カウンセリングサービス 仙台オフィシャルブログ

カウンセリングサービス 仙台オフィシャルブログ

全国トップクラスのカウンセリング件数を誇る「カウンセリングサービス」の仙台地区公式ブログ。
あらゆる人間関係(家族、夫婦、恋愛、職場、子育て)や性格、ビジネス、夢の実現など多種多様な問題や悩みの解決をサポートしています。

◆講座・イベント情報◆


◇仙台イベント◇

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、仙台会場での開催を休止しています。
楽しみにしていてくださった皆様には大変申し訳ありませんが、ご理解くださいますようお願いいたします。

オンライン(Zoom)でのイベントも開催しております。
こちらもお楽しみくださいませ。

◇仙台面談カウンセリング◇

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、仙台面談を休止しています。
オンライン会議システム(Zoom)での面談をご利用くださいませ。

※イベント・面談とも、仙台での開催日が決まり次第、改めてご案内いたします。

※なお、本ブログのコメント欄に頂戴したご相談へのご返答は控えさせていただいております。
 ご相談は、面談カウンセリング・電話カウンセリング(初回45分間無料)をご利用ください。
 カウンセリングに関するお問い合わせは、予約センターまでお願いいたします。

カウンセリングサービス代表の平準司です。

 

みなさんの恋愛のご相談を伺っていると、ご相談の内容がすべて彼の悪口もしくは、いかに彼が最低な人間かということを延々に訴えられる方がいらっしゃいます。

 

中には、「毎日毎日、別れた彼のことを考えているだけで腹が立って夜も眠れない」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

このことを心理学的に言うと、理由のいかんを問わず、1日のうちのほとんどを彼のことを考えている場合、それは彼のことが好きであれ、嫌いであれ、彼のことをとても重要な人物として認識しているということなのです。

 

彼に憎しみを抱いている場合は、彼のことをどこかで決して手に入らないものと考え、彼のことを大好きなのに、彼を嫌いになろうとしているようです。

 

先日、ある女子大学生のカウンセリングをしたのですが、彼女は高校からずっと一緒だった彼と同じ大学に行き、同じ同好会に入りました。

 

彼女は彼のことを友人の一人として認識していたのですが、大学に入り、彼がコンパに行ったり、ほかの女性と飲みに行ったりすることをすごく不快に感じ始めるようになりました。

 

カウンセリングのはじめに、彼女は「最近とても腹が立って許せない男性の友達がいるのですが・・・」と話をはじめてくれました。

 

「コンパに行ったり、ほかの女性と飲みに行っているけれど、せっかく大学に入ったのだからもっと勉強すべきだ」とか、「未成年のくせにお酒を飲むべきではない」という不満をたくさんおっしゃったのですが、私が「なぜこの男性のことがそんなに気になったり、長時間腹が立ったりするのでしょうね?」と問いかけると、彼女は考え込んでしまいました。

 

彼のことを考えるなぜかとても腹が立って許せなくなるようです。

 

あるとき、彼と電話でしゃべっているときに「コンパや飲みに行く金があるなら、たまには私におごれ!」と言ったことがあったそうです。

 

普通はそんなに嫌ならば、「もう二度と顔など見たくない」とか、「友達でもなんでもない」となるはずなのですが、彼女は「私におごれ」と言ったわけです。

 

少し変ですよね。

 

もし、彼と彼女がおつきあいをしていたにもかかわらず、彼がコンパに行ったり、ほかの女の子と飲みに行ったりしているのだとしたら、彼女の怒りはもっともですし、「そんなお金があるなら私におごれ」と主張されるのももっともなことなのですが・・・。

 

しかし、私が彼女に「どうも彼のことが好きみたいですね」と言うまで彼女はそのことにまったく気がつかなかったようです。

 

 

彼女の気持ちが彼の方に向こうとするたびに、彼女は何かと理由をつけて彼を嫌う努力をしてきたようなのです。

 

私たちにとって、大好きな人を嫌う努力をしなければならないのは一番つらいことのひとつです。

 

彼女は彼を好きだということを彼のことを「友達だから」という理由をつけて押さえつけていたようです。

 

だから、一日のうち何回も「友達だから・・・」と自分に言うことがあったそうです。

 

彼女は彼のことを何度も「嫌いではない」と言ってくれましたが、彼を「好きだ」と認識することが上手にできなかったようなのです。

 

その後、彼のことを考えるととてもとても腹が立つようになりました。

 

彼女が自分の心に本当に向き合っていったときにはじめて、ずっと自分は彼から「好きだ」といわれるのを待ち続けているのだということに気がついたようです。

 

その後、彼女は自分の態度を振り返って、自分が、彼に説教したり怒ってばかりのとても嫌な女であることに気づきました。

 

でも、そんなことばかりしていた自分を受け入れてくれていた彼を認識すると、彼女はますます彼のことが好きになり、ついに彼女の方から告白しました。

 

彼も彼女のことは好きだったのですが、あまりにも自分に対して怒ってばかりなので、きっと自分に気はないのだと思い、コンパなどに精を出していたようなのです。

 

好きであれ、嫌いであれ、私たちは自分に影響力を持つ人に関しては、とても心を動かされるようです。

カウンセリングサービス代表の平準司です。

 

今日は、私が長い間、恋愛や結婚に関するご相談を受けている中でよく出てくる、自分が自分にかけた悪い魔法のお話をさせていただきますね。

 

自分にかけた悪い魔法?

 

これは、実際のカウンセリングの中で、私が気づいたことです。

 

例えばよくあるケースでお話しましょう。

 

仮に、あなたの子供時代、近所に30代半ばで独身の女性がいたとします。

 

そして、あなたのお母さんがその人のことを「30過ぎになって、独身でもらい手がないと、わびしくてさびしいものだわね・・・」などと言っていたとします。

 

そして、あなたがなぜかそのことをはっきり記憶していたとしましょう。

 

そして、その後、あなたは人生を送り、30過ぎで独身だったとします。

 

そうすると、あなたの心の中では、30を過ぎても、結婚もできない自分というのは、わびしく、さびしく生きなければとならないと思ってしまうようなのです。

 

もちろん、そんな必要はありませんよね。

 

しかしながら、あなたはどこかで自分自身に対して、毎日毎日、自分はわびしくてさびしいと、いうふうに自己暗示のような魔法をかけてしまうのです。

 

ばかげたことだと思われるかもしれませんが、こんなことは私たちの中でとても多くおきています。

 

 

昔、お父さんが「お前は本当に冷たい奴だ」と言った。 とか

 

お母さんから「お前みたいな人のを好きになる男の人がいるはずない」と言い切った。 とか

 

しかし、お父さんやお母さんは、ずっとずっと本気でそう思っているわけではありませんよね。

 

ただ、あなたとケンカをして、売り言葉に買い言葉で、そう言っただけなのかもしれません。

 

しかし、私たちは、自分のことをずっとずっとそう責め続けていたりします。

 

もしあなたが自分のことを「私は冷たい人間だ」と思い込んでいたとしたら、あなたの彼があなたに「君はなんてやさしいんだ」とか、「君のようなあたたかい心を持った人はいない」などと言ったとしても、あなたは「私が冷たいことがバレていない」としか感じませんので、心から喜べません。

 

さらに、喜べないどころか、何とか私が冷たいということを隠し切らないと、と思うあまり、いろんなことをがんばりすぎてしまって疲れ果ててしまうかもしれないのです。

 

私たちは人間ですから、当然、誰かに腹立ったり、誰かに感情をぶつけることもあります。

 

しかし、そんなときにも、「私はやっぱり冷たくてひどい人間だ」とまた自分を責めてしまうことも多いのです。

 

私たちは、大なり小なり自分自身を本当にひどい人間だと思い込んでいるようです。

 

しかし、どうでしょう?

 

「私は冷たい人間だ」と自分を責めている人がいるとすれば、実は、その人の一番したいことは、「私はやさしい人間になりたい」ということではないでしょうか。

 

「私はやさしい人間になりたい」にもかかわらず、こんなことをしちゃった、言っちゃった・・・と自分を責めるので「私はなんて冷たい人間なんだ」と自分を責めることになるわけです。

 

あなたが自分を責める悪い魔法を自分にかけているとき、あなたはいったいどんな私になりたと願っているのでしょうか?

 

そこには必ず、自分を責める言葉とと反対の私がいるはずなのです。

 

「自分はなんて冷たい人なんだ」とあなたが自分を責めて悪い自分に悪い魔法をかける代りに、「私はやさしい人になりたい」と言えたとしたら、あなたの人生はきっと楽で簡単にかわるはずです。

カウンセリングサービス代表の平準司です。

 

女性に比べて、男性は甘え下手であるとはよくいわれますが、どんなに自立した男性も、心の中に弱い部分をもっています。

 

しかし、自立的な男性は、自分が弱い部分をもっていることを自己嫌悪していることが多いので、それを人には見せたがりません。

 

好きな女性に対してはなおさらです。

 

自分は、「優秀で、また、強い男性であってこそ、人に愛される価値がある」と考えていますから、自分には弱みなどないという顔で生きようとします。

 

また、そのような自立的な男性を好きになる女性には、依存的なタイプが多いようです。

 

すると、自立の男性は、自分を強く見せようとますます躍起になるのです。

 

心理学で“ヤマアラシ・ジレンマ”というのですが、より自立的になることによって自分はモテていると思っているので、人に甘え、自分の弱さを晒すことがますますできなくなっていくのです。

 

つまり、自分で自分の首をどんどん絞めていき、甘えたいのに甘えられない状況を自らつくっていくのですね。

 

では、このような自立的な男性は、甘えたいという欲求や、人に依存したいという欲求を、どのようにして満たしていくのでしょうか?

 

 

多くの自立的なタイプの人は、その欲求を“命令”という形で満たすことが多いようです。

 

たとえば、上司が部下に命令するということは、見方を変えると、上司から部下にお願いしていることになりますよね。

 

「悪いけど、これ、ちょっと、頼まれてくれないか?」と言う代わりに「業務命令です!」と言っているわけです。

 

たとえば、私たちは子どものころ、おかあさんに全面的に面倒を見てもらいます。

 

シャツの衿がちゃんとしていないとか、ボタンが外れているとか、なんでもやってもらうわけです。

 

そして、そんなふうに面倒を見てもらっていた子どもが、将来、大会社の社長になり、秘書を4人ほど雇えるほどの立場になったらどうなるでしょう?

 

秘書たちにお給料を払い、そして、「社長、衿を直させていただきますね」、「おう、どうもすまん」とか、「社長、ボタンをはめさせていただきます」、「うん」などとやっているのです。

 

えらそうにはしていますが、やってもらっていることは子ども時代とあまり変わりはありません。

 

昔、私の知り合いのお金持ちが冗談で、「自分で尻をふいているようでは、まだまだ本物の金持ちとはいえない」と言っていました。

 

そのお金持ちがほんとうにトイレにお尻をふいてくれる係をおいたとしたら、それこそ、赤ちゃんのときとまるで同じですよね。

 

甘えさせてほしいとは素直に頼めず、そのぶん、お給料を払うことで、甘えさせることを業務命令、つまり、仕事に変えてしまっているわけです。

 

私たちが高級レストランや高級ホテルで、「高い金を払っているんだから、もっとしっかりサービスしろ!」と言うのも、心のどこかで、依存を命令に変えている一つの形なのです。

 

しかしながら、甘える代わりに、命令口調で頼まれても、そんな人にはかわいげがあるでもなく、甘えさせてあげたいとは思わないものです。

 

たとえば、あなたが専業主婦だったとして、ご主人からもしも、「だれのおかげでメシが食えていると思っているんだ!」なんて言われたとしたら、すごく腹が立つと思いませんか?

 

でも、気づいていただきたいのは、ご主人がこんなことを言うのは、心のどこかで、あなたに甘えたいと思っているのに甘えられないときだということです。

 

たとえば、あなたが久しぶりの同窓会で家を空けて、二次会に行ったりして、帰りがちょっと遅くなっているというようなときに、ご主人からメールや電話が来たりするようなことがありませんか?

 

あるいは、バーゲンに行って買い物を楽しんでいるときに、「いったい何時になったら帰ってくるんだ!」などと、とてもイヤミなメールや電話が来ることがあるかもしれません。

 

もちろん、そんな表現しかできないご主人も悪いのです。

 

でも、そんなときは、どうか、「この人は、いま、甘えたいのだ」と理解してあげてくださいね。

 

それができたら、大ゲンカする代わりに、とてもロマンチックな夜を過ごすことになるのです。

 

とても自立的なご主人や恋人が、なにかえらそうにしはじめたとき、じつは彼らはあなたに甘えたいだけなのかもしれませんよ。

 

それを上手に扱ってあげることができたなら、あなたはパートナーを手のひらで転がしてあげることもできるようになるのです。

 

心理カウンセラーの大塚統子です。

 

つい「自分が悪い」「私のせい」などと自分を責めていませんか?

 

自分を否定していると、心が苦しくなるでしょう。

 

また、「こんな私」をみんなもダメだと思うと考えると、人からの言葉が否定や批判に聞きやすくなります。

 

もし、人から攻撃されやすいと思うのだとしたら。

 

まず、自分が自分を責めていないかを点検してみましょう。

 

そして、もし自分を責めているのだとしたら。

 

まずは、自分を責めるのを減らしていくことから始めてみませんか。

 

**

 

私たちはいろいろな理由で“罪悪感”を抱えます。

 

例えば、

「仕事でミスをした」

「彼にヒドイことを言った」

「彼女に優しくしなかった」

「財布を失くした」

「お誘いを断った」

などなど。

 

もし、それが親友がしたことならば、「そんな日もあるよ」とか「大丈夫だよ」とか「仕方なかったよね」とか言ってあげるのではないでしょうか。

 

でも、なぜか自分がしたこと、自分ができなかったことになると、自分のことを罵倒していませんか。

 

もし、他人にその攻撃を向けたら、絶交やK察を呼ばれることになるくらいの暴言を、自分自身に向けていませんか。

 

それでは、心が苦しくなってしまうでしょう。

 

**

 

激しく自分を責めるタイプの方には、こんなお話をさせていただくことがあります。

 

反省や謝罪は必要ですが、自分を責めるとうまくいかないのではないでしょうか。

 

自分に厳しいと、どうしても自分が許せないと思ってしまうでしょう。

 

でも、あなたにも言い分があるのではないでしょうか。

 

そして、その言い分を誰にもわかってもらえないことでも、苦しんでいませんか。

 

さらに言うなら、「わかってもらえない」と思ったのは、今が初めてではないのではありませんか。

 

もしよかったら、あなたの言い分と気持ちを聴かせていただけませんか、と。

 

**

 

例えて言うなら。

 

相手が5歳の子供なら、「その子の言い分を聞いてみよう」とするのではないでしょうか。

 

「どうしてそう思うの?」

「なんでそうしたの?」と。

 

そして、その子なりの事情を理解できたら。

 

「そうだったんだね」

「いっぱい我慢したんだね」

「辛かったね」

「さみしかったね」

「怖かったね」

「いっぱい考えたんだよね」

「わからなかったんだよね」

「余裕がなかったんだね」

 

その子の気持ちに寄り添う言葉が見つかるのではないでしょうか。

 

自分自身の言い分にも、まずは寄り添って、そんな言葉をかけてみませんか。

 

 

そして、自分を責めるタイプの人は、自分をほめることが苦手な傾向があります。

 

ここも、5歳の子供だったら「褒めてもいいよね」を基準に、自分をほめてみることをお勧めします。

 

「朝、ひとりで起きて素晴らしいね」

「家事してすごいね」

「昨日イヤなことがあっても、会社に行ってがんばったね」

「ヒドイこと言ったって、相手を思いやれて立派だね」

「優しくできなかったって、もっと優しくしてあげたかったんだね」

「ちゃんと『ごめんなさい』ができてよかったね」

「『ありがとう』が言えるあなたは素敵だね」

など。

 

もし、ほめ方がわからなかったら、

「すごい」

「素敵」

「素晴らしい」

という言葉を選んで言ってみるといいでしょう。

 

また、

「がんばった」

「がんばっている」

「がんばれた」

「よくがんばった」

「がんばっていたね」

など、ちょっとしたニュアンスの違いで、心にフィットする言葉が見つかることもあります。

 

そんな言葉を探してみませんか。

 

あるいは、

「そんなに無理しなくていいよ」

「休んでもいいよ」

「泣いてもいいよ」

「もうやめていいよ」

が、心を軽くしてくれる言葉かもしれません。

 

自分を辛くしている何かを手放していくのも、自分を大切にすることにつながります。

 

**

 

自分の言い分を認め、どう感じているのかに共感すると、心は落ち着きやすくなるでしょう。

 

そして、肯定的な言葉かけをうけとると、元気をチャージしやすくなったりします。

 

まるで5歳の子供と接するように、自分自身の心にあるものを扱ってあげてはいかがでしょうか。

 

◆2/5(日)オンライン【心を癒す1DAYセッション】


「心が苦しい」「なぜかうまくいかない」、そんな時の原因にありがちなのが罪悪感です。

心のどこかで「私が悪い」と思っていると、「罰せられるにふさわしい」「償わなければならない」といった現実を引き寄せやすくなってしまいます。

罪悪感にお心当たりのある方も、うまくいっていない現状を変えていきたい方も、行き詰まってどうしたらいいかわからなくなっている方も、よかったら2/5(日)の【心を癒す1DAYセッション】で罪悪感を手放していきましょう。

※心理学の基礎知識は不要です。
 初めての方も、お気軽にご参加くださいませ。

カウンセリングサービス 癒やしの1DAYワークショップ


講師:心理カウンセラー 
大塚統子

テーマ:『心を癒す1DAYセッション~罪悪感を手放す~』
☆詳しい内容は>>>こちら 


日時:2023年2月5日(日)10:00~18:00

会場:オンラインZoom

※事前決済完了後にミーティングIDをお知らせいたします。

料金:18,700円(税込)
※事前決済制。受付は2/4(土)15時まで。

お申し込み:下記のフォームよりお手続きください。

1DAY申し込みボタン
 


事前決済:CSイベント参加券をご購入ください。
 
購入ボタン

※お申し込みと事前決済は、2/4(土)15時で受付を終了いたします。
参加をご希望の方は、お申し込みと事前決済の両方を期間中にお手続きくださいませ。

◇オンラインワークショップ【心を癒す1DAYセッション】への参加手順について

詳しくは >>>こちら のご案内をご確認くださいませ。

カウンセリングサービス代表の平準司です。

 

恋愛のご相談をうかがっている中で、いつもみなさんから言われることに、「早く私も恋愛の相談をしてみたいです」というものがあります。

 

つまり、「パートナーができない」というご相談です。

 

とても長い間、このご相談にはのってきましたし、パートナーがいないという方の深層心理に関しては、何度も書かせていただきました。

 

そこでいつも感じているのは、パートナーを作るということを、「傷つくのが恐い」という自己概念が邪魔していることが多い、ということです。

 

このタイプの人は、恋愛のプラス面よりも、恋愛のマイナス面に目がいってしまうことが多いようです。

 

同じようなタイプとしては、失恋したとき、その失恋を長く引きずってしまう人もいます。

 

失恋後、すぐに新しいボーイフレンドを探せる人もいるわけですが、引きずってしまう人の場合、やはり深層心理で、恋愛のネガティブな面ばかり見てしまうという傾向があるのです。

 

たとえば、『仲が悪い両親』というのはわかりやすい例でしょう。

 

いつもケンカしているのを見ていたとしたら、当然、「ああはなりたくないものだ」と思います。

 

ましてや、両親が離婚してしまったようなケースでは、「離婚なんて、ぜったいしたくない」と思うでしょう。

 

その気持ちがすごく強くなると、ぜったい離婚しない方法の一つとして、「結婚しなければ、離婚することもない」と深層心理はしばしば考えるのです。

 

結婚というものにネガティブなイメージをもつことによって、あえて結婚に興味を示さないようにしているケースは、実際、とても多く見られます。

 

同じように、失恋を引きずる人のなかには、あえて前の恋愛を引きずっているという場合もしばしばあります。

 

この前の失恋が、あまりにもつらかったので、また人をすごく好きになって、ふられてしまうようなことがあったら、「前の失恋の傷の上にさらなる深手を負ってしまう」、「自分のハートはもうつぶれてしまう」と感じているのです。

 

それで、心がつぶれてしまわないように、前の失恋を引きずって、新しく人を好きにならないように、新しい恋をしないようにと心が防衛しているのです。

 

こういうタイプの人の恋愛に関する深層心理には、「すごく人を好きになって、失恋すると、ものすごく傷つく」という定義ができています。

 

そのために、恋愛とはよいものではなく、「傷ついて苦しむものだ」という思い込みがあることが多いようです。

 

反対に、失恋しても、引きずらず、立ち直りの早い人は、「恋愛とは、彼とラブラブしたり、イチャイチャしたりするもの。男性というものは、いつだって私をいい気分にしてくれる存在」といった定義をもっていて、恋愛に対しても、プラスのイメージをたくさんもっています。

 

もちろん、あなたの未来がどうなるかは、だれにもわかりません。

 

でも、もし、あなたが、「愛する人と巡り会い、未来はとても素晴らしいものになる」とイメージできたとしたら、いま、「なんとしてもそのパートナーを見つけよう」とがんばれるわけです。

 

 

ところが、あなたがイメージをする未来が、「どうせ、結婚なんかしたところで・・・」というようなネガティブなものだと、いま、あなたの心がパートナーを探したりすることから遠ざかってしまうのです。

 

私の知り合いに、「恋愛とは自分で彼氏を見つけてするもので、お見合いや結婚紹介所に頼るなんて邪道だ!」という思い込みをもっている人がおりました。

 

いま、彼女は3人の子どもをもって、とても幸せな結婚生活を送っています。

 

しかしながら、当時はなかなか恋愛がうまくいかないタイプだったのです。

 

恋愛映画や恋愛ドラマがそうであるように、恋愛について、彼女がいちばんこだわっていたのは『出会いだったのです。彼女曰く、「運命的な出会いがないと、恋愛にいきつかない」。

 

つまり、運命的な出会いこそが、彼女にとって、いちばん大事なことだったのです。

 

ティーンエイジャーの女性たちの中にも、こういう考えをもっている人は意外と多いようです。

 

でも、実際にカップルになっている人たちに、「あなたたちの出会いは、運命的だったり、劇的だったりしましたか?」と聞くと、「ふつう」とか「べつに・・・」という回答が返ってくることが圧倒的に多いのです。

 

客観的に考えると、恋愛においていちばん大事なのは、出会いではなくて、その人である、ということがいえるわけです。

 

それなのに、あまりにも出会いにこだわってしまうと、その出会いの機会が制限されてしまい、なかなか相手に巡り会えないわけです。

 

この彼女が幸せな結婚に至るにあたって、いちばんのポイントになったのは、お見合いセンターに登録するということでした。

 

彼女はずっと、「こういうところに登録するのは、モテないやつばかりに違いない」と思い込んでいて、だからこそ、「こういうところに登録することは、私はモテない女だと認めるようなもの」とも考えていたわけです。

 

ところが、実際に登録してみて彼女が驚いたのは、「なんで、こんな人たちがここに登録しているの?」という男性たちとの出会いでした。

 

世の中には、彼女と同じように、カッコいいのに出会いの少ない男性もとてもたくさんいたのです。

 

もし、いま、あなたにパートナーがいらっしゃらないとしたら、出会いにはあまりこだわらないでくださいね。

 

どんな出会いであったとしても、「その人そのもの」にこだわっていただきたいと思います。