自分/場整え 片づけコンルタントの大村純子です。

 

 

自分自身との関係を向上し
家族や組織のチーム力を上げていく

関係性を起点とした片づけをサポートしています。

 

 

年末となると

大掃除をしたり

片づけに意識が向く方も多いですね。

 

片づけが上手くいく秘訣のひとつに

等身大で片づけをする

があると思っています。

 

この等身大である、というのは私自身も

人生において大事にしたいスタンス

でもあると感じています。

 

「等身大」って

実際の自分から

大きくも小さくもする必要はない

正確な現在地なんだと思うのです。

 

「等身大」からズレて片づけしている場合

 

自分を必要以上に

ダメだと思いながら

片づけしていたり

 

自分を必要以上に

良く見せようとして

片づけしていたり

 

なんてことがあると思うんです。

 

例えばね

親が子どもと片づけする時

 

親なんだからできて当たり前

良きお手本になるべき

って握りしめていたりすると

良く見せようとする自分と

ほんとうはできない自分とで

戦っちゃうようなことになりがちだったり。

 

第三者からしたら十分

片づけできていると感じるのに

 

本人は全然できていないと

いつまでたっても自分にOK出せず

自分を疲弊させていくことになりがちだったり。

 

大きくも小さくもって

正反対のようだけれど

エネルギーが漏れている状態には

変わりありませんね。

 

疲弊していきます。

 

だからこそ

持続可能な片づけをするため

正しく現状を把握していくためにも

「等身大」であるかどうかの確認は

大事だと思っているんです。

 

あれ、なんかズレているよね。

って気がつくことができたら

その背景を探って根本的なブレーキを

把握することができて

それをどう扱っていくかも

見えてくるはずですから。

 

片づけのサポートをしていても

等身大が進んでいくことで

自分で片づけていく意欲というか

力が出てくると感じています。

 

それが一種の自主性なんだと思うんです。

 

プロと一緒にやることで

キレイになるというよりも

自力を出して片づけしていけるほうが

ずっとずーーーーとキレイになるんですよ!

 

だってキープする力も違いますから!

片づけが進む速さと言ったら

それはそれは段違いに違います。

 

人生も変わっていきますしね。

 

 

モノって目に見えやすいですが

こういう「等身大」で片づけしているかどうかって

自分ではなかなか見えないことかもしれません。

 

だからこそ、そこ精査していきたいものです。

 

私自身はずっと

自分にOK出せない片づけで

もっともっとやらなきゃと

苦しめてきたところがありました。

 

得意だから、不得意だから

というところではない部分で

つまずいていたわけです。

 

得意だから

モノが少ないから

片づけに悩まない

なんてことはないと思っています。

 

現に様々な原因で悩む方々と

関わってきて思うのは、

自分の捉え方やブレーキ、劣等感

という目に見えないことが

片づけに影響しているということ。

 

片づけって

目に見えることだけじゃないなぁ

ってつくづく思います。

 

決めつけることなくいきたいなぁって

思うんです。

 

誰が見ても

部屋キレイじゃない

って言われても

本人が悩んでいることは

悩みとしてなにかしらある

と思っています。

 

だからこそ

片づけに本気で取り組んでいく

ということは

自分と本気で向き合っていくこと

だと思っています。

 

等身大で片づけをする大切さ

精査してきたいなと思います!

 

 

【ご案内】

ご訪問での片づけ作業は

ご継続のお客様のみで

対応してきましたが

ご新規の方を募集します。

(対応場所などご相談となります)

 

自分と向き合うコーチング付きの

片づけサポートもございます。

 

気になる方はまずご自分の

現在地を把握してみるところから

始めてみてくださいね。

オンラインでのご相談も承っています。

ご活用くださいね。

https://resast.jp/pc_reserves_v2/courses/30418

 

 

こちらの内容をメルマガで発信しています。

自分や大切な家族との関係性を起点とした

自分整え/場整えについてお伝えしています。

 

 

 

 

自分/場整え 片づけコンルタントの大村純子です。

 

 

家族や組織のチーム力を上げていく

関係性を起点とした片づけをサポートしています。

 

自分を知ること、

整えていくこと

とっても大事なことだと

思っています。

 

一見、片づけと

自分を知る(整える)ことって

関係ないんじゃないの?

と思いますが

それがそれがどうして

関係大いにあり!なんです。

 

片づけと自分の心って相関する

と考えています。

 

 

それは

片づけは人が関わるから。

 

当たり前ですけれど。

 

人が動いてやりますよね、片づけって

モノが勝手に片づいていってくれる

とかありませんよね。

 

自分がモノに関わった結果が

今の空間で目に見えてるって

ことなのですよね。

 

 

人にはそれぞれ

やりやすい方法があるし

クセだってあるし

住まう人の人間構成が違うし

モノの多さも違うし

 

その状態を

どう捉えているのか

は片づけに影響します。

 

嫌々やらされているのと

自発的にやっているのでは

違ってくるはずですしね。

 

 

実際にサポートをしていく中で

自分との風通しをよくしていくと

家の中(空間)の風通しが

良くなっていくなぁって

実感することも多いです。

 

片づけに向き合うエネルギーを

消耗したり、漏らしていないかな

と確認してみるためにも

自分を知る、整えるが大事

だと思っています。

 

せっかくやる気があるのだし

片づけする時間も確保したなら

良くなっていく方向へ

エネルギーをかけたいですからね。

 

片づけって

一度やって終わりということはなく

日々の積み重ねです。

 

モノは集中して一日あれば片づくけれど

それをキープできるのかはまた別の話

 

片づけは一日にしてならず

だったりします。

 

どーでもいいや

と思って見て見ぬふりするのも

人(家族)にどう思われるか

気になっているのも

こうでなくちゃ納得しない

で進まないのも

 

そういったことに

良い悪いのジャッジすることに

エネルギーを消耗するよりも

片づけを通じて

いろんな偏りとかブレーキを自覚していく

そんな過程こそが大事だと思っています。

 

現状をしっかり把握して

ゴールを思い描いて

自分に対する情報を得て

進んでいけるといいですね。

 

そうなるとね。

しっかりかけたいところに

エネルギーが出せるようになって

片づけが進んでいく。

 

結果的に片づいた空間も手に入る

ということだと考えています。

 

「も」って言うのは

自分を整えるということは

人生をより良くしていくこと

と同じ過程でもあるので

 

片づけしていながら

人生良くなって

いかないわけないなぁって

思うのです。

 

それが

片づけ作業のお客様であっても

対話の時間を大事にしている理由でもあります。

 

自分と正しく向き合うことで

良くしていく機会が生まれる。

 

だからね

心と空間はつながっている

相関だと言えるなって

関わって対話をしながら

サポートすればするほど

そう確信しています。

 

さぁ、

気づいた時がはじまり

意識が向いた時から始まっています。

 

モヤモヤしたらそこから

始めていきましょう♪

 

 

 

 

こちらの内容をメルマガで発信しています。

自分や大切な家族との関係性を起点とした

自分整え/場整えについてお伝えしています。

 

 

 

 

自分/場整え 片づけコンルタントの大村純子です。

 

 

家族や組織のチーム力を上げていくために必要な
対話を大事にしています。

 

月1でお話会という名の対話の場をひらいています。

メルマガ読者さん無料です♪

 

 

 

 

片づけしようと思うけど

時間がない

やる気がない

子どもがいてできない

 

そんな時に

片づけができない自分を

咎めたくなることが

あるかもしれませんね。

 

でも、自分を咎めるよりも

大事なことがあるなと

思うんです。

 

ちょっと私の過去の出来事をシェアします。

 

中学生のころ、

冬になると学校でマラソン大会なるものがありました。

中1で走ったマラソン大会で、上位3位に入ったんです。

(1位だったのか何位だったのか忘れたけど)

 

その1年後の冬、マラソン大会が近づくにつれ

なんとも言えないプレッシャーを感じました。

嫌だと思っていたこともあったからなのか

マラソン大会の少し前に学校の体育で

足をくじいてしまいました。

 

心底ほっとしました。

あぁ、これで

大会でないのは私のせいじゃない

このケガのせいだからって

堂々と言えるって思ったから。

 

それほどプレッシャーだったんですね。

マラソン大会へ出るのが。

 

でもね、結局走ったんです。マラソン。

 

ケガのせいにできたから

走れたんだと思うんです。

 

私、ハンデ背負っています。

って言えたから。

 

結果は上位3位でした。

 

実は足のケガなんて軽いもので

マラソン大会に影響はないって

自分でわかっていたんですね。

 

でも、足のけがのせいにすることで

プレッシャーから逃れられたんです。

 

そしてこれは後日談があって。

 

マラソン大会の結果上位だった私には

学校の駅伝メンバー参加要請がかかりました。

 

でも私は

朝早く学校行くの大変だから

とか何かと言い訳をして

参加するのを避けていました。

 

駅伝メンバーの中には

私の幼馴染もいて

いつも一緒に登校していた彼女は

ある日から朝練参加のために

先に行くようになって。

 

私はひとり登校して

グラウンドを走る彼女の姿や

頑張っている友人たちを横目に

教室へ入っていくようになりました。

 

下校で一緒になって

大変だけど充実している

と話している姿を羨ましく

感じていました。

 

一緒にやろうよと

言ってもらっても

 

いいの、いいの、

興味ないから~

とか言ってました。

 

でも心の中では

自分は何やっているんだろう

と思っていました。

 

私がやると言えなかったのは

自分が結果を出せなかったら怖い

という想いがあったから。

そう怖かったからです。

マラソン大会に出たくなかったのも

この怖さがあったから。

 

今でこそこうやって書き出せる感情ですが

当時はそういう感情を

出すことも認めることもせず

挑戦しなくていい理由を

口にして自分に言い聞かせていると

自分には無理

に強化されていったなと感じます。

 

 

怖いんだよね

不安なんだよね

その想いを受け止めることで

挑戦できていたかもしれない

そう思うんです。

 

今、あの頃の自分と会えるなら

どんな思いがあるのか、

どう感じているのか

その背景にある想いを分かち合い

ほんとうはどうしたいか

一緒に未来を見たいなって思いました。

 

何かのせいにしている自分

諦めているかのような自分

自分には無理だと感じている自分

そんな自分をダメ出ししたり

何かのせいにし続ける自分に

気がついたなら

 

どんな想いがあるのかを

自覚してみる大切さ

大事にしていきたいと思いました。

 

自分を丁寧に取り扱っていこう。

 

 

 

 

こちらの内容をメルマガで発信しています。

自分や大切な家族との関係性を起点とした

自分整え/場整えについてお伝えしています。

 

 

 

 

自分/場整え 片づけコンルタントの大村純子です。

 

 

家族や組織のチーム力を上げていくために必要な
対話の場づくりを実践しながら学んでいます。

 

月1でお話会という名の対話の場をひらいています。

メルマガ読者さん無料です♪

 

 

 

 

片づけできないと悩んでいる人に

対する声がけとして

という前提で

(もしくはご自分が悩んでいたらどうかな)

 

「片づけなくてもいいんだよ」

と聞いてどう感じますか?

 

「片づけなくちゃだめだよ」

と聞いてどう感じる?

 

なんかザワザワする

なんとも思わない

そうだよね、って思う

とかいろいろだと思うんです。

 

実はこんなことを

お伝えしたくなったきっかけは

 

死にたいほど辛くて

毎日を過ごしていた人が

家族から「死んでもいいよ」

っていわれたことで救われた

という記事を読んだことなんです。

 

その言葉って

誰にだって同じように響くものじゃないですよね。

 

「死んじゃだめだよ」で響く人もいる中で

何が大事だったんだろうかって

考えてみたのね。

 

やっぱりそれは

相手を慮る姿勢なんだろうなって

思ったんですよね。

 

家族としては死んでほしいなんて

思っていないかもしれないけど

その想いをいったん横において

当人の状況を当人であるかのように

考えて感じてみたことで出た言葉であったから

それが伝わったのだと思うんです。

 

 

そんな記事を読んで

何を言えばいいのか

って最重要じゃないんだなと思いました。

(もちろん大事だけどね、それよりも大事なことがあるなって)

 

「片づけなくちゃだめだよ」

って子どもに言うのって良くないですよね?

という質問に対しても同じだと思うんです。

 

マニュアル化できないというか

これっていう答えって

ないと思っていて

 

「ケースバイケース」だと思っていて

もっというと

どのあなたでそれを言っているのか

だと思っています。

 

そうなの、記事を読んでいて

どのあなたでそれを言っているのか

が重要だなって思いました。

 

何で○○してくれないの?

という責め心があったり

こちらの想いの押し付けになっていたり

私の言うことは正解よ!

という状態で言葉を発しているのと

 

ほんとうに相手にとって

それが大事だなと

相手を慮って言葉を発しているのとは

違うと思うんですね。

 

だからこそ

自分って片づけについてどう捉えているんだろう

って知っておくことが大事だと思っているんです。

 

関わりにでちゃうから。

 

「片づけなくてもいいんだよ」

と聞いてどう感じる?

 

「片づけなくちゃだめだよ」

 と聞いてどう感じる?

 

自分がどう感じているのか

そこが見えていなければ

きっと相手(子どもとか)に

原因があると思い込んで

自分が良くしていける行動を

阻止してしまいかねないから。

 

自分が見えているとね

良くなっていける選択ができるから。

 

自分で良くしていくためにできることが

見えると進むなと思っています。

片づけも人生も。

 

来週金曜日のお話会では

自分は片づけに対してどう感じている?

というところから

自分がより良くして行けることを

皆で探っていけたらと思っています。

 

 

 

 

 

今月から

お話会参加者の中からご希望の方に

1対1でのzoomでの無料ご相談1hを

先着2名様限定にて承っております。

(過去に相談をしてくださった方もぜひどうぞ)

 

立ち止まって整える機会を

自分が前へ進める機会となるよう

応援させていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

メルマガでは

自分や大切な家族との関係性を起点とした

自分整え/場整えについてお伝えしています。

登録無料です♪

 

 

 

自分/場整え 片づけコンルタントの大村純子です。

 

 

家族や組織のチーム力を上げていくために必要な
対話の場づくりを実践しながら学んでいます。

 

月1でお話会という名の対話の場をひらいています。

メルマガ読者さん無料です♪

 

 

 

人との関わりの中で

気づけないことに気づくことって

多いなと実感しています。

 

たくさんの人が集まる場

コロナの影響でその機会は

減っているかもしれないけれど

 

人が集う社交の場など

多数の人が集まる関わりの中で

自分のふるまいを振り返ること

あると思うんです。

 

話し過ぎちゃった

とか

聞き役になりすぎて

話せなかった

とかね。

 

それって大事な

気づきの種だと思うのです。

 

せっかくの気づきの種を

自分が良くなるようにいかすには

 

自分以外の人にどう思われているかな

という視点だけでなく

自分はどう感じているのか

を大事に取り扱っていきたいなと

思っています。

 

例えば

話しすぎちゃったなぁって

振り返ったとして

 

 

あんなに話をして場の空気読めない人じゃん

って思われていないかなぁ

 

だけ考えているのと

そこからもう一歩踏み込んで

 

あんなに話をして場の空気読めない人じゃん

って思われているんじゃないかと

心配になっている私がいる、

自分ばっかり話してダメだと思っている

 

 

というように今の自分の感情まで

わかっていることで

その後自分はどうしていきたいか

を考えられるなと思っていて。

 

自分の想いを大事に

次どうしようかを決められるのと

 

他人にどう思われるのかで

次のどうしようかを決めるのって

 

自分ごとの度合いや

コミットする度合いが違うよなぁ

って感じています。

 

人との会話

人との対話って

シンプルだけど

いろいろ見えるものです。

 

関わりの中での

小さな気づきの種は

自分をより良くしていける種だな

って感じています。

 

人との関わりで

見える小さな種

大事にしていきたいです。

 

 

【11月開催のお話会の変更】

11月11日(金)20:00~21:30から

11月18日(金)21:00~22:00へと

変更させていただきました。

 

もしよかったら

忙しい日々の中で

ほんの少しの時間を

自分を良くしていくために

自分のエネルギー源になるように

ご一緒しませんか?

 

 

 

 

今月から

お話会参加者の中からご希望の方に

1対1でのzoomでの無料ご相談1hを

先着2名様限定にて承っております。

(過去に相談をしてくださった方もぜひどうぞ)

 

立ち止まって整える機会を

自分が前へ進める機会となるよう

応援させていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

メルマガでは

自分や大切な家族との関係性を起点とした

自分整え/場整えについてお伝えしています。

登録無料です♪