蘆舌製作者・奥田貞次さんの取材をしてきました | SAVE THE 鵜殿ヨシ原~雅楽を未来へつなぐ~のブログ

SAVE THE 鵜殿ヨシ原~雅楽を未来へつなぐ~のブログ

大阪府高槻市鵜殿のヨシ原を保全するために活動する「SAVE THE 鵜殿ヨシ原~雅楽を未来へつなぐ~」のブログです。
現在主に、鵜殿のヨシ原上を通過する予定の、新名神高速道路の八幡〜高槻間の見直しを求めて署名活動などを行っています。
http://www.save-udono.com


テーマ:
本日、三重県桑名市で篳篥の蘆舌を作り続けている、奥田貞次さんに取材をしてきました。

SAVE THE 鵜殿ヨシ原~雅楽を未来へつなぐ~のブログ

奥田さんは、幼少より篳篥を始め、蘆舌製作を故東儀兼彦氏(元宮内庁式部職楽部楽長)より教わった方で、製作する蘆舌は、年間数千本とのことです。

SAVE THE 鵜殿ヨシ原~雅楽を未来へつなぐ~のブログ

奥田さんの作業場は、多くの鵜殿のヨシ、そこから作られた蘆舌に囲まれ、確かな音を産み出す職人を思わせるものでした。

後日、取材の内容をまとめて紹介できればと思っていますが、本日伺った中でも特に印象的だったのは、良い蘆舌用ヨシを捜して琵琶湖、利根川、北上川などなどを試された奥田さんですが、やはり、篳篥の演奏に最適のヨシは鵜殿ヨシ原のものです、ということ。

明日SAVE THE 鵜殿ヨシ原では、国土交通省への署名提出を行い、国土交通大臣へ要望書を渡してきます。皆さんの思いに、この奥田さんの経験と思いあわせて、届けてきたいと思います。



引き続き、請願署名を行っております→詳しくはこちら
ネット署名にもご協力ください→こちら
活動のためのご支援・寄付をお願いしております→詳しくはこちら

SAVE THE 鵜殿ヨシ原さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス