♪Green House In Malaysia♪

2010年11月から2017年8月末までの、マレーシア生活の記録です。
7年間の駐在を終え、2017年9月に本帰国いたしました。

ご訪問ありがとうございます。


2017年9月半ばに、日本に本帰国いたしました。
帰国後は更新致しておりませんので、情報が古くなっておりますが
何卒ご了承下さい。

メールはこちらにお願いします。
seira758★yahoo.co.jp(★マークを@に変えて下さい )

お料理レシピは、こちらで公開中!

 http://seira758.exblog.jp/                                       

 http://cookpad.com/kitchen/63386


テーマ:

皆様、お久しぶりです。

 

9月に本帰国してから約一ヶ月、横浜での暮らしもようやく落ち着き始めました。

といっても、船便が届くのはこれからなんですけどね。

 

私たちが帰国して真っ先に取り掛かったのは、ワンコのお迎え準備。

自分たちのものは後回しにしながらもワンコグッズを買い集め、急ぎ環境を整

えて、10月8日にパピヨンの「ミント」を我が家の一員に迎えました。

ということで、予定通りワンコブログも開設!

ブログのタイトルは、「Mint Green House」 http://blog.livedoor.jp/seira310/

今回はアメブロではなく、以前にも使っていたLivedoor Blogにお世話になること

にしました。

 

ミントが来てまだ3日目とあって、あまりネタはありませんが、これからぼちぼち

続けていけたらなぁと思っています。

 

ワンコに興味のある皆様、これからどうぞよろしくお願いします。

 


にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ひとりごと」 の記事

テーマ:

 

マレーシアでの駐在生活も、間もなく終了。

今はマレーシアのリゾート地にて、最後の休暇を過ごしています。

 

長いようで過ぎてみれば、あっという間の7年間。

振り返ってみると、色々な思い出が走馬灯のようによみがえります。

 

語学力のない私は、来馬当時は何かとわからない事が多く、今思い出しても恥

ずかしくなるような失敗ばかり…。

こんな調子で今後暮らしていけるものかと、不安になったこともありました。

 

そんなマレーシア生活の中で、常に私の心の支えとなってくれていたのが、この

ブログ。

もとは自分の備忘録と、日本に住む家族や友人への近況報告として始めたもの

ですが、続けているうちに次第に多くのアクセスを頂くようになり、日々の更新の

励みとなりました。

皆様、本当にありがとうございました。

 

このブログを通じて、多くの方たちとの出会いにも恵まれ、またあまりお受けす

ることは出来なかったものの、イベントへのお誘いや執筆依頼、TV番組への情

報提供など、思いがけない機会を得たことも、嬉しい出来事でした。

 

結局のところ、英語もマレー語も全く上達しませんでしたが、こうした多くの出会

いと経験の中で、言葉を補うコミュニケーション能力と度胸を身に付けられたこ

とが、私のマレーシア生活での何よりの財産だと思っています。

 

今後情報が古くなって、検索などでご迷惑をおかけするかもしれませんが、この

ブログは私のマレーシア生活の記念として、このまま残しておきたいと思います。

 

全記事数 1547 全日数 2487 更新頻度 週平均4.3日

突撃!うちの晩ご飯 586 食べ歩き 353 増えた体重 5Kg

 

「Green House In Malaysia」、これにて終了です。

7年間、どうもありがとうございました。

Selamat Tinggal!

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

マレーシアでの外ご飯いろいろ、ファイナルです。

これまでの7年間、美味しいものを色々頂けて、本当に幸せでした。

 

The Beato Dry Aged Steakhouse

我が家の行きつけのステーキハウス、「The Beato Dry Aged Steakhouse」。

何度も通っているうちに、スタッフの方ともすっかり顔見知りになったので、お別

れのご挨拶がてら、食べに行ってきました。

それにしてもここのステーキは、本当に美味しかったなぁ~。

日本でも、こんなお気に入りのお店が見つかるといいんだけど…。

 

Las Vacas

こちらはMont Kiaraのステーキ屋さん、「Las Vacas」。

習い事をしていた頃には、時々ランチに行っていたのですが、近頃はずいぶん

ご無沙汰になってしまいました。

ワインが一種類しかなかったのがちょっと残念でしたが、ステーキ自体は変わ

らず美味しかったです。

 

Rendez-Vous

お友だちご夫婦にお誘い頂いて、カジュアルフレンチの「Rendez-Vous」へ。

情報誌で見て以来、ちょっと気になっていたお店だけに、最後に行くことができ

て良かったです。

お友だちのご主人チョイスのお料理は、どれも美味しくて大満足。

特に日頃はあまり食べないラムの美味しさには、思わずびっくりです。

マレーシアで、こうしてたくさんの素敵なお友だちに出会えたことは、本当に幸

せでした。

 

Malta's Kitchen

日本から遊びに来ていたお友だちご夫婦をお誘いして、Desa Sri Hatarmasの

スパニッシュレストラン、「Malta's Kitchen」へ。

この日は4人だったのですが、2人用のタパスセットに2品ほどプラスしてみたと

ころ、ちょうどいいボリュームでした。

程よいお腹具合で味わった熱々のチェロスは、評判通りとっても美味しかった

です。

 

Samira by Asian Terrace

部下ご夫婦にお誘い頂き、Sentul Parkの中にあるタイレストラン、「Samira by

Asian Terrace」にて、少し早目の送別会。

緑に囲まれた開放的な雰囲気の中、とてもリラックスして食事を楽しむことが出

来ました。

そういえばこの「Asian Terrace」と言うお店は、私たちが来た当初にはSolarisに

あったような…。

最後に懐かしいお店の味に出会えて、嬉しかったです。

 

Mr Lim

夫の会社の方とご一緒して、お気に入りのコリアンレストラン「Mr Lim」へ。

大好物のポッサムの他、牛タン焼き、プルコギなどを頂きました。

ポットに入っているのは、カットレモンがたっぷり入った韓国焼酎。

程よい酸味と甘みでとても美味しかったのですが、その分ついつい飲み過ぎて、

すっかり酔っ払ってしまった私でした。

 

鼎泰豐

マレーシアにいるうちに、ぜひ食べに行っておきたかったのが、この「鼎泰豐」。

日本にも店舗があるのですが、値段を比べてみるとかなり差があるんですよね。

お気に入りのメニューをしっかり食べ収めして、しばらく我慢かな~。

 

Canton-i

休日のブランチにお粥を食べようと、Dragon-i系列の「Canton-i」へ。

「小籠包ならDragon-i」派の私としては、ぜひ小籠包も食べておきたかったので

すが、こちらのメニューにはないようで、ちょっと残念でした。

 

蓬莱

少し早めの晩ご飯で、Gardens Mallにある台湾レストラン、「蓬莱」へ。

お鍋のコースにしようかとも思ったのですが、まだそれほどお腹が空いていな

かったので、おつまみがてら単品料理を頼むことにしました。

でもこうしてみると、かなり色々食べてますね~。

 

水餃大王

前回食べた「水煮肉片」の味が忘れられずに、またまた「水餃大王」へ。

さすがにこの量を二人では食べきれなかったので、半分ほどお持ち帰り。

後ほど温めなおして春雨を加えてみたところ、これまたとても美味しかったです。

すっかりはまってしまったので、日本に帰ったら中華街にでも行って、この料理

を探してみようかな~。

 

迎客楼

すごく美味しい~!というわけではないのですが、なぜか時々食べたくなって

しまう、客家料理の「るい茶(擂茶)」。

色々な野菜などの薬味を乗せたご飯に、ハーブたっぷりのスープを掛けて頂く、

お茶漬けのようなお料理です。

さすがにこれは日本のお店では食べられそうにないので、最後に味わえて満

足でした。

 

以上、マレーシアで美味しいものいろいろ、ごちそう様でした。

 

♪Green House In Malaysia♪

 

本帰国に伴い、ブログ村のクアラルンプール&マレーシアカテゴリーから撤退

いたしました。

今まで応援のクリック、ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本帰国の引っ越し準備が忙しく、ブログの更新がすっかりおろそかになってし

まいました。

やはり長く暮らしていると、いつの間にか物が増えていて、断捨離に苦労しま

すね。

 

書きたいことは色々あったのですが、もうあまり日がないので、ひとまず備忘

録として、6月に行ったサムイ島(コサムイ)の旅行記をアップします。

写真が多めなので、今回も3つに分けて逆の順番でアップしていきますね。

 

♪Green House In Malaysia♪

 

タイ湾に浮かぶ島の中で、第3の規模を誇るサムイ島。

かつては、欧米のバックパッカーなどに人気の島でしたが、今ではプーケットに

次ぐ一大ビーチリゾートとして、その名を知られています。

 

KLIAからサムイ国際空港へは、およそ1時間半ほどのフライト。

航空会社はBangkok Airwaysなので、Expediaを使って航空券を手配しました。

 

LCCではないので、この短時間のフライトながらも、飲み物(アルコールあり)と、

機内食のサービスがあります。

そのためかなり慌ただしく、食べたと思ったらあっという間の到着でした。

 

サムイ島は別名ココナッツアイランドと呼ばれるように、島の大部分をヤシの木

で覆われているため、その景観を損なわぬよう、島内のすべての建物はヤシ

の木の高さを基準として、自然に溶け込むように建てられているのだとか。

 

そのため空港施設なども、すべて開放感のある木造の平屋建て。

何とも南国感溢れる空港に、到着早々リゾート気分が盛り上がります。

 

今回私たちが宿泊したホテルは、空港から程近いチャウエンビーチに位置する

「Amari Koh Samui」。

1年休業してのフルリノベーションを終えて、今年4月に再オープンしたばかりと

いう、真新しくてとても綺麗なホテルです。

Amari Koh Samui

住所 14/3 Chaweng Beach, Samui 84320

電話 +66 (0) 7730 0306-9

 

11時前の到着とあって、お部屋の準備ができるまでに少し時間がかかるという

ことで、まずはプールサイドのバーにて、寛ぎタイム。

シーフードのタイ風春雨サラダをつまみにして、この旅1杯目のシンハビールで

乾杯です。

 

ホテルはオンザビーチとなっていて、目の前に広がる美しい海。

でも遠浅過ぎるせいか、浅瀬には水草が生えていて、泳ぐのにはあまり適さな

い感じかな?

 

1時間ほどで準備が整い、いざお部屋へ。

このホテルの客室は、今回私たちが宿泊したビーチエリアと、道路を挟んで向

かい側にあるガーデンエリアの、二つに分かれていました。

 

室内はブルーを基調とした爽やかなインテリアで、テレビ側の真っ青な壁が印

象的。

リゾート感のあるナチュラルな雰囲気で、とても居心地のいい空間です。

 

私たちが泊まったのは、「Grand Deluxe Ocean View」の2階のお部屋だったの

ですが、実際のところ海はプールの奥に見える程度。

それでもベランダから、海やプールを見渡せるのは、とても気持ちが良かった

です。

 

広々としていて、清潔感のあるバスルーム。

でも日頃からお風呂派の私としては、シャワーのみでバスタブがなかったのが、

ちょっと残念かな。

 

ウェルカムフルーツの他、可愛らしいマカロンやココナッツをまぶしたマシュマ

ロなど。

カプセルコーヒーメーカーや、TWGの紅茶があったのも嬉しかったです。

 

荷物の整理が済んだところで、ぶらりと街歩きへ。

そろそろお腹も減って来たので、通りで見かけたレストランバー、「Tarminal D」

にて、腹ごしらえです。

Terminal D Restaurant & Wine Bar

住所 Chaweng, Bophut, Ko Samui, Thailand

電話 +66 77 413 265

 

食事もなかなかでしたが、暑い中を歩いてきたので、冷え冷えのフローズンカ

クテルが、何とも美味!

一気に飲み干してのお代わりが早すぎて、店員さんにちょっとびっくりされてし

まった私でした。

 

さらに道を歩いていくと、「ハードロックカフェ」を発見。

せっかくなので、お土産代わりにショップでTシャツを買ってみました。

Hard Rock Cafe Koh Samui

住所 Chaweng Beach Road, 168/59 Moo.2, T. Bo Phut A., Koh Samui,

電話 +66 77 901 208

 

そろそろ引き返すことにしたものの、ホテルまで戻るにも結構距離があるので、

燃料補給?のために、バーで一杯。

綺麗な色の爽やかなカクテルを飲んで、パワー復活です。

 

この日のディナーは、道すがら予約しておいた、「サムイ・シーフード・グリル&

レストラン」。

何でもこちらは、創業20年以上を誇る老舗で、サムイ島で最も古いシーフード

レストランなのだとか。

Samui Seafood Grill & Restaurant

住所 13/11 Moo 2, Chaweng Beach 

電話 +66 77 429 700

 

熱帯雨林をイメージしているという店内は、開放感があってなかなかおしゃれ

な雰囲気。

新鮮なシーフードを使ったお料理の数々は、どれも美味しくて大満足です。

ロブスターも頼んでみましたが、思ったよりもリーズナブルだったので良かった

です。

 

食事の後は、ニューハーフショーが楽しめる、「Starz Cabaret」へ。

ショーは、8:30pm、9:30pm、10:30pmからの3ステージ。

入場料はありませんが、一人1ドリンクのオーダーが必須です。

Starz Cabaret

住所 156/22 Moo 2 Chaweng Beach Road, Khun Chaweng Resort, Chaweng,

電話 +66 84 744 9074

 

こじんまりとしたステージで繰り広げられるのは、ニューハーフの皆さんによる

40分ほどの歌(口パク)やダンスのショー。

プーケットなどに比べると、お店の規模も小さく、お姉様方の年齢層もかなり高

めで、ビジュアル的には?な方も多いのですが、それもまたユニークで、ショー

は大いに盛り上がりました。

ちなみに一緒に写真撮影をする際には、チップを求められます。

 

街での移動は、ソンテウと呼ばれるピックアップトラックが便利。

プーケットで一般的なトゥクトゥクに似ていますが、こちらは基本的に乗り合い

になるようです。

ただししっかり値段を確認しないと、ぼったくられることもあるようなので、ご注

意下さいね。

 

サムイ島(コサムイ)旅行記(2017年6月)~その2に続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こちらは、ホテルの朝食会場です。

洋食、中華、タイ料理の他に、カレー、お粥、ヌードル類、少しですが日本の巻

き寿司などもあって、とっても品数豊富。

朝食に限って言えば、今までに泊まったホテルの中でも、かなりレベルが高い

んじゃないかな?

 

この日はホテルでレンタルバイクを借りて、ツーリングへ。

夫は国際免許&バイクの免許もありますが、基本的には全くノーチェックのよう

です。

とはいえ私は、長らく自転車にも乗っていないので、下の写真はポーズだけ~。

 

ツーリングのついでに、あちこちのお店に立ち寄ってショッピング。

アウトレット店やショッピングモールを見て回ったり、ちょこちょこお店に入っては、

お洋服や天然石のアクセサリーなどを購入しました。

何といっても、バイクは駐車に困らないのがいいですよね。

Iyara Shooping Plaza

 

Central Festival

 

Saona Collection

 

Nature Art Gallery

 

ちょうどお昼になったので、セントラルフェスティバル向かいの「Will Wait」にて、

ランチタイム。

後でガイドブックを見たところ、こちらは昔からバックパッカーが集うお店として、

有名なのだとか。

Will Wait Restaurant

住所 200/1 Moo2,Chaweng Beach Tambon Bo Put,

電話 +077231152

 

ドライバーの夫には申し訳ないのですが、私は冷たいビールをググ~!

タイに来たからには一度は食べておきかった、パイナップルフライドライスも頂

いて、大満足です。

 

この日のディナーは、宿泊していたホテルのレストラン、「Prego」にて。

こちらはサムイでは名の知られた、イタリアンの名店なのだそうです。

Prego

住所 14/3 Moo2,Chaweng Beach Tambon Bo Put,

電話 +66 77 300 317

 

店内は、手前がオープンエアで、奥はガラスで仕切られたエアコンルーム。

事前に予約していた私たちは、エアコンルームに案内されました。

 

こちらの看板メニューは、薪窯で焼いた本格ピザということで、早速オーダー。

たっぷりのチーズにパリっとした薄めの生地が香ばしく、人気があるのもうなず

けます。

どのお料理もシンプルながらもクオリティが高くて、とても満足することができま

した。

 

ゆっくりと食事を楽しんだ後は、湖を挟んだエリアにある「Samui International

Muay Thai Stadium」にて、ムエタイ観戦。

ホテルのレセプションにてチケットを手配してもらったところ、行きのみタクシー

でのお迎え付きでした。

帰りはどうしよう?と思っていたのですが、送ってくれたドライバーさんが、試合

終了まで待っていてくれたので、別料金にて送ってもらいました。

Samui International Muay Thai Stadium

住所 3/4 Moo 2,ophut Chaweng,Koh Samui ,

電話 +66 (0)9 9464 2978

時間 Thursdays and Sundays . Fights starts at 9pm til late

 

リングサイドで見る生のムエタイは、キックやパンチの当たる音が響き、かなり

の大迫力。

いきなりKOされてしまう人もいて、ちょっと心配になってしまったり。

見ているうちに私もだんだんエキサイトしてきて、いつしか大声で声援を送って

いました。

でも日本語だったので、選手の方たちには伝わらなかっただろうな~。

 

サムイ島(コサムイ)旅行記(2017年6月)~その3に続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この日のランチは、インド料理の「Noori India」へ。

どうした訳なのか私は旅行に行くと、無性にカレーが食べたくなってしまうんで

すよね。

Noori India

住所 17/1 Moo2,Chaweng Beach Tambon Bo Put,

電話 077 300 757

 

島内に2店舗を持つ人気のお店と言うだけあって、お味の方もバッチリ。

特に熱々の鉄板で出されるタンドリーチキンは、ビールとの相性も抜群です。

チリパディ入りの海老カレーもかなり激辛で、とても美味しかったです。

 

食後はホテルに戻って、プールサイドでのんびり。

プールサイドに似顔絵書きの方がいたので、記念に一枚書いてもらうことにし

ました。

その場で写真を撮ってもらって、出来上がりまでには2日ほど。

似顔絵だけにはっきりとお見せできませんが、リアルで繊細なタッチがとっても

素敵。

二人ともやや若めに描かれてるのは、絵描きさんの心遣いかな?

 

この日のディナーは、「El Gaucho Argentinian Steakhouse」。

通りすがりにユニークな外観が気になって、予約してみたお店です。

El Gaucho Argentinian Steakhouse

住所 162/8 Moo 2 Chaweng Beach

電話 +66 62 593 9668

 

天井から下げられた数多くのライトが煌めく、とても素敵な店内。

欧米系のお客さんばかりなので、それもまたおしゃれな雰囲気ですね。

かなりの人気店のようで、この日もほぼ満席状態でした。

 

熟成肉のステーキはもちろんのこと、サラダや付け合わせの野菜なども美味し

くて、このボリュームにもかかわらず、二人で完食。

後からチェックしてみた、ネットの口コミの評価が高かったのも納得です。

 

お向かいは「ハードロックカフェ」ということで、こちらで〆の一杯。

ライブ演奏を聴きながら、南国の夜風に吹かれてお酒を飲んでいるのは、何と

も最高のひとときです。

ついつい飲みすぎて、最後の写真に私の酔いっぷりが現れていますね…。

Hard Rock Cafe Koh Samui

住所 Chaweng Beach Road, 168/59 Moo.2, T. Bo Phut A., Koh Samui,

電話 +66 77 901 208

 

前日深酒してしまったため、翌日は何の予定も入れず、ホテルでのんびり。

プールサイドでカクテルやビールを飲みながら、読書をしたり、ランチをしたり。

写真は撮りませんでしたが、マッサージもしてもらいました。

あ~、極楽、極楽。

 

ディナーは、ガイドブックでおすすめだった、シーフードレストランへ。

といっても、本には「Mitra Samui」という店名で載っていたのに、私たちがそれ

らしき場所で見つけたのは、「Mit Samui」というお店。

果たしてここで合っているのか、半信半疑で入ってみたのですが、店内の垂れ

幕の下の方に、Mitraと書かれているのを見て、ほっと一安心。

どうやら、名前が変わっただけなのかな?

 

店舗の前にはずらりと水槽が並んでいて、こちらでシーフードを選んで調理し

てもらいます。

目利きの出来ない私たちはスタッフにお願いして、炒め物用の海老やカレー用

の蟹などを、選んでもらいました。

 

店名の謎はともかく、どれもとてもリーズナブルな上にとても美味しかったので、

このお店にして大正解。

特に店頭で選んた蟹を使った、「プーパッポンカリー」は、最高の味でした。

またビールが冷え冷えだったのも、ポイントが高かったです。

 

さて、翌日はいよいよ最終日。

とはいえ、夕方の5時過ぎのフライトなので、この日もゆっくりと過ごせます。

 

お昼前にホテルをチェックアウトした後は、ホテルに荷物を預けて、散歩がてら

ビーチ沿いのカフェ、「Elephant Beach Club」に行ってみました。

Elephant Beach Club

住所 159/75 Moo 2, Chaweng Beach Road, Chaweng

電話 +66 (0)95 420 8051

 

ビーチチェアーを使ってもOKとのことでしたが、この日もかなり暑かったので、

涼しい日陰の店内で、海を眺めながらのんびり。

夫はシーフードのフライドライス、私はあまりお腹が空いていなかったのでカプ

レーゼで軽めのランチを済ませました。

 

まだ時間があったので、ホテルに戻る途中のお店で1時間のフットマッサージ。

とっても気持ちよかったのですが、これが後で思わぬ結果を生むことに…。

 

フライトの2時間くらい前に空港に着いてみると、どうやら出発が少し遅れるとの

こと。

よくある事ですが、こんな何もない空港では時間を持て余してしまいますね…。

 

ということで、暇つぶしにショッピングエリアの「ジムトンプソン」でお買い物。

思わぬ出費になりましたが、気に入ったものが見つかったので、まぁ良かった

かな。

JIM THOMPSON

 

それでもまだ時間があったので、アウトサイドにあるレストランでタイビールの

飲み納め。

ビールにぴったりのタイフードもあることだし、ここならいくらでも時間をつぶせ

そうだな~。

Pad Thai Restaurant

 

などと思っていたら、んん?何だか足が痒~い!

よく見ると私の足の周りにだけ、たくさん蚊が集まっているような?

 

そういえば、朝に虫よけスプレーをつけたものの、その後でフットマッサージを

受けたため、足だけは無防備状態。

元々蚊に刺されやすいうえにお酒を飲んでいた私は、すっかり蚊たちのドリン

クバーと化しています。

虫よけスプレーはすでに預け荷物に入れてしまったので、もはやなすすべなし…。

 

結局私たちの飛行機は、1時間半以上遅れて出発。

その間、さんざん足を蚊に刺されまくり、痒みをこらえながら帰路に着いた私で

した。

 

以上、簡単にまとめたサムイ島旅行記、

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一時帰国の旅行記代わりに、日本で食べたものいろいろです。

 

今回はスケジュールが詰まっていたため、宿泊したホテルの近くのお店ばかり

になってしまいましたが、どこも美味しくて大満足!

さすが日本のお店は、レベルが高いですね~。

 

茜鶏 もへじ

まずは、新横浜の焼鳥屋さん、「茜鶏 もへじ」へ。

この日は、横浜アリーナでアルフィーのライブがあったそうで、お店は同世代の

お客さんで賑わってしました。

炭火焼きの焼鳥の香ばしい香りが、何ともたまらな~い。

さすがは日本クオリティ、何を食べてもとても美味しかったです。

 

中国ラーメン 揚州商人

いつもお店の前に行列が出来ているので、以前から行ってみたいと思っていた

「中国ラーメン 揚州商人」。

この日も開店早々は空いていましたが、後からどんどんお客さんが入ってきて、

あっという間に満席になっていました。

人気メニューの酸辣湯麺を激辛にして頂きましたが、スープの旨みと辛さと酸

味のバランスが絶妙で、うんうん!これは美味しい!

これは行列ができるのも、わかるなぁ~。

担々麺も人気のようなので、次回はぜひそちらを食べてみたいと思います。

 

てっぱんびすとろ てっぱちや

夫が急きょ飲み会になったので、お気に入りの鉄板焼き屋さん、「てっぱちや」

にて、ひとり酒。

鉄板焼きならば、自分で焼きながら頂くので、一人でも退屈しないのがいいで

すよね。

 

天馬咖哩

無性に日本のカレーが食べたくなって、カレー専門店の、「天馬咖哩」へ。

私はチーズたっぷりの焼きカレー、夫はビーフカレーを頂きました。

マレーシアで食べるインドカレーもいいけれど、日本風のカレーの美味しさは、

格別です。

 

日本料理 きた山

今回行ったお店の中で一番のヒットは、夫がネットで探してくれた和食屋さん、

「日本料理 きた山」です。

旬の食材を使った数々のお料理に、念願の鰻丼も頂いて大満足。

一人前を半分づつに分けて出して下さったのも、ありがたかったです。

お料理はもちろんのこと、雰囲気やサービスも良くて、すっかり我が家のお気

に入りに。

焼酎もボトルキープしたことだし、本帰国したら早々にまた行こうっと!!

 

地酒とそば・京風おでん 三間堂

夫が以前にも行ったことがあるという、「地酒とそば・京風おでん三間堂」。

とてもメニュー豊富で、すき焼きやおでん、お蕎麦など、日本に帰ったら食べた

いと思っていたものが、ほとんど揃っていました。

ちょうどキャンペーン中で、一升瓶の焼酎がとても安かったので、ここでもボト

ルキープ。

ということで、こちらも帰国後にまた行くことになりそうです。

 

沼津 魚がし鮨

新横浜の駅ビル内の、「沼津 魚がし鮨」にて、ランチです。

ビールのつまみにアジフライを頼みましたが、さっくりと揚がっていて、とっても

美味!

海鮮ちらしのランチセットには、他にもおかずがついていたのですが、テーブル

が狭くて並べられず、写真が撮れませんでした。

 

酒ぐら 金八

途中でホテルを移って、東京へ。

思ったより早めの時間に着いたので、大好きな太田和彦さんの番組、「日本百

名居酒屋」にて紹介されていた、老舗居酒屋の「ふくべ」に行こうと思っていた

のですが、有名店だけあってすでに超満員。

諦めて周辺をウロウロしていたところ、こちらのお店を発見しました。

こちらもノスタルジックな雰囲気が漂う古い居酒屋で、何とも我が家好み。

こうした雰囲気の中で、定番のつまみで飲んでいると、いかにも「日本に帰って

来たぞ~!」という気分になりますね。

 

地魚屋台 八重洲 豊丸

日本滞在最後の夜は、八重洲口近くの居酒屋「豊丸」へ。

少し遅めの9時過ぎの入店でしたが、店内はお客さんで賑わっていて、活気溢

れる雰囲気でした。

地魚屋台と言うだけあって、お刺身などの海鮮の新鮮さも文句なし!

大根おろしたっぷりで頂く、揚げたての天ぷらも、とても美味しかったです。

 

成田空港 らあめん花月 嵐

今回の旅での最後の食事は、成田空港第一ターミナルの5F、フードコート内の

「らあめん花月 嵐」にて。

夫は醤油ラーメン、私はバターをトッピングした味噌ラーメンを頂きました。

この日はかなり混んでいて、20分以上の待ち時間だったのですが、呑んべの

私たちには、ビールさえあれば問題なしです!

 

以上、日本でも美味しいものいろいろ、ごちそう様でした。

 


にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の日本への一時帰国のもう一つの目的は、新たに迎える家族に会いに行く

ことでした。

 

ずいぶん前から、本帰国したら犬を飼おうと思っていた私たち。

私は、赴任前に滞在していた姉の家のパピヨンの可愛らしさに魅了され、ぜひ

パピヨンが飼いたいと思っていたのですが、夫はかつて実家で飼っていた黒柴

のイメージから、顔にお公家さんの眉のような丸い模様(まろ眉)がある犬がい

いとのこと。

 

となると、ブラックタンのチワワかミニチュアダックス、ポメラニアンあたりかなと

思っていたところ、姉から「まろ眉のあるパピヨンもいるよ。」との情報が!

 

調べてみたところ、パピヨンには、白・黒・茶の3つの毛色を持つ「トライカラー」

と呼ばれる毛色があるのですが、その中の「クラシックトライ」と言うタイプには、

このまろ眉があるとのこと。

トライカラーには、他に成長に従って毛色が変わっていく、「ハウンドトライ」と言

うタイプもいるそうです。

 

というわけで下調べを兼ねて、ブリーダーサイト「みんなのパピヨンブリーダー」

をチェックしてみたのですが、どうやらトライカラーの子犬自体、それほど多くな

いようで、なかなか好みにあった子犬は見つからず…。

 

でも本帰国までにはまだ日数があるし、何なら日本に帰ってからゆっくり探して

もいいかなと思っていた矢先。

出会っちゃいました~~~!

赤ちゃんの頃からはっきりわかる茶色いまろ眉、くりっとしたお目目、ちょっとブ

レーズ(お顔の真ん中の白い模様)が狭いのですが、それもまた気が利いて見

えて、私好み。

もうこの子以外、考えられないよ~。

 

愛犬との出会いには運命を感じるものだといいますが、ネットでも同じことが起

きるんですね。

 

とは言っても、実際に飼い始めるのは本帰国してからなので、まだ数ヶ月も先

のこと。

ダメもとでブリーダーさんにお尋ねしてみたところ、それまでの間お預り頂ける

とのことなので、今回の帰国の際にブリーダーさんのところに伺って、正式にお

譲り頂くことを決めてきました。

ブリーダーさんから、時々動画や写真を送っていただいていたのですが、実際

に会って見るとその可愛さはひとしお。

長く暮らしたマレーシアを離れるのは寂しいのですが、日本でこの子が待って

くれていると思うと、気分はウキウキ。

これなら面倒な引っ越し作業も、ドンドンはかどりそうです。

(といっても、まだ手付かずですが。)

 

ということで、日本に帰った後には、新たにワンコブログを始めようと思っていま

すので、犬好きな方は引き続きお付き合いお願いします。


にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

無事にマレーシアに、戻ってまいりました。

 

今回の日本への一時帰国の目的は、物件探し。

ということで…、9月に本帰国することが決まりました。

 

長くても5年くらいと思っていたマレーシア生活も、気が付けばもう丸7年。

でもこうして過ぎてみれば、本当にあっという間だったなぁ。

 

ということでこのブログも、今月末くらいをめどに終了させていただく予定です。

読者の皆様、今まで本当にありがとうございました。

 

残り僅かな期間ですが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 


にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

来週から日本に一時帰国するので、少し早目に7月の外ご飯いろいろです。

 

新しく来馬された方を、あちこちご案内していたので、外食多めの一ヶ月。

日本に行くまでに、少しダイエットしたいと思っていたけど、無理だったなぁ。

 

El Meson

Bangser Baruの「El Meson 」にて。

イベリコ豚の生ハムや、タパスなどをつまみながら、のんびりワインを頂くのは、

至福のひとときです。

そうそう、こちらのお店のパスタは極細麺のカッペリーニだけだと思っていたの

ですが、平麺のタリアテッレも選べたんですね。

ということで、タリアテッレのカルボナーラをオーダーしてみましたが、クリーミー

でベーコンたっぷり、とっても美味しかったです。

 

Porto Romano

新しく来馬された方はMont Kiaraにお住まいになるということで、周辺のお店も

ご紹介しておこうと、Banyanにある「Porto Romano」へ。

近くに行きつけのレストランがあると、何かと便利ですもんね。

この日はデザート代わりにカクテルなども頂いて、ハッピー気分の私でした♪

 

Cicio

土曜日の夜、ふと思い立ってChangkat Bukit Bintang の「Cicio」へ。

予約なしで行ってみたところ、あいにく満席だったので、諦めて向かいのお店

に行ってみたら、そちらも満席とのこと。

どこに行こうかと、向かいのお店の前で相談していたら、ちょうどお店から一組

のお客さんが出ていくのが見えたので、猛ダッシュ。

滑り込みセーフで、何とか席をゲットすることができました。ヤレヤレ。

やっぱり週末は、予約必須ですね。

 

8Jugra

Jugra通りにある、隠れ家的な一軒家レストラン、「8Jugra」。

この日は運悪く、オーダーするものがどれも品切れ…。

結局、思っていたのとは全く違ったオーダーになってしまいましたが、どれもそ

れなりに美味しかったから、まぁいいっか。

 

TAJ GARDEN

インドカレーが食べたくなって、BrickFieldsにある「TAJ GARDEN」へ。

ビールを置いていないこともあって、近頃ちょっとご無沙汰でしたが、サービス

や味においては、我が家の一番のお気に入りです。

この日のオーダーは、タンドリーチキンにチキンバルバル、カシューナッツ入り

の野菜カレーにスパイシーな海老カレー、ベジタブルブリヤニにプレーンナン。

二人にしてはちょっと頼みすぎたかなと思ったものの、どれもとても美味しくて、

見事に完食しました。

 

外ご飯いろいろ~2017年7月その2に続く。

 


にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。