他院修正に「二重全切開+α」(9M) | 聖心美容クリニック 前多 一彦 Blog

聖心美容クリニック 前多 一彦 Blog

ブログの説明を入力します。


テーマ:
今日は、他院切開後の修正例。

以前、他院で部分切開法を受けています。


二重全切開+α法」(Ver.3)で修正しました。

前回、3ヶ月後の経過までご紹介。


10代女性 術前  メイクなし
術前
術後9ヶ月(一昨日) メイクあり


まつ毛が上を向き、メイクも映えます。

目の開きも、格段に良くなっています。


逆に、眉毛が下がりタルミが増すことで、

二重の中央部が、平坦で狭く見えます。


もし、これを改善したい場合は?

皮フ切除や、「眉下リフト」が必要となります。


10代女性 術前  メイクなし
術前上方視
術後9ヶ月(一昨日) メイクあり


下垂の評価に、不可欠な「上方視」

開きの改善が、分かります。


傷あとも、赤みが分からなくなり、

中央メインの、陥凹変形は改善しています。


術後9ヶ月(一昨日) メイクあり



ただ、今回ご来院された理由は?

「反対側の二重が、浅くなってきた」


目の開きは、左右差なく問題ありませんが、

確かに、浅くなり二重幅が広く見えます。


正直、傷の綺麗さを追求するほど、

ある一定の割合で、二重が浅くなります。
言い訳のように聞こえますが、事実です


「全切開をしたら、二重は戻らない」

私は、そういう説明は決してしません。


この患者様にも、近々修正術をお願いしました。

状況によっては、このように修正が必要となります。
他院術後では、さらに難易度が上がります


術後の経過観察は、とても重要であり、

私が、経過の診れないオペはしない理由です。


【術式の概要】
内容は眼瞼下垂手術、内部処理には吸収糸を使用。
必要に応じて、埋没糸抜糸、脱脂&脂肪移動、タルミ取り。

【リスク・副作用】
術後の腫れ、痛み、内出血、目の開き&二重の左右左、傷痕、
二重の消失、シスト、ドライアイ、視力の変化、眼瞼痙攣。

【手術費用】
札幌院独自メニュー 38万円(税別)



↓できればクリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村


美容外科ランキング

前多 一彦さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります