仙台大学柔道部のブログ

仙台大学柔道部のブログ

北海道・東北唯一の体育大学!
その中の柔道部は・・・
『社会から求められる人材の育成』
を目指し、日々人としての強さ、優しさ、大きさを
磨いております。

仙台大学柔道部です!
部員の日々をつづります。

そして・・・
少年柔道教室『仙台大学柔道塾』 もやっています。

どちらも応援よろしくお願いいたします。ニコニコ

おはようございます。

 

食べることは好きなのに、作ることはそんなに好きではない鬼嫁です…滝汗

 

先日「キーマカレー」を美味しいと言ってくれたもんだからと、

また作ったはいいけれど…。

保温していたつもりが軽く焦げてしまいましたあせる

そういう際、食にあまりうるさくない夫は普段「大丈夫大丈夫」というのですが、

キーマカレーの日は香りで、おいしく食べれると思い込んでいたようで…(楽しみにしていてくれていたので…)


「……。」

 

と無言の返事をされ、気まずい雰囲気が流れた監督宅です笑い泣き

 

 

さて…。

そんなどうでもよい前振りは置いといて…

大事な本題に入りたいと思います。

「我らが主務」について。

 

学生柔道では、高校時代とは違い、チームにとって重要な事務作業も学生が頑張ってこなしています。

東北学生大会、全日本学生大会も学生柔道連盟の学生たちが主となり運営を行っております。

 

こうして学生たちは、大会運営などを通して世の中の仕組みを知っていくわけですね。

指導者になる選手などには、ぜひ主務の仕事は経験してもらいたいと常々思っています。

 

インカレなど重要な大会前の主務は大忙しDASH!

何度も研究室に足を運んでは、登録、申し込み、団体切符の購入手続きなど、様々なことに奔走してくれます。

間違いがあってはいけないことなので、何度も監督に確認をとったり、ほんとうに我慢強く頑張ってくれています。

 


他の学生にも、そのことをしっかり知って欲しいと思いますねニコニコ


窓口がたくさんあってはややこしいので、いつも主務になった学生が頑張ってくれますが、

「誰かが、」みんなのためにこうやって動いてくれて、滞りなくルールに沿って大会に出場できているということ。

 

多くのチームがそうであると思いますが、うちにも専属の主務はいません。

主務も、厳しい稽古もトレーニングもあるし、したいし。

大会にも出ています。

 

だからこそ、そこで堂々とみんなと同じレベルで戦う主務をみては、「頑張ってくれてるな」と思うわけです。

 

今年もインカレが始まります。

個人戦でも出場権を取った石嶋青空!

いつも仕事ありがとう。

 

大会で活躍できることを祈ってます!

 

そして、歴代の主務のみんなも。

本当にありがとう!でした。

 

今4年の神戸りんは、朝トレに来ては後輩を煽ってくれる勢いで走ってます!

主務を石嶋に引き継いだ後は、稽古でトレで後輩たちを引っ張れる。素晴らしい人材ですね。

 

これからもチームのこと。

よろしくです。

 

みんなも…です!

 

恒例の…

朝練風景、行きましょう!

 

 

前回はとっても寒い❄️朝でした。


吐く息も…真っ白。見えるかな?


いかにも寒そうな空気感でしょ?

寒いの苦手😵


中川トレーニング部長は、古典的なトレーニングが大好きです😊馬跳びしてました!



以上!また載せます!

今週末は県民大会です!

頑張れ👍みんな!(和)

 

おはようございます。

青汁に続き、健康のためなるべくトマトジュースを飲もうとしている…鬼嫁ですおねがい

 

一昨日、勇気を出して学生の打ち込みを受けてみたら…

もう腰痛再発雷

やるな〜私の腰痛!ブー

出たがりなのですぐに出てきますタラー

 

驚いたのは、私の足が久しぶりすぎて、棒立ちになってしまうこと。

膝の柔らかいクッションが自慢の柔道だったのに、今はただの棒みたいな足です(笑)。

 

ってな自己中の話は置いといて。😅

 

今日は大学4年生のことを書いてみます。

 

大学に入ってまず驚くのは、4年生が大人に見えること。

どの学生に聞いても、「1年生の時に見た4年生は凄すぎて神でした」何て言う。

すぐ神とかいう!!笑

軽々しい!!滝汗

 

でも、まあ偉大に見えるということでしょうね。

 

私も学生時代はそうでした。

先輩方は大人すぎて、自分が幼稚に見えたものですびっくり

 

 

うちの学生をみても、4年生になると変化が見られるなと思うことも多いです。


でも…


仙台大学の今の目標は、それぞれもう1年早く!

色々な気づきをすること!です。

3年生が最高学年の目配りができる。

2年生がもうしっかりと仕切れる状態になっている。

1年生はすでに中心人物のように動ける、仕事もできる。

 

な〜んてことをうるさく言い続ける鬼嫁です。

 

でも、今の4学年はそんな感じですね。

まあ、まだまだ頑張って成長を止めないで行ってもらいたいものですが!

 

さて。

4年生のことで、

「あ〜。人って成長するんだな〜」って感じたこと。

いくつかあるのですが、

先日、部ノート(毎日、担当者が代わる代わる毎日の稽古メニューと感想を記入。もう70冊を超えている。)を見てたら、4年生のN田さんが、「いつも稽古をする軽量級に関してですが」と、コメント。

後輩がすごく伸びているんだと書いてくれていました。

 

だいたい、毎日感じたことを書く…と言っても稽古の内容について書く子が多い部ノート。

 

こうやって褒めてもらった後輩たちは、嬉しいやろうな〜と思いました。


仙台大学の場合、学内予選に始まり…ニヤリ

東北学生、あるいは県ジュニアなどでも部員同士の試合が多く、

隣にいる選手はある意味みんな同志であり、ライバルであります。

だから、こうやって試合で戦うことがなくなった時期になったからこそ出た言葉なのかな、とも思いましたが、もともと人に対する思いやりの強いN田の本音だなと感じましたね。

 

私にも優し〜い西田。

(あ、イニシャルトーク忘れてた!笑)

 

いつも、「先生!⚪︎⚪︎は、本当優しい子ですよ」と部員のいいところも教えてくれます。

いいところをよく見ています。


わたしにも…「先生、今日も素敵ですね」となぜかめちゃくちゃ笑いながら言ってくれますね。

ありがとう。

めちゃくちゃ嘘っぽいけど、癒されてますよ。

 

他にも、たくさんの監督がニヤついてしまう成長を見せてくれる部員たち。

先日じっくり話す機会があった3人の4年生は、めっちゃ面白かったです。

道場の外で話したからかな。

 

話してくれる言葉一つを取っても

こんなに成長したんや〜

 

と思うことの連続でした。

(また書きますね)

 

 

また、朝練では頼もしい姿を見せてくれます。

全力で400走って、後輩たちがトラックに横たわりゴロゴロ(笑)苦しんでる最中に、もう4年生は(苦しいけれど)立ち上がり、次のグループに声援を送っていました。


カッコいいぞ〜!江藤〜!しゅり〜!



↓↓

ちなみにこの日の朝練は…

仙台名物?「飛んでくぐって!」

南條和恵考案ですが、今は時々勝負どころで(?)トレ長がメニューに取りあげてます!



なかなかコレがきつい!💦


りんやら愛羅は、休んでいいよと言っても走りに来ますしね。楽しんで苦しみに来てますね!笑



こんなウチの4年生。

最後のインカレに向けて、やっぱりキミらはチームの大事なムードメーカーやで。

よろしくな〜!


今年も…みんなから愛される4年生やな!



仙台での最後の秋!

みんなで!やるぞ!(和)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。

あいにくの雨ですが・・・

学生たちの朝トレをみて、爽やかな心でパソコンに向かっております音譜

(また、学生たちからもらうエナジーについては次回のブログで!)

 

今日は、日曜日に開催した「宮城県女子柔道交流会」通称MJJについて、少しご報告させてくださいラブ

 

第2回となった今年は、昨年と同じ役員の先生たちにお願いし、かなり綿密に打ち合わせをしました。

みなさん、お忙しい中でも打ち合わせに参加してくださり、去年に比べるとかなりスムーズな運営・・・。

 

自分でも、(そりゃあ事務作業なんてそんなに慣れてないから大変やけど)今年はうまくいくと確信して準備に当たっていました。

 

しかし、いろいろなことが起こるものです。

 

当日本番に、ちょっとしたトラブルが起こり、運営サイドパニック状態滝汗ゲッソリ!!

でも、さすが!いろんなことに立ち向かってきた柔道家の皆さん。

 

最悪の事態を回避アセアセ

多くの方にご心配と、ご迷惑はおかけしてしまったものの、なんとか交流会を始めることが出来ました。

(参加しようとして時間の都合などで参加できなくなってしまった方々、本当に申し訳ございませんでした。)

 

今回は、準備はしてもしてもトラブルは突然降ってくる可能性があることを学びましたし、

チームMJJの土壇場での凄さも感じました。

また、参加者の皆様の温かいお心にも触れました。

(柔道家の皆さん、本当に大きな心で、待ってくださりありがとうございました!)

 

さて、この宮城県柔道連盟の取り組みをこのブログに書こうと思ったのは、

柔道人口の減少を私たちなりに捉え、前に進んでいくことを考えることは学生柔道を頑張るみんなにとっても大切なことだと思っていること、そして講師の先生方から学んだことを書き記すためですメモ

 

まず、講師をしていただいた山口奈美先生には、「柔道への恩返し」というタイトルで、講演をしていただき、

愛媛県柔道協会の理事長を引き受けられた経緯を中心に語っていただきました。

前例にない、若くしての日本初の(県)前女性理事長です。

 

それこそ、奈美先生にとっても準備もしていなかった出来事であったはずですが、様々なトライを繰り返され、見事に愛媛国体を成功へと導かれました。

 

その国体総合優勝の写真の笑顔を見せていただきましたが、その裏にあったご苦労を思い、今更ながら先生の重圧や、達成感を感じることとなりました。

 

そんな話を聞きながら、うちの学生も「今も卒業後も」頼まれたら引受ける勇気と、人のためにベストを尽くせる人間性を身につけてほしいと思いました。

 

また、もうお一方。

ゲスト出演していただいた宇高菜絵さんは、

今も現役選手、そして実業団の監督を兼務の「旬」な柔道家。

選手には、今できる指導をやっていきたい、とおっしゃっていました。

 

元世界チャンピオンでありながら、その謙虚な姿勢、語り口にはいつも鬼嫁、惹かれます。

 

宇高選手は、皆さん帝京大学→コマツのイメージが強いかもしれませんが、大学2年生までは愛媛県で修行を積まれていました。(3年から帝京大学に編入)

地方(愛媛)で育った強みを伺ったところ、やはり充実の稽古量も一つに挙げられていました。

土曜も日曜も、3部練習が当たり前だったとか。

うちの学生がもし、MJJにでてたら…。

宇高さ〜ん、あんまり監督の前でそんなこと言わないで〜お願い

なんて思っていたかもしれませんねニヤリニヒヒ。

 

しかし、このお二人のゲストから感じ取ったのは…

兎にも角にも…

 

『柔道愛!!

 

子供達に柔道を広めようと、お二人ともかなり色々なご尽力をされています!

 

私も…

何かできることからやらないかん!

 

このMJJを続けることだって、十分柔道を広めるチャンス。

頑張って継続していこう。

 

そう思いました。

 

ご参加くださった皆様からは、温かなメッセージをたくさんいただきました。

「運営、ご苦労さまです!」

なんて温かいお言葉を頂いた時には…

鬼嫁、汗が目から出てきそうになりましたよ!笑い泣き

こういう一言って、本当にありがたいもんですね。感謝!

さすが柔道家です。

 

アンケートのご協力もありがとうございました。

「愛媛県で開催されている女性だけの柔道大会に関心が湧きました」などのご意見をいただき、

役員一同、今後のやる気につながりました!!

中には、何かお手伝いができるのであれば…と書いてくださる方もいらして、本当に心強かったです。

 

本当、学生たちには将来、こんな風にできることはやりますよ!

と、いうような一言が言える素敵な大人になってもらいたいと感じました!!

 

 

宮城県は探せばまだまだ柔道に関わろうかな?と思ってくださっている女性はいると思います。

宮城県のマンパワーを感じ、これまで宮城でご指導をしてこられたたくさんの指導者の先生方にも感謝することになった1日でした。

 

皆さん、本当にお疲れ様でした。

私も、途中で勝手に疲れていた日がありましたが、皆さんのご協力の元、今年もMJJを開催できてよかったです。

 

これまで柔道界に育ててきていただきました。

いいことも、楽しいことも。辛いことも経験させてもらって大人になりました。

私も、少しでも「恩返し」がしたいです。

 

できることから、肩の力を抜いてやれる範囲でやっていきたいと思います。

 

 

最後になりましたが、ともに進めてくださった

佐藤有功先生、明代先生、村山さん、梅澤さん。

ありがとうございました!チュー(和)

 

 

みんな道衣を着ていた頃と変わらず、キラキラされていました!素敵です!ありがとう😊

 

 

 

 

 

 

 

お疲れ様です。

 

マリアの世界ジュニアが終わりました。

 

永井和恵の世界ジュニアと同じく…1コケ。

でした。

 

イスラエルの美衣先輩とライン。

「私の世界学生(デビュー戦)よりいい試合だったですよ。」

と言ってくれた。

 

そんな世界学生の悔しさから、世界選手権銀メダリストにまで上り詰めた美衣。

 

まだまだ大丈夫だよ、マリア。

しかし、こんなことを言ってはいけないが、ちょっと審判に運がなかったな。

最初の技ありで、ちょっと心理的に追い込まれたかな。

 

「負けて、すみません。」

とだけ、マリアは言いました。


なんの言い訳もなし。

潔い人だ。ほんとに。


 

1年、仙台でやってきたことはだしてほしかったけれど、一人でイタリアまで行き、

堂々と畳に上がるマリアを見て部員が何かを感じ取ったと思う。

それだけで、マリアの世界ジュニアには大きな意味があった。

 

悔しい敗退…。


仲間の頑張りを、みんな食いついて見てました。


最初にバックを決めたかと思ったシーン。

(残念ながら、なぜか相手に技あり。)


でも、みんないい顔で応援していました!

次はみんなが国際舞台へ!

行きたいね。




そして、次の日。

つまり今日…。

 

部員たちは熱い稽古をしていたな。

 

見ていていい稽古っていうのは、ただ強い相手に当たる稽古じゃない。

 

強い相手、苦手な相手に、何とかしてやるって向かっていくからいい稽古になってると思う。

 

一人一人の成長で、大きな収穫を得たい秋です。

稽古が終わった今も、道場から響く居残り練習の音。

 

これから来る3つのインカレ&全日本ジュニア!待ってろよ~炎

どこも頑張っているんだろうけれど…

うちも、少しチームの色が変わってきました。

 

コロナ禍で頑張ってきたことが、証明できる秋にしよう。

頑張るぞ、仙台大学グー!(和)

 

おはようございますもみじ

朝晩は寒くなってまいりましたね。

 

さて…。

突然ですが

みなさんは朝はお強い方ですか?

 

鬼嫁…

自慢ではないですが、あまり強くはないかなあ…

 

 

でも。

もうかれこれ、ここに来て20年。

そして現役時代を含めると16歳から朝練やってますから…ウインク

もう30年以上は朝トレのために早起きは続けていることになりますね。

(もちろん毎日ではございません!)

 

恐ろしい〜ゲッソリ(30年って。笑滝汗

 

30年って、一つの習慣です。

 

それでも…

習慣といっても…

 

朝は、やっぱり起きるの辛い時が多いです。

 

特に、寒い季節になってくるとなおさら………

布団でたくな〜い。

 

のです!グッ

 

今、頷いているそこの学生さん!

あなたはきっと私の同志だね!拍手(笑)

 

 

しかし、不思議なことに。

朝練で最初からグングン前に出る学生、今まで遅かったのになんだか平気に走っているように見える学生、

とにかく苦手だけど顔に出すまいと踏ん張る学生、弱みを隠そうと笑うんだけどうまく笑えてない学生…

 

そんな風景を見ては、

朝起きた甲斐があったと、嬉しくなる日々です。

 

行く前と帰る時の心境は…

180°違うかも。

 

現役学生はもっときついでしょうね、そりゃあ。

しかし、私も走ってきたこの道。

 

学生たちにも踏ん張ってもらいたいと思いながら、ニヤついていますチョキ

 

この日々が懐かしくなる時がきます。

 

私も…

思い出すと、戻りたくない日々(笑)。

いや、戻りたいかな〜。

とにかくきつかったけど、今となっては笑えたり、いい思い出になっていたりしますね。

 

学生よ!

みんな頑張って!

 

日々の積み重ねを繰り返せた、そんな自分を誇れる日が来るよ!

 

では…

今日は写真で軽量級を紹介しますね。

 

 

今日のトップは石嶋。

中島も食らいつくが…振り切っていましたね。


いつもの精一杯!元気いっぱいが復活してきた東川。私も芽生に元気をもらうことが多々あります!

今日もコスモス。
私の好きな色です。

個人戦、ついに全国出場をつかんだ菫。

走るのは本当に速いです。

柔道部のカモシカです!


純怜を煽ってたら、最後の方は抜き返されてきた優紀。しかし、怪我もしながら得意の寝技で後輩を指導してくれてる姿は、本当に頼もしくなりました!



ちょっとしたところにもかわいい要素を見せる桃佳。靴下!笑

※走りで取り上げられる日は来るのか!?


国を守るお仕事に内定しています、米屋。

運動大好きな4年生です!


とにかく就活では1番の頑張りをみせている江藤!
優秀な人材です!全国大会も大活躍の予定です!笑



 またいつか道場やトレ以外の裏の顔も紹介したいのですが…笑

 



とりあえず、今日もまた道場で!(和)

 

 

 

 

こんにちはウインク

最近、青汁が美味しいと感じるようになった鬼嫁ですOK

 

さて。

昨日、一気に12月までの予定表を清書しました。

試合があるのか、ないのか。

コロナはいつまで続くんだとか、ワクチン打つのか打たないのか?

なんて言ってる間にもう10月。

 

なんだかんだと長かったここまでの日々。

しかし、宮城県、東北地区の試合に対する動きには感謝したいところ。

5月県ジュニアと東北学生優勝大会。

7月東北ジュニア。

9月には東北学生体重別個人戦。

と、なんとか大会を開催していただき、少しずつでも前に進んできましたから。

 

自粛が続き、みんなの士気が落ちそうになっても、なんとか大会を開催していただけたことで、

ぎりぎり踏ん張ってこれました。

 

ただでさえキツイ稽古。

気持ちがなければ、持ちません。

 

その、ここまで踏ん張ってきたこの4学年。

今年も素晴らしいチームです。

 

12月までの予定表を書いてみると、3つある全日本インカレが怒涛のスケジュールでカレンダーに押し込まれてております。もちろん、開催していただけることこそがありがたいので、文句は申しません!

 

大会が始まると、怪我や疲労との戦いになると思います。

 

リカバリー!つまり回復力、そして早い修復の時間、振り返りが大切になってくることでしょう。

 

11月に最初優勝大会(男子7人制無差別、女子5人制)がやってきたかと思うと、

すぐに体重別個人戦です。

 

メンバーを発表するのももうあと少し。

 

東北学生体重別の振り返りをしつつ、早く前を向かなければなりません。

みんなでもう一度!ここ踏ん張りどころです。

 

4年生も、後輩と柔道ができるのはあと少しですよ。

社会人になると、きっとふとした拍子にこの畳を懐かしく思う日もあるでしょう。

 

いまは、しんどいな〜。と思うこともあるかもしれないけれど、

後輩たちも4年生に教えてもらっていることは忘れないもの。

あなたたたちもそうでしょう?

 

しっかり、向き合ってあげてくださいね。

 

そんな日の早朝・・・

 

朝練に出ている男子監督からラインが・・・

『ん???』

主人曰く「あまり見かけないおじさんが向こうからタッタタッタ走ってくるから、じっと見たらMだった。」って。(笑)

Mくのお父さんお母さん、ゴメンナサイハートブレイクおじさん呼ばわりして。

 

 

立ち止まって挨拶したの?笑

 

 

 

お〜。

やってるな。

 

こういう選手がどんどん出てくるのを待っていたんです、鬼嫁は。

 

女子がフリーの日でも、こうやってコツコツ努力。

そりゃあ強くなりますよ。

 



最近では、こんな学生もみました。

 

仕事してたら、金属音がなるので覗いたら…。


*もちろん写真に収めていないたくさんのコツコツにも気づきます。




これこれ!

これこそが競争社会。

そして、自己研鑽。

限られた時間に、精一杯。

結果はあとから付いてくる。

 

結果を出そうと踏ん張ることが一番大切。

 

みんな、がんばれ。

 

いつか、柔道衣を脱ぐ日が・・・誰にだって来ます。

今しかできない、貴重な時間です。

ご両親が勇気を出して、みんなの成長のために手放し、送り出してくれたことを忘れずに。

 

今日も頑張るぞ〜!(和)

みなさん、こんにちは。

 

朝練を頑張る学生を見て、いい1日のスタートをきった鬼嫁です。

(しかし、もう夕方になろうとしておりますが。)

 

 

アップから前に出ようと頑張る先頭集団

 

第1組 前3人がバトル

 

第2組 市原単独首位スタート

 

第3組 美紅、絶好調?

 

第4組 リハビリ生活を卒業!久々のラン!

楽しそうにすら見えます瀬戸!

 

 

 

さて、だんだん年を重ねてきて・・・

色々感じることがあります。

 

私はどんな風に年を取っていきたいのか。

成長を止めずに少しでも進めているのか。

 

学生に指導する立場ですから、自分自身を振り返ることも多いです。

 

最近は、学生柔道連盟主催の指導者研修会に参加させていただき、

自分自身まだまだ学びが必要であり、時代とともに変わっていく価値観や流れをしっかりと読まないといけない

と感じて研修会を終えました。

レポートを書きながら、本当に研修会に出て良かったと感じましたし、こういう機会をいただけて

感謝です。

 

私・・・

実は今年の1月1日にひいてみたおみくじで

「学」というひと文字が書かれたものを引き当てました。

 

今、半年終わって振り返るとまさにそれ!びっくり

たくさんの「学び」をさせていただく機会に恵まれています。

 

毎日学生を見ていて学ぶこと、自分の子供の成長を見守りながら学ぶこと・・・

もたくさんあるのですが、

私は今、ありがたいことに、柔道で、そしてそれ以外の場所でたくさんのチャンスを頂いております。

 

一つはNHKの番組審議委員となり、テレビ番組を見て、集まった委員の皆さんと「番組を審議する」という大役を仰せつかっています。

最初は、「私にこんなことができるのか」と不安しかなかった委員会でした。

(今もですけどね)

でも、これまでの2年間、委員を務めさせていただいているうちに、周りの委員の方、NHK側の方から多くを学んでいることに気がつきました。

また、あまり積極的に見てこなかったテレビから学ぶことも多いのが事実。

 

違う業種の方と接する機会はありがたく、なかなかない機会ですので、この委員を引き受けなかったら、得られなかった見識を得ることができていると感じています。

 

 

もう一つは、全柔連の「女子柔道振興委員会」の委員をさせていただいていること。

 

これまた、私みたいに「おやじ」に近い(表現まずくてすいません!笑い泣き)女子が、女子振興ってあせると思いながら引き受けた委員。

最初は、優秀な先生方に囲まれ、一歩引いていた自分を感じていました。

 

今も、それは変わらないのですが、なんせ委員を務めていらっしゃる先生方の顔ぶれが豪華すぎて、

私にはその委員会に出席することが、ありがたい学びの時間となっていることは確かです。

 

会社の取締役、元官僚の方、女性の社会進出の分野では日本のリーダーとなって来られた先生、世界で活躍されている先輩方。

柔道界の人だけではない世界を見せていただいているようで、

そんな先生方のご意見を伺う中で、自分自身少しずつ変われてきていることを感じます。

 

また、一番勉強になったのは、中途半端ではないそういった「本当の」トップの先生方の振る舞い。

 

私たちのような、年も下であり、知識も語彙力も足りないものに対しても、誰と接するのと同じように接していただいていること。

 

きちんとお話を聞いてくださること。

そして、精一杯の発言に対しても「いいわね。ほっこり」と、一言くださること。

何度、その「いいわね」に勇気づけられたことか!

 

そして、そして。

私などと比べ物にならないお忙しいスケジュールの中で、会議に参加されていらっしゃるにもかかわらず、そういうことは全くお見せにならないこと。

 

こういう方たちは、時間の大切さを本当によく知っていらっしゃいますから、会議でもズバッと意見をくださいます。

 

私みたいに未熟だと、つい・・・

「忙しくて〜」とか「バタバタしていて・・」なんて言ってしまいがちなのですが、

そういった先輩方を見ていると、そういう発言をしている自分自身に喝を入れたくなります。

 

そして、そういったことを気づかせてくださるのはいつも、M委員長。

叱るとかではなく、さりげなく後輩に伝えてくださるような感じで、私に気づきをくださいます。

 

私が今置かれている環境。

柔道の指導の場面以外で、たくさんの学びの環境を与えていただいています。

 

そんな自分の運の良さをありがたいと認めて、そしてこれからも甘えず、学べる環境に身を置けるよう精進したいと思いますラブ

 

今思うことは・・・

勉強は、し続けないといけないということです。

 

勉強・・・

好きなことには必死で取り組みますが、努力は苦手です。

柔道を必死でやってきて、辞めてからというもの・・・

「あんたなんか努力してきたか?」と問われると誇れる努力はありませんでした。

 

だから、気がついてきている今。

 

苦手な場面にも、チャレンジしようと思います。

いや、しなきゃ。

学生に「チャレンジしろ!!」言うてますからね〜おーっ!ビックリマーク

 

まだまだ知らないことも多い。

やれないことも多い。

苦手なことも。

 

部員と同じです。

 

これからも、この素晴らしい環境を頂いていることを当たり前と思わず、学生や後輩に還元できるように、勉強をしたいと思います。

 

頭がこんがらない程度に・・・ウシシ

 

先日お話したMJJもその一つ。

 

イベントを開催するなんて、大の苦手でした。

準備は結構大変。

自分ひとりでは当然何もできず、みんなで進めていかなければいけません。

ご意見をいただきながら、ベストはなくとも、少しでもベターな道を選んで進む。

 

こういう苦手を頑張ってみる。

 

でも、苦手とか言ってるけど、このイベントが将来自分たちが生きる道で、助けてくれることにつながっているかもしれない。

とにかく、未来のために。

 

今、一生懸命動いてみます。

 

皆さん、これからもよろしくお願いいたします。

 

今日は個人的な意見ブログでした〜。

では、稽古に行ってきます!(和)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

台風が過ぎ去り晴天の宮城県です。

 

コロナ禍であっても何かとバタバタな日々ですが、

今日は少し、ゆっくり時間を使えています。チョキ

 

さて。

本学1年生の男女合わせて20名が入学して半年が過ぎ去りました。

今年も例外なく、厳しい稽古にトレーニングの毎日で、前半はバテバテの日々だったかもしれません。

しかし、もうすっかり道場のど真ん中で存在感を出してきています。

 

その20名の中で、今日はグアム国籍を持つ「マリア・エスカノ」選手を紹介させていただきます。

 

マリアは、1年生のみんなよりも年齢は1歳上。

入学試験前の夏に船岡にやってきました。

まだその頃は、日本語が話せず・・・。

しかし、茨城に数ヶ月いた間にどうやら聞き取りには慣れてきていたようで、こちらがいうことはなんとなく理解している風でした。

 

入試も日本語特訓の成果もあり、無事に通過して入学が決まりました。

 

そこからはずっと船岡で練習に参加。

 

ですから、他の1年生よりも半年くらい長く船岡に住んでいます。

 

運悪く、コロナ流行の年に日本の大学に来ることが決まったために、そこからまだ海外に住むご両親には会えずにいます。

 

若干19歳で。

遠く離れた両親にも会えず。

本当によく頑張っています。

 

そういえば密かに、私に涙を見せた日もありましたね。

本当によく孤独に耐え、明るく元気に頑張っています。

 

まあ、それも他の部員のおかげでしょうね。

 

もともと明るい性格していますし、何よりも賢い子です。

 

そんなマリアですが、今回私たち仙台大学スタッフと、グアム柔道連盟の話し合いにより

世界ジュニア柔道選手権に派遣してもらえることが決まりました。

 

昨日、日本を発ちました。

 

そこで、部員のみんなにも知ってもらいたいのは、彼女の自立ぶり。

 

昨日は、あいにくの台風で飛行機の遅延があったらしく、減量しながら空港で7時間も待たされる羽目に!ガーン

 

そこで、彼女がとった行動は、国際経験豊富だと感じさせられるものでした。

 

まず到着時間の変更を確認。

到着後に大会事務局でやるべき「選手登録」に間に合わないと察知。

すぐにグアムの連盟に連絡を入れ、大会事務局側から特別許可を手に入れます。

 

その報告を受けた時、本当に逞しいなと感じましたね。

 

今回の旅も、実は一人旅。

うちの学生、しかも1年生で、できるかなあ・・・。

4年生でも怪しいなあと思います(笑)。

 

グアムチームからの帯同者はなし。

仙台大学側からもなし。(笑)

要するにコーチ、練習相手なしで、世界ジュニア大会に挑んでいるのです。

 

私は、マリアならできると踏んで、最初から「一人で行くなら」と条件を出しました。

 

少し、「先生〜ぶー」とすり寄ってきた時もありましたが(笑)、結局一人で旅立ちました。

 

彼女は、ご両親の仕事の関係で、実は韓国で柔道を習い始めているのですが、今回はグアムからお願いをしていただいて、韓国チームと試合前の練習を合同でさせていただくようです。

 

そのあたりのやりとりも、彼女の凄さかな、と思います。

 

ちなみに、私は以前からお話ししているかもしれませんが、実はハングルを話します。

趣味で独学ですので大したことは話せませんが、鼻歌に出てくるのはK-POPだったりします。

 

ですので、実は私とマリアが重要なことを話す時はハングルです。

面白いものですよね。

(英語力がなくて、ごめん!!)

 

そのアリア、今回の世界ジュニアに52kg級で出場いたします。

4日にドロー、5日に試合です。

どうやらロシア選手が年代ではトップの選手らしく、少しロシアと当たりませんように・・・と祈っていたように見えましたが(笑)。どうでしょうか。

どうぞ、これを読まれた皆様、マリアへのご声援、よろしくお願い致します!!

 

 

 


出発時、船岡のセブンにて。

私は、さすがキャプテン、副キャプテン!

見送りに来てくれたんだ!

と思ったら…

たまたま来ていたそうで〜す。

(なんじゃそりゃ!)

あと、村松も、偶然で〜す。

 

 

 


マリア、細っこい体に可能性をたくさん込めてイタリアの美しい(良く知らん!)島に出発!

たくさん吸収してこいよ!!

 

 

そして、もう一つ、文章を追加したいこと。

このマリアから良い影響を受けて、または感化されて、部員が国際感覚を身につけてくれることを楽しみにしています。

世界ランキングに興味を持ったり、一人でどこにでもいける知識と勇気を持ったり。

本当にマリアは大人です。

こっちに来てからも、いつも私が慌ただしそうにしてると、何も頼らず一人で入国管理局に出向き、様々な手続きをしたりしています。

私なんぞよりも本当にいろいろなことを知っています。

私も学びです。

 

学生、良いものからたくさん学びなさい!

柔道が強いとか弱いとかだけじゃない!

マリアへのノートには、英語でメッセージを書き入れなさい!!!

今度からチェックするからな〜!!(和)

 

 

 

 

おはようございます。

あいにくの雨ですが…どうやら台風はそれたと聞いております。うずまき

 

今一番怖いのは自然災害。

気を抜かず、いろいろなものに備えておかなければいけないなと思っています。

(学生のみんなも、飲み水、生活に必要な水、ライト、充電器、2~3日持つくらいの食べ物くらいの確保は各自ね!上差し

 

さて。

東北学生大会が終わり、次は

 

全日本学生優勝大会(5人制)11/13.14(千葉)

全日本学生体重別選手権大会11/25.26(千葉)

全日本学生体重別団体優勝大会12/8.9(尼崎)

全日本ジュニア12/18.19(講道館)

講道館杯全日本柔道体重別1/17.18.19(山梨)

 

と、続く日程になりそうです。

 

団体戦のメンバー選考はぎりぎりまで悩みます。

学内での競争は続きます。

 

ここから、感染対策を怠らず、出場の権利のある全員を畳の上にあげるのが私の仕事。

しっかりと、うるさいことも言い続けなければいけませんね。

だいぶ疲れてきましたけど…タラー

 

それでも、もっとしんどいのは、この状況で頑張り続ける選手たちですから。

 

負けて泣き、勝って誇らしい顔を見せる学生たちを見てると…

こちらも頑張るしかないと思います。😤

 

先ほども書きましたが…

今は、チーム内競争が激しいです。

この空気は決して悪いものではありません。

 

次こそは…

と、すぐに修正作業をし、どんどん変化してもらいたい。

 


このコロナ禍…


それでも❗️みんなで我慢して頑張ってきたので…


みんなで!最後の団体戦まで頑張っていきます。

 

自分が勝てなかったら、あとは知らん。

では、せっかくの団体戦も…いい戦いはできないでしょう。

それこそ、「負けたしつまらない柔道生活だった」みたいな気分で終わってしまう学生が出てきてしまいます。

 

コロナ禍で、うまくいかなかった。

いろんな楽しいイベントもやってあげられなかった。

私たちも、胸が痛くなる時があります。

楽しいこともたまにはあるから、頑張っていける。

それも知っています。

 

でも…だから面白い思い出が作れなかったのではなく、

それこそシンプルに、もともと頑張りに来た柔道にすべてを賭けたい。

「柔道競技」に賭けたという最高の思い出を作りたいです。

 

開催していただける大会にチームの力を一つにして挑む。

 

なんとか踏ん張りたいです。


いつもカッコいい朱李の走りに目を奪われます。

もちろん、他の選手も見てますよ〜ニヤリ


秋を感じさせてくれます。


優勝で自信を深めたかな。

最初からトップで駆け抜けます!

いい心がけ、美紅!




次の全国大会まで日にちが空くので…

まずは、10/24の宮城県民大会にて試合感覚を磨くべく出場しようと思っています!

全国がある選手は、テストマッチのつもりで、ない選手はここに思いをぶつけて…。

バチバチ火花が散るような試合をしてほしいです!



 

頑張ろう、仙台大学。

今こそ、上級生の力が問われる時だと思ってみています。(和)

 

 

 

 

みなさんこんにちは。

 

一つの大きな区切りの大会が終わり…

また、次の大会に向け、みんなで再スタートです。

 

実はワクチンをこそっと打って、こそっと副反応と戦っていた私なのですが…

少しの頭痛を残しつつ、ようやく回復傾向にあります。

 

1回目は全く何のつらさも感じなかったもので…

自分は、「絶対に副反応が出ない人間ニヤリ」と根拠もなく決めつけていたもので…。

 

いや~。

驚きましたわ。

そして、参った!一本取られた感じです(笑)

 

でも、元気なフリてへぺろで乗り切りました。

 

さて。

題名のMJJについてなのですが…


今日は、私が県の柔道連盟でやっている仕事についてお話させて頂きます!チョキ



なんか、MJJって…

柔道の漫画の題名に似てるでしょ!?

 あれはJJMか!(しらじらしい!)


はい。

間違いなく意識して、つけさせていただきました!

(これをパ◯リとかいうのですか?あせる

 

「宮城の女子柔道」の略で、『M・J・Jドキドキ』なんです。

 

昨年の4月から、私と東北高校の佐藤明代先生が宮城県柔道連盟の理事に就任させていただき、

早速、できることはやっていこう!と思っていたところ、

全柔連からきた「女子柔道comebackプロジェクト」に応募することになりました。

 

補助金(上限あり)をもらって、これまで柔道に携われていない方や、柔道に興味のある方たちを誘ってイベントができるシステムです!

 

早速応募したところ、昨年無事全柔連に申請が通り、何とか開催にこぎつけました。

こんな時期ですので、もちろんオンラインでしたが、なんとか30名弱の方に参加していただけ、楽しく時間を過ごすことができました。

昨年は、南條充寿先生に、五輪前ということで「世界の柔道を知ろう!」というタイトルで講演してもらいました!

また、宮城が生んだ世界選手権団体金メダリストの海老沼(旧姓:阿部)香菜さんと恩師との対談もメニューに盛り込みました。

 

これ、昨年のものです!



あとは、参加者の皆さんと座談会をしたかったのですが、時間の都合でトークは少しという感じでした。

 

そんなこんなで迎える第2回MJJ!

今年も豪華ですよ!

今年のゲストは…

なんとなんと!

『世界チャンピオン』しかも『現役選手兼実業団監督』、今女子柔道界のニューレジェンドとも言われていらっしゃる

宇高菜絵さんです。

カッコイイね。



菜絵さんは、愛媛県ご出身で、20歳まで愛媛でずっと柔道修行をされました。

そんな菜絵さんには…

地方から世界へ出ていく子供の育て方、みたいなもののヒントをもらいたいなあ~っと思っています。

そして、いまだに柔道が好きでたまらない、「まだ伸びてる」という宇高選手は、今年の講道館杯も優勝候補です。

そんなレジェンドに、みんなで体当たりの質問をぶつけようと思っています!

 

そしてもうおひと方!

なんと、女性で初めて県柔道協会の理事長をお務めになられ、愛媛国体を成功させた山口奈美先生。

奈美先生には、そんな想像もしてなかったポストでの活躍の裏にあったご苦労などをお聞きしたいと思っています!!

 

さあさあ、宮城在住の(ゆかりのある方の参加もOK)女性のみなさん!

まだ申し込みは受けつけていますよ~。

 

楽しい『MJJラブラブ音譜』へのあなたのご参加、お待ちしております!



鬼嫁までお問い合わせいただいても大丈夫で~す。(和)