モデル式キレイ術③ はじめましてを得意にする方法 | 神戸美人塾 三浦さやか 美姿勢生活diary

神戸美人塾 三浦さやか 美姿勢生活diary

神戸美人塾を主催している三浦さやかのブログです


テーマ:

みなさんこんにちは

姿勢と歩き方の教室

神戸美人塾 三浦さやかです

 

 

お伝えしている

モデル式キレイ術

今回は第3弾です!

 

「はじめまして」の時に

相手の人から

「この人素敵な人だなぁ」

と思ってもらえる秘策があります。

 

 

それはまず

自分の首から看板をかけているイメージをします。

 

その看板にはメッセージが書かれています。

それは初対面の人に思われたいことです。

「私はキレイな人です」

「私は優しい女性です」

「私は親しみやすい人です」

「私はクールでかっこいい人です」

などです。

 

「私はキラキラしている人です」とか

「私は素敵な人です」など抽象的なものでもOK。

 

ただし「キラキラ」も「素敵」も、少し具体的にイメージをします。

例えば

体の周りに星がきらめいているとか

黄金のオーラを背負っているとか

バラの花が咲いているとか

♡マークがいっぱい飛び散っているとか

北川景子に似ていますとか

松嶋菜々子に似ていますとか

キレイな女性のイメージでもいいと思います。

 

 

そして、あなたに向かい合った人が、あなたの姿と看板を見て

ああ、なるほど・・

確かにそうだな・・

と思っていると勝手にイメージします。

 

それだけです・・5秒でできます(笑)。

 

 

ただし、これには注意点が2つあります

注意点その1

自分で照れないこと

 

例えば看板には「私はキレイです」と書いていているのに

自分自身で

「なんちゃってーーー(照れ)」とか

「理想でーーす」とか

突っ込みを入れない!

 

注意点その2

長い文章にしないこと

 

「私はぱっと見はすごく華やかでキレイなんだけど、話してみたら親しみやすくて、ちょっぴりユーモアもあって、女子にも男子にもモテる人です」

 

などと長い文書にしてしまうと、複雑すぎて自分もイメージしにくいし、人にも伝わりにくいです。

イメージはワンフレーズが鉄則。

 

と言ってもこの2つの注意点がとても難しいのです。

「出る杭は打たれる」「謙遜こそ美徳」文化が根強い日本で

自分のことを端的に「よい」と表現することは、なかなか難しい。

 

でもね

これ、心で思ってるだけ。

 

口には出さなくていいので、ダイレクトにはバレません(笑)。

ただ、雰囲気だけは出ます。

この言葉では言い表せない雰囲気というのがとても大事。

第一印象にもとても大事。

これをものにしてください。

 

 

ちなみにこれもモデルのテクニックなのです。

モデルは、本来の自分のイメージにぴったりくるような

オーディション・仕事ばかりではありません。

私などは19歳の時に35歳設定の仕事をしたこともあるし

今回はかわいい感じで…とか

今回はかっこいい感じで…など

その度ごとに様々なリクエストがあります。

クライアントから要求があれば、それを体の形(ポージング)・表情で表現する。

それが仕事でありモデルの力です。

そのようにして、モデルは自己を思い通りに表現することを学んでいます。

 

日常生活の中では、ポージングは立ち居振る舞いになるのでしょうし

そこに話し方の要素も加わります。

なので、立ち居振る舞い・表情・話し方がとても大事。

それで雰囲気を作り出すことができます。

 

 

 

さあ、あなたは看板に何と書きますか?

 

 

必ずワンフレーズで書いてくださいね。

 

 

そして胸を張ってその看板を掲げてください。

 

 

あなたは、あなた次第でどんな自分にもなれますよ。

 

三浦さやかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス