仙台大学柔道部のブログ

仙台大学柔道部のブログ

北海道・東北唯一の体育大学!
その中の柔道部は・・・
『社会から求められる人材の育成』
を目指し、日々人としての強さ、優しさ、大きさを
磨いております。

仙台大学柔道部です!
部員の日々をつづります。

そして・・・
少年柔道教室『仙台大学柔道塾』 もやっています。

どちらも応援よろしくお願いいたします。ニコニコ

テーマ:

みなさん引き続き、鬼嫁です。

 

今日は仙台の方にも雨が降っています。

今頃となりますが、

この度の豪雨による被害を受けていらっしゃる方々にお見舞い申し上げます。

また、残念ながら亡くなられた多くの犠牲者の方々にご冥福をお祈りいたします。

 

関西では、予定されていた近畿ジュニアが開催できず、日程の変更があったとのこと。

大会を準備なさっていた先生方、役員の皆さん、審判員の皆さん、何より選手の皆さん。

本当に大変な事態ですが、早い復興をお祈りしております。

 

私達東北地区は、予定通り標記の大会を開催していただき、無事出場することができました。

本当に、当たり前にスポーツができるわけではないということを思い出した1日となりました。

 

さて、結果です。

男子(3名出場)

66㎏級 岡澤真太郎(盛岡中央出) 3位

73㎏級 板垣卯海(木造出) 準優勝

90㎏級 加藤蓮(仙台育英出) 優勝

 

女子(7名出場)

44㎏級 仲條和乃(丸子修学館出) 3位

48㎏級 山口かなえ(東北出) 優勝

57㎏級 飯塚亜美(三浦学苑出) 優勝

63㎏級 巣山栞里(富士学苑出) 優勝

70㎏級 佐藤怜(日大東北出) 優勝

78㎏級 土佐真紀子(土浦日大出) 準優勝

78kgk超 廣谷姫奈(八千代出) 優勝

 

ということで、優勝した男子1名、女子5名が9/8.9に埼玉県武道館にて開催される全日本ジュニア選手権大会への出場を決めました。

頑張ってほしいと思います。

 

簡単にコメントさせて頂きますと…

男子出場者の岡澤(1年)と、板垣(2年)は共に仙台大学卒業生の先生方の教え子です。

 

岡澤は…伝説(どんな?)の久保田豪先生、そして卯海は中学時代を弘前一中で工藤慎太郎先生に教わりました。

久保田先生は東北ジュニアで審判を…

右下が慎太郎先生(一昨年3月来学時)

 

2年生で今回惜しくも2位だった卯海は、南條監督曰く「よく稽古してる」そうです。

慎太郎先生、安心してください!

あまり人を褒めることのない南條監督が言うのですから。

 

残念ながら昨年全日本ジュニアに出場した岡澤真太郎は、今回アクシデントの怪我もあったせいか、残念ながら敗退しました。

男子の中で、過去の部員を含めても1番といってよい技のキレを持っています。

今回の結果を乗り越え、また頑張ってほしいと思います。

 

蓮は逆転に次ぐ逆転で会場を盛り上げていました。

全日本ジュニア出場おめでとう。

ぜひ全国でも最後まであきらめない試合をしてほしいですね。

 

女子は、8階級になって初めて(?)7階級に出場しました。

7つ全部で全国大会に行きたかったですが、そうはさせてもらえませんでした。

出場を決めた5人も高校生の猛攻に苦戦しましたが、それぞれに成長を見せてくれました。

 

3年生で最後のジュニアになる亜美。

昨年は悔しい負け方だったジュニア。今年は結果を残そうな!

かなえは、表情はあまり変えませんが勝負に対して熱い気持ちを持っているところが私はすごく好きです。

昨年一番悔しかった試合だね。今年は期待しています。

栞里は、ほぼ完ぺきといっていい内容でした。

自分が持ってる力、技、をしっかり駆使しての優勝。

やっている努力が実っていることを実感してほしい栞里です。

怜は、ひやひやする試合が続いたけれど、「ここで負けたくない」という強い気持ちを最後まで持ち続けられたのが勝因だね。

怪我をしてから長かった分、思いが強く感じられました。応援しています!

真紀子は、今回本当に悔しい思いをしました。

相手の選手ももちろんいい選手でした。ただ、悔いの残る試合でした。

この敗戦から変わった、と言われるような進化を見せてほしいものです。

姫奈は、やってきたことを出してきているな、と感じた優勝でした。

本当に毎回試合ごとに一歩ずつ…の成果が見られる姫奈。

今回のジュニアも堂々とした試合を楽しみにしています。

仙台大学に入学して初めのジュニアだった和乃。

優勝する力もあったかな…と思いましたが、結果は結果。

受け止めてまたコツコツやっていこうね。

 

それでは、みんな。

今日も暑いけど頑張るぞ!(和)

 

 


テーマ:

みなさん、こんにちは~。

鬼嫁です。

 

今年の前半戦のメインイベントである優勝大会が終わりました。

 

結果は

男子が初戦敗退

仙台大学 0-4 國学院大学

 

女子がベスト16

仙台大学 3-0 徳山大学

仙台大学 0-⓪代 福岡大学

 

という結果に終わってしまいました。

いや~。

まだまだでした。

彼女らは、本当によく戦ってくれました。

私の采配の未熟さがたたっていると思いますし、チームとしてもう一段上に上がらないといけないと痛感しております。

 

いつも応援してくださっている皆様には、よいご報告がなかなかできず、悔しい気持ちでいっぱいです。

しかし、まだまだ前を向いて…。

頑張る学生の応援をさせてもらいます!!

 

これからもご指導、ご声援よろしくお願いいたします!(和)

 


テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

お元気でしょうか!

 

さて、土曜日に全日本学生優勝大会出発を控え、今チームは最後の頑張りの時期…

みんなで盛り上がっております。

 

その全日本学生優勝大会に向け

昨日、OB会(樅の木会)会長であられます日野隼人先生からお電話をいただきました。

まず、今年の全日本学生優勝大会に男女そろって出場することを大変喜んでいただき、さらにはOB.OGの皆様から激励金を…ということで、受け取らせて頂きました!



 

大変ありがたく、有意義に使わせて頂こうと思います!

 

まずは、ブログにてお礼とさせていただきます。

試合の結果はまたご報告させて頂きます!

 

ありがとうございました!(和)

 

 

 

 


テーマ:
こんにちは。
鬼嫁です。

学生同様疲れ果てて…週末を迎えております!
しかし、これまた学生同様、キツくないふりをして日々、道場に立っています!

東北学生優勝大会を終えてからの1ヶ月。
本当にしっかり追い込んでこれました。
小さい怪我もポツポツ出てきていますが(新人にちょっと目立ったかな?)、なんとかみんなで力を振り絞ってやってきました。

大げさに聞こえるかも知れませんが、5月末より、今の方が格段に強いという自信がありますビックリマーク

あと、今日と明日、しっかりやり切って週末の休みを迎えたいですね。

キャプテン、本山と毎日のように稽古の成果を話してきました。
星も頑張り屋さん。
「先生、ほんとこの1週間早かったです。毎日の稽古が充実しすぎていました。(笑)」なんて会話をしながら、次の課題や改善点を出し合ってきました。

今年のメンバーは、大舞台で暴れてくれそうだ!

思い切りやろうな‼️ウインク


さて、書きそびれていた東北大会では女子は14年連続での優勝を果たしました。
先輩たちからのバトンはしっかり繋いでいます!今年もみんな、いい顔してるな〜〜ラブ



男子は、最後の3位決定戦まで全国出場がわからず、はらはらの1日でした。
最後の最後に勝負を決定づけたのは…
遠藤直弥(4年、古川工業出)。
見事な背負い投げで担ぎ上げ、みんなを全国の舞台へと連れて行く働きをしてくれました。

彼は入学当時は66kg級という軽量級の選手でした。
しかし、大学に入ってから「団体戦で活躍したい」と、ウェイトトレーニングに励み、身体を作り上げてきました。
もともと軽量級で技もうまく、そこにパワーが加わったので、豪快な一本勝ちが増えました。
昨年の個人戦くらいから目立ってきたように記憶しています。

やっぱり、コツコツって大事ですね。
すぐに、結果がでなくとも、自分のやっている事や頑張りを信じ、トライし続ける。

そのうちに、自分でも手応えを感じるようになるはずです。

彼だけでなく、今回軽量級の板垣卯海の頑張りなどもあり、怪我で苦しんだチーム事情ではありましたが、みんなで掴みとった男子チームだったと感じました。

もちろん、昨年10月からチームの一員となった川戸先生のヘルプもとても力になっていることでしょう!

男子チームも、全国で暴れちゃってください!
板垣選手。
直弥が一本勝ちで秋田大との激戦を制す。
南條監督から選手へ…
男女部員たち。
これからもコツコツ頑張ろうね。

まずは、来週!
やるぞ!(和)

テーマ:
5月は試合続き。

県ジュニア、東北学生団体と来まして、最終週は国体予選でした!
(団体について書くんじゃないんかい〜〜)

男子も女子も、参加した選手たちは今の自分の力を試したい!国体に出たい!と、いう意欲のある学生たち。

結果は結果として、しっかり受け止めて次に繋げて欲しい。

今年は、男女ともに誰も国体に絡めませんでした。
正直、負けは悔しいけれど、特に女子監督としましては、今チーム内で新たなチャレンジをしていることを確認できるような内容が多かったので、負け惜しみではなく6月に向けて、もっと頑張ろうと思えた内容でした。

これも、やってみるというチャレンジをしないとわからないこと。出場したみんな、お疲れさん!

今日、泣いた選手も。
「まだまだ」
私は、可能性を秘める学生に向かって何度もこの言葉を使わせてもらいました。

まだまだ、この子たちは力をつけられる。
まだまだ、頑張れる。
もっと強くなれます。

やって見ようという、勇気こそが大事。

チーム内に、みていた選手も含め「まだまだ、もっともっと頑張ろう!」と感じた学生がたくさんいることを信じ、また明日から頑張ります!

みんな、お疲れさんでした!
また明日!(和)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

近頃、スポーツ界を揺るがす、指導者としての在り方が問われるようなニュースが続いていますね。


 

色々と考えることもありますが、しっかりと自分の足元を見つめて、指導者として、人として、謙虚に、そして成長しようという意欲をもって、学生と向き合って毎日を過ごしていきたいと感じる今日この頃です。

 


さて、最近誕生日を迎えたことや、団体戦があったことで多くの卒業生と携帯上でやり取りをさせてもらいました。(団体戦の事は、次回にかきますね!)


私にとっても、団体戦などの節目の大会は、OBとのやり取りを楽しめる、そんなチャンスでもあります。

 

普段、みんな忙しくて自分のことで精いっぱいな毎日だもんね。

 

こうやってたまに連絡をさせてもらうと、みんなが仙台に思いをはせて、いろんな話に花が咲きます。

ありがとう。

 

そんな中で、あるOBのラインの中に「先生が言っていた『ありがとうとごめんなさいだけは言える大人に』ということは実践したいと思って行動しています。」なんて言葉がありました。

「私たちが言ってきたことを胸に秘めてくれてるんだ」とすごく嬉しくなった鬼嫁です。


世の中には本当にいろんな人がいます。

目標に向かって、『みんなで心を一つ』にできた学生時代とは違って、目指す方向や考え方もひとそれぞれ違ったり、変わった考え方をする不思議な人(その人から見ればこちらが変わった人)ばかりだと感じるでしょう。

 

ある卒業生はこのように表現していました。

「厳しい練習でも、みんなで同じところを目指して頑張れていた学生時代って貴重な時間だったんだなあって、今、改めて感じます。」と。

本当にそうだよね。

学生にも、限られたこの貴重な時間のありがたみを、わからせてあげたい!(笑)

それが分からないのが、学生時代なんだけれど!(笑)

 

みんな、頑張れ!

それぞれの場所で闘っているみんな!


 

私も大人になって感じることは…

 

ごめんなさい!と言える人っていうのは『自分のミスを認める勇気のある人間』だってこと。

実は、「ありがとう」は意外にすっと言えるんだけど、「ごめんなさい」って言うのって難しいもんだと感じます。

こどものころは悪いことしたなと思ったら素直に謝れたのにね。

みんないつごろから、ごめんなさいって言ったら自分の負け~、みたいに考えるようになってしまったんだろな~。

最近そんな事柄が多すぎません??


かくいう私も苦手。

素直に謝るなんて…。

でも、年齢も年齢です。

子供の見本になれない大人よりも、素直に謝れる勇気を持った大人になりたいと思います。

 

もう一つ最近実感しているのは『失敗したこと』は意外に修正が利くのに、その『失敗した~』っていうことをなんとかしたいと思いすぎて、あるいはなかったことにしようとして…取り返しがつかない2度目の大きな失敗をしてしまうことが多いということ。

それもやっぱり、『ごめんなさい』って認めなかったり謝れなかったり、自分は悪くない~!だったりが原因なんですよね…。

これも自戒を含め、書いていますが、本当に多い事例だと感じています。

 

こんな大人がかっこ悪いニュースが多いと感じます。

 


私もまだまだ…未熟者。

勉強中です!

みんな頑張ろな!(和)

 

 


テーマ:
こんばんは。
わたくし、この時期…
来年度以降に仙台大学で一緒に頑張るメンバーを発掘しによくあちこちに動いています。

今週も大会前の大事な時期ではありましたが、東京での会議やらもありながら、ちょいと船岡を離れ、ある県に行ってました。

仕事を終えて、夜は卒業生と待ち合わせ。
彼女も仕事を終え、けして近くではない場所まで急いで来てくれました。

今回は特別に、彼女のステキな父母も一緒にお会いすることに爆笑

嬉しかったなぁー!
和恵先生〜〜って、本人だけじゃなくて、卒業式以来会うお母さんとも抱擁〜〜音譜

一緒にごはんをいただく中で、だんだん口数が多くなって来られたお父さん、お母さんから出てくるセリフは、あたしらは先生方に感謝してます。って何回も何回も…笑い泣き
自分の娘が実家に帰ってくるたびに成長を感じていたそうです。

私が、特にどういうところでそう感じました?
と聞くと…
「人の弱さや痛みを感じてくれるところ」
「周りに気を使えるようになってるところ」
と、言って下さいました。

う〜〜、嬉しい〜〜。

と、言うのも。

私は、チーム作りの大きな目的に「人間形成」をあげていて、中でも明るくて元気で優しい女性は理想像‼️だからです。

まさに、そんな言葉が、ぴったり当てはまる卒業生。

嬉しかったなあ〜〜❣️

でもね。
お父さん、お母さん。
私は思います。

お2人が育て上げた子だから、素直に指導者の言葉をすっと受け止め、実践でき、そんな風に成長したんじゃないですか?
ってねおねがい

でも、こんな保護者のみなさん、そして学生たちに巡り会えている私は幸せ者。


この仕事も、きつい時もあるけど、こういうお話を聞けた時に、本当に「続けてきてよかった」と思えるのです。

今の学生たちも、本当に真剣に、柔道に人間形成に一生懸命です。

明日は東北学生優勝大会。
男子は2年ぶりの優勝を、女子は14連覇を目指し、朝から気合入れて頑張ります❣️

やるぞー!

あと、本日46になりました。
朝からみなさん、連絡をたくさんいただきありがとうございました!照れ
本当に幸せ者です!(和)

テーマ:
こんにちは😃
昨日は、母の日でしたね。
みなさん、母に感謝の気持ち…伝えましたか?
かく言うわたしは、そういうの、全然ダメ。
あかんね〜〜滝汗

しかし、我が家には試合から帰ってきたらカーネーションと手紙が置かれていました。
手紙は秘密ですけど、嬉しかったです。
旦那さん、息子はん、ありがとウインク


そうそう。
試合を観に来てくれたOGからも…
皇后盃で頑張った香代子さん❣️ありがとです❣️
嬉しかった〜〜爆笑

さてさて。
そんな昨日は、県武道館にて今年度初の大会、宮城県ジュニアが開催されました。

結果は…

男子
66kg 優勝 岡澤真太郎(1年.盛岡中央)
73kg 優勝 板垣  卯海(2年.木造)
90kg 優勝 加藤  蓮   (2年.仙台育英)
         2位  宮本 純平(2年.土浦日大)
100kg 2位 田森 暁士(1年.盛岡中央)
100kg超 2位 田嶋 伸一(1年.八戸西)

女子
44kg 優勝 仲條 和乃(1年.丸子修学館)
48kg 優勝 山口 かなえ(2年.東北)
57kg 優勝 飯塚 亜美(3年.三浦)
         2位   亀井 奈々(2年.東北)
63kg 優勝 巣山 栞里(2年.富士学苑)
70kg 優勝 佐藤 怜(2年.日大東北)
         2位   神保 朱李(1年.山形工業)
78kg 優勝 土佐真紀子(2年.土浦日大)
         2位   遠藤 沙季(2年.柴田)
78kg超 優勝 廣谷 姫奈(2年.八千代)

と、なりました。
東北地区予選に進めるのは、各階級優勝者のみです。惜しくも出場を逃したみんなは、すぐに稽古開始だ❣️
やるしかないよ‼️ウインク

男子も女子も2年生の頑張りが目立ちました。
やはり、大学で1年培った力は大きいのかな、と感じました。
また、1年生はやはり今が難しい時期。
2月.3月と詰めていなかった者と、そこをコツコツやっていた者の差は、正直に結果に現れている気がしますね。
やはり練習は嘘をつきません。
みんな、また頑張ろうや‼️

いつもランニングも打ち込みも、誰よりも先に飛び出して始める栞里。そういう小さい努力が積み重なって、全日本ジュニアで成績を出すことに繋がって欲しいなあ。こういう選手が勝つと素直に嬉しいなあと感じますよね。


怒られ上手で素直、そしてちょっとどんくさいけど、努力家の怜。誰からも可愛がられる子ですね。GWにも来学していた馬場先輩に稽古をつけてもらっていました。成果が出たのかな?

他のみんな、また写真撮ろうと思わせる可愛い(?)表情をよろしくウインク

仙台大学、優勝者のみんな。ひとまずおめでとう。まだまだここから!

川戸コーチは名カメラマン?
こんな表情を撮ってくれていましたよ。

5月は試合続き‼️
今週待つの東北学生優勝大会も、来週の国体予選も…。
行くぞ〜〜口笛(和)

テーマ:

みなさん、こんにちは。

いいお天気ですね晴れ

日中は風が強かったけれど、今はいい空気です!

 

さわやかな5月ですね。

 

さて。

タイトル…。

昔、とある有名な柔道の先生が出版された本の題名だったように記憶していますが、私も今日、そのように感じる出来事に遭遇しました。(ちょっとオーバーですけど…滝汗

 

今日は、午後がトレーニングというスケジュールだったのですが、あるメニューで追い込んだ後、重りを担いで階段を歩くという最後のメニューに突入しました。

 

私が告げた本数が、いつもの「うっそーニヤニヤ」という量からははるかに少ない本数。

上級生は軽々。鼻歌交じりに(うそです)上っては降りて、を繰り返しますウインク

 

しかし…1年生は…。

身体をゆらゆらさせて…足元は、安定しない様子あせる

顔も歪んできます。

もちろん、上級生のように、こちらが声をかけても…笑えません。

 

そのくにゃくにゃした身体の様子を見ていて、また反対に上級生のしっかりとした面構えや足腰を見ていて、本当に感じました。

「階段だけが知っている」なと。

 

上級生は、鬼嫁監督に日々追い込まれ、この階段を何往復も上がっては降りてきました。

文句も言わず、声を掛けたら「はいっビックリマークまだまだいけますよアップ」と笑って返事を返しては、歯を食いしばってきました。

 

こうしてコツコツ積み重ねてきた日々。

階段は…、青畳は…ちゃんと知ってくれているはずです。

 

ウェイトトレーニングのように、はっきりと数値が出ないものも多く、これをやったことで、どれくらい力がついているのかは、誰にもはっきりとわからないことが多いトレーニングの数々。

 

でも、今日ははっきりと目に焼き付けることができました。

これが、成果だなニコ、と。

 

学生は学年が上がるごとに、心も体も少しづつ強く逞しく(おまけに厚かましく!→大事なこと!)成長していっています。

 

競技成績とは単純に比較はできませんが、この積み重ねた成果は彼女らの財産となっていくことでしょう。

 

どこの大学でも、どこのスポーツマンも行っていることでしょう…日々のトレーニング。

しかし、うちも負けてはいないな。

そして、これからも頑張ろうと改めて心に誓えた一日となりました。

 

やっていることは決して間違っていない。

強く、たくましく成長しているね。

 

あなた達が黙々と行っている練習。

仲間は、先生は気づいていないかもしれない。

 

でもね「青畳」だけは、ちゃんと見てくれていますよ。

 

これからもこつこつを積み重ねていこう。

きっとあなたの夢につながっています!照れ(和)

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

みなさん、こんにちは。

あいにくのお天気ですが、いかがお過ごしでしょう。

鬼嫁は、GWの後半、つまりGW第2弾の学内合宿にむけ、心を引き締めております!ウインク

 

仙台大学微女軍団は、例年GWをゴールデン練習week(GRW)と名付け(たのは、私あせる)取り組んでいます。

しんどいから、なんかアホな事でもいいながら、頑張ろうというわけなんですけども。ひらめき電球

 

OGのみんなにとっては懐かしいであろうGRWでしょ?

今頃思い出してくれていれば嬉しいですね。

 

さて、第1弾合宿は、みんなで乗り切りました。

本山からのスピーチタイムも

本山4→亀井2→福山4→及川3→という風に振られていき…

次の合宿は誰から始まるんやったかな?

なんか、みんないい事話してるみたいです音譜

 

監督は、学生が航路を見失ったときに、「もうちょい右ちゃうか?」「いや、左やで」としっかりと目標を見据えアドバイスできるよう、常に前(目標地点)を向いていたいと思います。

 

GRW第1弾は、富士学苑さん、羽黒さん、東北さん、小牛田農林さん、喜多方桐桜さんなど、多くのチームが集まってくださり、大変有意義な合宿をすることができました。

 

 これでもか!と乱取り中!ぶー


恩師にボコられているS山さん。

 


恩師(元57㎏日本代表)…強すぎっ!

 

S山さんは、母校の後輩が帰った後はさみしそうでしたが、毎日残って筋力アップ継続中!

このコツコツ努力が実を結ぶ日が来ると、私も信じています。

 

さあ、GRW第2弾では、どこまで微女軍団の技術力、パワーを向上させることができるでしょう!?

試合前の者もおり、減量なども佳境に入ってきますが、大けがなく、明るくやっていきたいです!

頑張ろう仙台大学!(和)

追:男子も頑張っております!ウインク(また監督から報告があると信じておりま~す)

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス