『自分と家族の健康は、自前で築く』整体カウンセラーのブログ

オーダーメイドの8秒間体操で、しなやかな心と体を自分の手で ~ セルフ整体術・新宿天心会

NEW !
テーマ:
昨日、東海道新幹線の神奈川間区域で、
「ハサミを握った乗客が逮捕された」
という事件が、ニュースで流れました。
 
「何をやりたいか意味の分からない、頭のおかしな人」
と、2昔前なら言われる話ですね。
こんなことをTVで言ったら、今は放送事故でしょうが。

この時期に、こうした頭の配線がおかしくなった人の話を聞くと
「ああ、今年も春が終わるんだな」
と言う気がします。
 
春の深まりの順番。
これが、人間の体には、あります。
30年以上前のようには行かないのですが、
現代でも春の深まりと体の症状は、一致する時があります。
 
春特有の体の動きを、
頭の故障として、出してくる人がいます。
こうした人が現れると、春はもうすぐ終わりです。
 
あなたの街でも、危害は加えないけれども、おかしな人が出てくると思います。
最近は薬も入っているので、危害が加える人となって出てくることもあるので、
十分に気をつけて下さいね。

毎年春になれば、どこの国であってもこうした事件は出てくるものです。
薬がそこに入ってくると、これが倍加されるので、
薬の時代はますます厄介だなとは思います。

防犯上と言うことであれば、しっかり気をつけて下さい。
健康上と言うことであれば、しっかりと春の体操をして下さい。
今年から私の所では春の体操は、
2つをセットにしてお伝えしています。
この上で、呼吸器系の体操をしていただければ、と思います。



そういえば、
「毎年この時期には、花粉症に悩まされていた」
と言う会員さんがいました。

年齢は私より上だと思います。
高校生の頃からそうだったとの事ですが、
その当時は花粉症という言葉がなかったとの事でした。
 
「大人になってから、花粉症という症状をニュースで知り、
自分の高校時代を思い出して、花粉症であったことを知った」
と先日言われていました。
 
その高校生時代以来からずっと毎年悩まされていた花粉症。
それが、
「今年は出ない!」
と言うことでした。
 
通ってまだ1年経つか経たないか位ですよね。
すごい成果だと思います。
 
この方は、非常に体操が熱心です。
体操を熱心で真面目にやっていただくと、
こうしたことも、さほど不思議では無いです。
とても心意気が素晴らしい方だと、改めて感心しました。
 
春、いつもと同じように悲喜こもごもですね。
あなた様におかれましては、快活に乗り切って下さい。
 
 
(感謝)

 

セルフ整体道場・新宿天心会 吉田直樹 拝
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
件名の頭には見分けるために、「●」をつけて送信して下さいね。
メール送信前に、一度こちらをご覧下さい http://goo.gl/aGZkx7
アメブロ・友達・操法などの申請の前は、こちらを → http://goo.gl/MOg36d
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
Mail : tensin7kouda@gmail.com
HP : http://www.tensindou.info/
 

テーマ:

(つづき)

 

これまで、

・胎児・赤ん坊の変化と、それに応じた女性の体と心の変化。

・親密度の本当の意味。

・被害者意識など動物的感覚のリスク。

・男と女での、性エネルギーの昇華の違い。

・男と女の、生々しい本音。

などをお伝えしてきました。

 

当てはまるのは、6割程度の方のみですが、

可能性を知っているのと知らないのとでは、

対策・対応に雲泥の差が出ます。

参考になる所だけ、参考にして下さいね。

 

 

 

私がブログを書く場合。

これは大抵の場合は、

自分の会員さんに向けての内容です。

今回も、夫婦間のことで困っている方がいらしたので、

書いたのが始まりです。
操法時間を使って、

こうした話を長々とする事はできないですからね。

(本来なら、各回ワークなどを入れて、

各2時間で24時間分くらいのセミナーができます)

 

これにプラスして、
公共性があると判断した場合は、

その一部をブログにしています。

 

 

 

この性の問題というのは、

 

語ることが、実に危険です。

私も人を選んでしています。

当然、このブログでは当たり障りが薄いものを、

選んで掲載しています。

 

前に伝えた通り、

性は、人間の本能に直接つながる問題であるために、

語る人がいくら工夫して話をしても、

受け取る人の状態で、大きく変わってしまうからです。

一足飛びに、誤解曲解がある話題です。

 

本能に近い問題であるので、過去に恥や罪悪感などの傷を持っている人には、

伝わらないからです。

そうした人は、性の話題になると、一気にIQが大きく大きく下がるからです。

これに社会的立場や、学歴、知識レベルは、一切関係ありません。

性のことは、コンプレックスや恨み嫉妬などが容易に邪魔して、

語った内容が伝わらなくなるのです。

 

なので、
本当に性のことを理解してもらおうと思ったら、
過去の傷をワークして、解消していく必要があります。
過去の傷や、受け入れることに至った外から来た倫理観や価値観に対してです。
 
これができないと、
その人は生涯、性の本質に迫ることができずに、
死んでいくことになります。
別にそれでも、命に関わることではないので、
放置していても良いには、良いのですが。
誰か他人の人生を生きている心地には、なると思います。
 
 
 
あくまで今回のシリーズで示した事は、
ガイドラインにしか過ぎません。
本当はこうしたルール的なもの、
ガイドライン的なものは、要らないのです。
だけど、ワークができない立場においては、
ガイドラインしかないので、こうしたガイドラインをお伝えしました。
 
ワークをやるなら、ディマティーニ・メソッド、バリューファクター、
そして呼吸器を上げる体操や、骨盤を上げる体操が、入ってきます。
 
これらができていれば、いちいちこんなシリーズなど読まなくても、
正々堂々やっていけると言うことです。
かけがえのないパートナーと家族と、
楽しく人生を過ごせる可能性が、格段に高まると言うことです。
 
性の問題は、性自体に何か問題があるのではないのです。
性の問題に取り組む人や、性にまつわる話を聞く人における、
動物的、獣欲的、本能的な衝動を引き起こす傷や心のわだかまりを、
解消することが最も肝要です。
 
今回の話で、腑に落ちない人は、
是非、ディマティーニ・メソッド、バリューファクターなどを
受けるようにして下さい。
大きく人生が変わるからです。
 
 
 
最後のまとめですね。
 

男性・ご主人は、

女性・奥様の妊娠中と産後のケアは十分にしておいて下さい。

こればかりは、くれぐれも頼みます。

ここで、恩を売っておくぐらいのつもりで良いです。

 

夫婦生活は、

お互いを知る、育て合うための生活です。

間違っても、幸せにしてもらうためのものではないのです。

そして、最初から完璧な人は、いません。

生活を送っていく中で、自分らしく成長して、行くものだからです。

 

同様にして、結婚とはゴールのことではありません。

結婚とはスタートであり、チャレンジであると思われます。

お互いがより一人前の人格、

そして一人前の社会人、人間となるためのキッカケです。

 

ここゴールだと思っていると、

搾取された、騙されたと言う感覚になります。

最高の伴走者を前にしてね。

 

そうではないことに、いち早く気が付いた方がいいです。

家族とは、お互いの人生を預かりながら

成長し合うもの、はぐくみ合うものだと思った方が、

何かと好都合のような気がしています。

 

体操や、ディマティーニ・メソッド、バリューファクターは、

この理解と実践のための近道になりますので、

それらを利用して、より自分達らしい関係を築いて下さいね。

 

 

 

30代前半までだと、

性の力が、男女ともにまだ盛んです。

 

このために夫婦間が、喧嘩ばかりになることもあります。

本能が、獣欲思考が、根本にあるからです。

 

物事は柔軟に考えて、本能の虜にならないことが大切です。

相手と上手くやって行きたい、

自分と我が子の将来を考えるならね。

 

こうした本能剥き出しにしている人。

こうした人は、前にも話したように、

動物とほぼほぼ同じ、と言うことになります。

 

そうなると、多くの動物がそうであるように、、

どんなに頑張っても、そのつがい(結婚生活)は、

3年ぐらいしか結婚生活が続かないと言うことになります。

3年では、子供は育ちません。

 

もし3年以上続けたい、人間としての結婚生活を続けたいならば、

本能だけに任したやり方は、間違いだということに気がついて下さい。

本能だけでは、一人前社会人としては、

社会生活を営めないですよね?

夫婦生活も本能だけでは、100%無理だということが言えます。

 

「人間として知恵や、頭を十分に働かせる必要が、

人間の生活・人生においては、ある」

という事を、腑に落としてもらいたいと思います。

自覚して、もらいたいと思います。

この方が、本当に楽だからです。

 

 

 

出産を挟んだ、2年分は、

男も女もお互いに大変だし、大事な時期です。

決して甘くない。

お爺さん、お婆さんも、是非協力して下さい。

一族全員参加した方がいい、大事です。

 

この期間、お互いをはぐくみ合う期間となるのであれば、

それこそ3年を超えた結婚生活が約束されます。

 

しかし、ここで取り返しのつかない誤解や、

失敗が生まれることがよくよくあります。

そうなると女は、男徹底的に馬鹿にし始めますし、

男は、家庭を振り返れなくなることも、よくあります。

そして子供に毒され、家庭が崩壊するに至ります。

 

 本能に生きる人の、動物脳の人に共通する言葉があります。

「悪いのはアイツ」

「アイツのせいだ」

です。

家庭の主人公を、放棄した言葉ですね。

愚かなままでいると、愚かな結果がやってきます。

 

知恵をつけて下さい。

相手(妻、夫)は、自分の映し鏡に過ぎません。

相手のセイではなく、自分のセイ以外、あり得ないのです。

 

何か望むものがあるなら、その望んだ結果が得られるまで、

やり方を徹底して工夫し続けて下さい。

そして、相手を慈しめるようになって下さい。

そうなった分、充実感ある生活が育まれるからです。

 

あなたのため、みんなのために、

何卒よろしくお願いしますよ。

 

 

 

男を理解し、女を理解し、性欲をうまくマネジメントする。

 

このことは

この人間の身体、人間の一生を続けるならば、

家庭生活を送るならば、

必要不可欠な項目です。

お互い心して、取り掛かってください。

 

動物性があるのが、私達の身体です。

しかし、同時に動物とは違った、神聖性がしっかりあるのも、

私達の体です。
私達の体の特徴の、1部です

 

私達は、

「好きー嫌い、快楽ー苦痛」の間を行き来して

生きているだけの存在では無いのです。

それ以上の充実感というものを目指して、生きている存在です。

 

その間にいただけでは、解決できない問題が人間には、

ゴマンとあります。

そうした動物の世界から抜け出した生活を望む方には、
上の段階が必要となります。
そのために、今回のシリーズをお送りしました。

 

結婚生活は、子育て、男と女、実家、経済、勤め、老いなどなどの課題。

これらが次々と、入ってくるものですからね。

しっかりこなしてもらいたいと思います。

 

体を高め、心を高め、魂レベルの生活を実現する手伝いをしたいと思って、

私はこの会を神楽坂で開いています。

 

今回の記事がそのための、参考になったり、

人間楽理解、相互理解の参考になれば、心より嬉しく思います。

 

 

 (夫婦の、産後13ヶ月間   完)

(感謝)

 

セルフ整体道場・新宿天心会 吉田直樹 拝
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
件名の頭には見分けるために、「●」をつけて送信して下さいね。
メール送信前に、一度こちらをご覧下さい http://goo.gl/aGZkx7
アメブロ・友達・操法などの申請の前は、こちらを → http://goo.gl/MOg36d
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
Mail : tensin7kouda@gmail.com
HP : http://www.tensindou.info/


テーマ:
池江璃花子選手の白血病の話を、
つい先日知りました。

金メダル最有力候補とは言え、
まだ18歳のお嬢さんだそうですね。
水泳選手の選手寿命が20代前半とはいえ、若いです。
 
世間的には、健康の象徴であるスポーツ選手、そして10代と言う若さ。
その人を突然襲った、悲劇とされる話。

こうなると、日の浅い会員さんが私に相談するようになります。
「健康って、何なんでしょうね?」などと。
会員歴が長い人は、疑問にも思わないのですが。
ここで改めて、整体の健康観に関して、
池江璃花子さんを題材に説いておきましょう。
 

先に書いておきますが、池江璃花子さんのメンタルのケアは、

早急にそれなりの専門家が、しておかなければなりません。
彼女の周りには、彼女が接してきた人、彼女が歩んできた人生は、
オリンピック、競技人生が何よりも素晴らしいという

偏った価値観で固まってる可能性があるからです。
そこに逆行する運命を、仮にでも歩んでいるので、
若い彼女には助けが、絶対的に必要です。
若い彼女1人では、無理なはずです。
早急なサポートをしてあげて下さい。

 

何もしないと、病状が悪化するか、
うまく切り抜けられたとしても、復活するのに何十年もかかることになります。

 

これを切にお願いすると同時に、

解説を書いておきたいと思います。

 

 

 
今回の事は、改めて若さやスポーツが、
直接は健康とは関係がないことの1つの証拠でもありますね。
 
まして、オリンピック選手等となると、
色々なサプリメントを処方されているはずです。
このために、
潜在体力をガリガリと削られている可能性が高いのです。
また、水泳というのはプロ程にやると、
肺にかかる負担が、他のものより特に大きいスポーツです。
下手に無理すると、体だけでなく、
心まで病んでしまうこともあるので要注意です。
 
なので、
世間一般の人が考えるように、池江璃花子選手を
『体力のある若い人』
とは、私の立場からすると、到底見られないです。
むしろ、逆の位置にいる人とさえ、
彼女のことを見てしまいます。
ある点、同意の下とは言え、可哀想です。
 
病を予防したり治すのは、潜在体力です。
泳いだり、跳んだり、走るのは、顕在体力。
顕在体力は、健康とは関係がありません。
彼女は、潜在体力を(一時的に)削られてしまった人だからです。
 
 
 
それで、
そんな彼女は、どんな体の動きをしているのかと、
うごきの研究家としては、気になります。
 
彼女のYouTubeを見てみました。
すると案外、背骨が固いですね。
特に、年不相応に腰が固い。
大病をしても、おかしくはないですね。

しかし、さすがトップアスリートだけあって、
腰椎3番、4番、5番あたりは柔らかいです。
でも、下部胸椎そして腰椎1番、2番は、
あまり柔らかくないです。
年不相応に、硬い様子があります。
 
高地トレーニングもされているという事だったので、
また彼女なりの頑張り過ぎる心が、今回は悪い方向に作用したのでしょう。
トリプルパンチ、カルテットパンチ位の合わさった負担が、
彼女の健康を襲ったのだと思われます。
 
 
 
白血病となると、
胸椎7番、8番がポイントとなります。
 
写真などで、彼女の後ろ姿を見て下さい。
水着姿なので、分かりやすいですが、
とても横幅の広い肩をしています。
さすが一流選手だけあって、骨盤も大きいですが、
それにしても肩は広い。
ややもすると、逆三角形の体型といえます。
 
水泳選手の宿命で、彼女もそうであるように、
広すぎる肩幅があります。
これは良くない体です。
これが結果的に、胸椎7番、8番、
下部胸椎に来たのだと思われます。
 
これらの弾力が取り戻ってくれば、
白血病は放っておいても治ると思われます。
取り戻らなければ、白血病は消えても、
何か別のものを出す可能性があります。
少なくともその可能性が、捨てきれません。

 
 
若い人の白血病と言われると、
恩師の所に来た20歳過ぎの大学生を、思い出します。

この方は、医学部の学生でした。
ある日、風邪っぽいとのことで、病院へ。
そして、20歳そこそこで白血病の診断が、下されました。

「そんなはずは、ない!」
と思って、セカンドオピニオンを始め、第6オピニオンまで、
行ったそうです。

しかし、どこであっても、
「白血病」
の診断は変わらず、
「余命半年から1年」
という診断も変わらなかったということでした。

お金はないし、死にたくもない
死にたくもないが、お金もない…。
ということで、恩師の所にやってきたそうです。
 
恩師に、直接会って、
「お金がないから操法を、安く受けさせてくれ」
と頼み込んだそうですが、恩師は
「悪いが、操法は神聖なものと思っている。
それを安く提供することは、できない。
だけど、体操なら、タダで教えてあげよう」
と言ったそうです。

もちろん、恩師は人の命を何よりも大事にしているし、
お金が目当ての人ではないので、
彼の状態を観て「大丈夫だ」と判断して、
このように言ったのでしょう。
 
その彼に教えたのは、
肋骨の体操と、椎骨の体操でした。
 


それこそ、決死の思いで、毎日何回も
彼はこの体操したそうです。

果たして半年後、彼は生きていました。
 
そして、1年か2年経った後に、
彼は不思議に思い、再度病院を訪れたといいます。

そこで下りた診断は、
「白血病?  そんな状態ではないですね」

次にセカンドオピニオンとして診てもらった病院では、
「白血病と言われたのならば、そうだったのでしょうが、
現在はその状態も、その痕跡もありません」
とのことでした。

椎骨の体操が、とても効いたのでしょう。
 
今現在40後半を過ぎていますが、
今でも職場で活躍しているとの事でした。



白血病と聞くと、彼の話を思い出します。
万人に適応できる話とは、保証しませんけどね。

若い人がなぜ突然に、
白血病という大病になるのかは、分かりません。
しかし、こうした突破的、爆発的な癌には、
特徴があります。
それは、
「身体における要因と、外的な心的ストレスが合わさると起きる」
という特徴です。

池江璃花子選手にも、何か心的ストレスが、急速にあったのでしょう。
 
 


彼女がどういう治療を今後に選択するのかは、分かりません。
彼女にとって未練が残らないような形で、
治療方針含め、進路を決めて行って頂きたいと思います。

10代の早い時期から注目され、
難事をそつなくこなしてきた彼女です。
色々な意味でも優秀であった。
 
私はこれが悲劇だとは思いませんが、1面は悲劇です。
もちろん1面は、最高の運気の時であるとも言えます。
どちらにしろ、彼女がこのチャンスを活かして、
自分自身を最高に活かし抜いて欲しいと思います。
 
1人の人間として、彼女の健康
そして人生の充実を、祈っています。
 
 
(感謝)

 

セルフ整体道場・新宿天心会 吉田直樹 拝
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
件名の頭には見分けるために、「●」をつけて送信して下さいね。
メール送信前に、一度こちらをご覧下さい http://goo.gl/aGZkx7
アメブロ・友達・操法などの申請の前は、こちらを → http://goo.gl/MOg36d
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
Mail : tensin7kouda@gmail.com
HP : http://www.tensindou.info/