カウンセリングサービス 仙台オフィシャルブログ

カウンセリングサービス 仙台オフィシャルブログ

全国トップクラスのカウンセリング件数を誇る「カウンセリングサービス」の仙台地区公式ブログ。
あらゆる人間関係(家族、夫婦、恋愛、職場、子育て)や性格、ビジネス、夢の実現など多種多様な問題や悩みの解決をサポートしています。

◆講座・イベント情報◆


◇仙台イベント◇

オンライン(Zoom)でのイベントを開催しております。

◇仙台面談カウンセリング◇

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、
仙台面談は回数を絞って実施しています。

オンライン会議システム(Zoom)での面談もご利用くださいませ。

※なお、本ブログのコメント欄に頂戴したご相談へのご返答は控えさせていただいております。
 ご相談は、面談カウンセリング・電話カウンセリング(初回45分間無料)をご利用ください。
 カウンセリングに関するお問い合わせは、予約センターまでお願いいたします。

カウンセリングサービス代表の平準司です。

 

日常会話の中でも、“精神年齢”という言葉はしばしば出てきます。

 

そして、「あなたの精神年齢はいくつですか?」と質問されると、多くの人は、実際の年齢より若く答えるのではないでしょうか。

 

たしかに、ケンカしているときなどは、私たちの精神年齢は小学生レベルにまで下がっていることもあるようです。

 

「おまえのかあちゃん、デベソ!」と、それはもう低次元のやりあいをしてしまうことも多いですよね。

 

この精神年齢、違う言葉でいえば、“感情年齢”ともいえるかもしれません。

 

つまり、「精神年齢はいくつですか?」というのは、こう言っているようなものなのです。

 

「あなたの感情表現の方法は、子どものようでしょうか、思春期の少年少女のようでしょうか? それとも、ちゃんと大人らしい方法で表現できていますか?」。

 

日本人の多くは感情を抑圧していますので、その表現を成長させることも苦手です。

 

たとえば、あなたの怒り方は、子どものようですか、それとも、ちゃんと成熟しているでしょうか。

 

大声を上げて、ダダをこねるのは、子どものやり方です。

 

また、「あなたがひどいことをしたから、私は傷ついた」という態度で引きこもるのも、大人らしいとはいえない怒りの表現方法です。

 

一方、感情表現が成熟していると、怒りの感情さえも、相手に上手に伝えることができます。

 

 

「そんなふうに言われると、とてもいやな気分になってしまう‥」、「あなたはいま、私にお願いをしているのかもしれないけど、攻撃されているように感じて、恐いわ‥‥」というように。

 

こんなふうに、ケンカの最中にも、きちんとコミュニケーションできる人は、いったい何人いるでしょう。

 

また、日本人の女性にたいへん多いのは、精神年齢が10代前半あたりで止まっているようなケースです。

 

だれもが思春期のころに、心も体も大人の女性になってくるわけですが、そのとき、“性的な自分”を受け入れることは、とても悪いことであるように感じる場合が多いのです。

 

そのほとんどの原因は、“幼さ”からきているようです。

 

そして、親の前では「なにも知らないウブな子どものままでいなければ‥‥」と思い、精神的・感情的な年齢の成長を止めてしまいがちなのですね。

 

14歳の女の子が、彼氏からセックスを求められたとしたら、多くは、「いやらしくて、ヘンなことを彼が求めてくる」と感じるでしょう。

 

そうしたら、そのいやらしくてヘンな行為を好きになれるでしょうか?

 

頭では、どのカップルもセックスするということを知っていたとしても、そんな奇妙な行為をすることには、嫌悪感をもったりするのではないでしょうか?

 

私が知っているかぎり、日本人女性がセックスレスに陥るときの、いちばん多い原因がこれです。

 

また、思春期までは、「がまんする」ことが感情の基本法則ですよね。

 

学校でも家でも、親や先生のいうことをきくのが大事であって、自分がしたいことはできるだけがまんすることを求められます。

 

そのため、自分のしたいことを表現すると、親や先生に怒られてしまうような気分になったりするわけです。

 

でも、あなたが大人になったならば、その基本法則はもうありません。

 

当然、したいことをしていいのです。

 

ときには、自分の思い通りに生きられるということは、人生の成功の条件の一つであるといわれることもあるほどです。

 

もし、あなたが、「人生とはがまんするものだ」と考えていらっしゃるのならば、10代のころ‥‥ひどいケースでは7・8歳のころにつくった自己概念や信念、にいまだに支配されながら生きているということを意味します。

 

子ども時代から、人生のルールをまるで変えないまま、大人の世界を生きているということですね。

 

それがそのまま、精神年齢や感情年齢にも表れているわけです。

 

あなたはそんな古いルールに支配されていませんか。

 

自分のルールをチェックし、変えていくことができたら、あなたの精神年齢はどんどん成熟していくはずです。

カウンセリングサービス代表の平準司です。

 

私の住む神戸は、東京の銀座と同じぐらい、ブランド品のお店が多い街です。

 

居留地とよばれるエリアに、そうしたお店が集まっているのです。

 

ブランド品のお店に入ると、私は仕事柄、バッグや洋服以上に、それを眺めている女性の顔に目がいきます。

 

すると、どの女性も、喜びに溢れた至福の表情でブランド品を見ているのです。

 

そして、いつも思うのです。

 

これらのブランド品は、こんなふうに、いとも簡単に女性たちを幸せにするゆえ、こんなに愛されているのだろうな、と。

 

それはまるで、おねえさまたちにいじめられ、着ていくドレスもなく、汚い屋根裏部屋で泣いているシンデレラのもとに、魔法使いがあらわれて、舞踏会の招待状とドレスをさしだしたかのごとく、ブランド品は、多くの女性の心を幸せと希望で満たすのです。

 

一般的に女性は変身願望が強い場合が多く、ヘアスタイルやメイク、洋服やバッグ、靴にいたるまで、さまざまなものに挑戦しながら、たえず変化を楽しんでいます。

 

しかし、女性にとって、いちばん大きな変化をもたらすのは、ひょっとして、結婚することと、子どもを産むことなのかもしれません。

 

 

そして、幸せな結婚と出産を手に入れるために、いちばん大事なことの一つは、洋服やバッグが、みな、あなたがより美しくなり、幸せな気分をつくるために存在しているのだと感じているのと同じように、結婚と出産について、あなた自身がよりよいイメージをもつということです。

 

「私は、自分に自信をもったり、幸せな気分を味わったりするために、結婚し、出産するんだ」とあなたが心から思えるようになれたとしたら、それはまるで、ヴィトンのバッグやシャネルのスーツを手に入れるのを心待ちにするのと同じような気持ちで、結婚や出産のことを考えることができるようになるはずです。

 

ところが、どうも私たちは、結婚や出産に関して、ネガティブなイメージをとてもたくさんもっているようです。

 

多くの人は、結婚が、「犠牲とがまんと質素倹約」というイメージにつながっているようです。

 

出産にも同じようなイメージがあり、さらに、陣痛に代表される、痛みというイメージも先行してしまいがちです。

 

でも、こんなネガティブなイメージが結婚や出産の真実であったとしたら、何度も結婚しようなんていう人はいないでしょうし、何人も子どもをもとうなどという人もいないと思いませんか?

 

そうは思っても、私たちは結婚や出産にネガティブなイメージをもってしまうことは多く、そのイメージが強ければ強いほど、この2つを手にすることも難しくなるようなのです。

 

この2つのイメージの土台にあるものが、あなたが見てきた両親の結婚生活や、子ども時代のあなたが、「自分は両親にとって迷惑な存在なのではないか」と感じていた誤解です。

 

たしかに、あなたは子ども時代、おとうさんやおかあさんから怒られてばっかりだったかもしれません。

 

しかし、日本の親の多くは、自分自身が、自分の親からちゃんとほめられたという経験をほとんどもっていません。

 

だから、わが子のことも、叱るということはしても、しっかりほめるということがあまりできないのですね。

 

心では、自分の子どもたちを評価し、愛していたのです。

 

それをちゃんと口に出してコミュニケーションしていなかったので、子ども時代のあなたにちゃんと伝わっていなかったのです。

 

あなたが眠りについたあと、その寝顔を見ながら、「子どもをもつことができて、よかった」という喜びを噛みしめていたのかもしれません。

 

でも、あなたは眠っていたので、あなたの両親が、あなたによって、こんなに幸せな気持ちに満たされていたということを知りません。

 

たしかに、あなたのご両親は、あなたのために犠牲をしたかもしれません。

 

でも、それは、あなたの基準でそう思うだけで、ご両親はそれが“犠牲”だったとは感じていないでしょう。

 

なんのことはない、ご両親にとって、それは、“あたりまえ”のことだったのです。

 

なにがあたりまえなのかというと、それは、あなたが、「愛されるにふさわしい」存在であるということです。

 

そして、あなたがご両親に犠牲をさせたと思っていることのすべては、ご両親からしてみれば、「あなたを愛する喜びだった」というのが真実なのです。

 

もしも、あなたが、パートナーにとっての最高のブランド品だったら、と考えてみてください。

 

そして、あなたというそのブランド品が、そのパートナーをどれほど喜ばせるか、想像してみてください。

 

あなたは、まだ知らないかもしれませんが、あなたという、そんな素晴らしいブランド品を手にしたいと夢見ている人が、きっといるはずなのです。

カウンセリングサービス代表の平準司です。

 

私は熱中しやすく、のめりこみやすいタイプなので、一度決めたことにはけっこうしつこくこだわります。

 

昔から、欲しいと思うものは、追いかけていってでも手に入れようとするタイプでした。

 

困難な場面にあっても、「なんとかならないのか?」、「ほかに手はないのか?」と考えつづけ、それを手に入れてきたのです。

 

その私が“プロセス”という考え方を教わったとき、自分の生き方とのあまりの違いに困惑したものでした。

 

よく「プロセスを信頼する」と言うのですが、これは、あなたの人生に起こるいろいろなことに抗わず、そのすべてを受け入れるというものです。

 

そして、これができると、人生はあなたが思い描いた計画以上にラクでうまくいくというのが、“プロセス”という考え方なのです。

 

 

私は以前、神戸の百貨店に行ったとき、気に入ったシャツを見つけたのですが、夏のバーゲンの最中でLLサイズはもう売り切れていました。

 

すると、店員さんが「お取り寄せしましょうか? ほかの店にはサイズがあるかもしれません」と言ってくれたのです。

 

昔の私なら、すぐさまお取り寄せを頼んでいたでしょう。

 

しかし、そのときの私は「縁があるなら、手に入るでしょう」と答え、深追いはしませんでした。

 

で、結局、このシャツ、私のもとにやってきたのです。

 

後日、博多でのセミナーを終えた翌朝、ちょっと早めに目が覚めたのでチェックアウトも少し早めにし、博多駅の横の阪急百貨店に行ってみたのです。

 

すると、ワゴンセールの中に私の気に入ったあのシャツが、しかも、LLサイズのあのシャツがあったのです。

 

だいぶ無造作な置き方で、神戸で見たときより2,000円も安くなって。

 

神戸の百貨店に行った日から10日もたっていたので、バーゲンは最終処分市に変わっていたようなのです。

 

この逆の話をすれば、ものすごく欲しくて買ったシャツがふと気づけばなくなっていて、それに気づかずに過ごしていたこともあります。

 

おそらく、どこかのホテルに忘れてきたのだと思いますが、あれほど欲しいと思ったものなのに、われながら、人の気持ちとはわからないものだと思ったものです。

 

そんなこんなで、現在の私の考え方は、「与えられるものを受け取っていこう」というふうになっています。

 

自分にとって必要な人やものとの出会いは、与えられるものだと考えたわけです。

 

そして、その考え方の土台には、「私たちは愛されているがゆえに、自分に必要なものは必ず与えられる」という哲学があります。

 

じつをいえば、それを頭では理解していても、なかなか実践はできませんでした。

 

が、やってみると、欲しいものが手に入らなかったり、乗りたい電車に乗れなかったりしても、さほどイライラすることはなくなりました。

 

「たぶん、今回は手に入らないということのほうが真実だったのだろう」、「たぶん、もっといいものがあるはずだ」と考えられるようになったのです。

 

それまでは、欲しいものが手に入らなかったり、乗りたい電車に乗れなかったりすると、まるで罰を受けたかのように失望し、絶望し、イライラしたものでした。

 

しかし、多少、ものごとの見方を変えられるようになったぶん、心にゆとりができたようです。

 

いま、独身で彼氏がいないとか、結婚はしているのだけれどもうまくいっていないというみなさん。

 

よかったら、みなさんもプロセスという考え方を取り入れ、「この状態から私はなにを学ぶべきで、どう考えれば、この状態をもっと楽しめるのだろう」と考えてみてください。

 

そうすることで、ちょっとしたインスピレーションが訪れたとしたら、いまのあなたの状況が、あなたの思惑とはまったく違う展開を見せたりすることもあるものです。

 

「この状況が私の成長のためにベストなプロセスであるのなら、ここから私はなにを学べばいいのだろう」と考えることが、すべての解決方法になることもあるのです。

カウンセリングサービス代表の平準司です。

 

人の好みは多種多様です。

 

一般的にモテるタイプというのは存在しますが、それはあくまでも“ステレオタイプ”であり、人が人を好きになるときは、それとはまったく別の力学が働きます。

 

たとえば、「美女と野獣」という言葉があるように、どんなブ男であったとしても、男性ホルモンが強く、パワフルな男性は意外とモテます。

 

私がカウンセラーという仕事を始めて、いちばん最初にお客さんになってくれた女性は、たまたま、夜のお仕事のおねえさんでした。

 

おかげで、それからしばらくの間、その方の紹介の紹介の紹介‥‥というかんじで、同じ業界の方ばかり60数名のカウンセリングをさせていただくことになりました。

 

そこでの男女関係には、カタギではない人もよくいらっしゃって、おねえさん方はその恋愛で悩んでいたりするわけです。

 

一般論でいえば、「なんで、そんな苦労する恋愛をわざわざするの」というところでしょうが、どれだけ苦労しようが、ヤクザ好きの女性というのはたしかに存在します。

 

その業界には、やはり男性ホルモン過多といっていいほどパワフルな人が多く、そこに魅力を感じる人が多いようなのです。

 

一方、意外に思われるかもしれませんが、成功していて、金銭的にもなに不自由のない生活を送っている男性は、体が弱かったり、手がかかったりする女性が好きな場合が多いようです。

 

一時期は、銀座のホステスさんで、ハンディキャップがあり筆談で会話しなくてはならない人が売れっ子として話題になったことがありました。

 

また、海外から出稼ぎに来て、すごく苦労しているホステスさんに貢ぎ上げているという男性は少なくありません。

 

第三者的には、病気がちだったり、手がかかりすぎたり、苦労を抱えていたりする女性とつきあうのはためらうと思いがちです。

 

が、事実はそうではないようなのです。

 

たとえば、介護や福祉の仕事は、お給料が安い一方、拘束時間が長く激務だといわれますが、それでもその仕事を希望する人は非常に多いわけです。

 

それは、なにより、「人の役に立つ仕事」であるからにほかならないでしょう。

 

 

子どものころの私たちは、「なんとかして、愛してもらいたい」という愛される側の立場で物事を見ていきます。

 

それが、成熟した大人になると、自分という人間の存在理由を問うがごとく、「だれかの役に立ちたい」、だれかを喜ばせてあげたい」と思うようになります。

 

専門的には“自己重要性”というのですが、これが行動動機や価値観を大きく左右しています。

 

また、異性とつきあっていて、いちばん安心感がもてるのは、相手がどれだけ誠実かということよりも、「この人は、私がいないとやっていけない」と実感しているときだといいます。

 

とするならば、自分が愛する側にまわれる相手とおつきあいしたほうがいいわけです。

 

たとえ、その人にはものすごく手がかかろうが、見た目がいまいちであろうが、「私が必要とされている」、「私が愛してあげなければいけない」と感じさせてもらうことを求めるということですね。

 

こうして考えてみると、「モテる・モテない」というのは、ものすごくかっこいい男性、ものすごくキレイな女性といったことよりも、だいぶ奥深いなにかで決まるようです。

 

私たちが信じ込んできた“モテるタイプ”というのも、もしかしたら根本的に間違っているのかもしれませんね。

カウンセリングサービス代表の平準司です。

 

前回のお話の続きです。

 

このご夫婦、突然、ご主人が大激怒し、離婚の危機に陥ってしまったわけですが、じつはこのようなパターンは日本にはとても多いのです。

 

ここには、がまんばかりしつづけるご主人と、要求ばかりしつづける奥さまという構図があります。

 

そして、その双方の深層心理に、「自分に自信がない」という思いがあります。

 

言い換えれば、「自分は愛されるにふさわしくない」という思いです。

 

だから、奥さんはたえず愛の確認をするように、ご主人に注文を投げ続けます。

 

「本当に私のことを愛しているのなら、できないはずはないでしょ?」というかんじです。

 

一方、ご主人は「それはそうかもしれない、自分の愛は不十分なのだ」と思い、がまんしつづけています。

 

同時に、「僕も愛してほしい」という要求も言えなくなっていて、愛のガス欠に陥り、やがて、「自分にはもう与えられるものがなにもない」と感じるようになります。

 

そして、「これではきっと嫌われてしまう」と感じた瞬間、大爆発を起こします。

 

防衛として、嫌われる前に自分のほうから嫌ってしまおうとするのです。

 

このようなケースでは、これまで、ご主人が奥さまに対してしていたことを、今度は奥さまがご主人に与えていくことが大事です。

 

 

このご夫婦の場合、今までは、奥さまが自分の欲求不満をご主人に満たしてもらっていました。

 

つまり、奥さまが依存側で、ご主人がその依存を満たす自立側だったわけですが、その“自立”と“依存”の立場がここで逆転するわけです。

 

パートナーシップではいつかこの自立と依存が逆転します。

 

そして、この自立と依存が逆転するときが、カップルにとってのいちばんの危機となるのです。

 

今回は、ご主人が「いつも愛する側ばかりじゃないか。オレのことも愛してくれよ」と怒っているわけです。

 

それに対し、奥さまは傷つき、自分を責める事に忙しく、ここに至っても、ご主人を愛するということはしていません。

 

奥さまがどれだけ自分を責めたところで、このままではこのご夫婦はうまくいきません。

 

なぜなら、いまは奥さんのほうから愛さないかぎり、ご主人はまったく動かなくなってしまっているからです。

 

「わがままなきみのことを、僕はもっともっと愛したよ」とでもいうように、ご主人は少々のことでは動かないほど、いまは愛に対し、ガンコになっている状況なのです。

 

これはかつて奥さまがご主人に対し、「本当に私のことを愛しているなら、もっともっと愛することができるはずよ」と思っていたのとまったく同じ状況です。

 

が、奥さまにしてみれば、まさか、ご主人がそんなふうになってしまうとは、想像もしたくなければ、理解もしたくないという状況です。

 

だって、ご主人は「私を愛してくれるためだけに存在している」と思っていたわけですからね。

 

しかし、カウンセリングの中で、私は奥さまに「だんなさまがどのように“私を愛してくれたか”を思い出しつつ、同じように彼のことを愛してあげてください」と注文をつけました。

 

そして、彼女は、「どんなに私がぶんむくれても、必ず彼のほうからやさしく近づいてくれた」ということを思い出し、彼が来てくれたように自分も近づくということを始めてみたのです。

 

「拒絶されても、拒絶されても、私はあきらめない」と彼女が固く誓いはじめたころから夫婦の仲は激変し、二人が涙の和解をするのにさほど時間はかかりませんでした。

 

危機を乗り越えれば乗り越えるほど、夫婦の絆は強まります。

 

このお二人も、「あの危機は、私たち二人がほんとうの夫婦になるための試練だった」と、いまは理解しています。

 

おつきあいが長くなると、いろいろな問題が二人の間に起こりますが、それはきっと、二人が強い絆を作るために必要なことなのでしょう。

 

私たちのだれもが、小さいころにいろいろな病気を経験しながら免疫力を高めていきます。

 

それと同じように、まだまだロマンスのあるカップルは、ケンカというものを通じ、絆を作り上げていくことができるようです。