2018年(平成30年)8月の新月(朔)の時刻(日本中央標準時)
……8月11日(土)18時58分

▽次の満月(望) 2018年(平成30年)
……8月26日(日)20時56分

▽次の新月(朔)2018年(平成30年)
……9月10日(月)3時01分

朔弦望/平成30年(2018)(国立天文台)
(朔…新月/弦…上弦・下弦/望…満月)

二十四節気および雑節 /平成30年(2018)(国立天文台)

新月には財布など大事なものを使い始めたり、習い事を始めるのに適しています。
新月の日に、気に入った手帳やノートに願い事・目標・やりたいこと・欲しい物を手書きして、上弦の月、満月、下弦の月、次の新月など折々に読み返してみましょう。

----------
今年はペルセウス座流星群の活動が活発になる8月12日・13日前後が新月の時期で、月明かりに邪魔されずに流星の観察ができます。

ペルセウス座流星群2018 | 国立天文台(NAOJ)

《関連ページ》
満月に財布をふりふりして金運をよくする〔財布の月光浴〕@金魚宮

 

 

 

 

 

2018年(平成30年)6月の満月(望)の時刻(日本中央標準時)
……7月28日(土)5時20分

▽次の新月(朔) 2018年(平成30年)
……8月11日(土)18時58分

▽次の満月(望) 2018年(平成30年)
……8月26日(日)20時56分

◆<A href="http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/2018/rekiyou183.html" target="_blank">朔弦望/平成30年(2018)(国立天文台)</A>
(朔…新月/弦…上弦・下弦/望…満月)

朔弦望/平成30年(2018)(国立天文台)
(朔…新月/弦…上弦・下弦/望…満月)

二十四節気および雑節 /平成30年(2018)(国立天文台)

7月28日の明け方には日本の一部地域(西日本~)で皆既月食が見られます。
3時24分に月が欠け始め、4時30分に完全に欠けて皆既食となります。
本州では皆既月食が終わる前に月が沈んでしまいます。
月の近くで、大きく輝く火星を観測できます(火星が地球に最接近するのは7月31日)。

皆既月食(2018年7月28日) | 国立天文台(NAOJ)

台風12号が日本列島に近づいていて、
28日の午後には勢力を維持したまま関東地方に接近し、
東海地方から西日本に上陸する恐れがあります。
通常の台風の動きと異なり、東から西へ移動するので注意。

九州は皆既月食が見られそうですが、本州は雲に邪魔されるかも。

日本気象協会 tenki.jp【公式】 / 天気・地震・台風
天気情報で台風の動きを確認してください。


7月23日は二十四節気の「大暑」で、本当に異常な暑さでした。
8月7日は「立秋」で暦の上では秋となります。


《関連ページ》
満月に財布をふりふりして金運をよくする〔財布の月光浴〕@金魚宮

 

小型家電回収ボックスで気軽にリサイクル

テーマ:

古いスマホやバッテリーが消耗したポータブル音楽プレーヤーなどを、ホームセンターの黄色い小型家電回収ボックスに置いてきました。
中古ショップに売るのも面倒だけど、ゴミにするにもためらっていました。
お荷物だった小型家電を無料でリサイクルに回して、部屋も気持ちもちょっと片づきました。
また処分する小型家電を探しておきます。
ゲーム機、ハードディスクドライブ、デジカメ、電動歯ブラシ、電源アダプタ、ケーブルも回収してもらえるのがありがたい。


家庭に眠っている小型家電からリサイクルした金属で、2020東京オリンピック・パラリンピックの金・銀・銅メダルを作るプロジェクト「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)が主催。
2017年(平成29年)4月にプロジェクト開始。
2018年3月の時点で、全国の自治体の約7割を超える1,404自治体がこのプロジェクトに参加。

◇「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」について|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
https://tokyo2020.org/jp/games/medals/project/

小型家電の回収方法は
(1)市町村による回収
公共施設・商業施設等や各種イベント会場に市町村が設置する回収ボックスに入れていただく方法や、市町村が指定するごみステーションやクリーンセンター等で定期的に行われている回収に出す方法などがあります。回収品目、回収方法等は市町村によって異なります。

(2)宅配便による回収
小型家電リサイクル法に基づく認定事業者が宅配便により回収。

(3)NTTドコモによる回収
携帯電話、スマートフォン、タブレットについてはドコモショップでも回収しています。他社の携帯等でも回収可能です。

◇日本にしか、つくれないメダルを。都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト
http://www.toshi-kouzan.jp/

▽参加自治体・認定事業者 | 都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト
http://www.toshi-kouzan.jp/authority/index.html
「みんなのメダルプロジェクト」に参加している自治体が調べられます。
自治体名と「小型家電回収」でネット検索すれば回収方法がわかります。

「みんなのメダルプロジェクト」は、平成25年4月1日から始まった「使用済小型家電のリサイクル」よりも回収品目が多く、商業施設に置かれた小型家電回収ボックスに投函することで処分しやすくなりました。

◇小型家電リサイクル回収ポータルサイト
http://kogatakaden.env.go.jp/