海へのPASSPORT

海へのPASSPORT

ダイビングスクールシープラネットの業務日誌。

先日は店舗のある埼玉県でも雪が降りました。

と、言っても本来の時期を考えれば普通の事なのかもしれませんね。私が子供の頃を思い出してみると雪が降る降らないは別として、もっと寒かった気がします。朝、通学途中の畑には霜柱が出来ていて、そこらの水たまりには氷、軒先にはちっちゃな氷柱なんかもあって・・・。最近はあまり見なくなった気がします。

 さて、先日気象庁が3カ月予報を発表しましたが、2~4月は寒気の影響を受けにくく、暖かい日が多くなる見込みで、春の訪れは平年よりも早くなるとの事です。去年はコロナの影響で中々活躍する機会が無かったダイビング器材を今年も安全に使う為に、今この時期にオーバーホールをしておきましょうビックリマーク

ダイビングは器材への依存が高い遊びとなります。だからこそ定期的なメンテナンスが必要となります。メーカーが推奨しているオーバーホール時期は「100ダイブ又は1年どちらか早い方」というのが一般的です。物は不思議なもので使わなければ壊れないと言うものではなく、パーツに使われているゴム製品の劣化など使っていなくてもダメになって行ってしまうものがあります。何だかんだ言って、適度に使って定期的に動かしてやり、洗浄してあげることが一番長持ちする気がします。

オーバーホールの内容は、レギュレーターの分解・清掃・消耗パーツ/パッキン類の交換・摺動部分の調整・中圧値の調整が主な内容となります。

その他、ホース等不良個所が発見された場合は交換が必要となります。

 

当店では、各メーカーの受付窓口として皆様のレギュレーターをお預かりしております。

整備は最終調整含めメーカーで行いますので、安心してお使いいただけます。

概算的な見積もりは無料でおつくり出来ますのでお気軽にお問い合わせください。

また、宅急便での対応も承っておりますので、遠方のお客様にも対応致しております。

 

 

 

お問合せは下記店舗のロゴをクリックしていただき、ホームページよりお願い致します。注・・・HPはTOP画面で音が出ますのでご注意ください。

 

        

 

   

                 友だち追加 

 

 

 

 

当店の保管でも利用している!!R2 WETSUIT HANGER(R2 ウエットスーツハンガー)」1年振りに入荷いたしました。音譜

折りたたみ開閉式のハンガーは、折りたたんだ状態でネックからスーツの中に入れればセットできる便利なアクセサリーです。

ジップを開ける必要がなく、耐久性も抜群。

空気を通すコンケーブ・エアベント構造を採用し、スーツの乾燥をさらに早めます。

タオルを使用すると、ドライスーツを保管する際にもネックシールの変形を軽減する事も出来ます。

今回、当店で入荷できたものは全12本です。本数・色に限りがあるため、ご希望の方はお早めにご連絡をお願い致します。

カラー

● ブラック × 3本

● イエロー × 2本

● ピンク  × 2本

● ライム  × 3本

● ラグーン × 2本

料金

¥2,300(税抜)

レジャーダイビング協会 等のガイドラインを参考に当面の間、当店では以下の事を実施してまいります。お客様にもご協力の程、宜しくお願い致します。

 

●店舗内での換気およびマスクの着用をお願い致します

●店舗及び現地施設ではマスクの着用をお願い致します

●移動中の車内での換気およびマスクの着用をお願い致します

●こまめな手洗いを実施しましょう

●講習最大人数の制限をさせて頂きます

●ファンダイブの最大人数の制限をさせて頂きます

●ボートダイビングのご予約は当日のボート混雑具合により時間の変更、またはビーチダイブへ変更させて頂きます(2020/6/12 追加)

●店舗など施設への入場制限をさせて頂いております
以下に該当するスタッフの勤務を禁止し、利用者の入場を制限しています 。
★息苦しさ (呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状がある方
★重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある方
★(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患 COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
★上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が4日以上続く新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある
同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる入国後の観察期間を必要と発表されている国・地域等への渡航、並びに当該在住
者との濃厚接触がある

★嗅覚・味覚に異常を感じる
その他新型コロナウイルス感染可能性の症状がある方(2020/10/1 追加)

●お客様との距離の維持をさせて頂きます

●店舗内ドアノブやテーブルの定期的消毒をいたします

●講習内容をPADIガイドラインに則り、一部やり方を変更して実施させて頂きます(2020/6/12 追加)

●現地サービスでの休憩スペース・更衣室などを使用するときは、室内利用者数を確認し密にならないようにしていただき、利用後は手洗いをして下さい。

●トイレに蓋がある場合は、蓋を閉めて汚物を流すようにお願い致します(2020/10/1 追加)

鼻水、唾液などがついたゴミは、ビニール袋に入れて密閉して縛り廃棄するようにお願い致します(2020/10/1 追加)

●レンタル器材に関しましては、メインのセカンドステージについているマウスピース通常¥1,650で販売している物を感染予防の一環として(在庫がある限り)¥1,100にて販売させていただきます。レンタル器材ご利用時にはご購入いただいたマウスピースを使用していただき、使用後は各自洗浄又は消毒をして次回以降もお持ちください。

●器材等は、お客様が使用している最中は極力触れない様にいたします。ご使用後は現地にて通常の洗浄まで行って頂き、店舗にて私共が再度洗浄及び消毒を致します。

***ガイドラインでは、他人の物には触れない。又は自身の物にも触れさせない事が良いとされており、器材に関しても不特定多数が使用するレンタル品ではなく、ご自身の器材を持つことが強く推奨されております***

 

当面の間は上記を内容をおこなってまいります。

不自由とご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

 

 

 

ダイビングや器材についてのお問合せは下記店舗のロゴをクリックしていただき、ホームページよりお願い致します。(注・・・HPはTOP画面で音が出ますのでご注意ください。)

 

        

 

   

                 友だち追加 

 

最近はお客様からお店大丈夫~はてなマークなんて、心配の電話を頂いたり、お店まで会いに来てくださったりと改めてお客様の温かさを感じることが多い日々を送っております。ありがたいことですちゅー

 

さて、4月10日より営業活動の自粛を行ってまいりましたが、国の緊急事態宣言解除を受け、当店も段階的に活動を再開していきます。段階的と言うのは、宣言が解除されたといえ北九州をはじめ都内でも再び感染者数が増えてきており、今後2週間程度は感染者数をモニターしつつ、埼玉県の不要不急の県外移動も解除されてから海への移動を開始していく考えです。

各現地サービスは解除を受け、6月1日より再開との情報は受けておりますが、当店ではもう少し我慢が必要かと考えております。

先ずは、6月1日より学科を対象とした講習と物販を開始させていただきます。

この夏に・・・または問題が収束したらダイビングを始めてみようと思っている方はこの時期に学科を終わらせておいて、夏の水温上昇に合わせて直ぐに海に行ける準備を進めておくのは如何でしょうか?

 

 

次回は当店で実施する今後のコロナ対策につて書いていきますので、そちらも更新された際はご確認下さい。

 

 

 

ダイビングや器材についてのお問合せは下記店舗のロゴをクリックしていただき、ホームページよりお願い致します。(注・・・HPはTOP画面で音が出ますのでご注意ください。)

 

        

 

   

                 友だち追加 

 

ダイバーだからできる海の中クリーンアップ活動イルカ宇宙人うお座

 

海への感謝の気持ちを込めて、
一緒に行動しませんか?

現在、世界的な問題となっている「海洋プラスチックごみ」。このままでは2050年にはプラスチックごみのほうが魚の数より多くなるといわれています。プラスチックごみは、海の生き物を傷つけたり、美観を損ねるだけでなく、「マイクロプラスチック」による人体への悪影響も心配されています。そのため、さまざまなところでプラスチックごみを今後いかに出さないようにするかが考えられていますが、すでに海に流出してしまっているごみ、特に海の中に沈んでしまっているごみについては、なかなか対応されていないのが現状です。

「1 Dive 1 Cleanup プロジェクト」は、“ダイビング中にごみを見かけたら、ひとつでもいいから拾うことを当たり前(マナー)にしよう!”という啓蒙活動。膨大な量の海中ごみに対し、ダイバーひとりが 拾える量はとてもわずかかもしれませんが、日本中のダイバーが、通常のファンダイビング中にごみを見かけたらひとつでも拾うことを当たり前にすれば、大きな力になるはずです。この活動がダイバーにとってのスタンダードとなり、大きなムーブメントとなることを願っています。 ダイバーとして愛する海への感謝の気持ちを込めて、ぜひ一緒に行動していきましょう!

 

後援:環境省

企画・運営:1 Dive 1 Cleanup プロジェクト実行委員会
主催:(株)水中造形センター

 

と、言う事で当店は今後1 Dive 1 Cleanup プロジェクトの協力店として活動をしていく事と致しました。前述のように通常のファンダイビング中にごみを見つけたら1つでも構いませんので拾っていただけたらと思います。

 

 

 

ダイビングや器材についてのお問合せは下記店舗のロゴをクリックしていただき、ホームページよりお願い致します。(注・・・HPはTOP画面で音が出ますのでご注意ください。)

 

        

 

   

                 友だち追加