日キッチンにたったのは

月から金までの5日間で3回

 

約半分

 

どうしても集中したいことがあって

手を止めたくないから

夕飯作りお願い!

って娘に頼んだのが1回

 

パソコンに向かってたら

いつのまにか時間が経っていたらしく

夫が夕飯作りを始めていたのが1回

 

ほんと、ありがたい。

 

家族が食事を作る

だけ切り取ると

ええ!羨ましい〜

なんて言われることも多いですが

 

ここまでの道のりは

葛藤、試行錯誤

それなりにあるものです。

 

image

リフォーム前のキッチン

 

美味しいものを食べたいけれど

家族4人で外で食べると高くつく

だったらお家で贅沢ご飯にしよう

という発想から週末だけ夫が

ちょっと贅沢ご飯を作る

週末シェフグラサンが誕生しました。

 

最初こそ

わーい美味しいものが食べられる♪

と喜んでいたけれど

 

買い出しから始まる週末シェフに

お任せしていたら

 

重なる食材が増えていき

(あるのに買ってきちゃう)

頻繁に使わない調味料が増え

食費が増えていきました。

 

美味しいよね〜

って笑顔で言い合う時間

プライスレスほっこり

 

食費はどんどん増えていく

プライスマシ笑い泣き

 

もうね、葛藤です(笑)

 

こんな話は我が家だけかと思ったら

たまに夫がご飯作ってくれるのはいいけれど

材料費がかさむから悩む

という友人もチラホラいたりして

 

結構あるあるな話なのね💦

 

これについては我が家は

現状を素直に伝えました。

 

あとはこれね

 

後片付けと掃除

 

私は調理しながら片づけるタイプなので

どうしてこうなるんだろ~と

はじめは衝撃でしたね。

でね、後片づけしながら

あることに気づいたわけです。

 

夫がキッチンに立った後は

ドアというドア

引き出しという引き出しが

開けっ放しということに。

 

ズボラなだけかと思ったけれど

聞いてみたらどうやら

効率的に調理するためだったらしい

 

私はモノは扉内にスッキリおさめたい人

一方夫は

効率的な動線を重視する人

 

キッチンはツールが多く

見た目がごちゃとするので

私はドアがあるといいなと思ったけれど

 

この先に家族にもどんどん使ってもらおう

そう思ったこともあり結局リフォームでは

ドアを設置しませんでした。

 

オープンの棚にはモノを直接置くのではなく

収納ボックスをつかって収納する

そんな折衷案的な収納に落ち着きました。

 

その収納法がキッチンを使う人に

あっているのかどうかを確かめるために

リフォーム直後は家にある収納用品を使って

モノの配置や使い勝手を確認する

お試しの時期もしっかりとりましたよ。

 

このプロセスが実はポイントです。

 

置くモノ(配置)を決めたら

実際に使ってみる

使い勝手がイマイチなら修正

問題ないようであれば

収納用品を購入

 

という流れです。

 

この流れでいくと

収納用品がムダになりませんよ。

 

ここが決まると

収納容量がわかるから

収納用品のサイズと

必要数が簡単に出せるわけです。

 

これはお客様との片づけでも

同じプロセスをたどっています。

(もちろん事情があれば臨機応変にしてますよ)

 

我が家のキッチンには下段に

無印良品のケース(深)を使用

 

 

上段には(中)を使用しています。

 

image

 

自分が使いやすいキッチンから

家族が使いやすいキッチンへ

収納方法を変えたことで

家族の出番が増えました。

 

リフォームしたからでしょえー

そう思う方もいるかもしれませんね

 

ですが、たかが収納、されど収納

その方法ひとつで

家族の協力が得られる暮らしへと

変えることもできるのは事実ウインク

 

どんな暮らしがしたいのか

そこを考えてみるところから

片づけは始まります。

 

家族の関係が良くなる片づけって

あるんですよ。

 

ご夫婦での相談も増えています。

家族の関係性がアップする片づけ

ご相談はこちらへどうぞ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 

片づけのプロの全国大会:片づけ大賞2018年にて「準グランプリ」をいただきました

 

 

https://watashinoerabukurashi.com/

 

 

 

 

 

 

今日の私、過去の自分に対して

よくやった!

とほめてあげたい気分です♪

 


何がって…


子どもにモノの管理を任せる

と決めて行動したことに

good jobグッしたい気分なのです。


 

そのおかげで今が

かなり楽を実感しているから♪

 

 

我が家の小学生2人夏休みに突入して

すでに数日が経過しております。

 

夏休みといえば

大量に持ち帰ってくる荷物

 

今年の夏も例外なく

荷物が山盛りです。

 


夏休みに入る前
大量の荷物と帰宅するなり
『ボックス〜』
と声が聞こえたので
たたんでいたボックスを
渡しただけ。

後は各自でやってね♪
とお任せしております。


この収納の仕組みは
我が家では定番の仕組み


詳しい仕組みについてはこちらの記事

道具の見直しやメンテナンスまで

やるのかどうか…

今のところやる気配はありません💦



やらなくていいの?

と言いたくなる気持ちをおさえて

見守ることにします。


だって長い目でみたら

先回りしちゃってやらせるより

自分で試行錯誤してもらって

できるようになったほうが

その後が楽なんですもの。


片づけやらせなくちゃ

とあの手この手で

やらせていたころは

イライラが手放せなくてねー。

子どもにイラつく私自身が嫌だったなぁ


あの頃、おそるおそるだったし

大丈夫なのかなぁーって不安でも

任せようと決めて行動したこと

今になって

よくやった!

って実感する日々です。


そして、

子どもと一緒に片づけしてもらえない?

ってご依頼が徐々に増えて

子どもたちと片づけする機会も

それなりにあったけれど


お母さんたちから

あれから今でも片づけできてるの!

子どもがあれで変わったの!

と言われることも増えました。


嬉しいわよね。


でもね、それ

お母さんが手放したからなのよ! 


私も親なのでわかるんです。


子どもをどうにかしてほしい

最初はもしかしたらそんな思いで

依頼くださったかもしれない


だけど皆さん結局

『楽』が自分に返ってきてるのよね。


だから片づけは投資でもある

と思ってるのです。


未来の自分へ

楽になるための投資


子どもに任せると決めて

行動してきた過去の私には

投資してくれてありがとう

と思ってるんです。


あの投資がなかったら

イラつく日々を今でも過ごしていたと思う。


さぁ、まだキレイにするだけの

片づけを続ける?


投資の片づけという考え方


どうせやるなら

イライラを手放す片づけ

投資になるような片づけ

やっていきませんか?




投資の片づけやりたい!

キレイにするだけの片づけに疲れた

なんて時はメッセージくださいね

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 

片づけのプロの全国大会:片づけ大賞2018年にて「準グランプリ」をいただきました

 

 

https://watashinoerabukurashi.com/

 

 

 

 

 

 

「片づけの仕事をしています」と言うと

気を使ってくださるのか

 

片づけ苦手なんです~

と告白されることが多いんです♪

 

それじゃぁ

片づけ以外のことが

お得意なのですね~キラキラ

お得意な事って何かありますか~?

なんて話が弾むのですが

 

ほんとに時々

「我が家は散らかっていて

見せたら怒られちゃうかも~」

という方がいらっしゃるんです。

 

 

えっと💦

誰に怒られるんでしょう?

 

 

まぁぶっちゃけ

誰に怒られてもいいんです(爆)

 

ですが

そこに住んでいるご自身はどうなのかなぁ

ストレスにならずに暮らせているのかなぁ

と気になってしまうのよね…

 

その言葉の裏には

いつもキレイにしておかないといけない

部屋はキレイに保つべきだ

って意味合いがひそんでいる

そんな気がしてならないんです。

 

まだまだ空間をキレイにするために

片づけする意識の方って多いのです。

 

ええ、わかるんですよ。

私もそうでしたから。

 

でもね、それだとずーーーーと

手放せないんですよ、片づけが笑い泣き

 

まぁ、散らかったままでも

いいかなぁと思って~

なんて口では言いながらも

しっかり気になっちゃってたりしてね💦

 

散らかっている状態でも問題ないし

この状態の方が私は楽なんだし

片づけなんて興味ないし

と手放せていたら

他人がどう思うかなんて

きっと気にしないだろうし

怒られるなんて表現がでてこないかな

と思っちゃうわけです

 

 

でも、勘違いしないでね

「怒られちゃうかも」

と思うのが悪いわけではないんです。

 

なぜ怒られちゃうと思うのか

という本質を把握してないだけかも。

 

もしかしたら

子どもの頃にお母さんから

散らかっていると怒られていたから

だからそのような発想になる

のかもしれないし

 

いずれにしても

もしその「なぜ」が把握できたら

もっと楽になるのになぁ

とおせっかいにも思うのです。

 

自覚がないままよりも

自覚があるほうが

とるべき解決策がわかるし

 

自分の取説はこういうところから

分かっていくものだから♪

 

散らかっていると怒られると思ってるけれど

散らかった部屋がいいとは思っていない

のであれば

 

必要なのは

散らかったままにしておくことではないはず。

 

片づけできるのは

当たり前じゃない

 

自分が楽になるための方法を

選ぶことだってできるのです。

 

 

片づけが苦手なら

苦手な分だけ手放して

自分を楽にしよう。

 

そして自分の得意に

時間を費やしていきましょウインク

 

 

 

片づけのモヤモヤ

気になるそのモヤモヤを

おせっかいながら明確にするお手伝いします。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 

片づけのプロの全国大会:片づけ大賞2018年にて「準グランプリ」をいただきました

 

 

https://watashinoerabukurashi.com/

 

 

 

 

 

 

「できない」

って言葉は考えることを

停止させちゃうんだなぁガーン

 

と小4娘を見て実感しました

 

 

さぁ、子どもは寝ますよ~

という時間になって

「ママの横で宿題やる!」

って算数プリント持ってきた小4娘

 

「今頃かっあせる

って突っ込みしか出ないわ。

 

しかもこの時間から計算問題解くって

脳はついてこれるんかいな・・・

 

悪い予感しかしないでしょ

この時間はひとり時間キラキラなんですけど・・・

 

 

一問目

 

二問目

 

「あー、できない」

 

キターーーーーー

(しかも思ったより早い💦)

 

3ケタの割り算を前に

完全停止状態な娘

 

とりあえず

間違えたところを一緒に確認して

クリアしていくわけだけれど

 

クリアしても次にすぐ

「できない」

がやってきてそのたびに

脳がシャッターを下ろすらしい

 

何がすごいって

 

「できない」

以上!

考える脳機能は停止・・・

 

 

「できない」

って言葉って

思考を停止させちゃうほどの

影響力があるもんなんだ

と実感しましたよ。

 

 

いかん

このままではひとり時間が

宿題時間になってしまうわ笑い泣き

 

と思ったので魔法の言葉キラキラをかけました

 

 

できない

のかわりに

どうしたらいいだろう

って言ってみてね

 

解くための理解はできてるのよ

計算ミスしているだけだから

解けるはずだから~

と添えて♪

 

これが効き目抜群でしたキラキラ

 

 

結局その後

残っていた15問で

わからないと聞かれたのは

なんと1問だけ

 

しかも全部解き終わってから

どうしてもわかりません

 

と聞きにきただけ

 

ああ、脳への問いかけ

大事だわね。

 

 

そうそう、これね

「片づけできない」

そうお悩みの方にも効きますよ

 

「できない」

のままだと進まない

そう思った時には

「どうやったらできるのか」

という問いにすると解決が見えます。

それを行動にしていくことで

進みますから♪

 

できないことを手放し

できることを取り入れる

 

そんな私も

どれくらい言ってきただろうか

「できない」って言葉

 

「どうやったらできるだろうか」

と問うことを習慣にしていこう

 

気づきをもらったわ。

 

「できない」

という言葉を言いたくなったら

ぜひお試しあれ!

 

 

 

 

 

片づけどこから手をつけよう

そんな相談もお気軽にどうぞ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 

片づけのプロの全国大会:片づけ大賞2018年にて「準グランプリ」をいただきました

 

 

https://watashinoerabukurashi.com/

 

 

 

 

 

 

「使っている、使っていない」

簡単に捨てるモノを選別できたら

どんなに楽でしょう♪


片づけのプロは出る幕ナシだわね。

(大げさ💦) 


モノを捨てられない

だから片づけできない

と思う方、ぜひご一読を。

 


片づけられないという方の

状況は人によって異なるわけで

 

作業をご一緒して

モノを選別する際に


誰にでも

「使っていますか?

使っていませんか?」

って聞くわけじゃないんですよ。

 

 

あ、でもね

「使えるか?

使えないか?」

という問いよりは

「使っているか?

使っていないか?」

という問いの方が断然

選びやすくなっておススメです照れ



人によってはモノを捨てることに

困難さを感じるって方もいるでしょう。

 

今はいない家族のモノを捨てるのは

ためらいを感じやすいだろうし

 

愛着や執着があるモノに対して

捨てる選択は迷いが伴うわけで

 

そういう状況の方に向かって

「使っていますか?いませんか?」

だけの問いでモノの選別を進めるのは

やっぱり違うわけです。

 

もしあなたが

モノを手放すことに

不安を感じているのであれば

 


あなたが少しでも楽になるためには

無理にモノを捨てることより

毎日の使い勝手をあげること

がポイントだったりするわけです。


 

捨てるは片づけプロセスの一部に

すぎませんからね。


でもモノを減らしたい

と思うのであれば

 

モノを捨てるという視点より

モノを選び取るという視点

それを意識するように

分類作業を進めるといいですよ。

 

人によって

置かれた状況によって、

その時に必要な問いは

異なるものです。

 

「使っている、いない」

以外にも

「お気に入りとそれ以外」

「日常使いとそれ以外」

ご自分がしっくりくる言葉を

選んでみるのも一つの手ですよ。

 

 

「使っているか?いないか?」

だけで分類できない

 

そんな時には

何のために片づけするんだろう

と考えてみて

 

今のご自分が楽になるための

問いかけワードを探してみてくださいね。

 

きっとそれだけでも前に進みますよ。

 

 

 


片づけどこから手をつけよう

そんな相談もお気軽にどうぞ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 

片づけのプロの全国大会:片づけ大賞2018年にて「準グランプリ」をいただきました

 

 

https://watashinoerabukurashi.com/