司法書士佐藤クニチャンのブログ

司法書士佐藤クニチャンのブログ

住宅関係の企業を脱サラした司法書士佐藤邦彦です。司法書士歴30年です。事務所は台東区です。
今年から宅建試験の指導も始めました。休日は趣味の囲碁や釣りを楽しんでいます。

 3月31日大谷翔平選手の試合が早く終わったので、東京大衆歌謡楽団のライブ演奏に行ってきた。浅草神社での奉納演奏は半年ぶり。楽しみに待っていた聴衆の数はざっと400人超くらい。隣の浅草寺は観光客などで大混雑する中、ここ浅草神社境内でも桜咲き誇る中、久しぶりのライブを楽しむ大勢の人たちであふれんばかりでした。手拍子を打ち、身体を揺らしてリズムをとる皆さん、とても嬉しそう。

「満州娘」でスタートし、全20曲ほど、高島4兄弟のパフォーマンスに大満足でした。私の好きなタンゴ調の名曲「待ちましょう」、佐藤ハチロー作詞の軽快なメロディ「夢淡き東京」も歌われ、今日の孝太郎さんの声の伸びは素晴らしく、境内にその美声を響き渡らせたのでした。そんな中、青木光一の「柿の木坂の家」が紹介されたときは、「待ってました」の掛け声とともに聴衆の拍手が一段と高鳴ったのです。そのメロディと歌詞になんともいえない郷愁をそそられ、とても懐かしく、しみじみ聞きほれてしまいました。

 今日推薦の昭和歌謡は、その「柿の木坂の家」。

名曲です。ぜひ口ずさんでみてください。

 

 

  柿の木坂の家 (昭和32年)

  唄 青木光一  作詞  石本美由紀  作曲 船村徹

 

 1 春には柿の花が咲き

   秋には柿の実が熟れる

   柿の木坂は駅まで三里

   思い出すなァ ふる里のヨ

   乗合バスの悲しい別れ

 

 2 春には青いめじろ追い

   秋には赤いとんぼとり

   柿の木坂で遊んだ日

   懐かしいなア しみじみとヨ

   こころに返る幼い愛が

 

 3 春くりゃ忍ぶ馬のこと

   秋くりゃ恋し村祭り

   柿の木坂のあの娘の家よ

   逢ってみたいなア 今も尚ヨ

   機織りながら暮らしていてか

 

 

 

 

  

 昨日3月31日はメジャー開幕戦で大谷翔平投手先発の対アスレチックス戦の視聴と東京大衆歌謡楽団の浅草神社のライブ演奏が時間的に重なり、どちらかをあきらめざるを得ないと思っていました。

 今年からメジャーリーグでは試合時間の短縮のためピッチクロックが導入された。投手はランナーなしの場合ボールを受け取ってから15秒以内、ランナーがいる場合は20秒以内に投げなければならなくなった。

昨日のエンジェルス対アスレチックス戦では日本時間11時10分ころ試合が開始し、終わったのは13時40分頃で、なんと2時間半で試合が終わったのだ。因みに昨年は3時間30分くらいかかる試合が多かったのに、この改革でこんなにも時短ができるなんて驚きだった。

 そのおかげで、14時過ぎに浅草に急行し、東京大衆歌謡楽団の14時半からの第2部の演奏に間に合ったのだった。

久しぶりの浅草神社のライブ演奏では、ボーカル高島孝太郎さんの伸びやかな歌声で珠玉の昭和歌謡20曲ほどが神社境内に響き渡り、待ちに待った楽団のサポーター達を大満足させたのだった。

   一方大谷翔平投手は6回まで無失点10奪三振と好投したものの、リリーフが打たれ、また「なおエ」になってしまった。

今年も勝ち投手の権利をえながらリリーフ投手が打たれ、勝ち星が着かないことが多かった昨年の二の舞になるのだろうか。

エンジェルスの今日の敗戦は打線が振るわなかったことに尽きるが、次の試合で大谷のホームランを期待するとしよう。

 劇団民芸の女優奈良岡朋子さんの訃報に接し、とても残念です。心よりご冥福を祈ります。

生前以下のコメント(記事からの引用です)を書き残していたようです。

 

「新たな旅が始まりました。旅好きの私のことです、未知の世界への旅立ちは何やら心が弾みます。向こうへ着いたらすぐに宇野(重吉)さんを訪ねます。もう一度あの厳しい演出を受けたいと長い間願ってきました。でもね、宇野さん、私はあなたよりずっと長く生きて経験を積んできましたからね、昔のデコ(奈良岡さんの愛称)じゃないですよ。『デコ、お前ちっとましになったな』と言われたくてこれまで頑張ってきたんですから。腕が鳴ります。杉村(春子)先生ともう一度同じ舞台を踏みたかった。どんな役でもいいからご一緒したい。ワクワクします。両親に挨拶するのは二、三本舞台をやって少し落ち着いてからにします。それからは裕ちゃん(石原裕次郎)や和枝さん(美空ひばり)と思いっきり遊びます。これが別れではないですよ。いつかはまたお会いできますからね。それでは一足お先に失礼します。皆さまはどうぞごゆっくり・・・」。

 

 奈良岡さんといえは、朝ドラ「おしん」のナレーターをしていたのを思い出します。おしんが奉公に村を出るシーンの語りが思い出されます。

また、亡き佐田啓二さんと共演したNHKドラマ「虹の設計」で奈良岡さんの落ち着いた演技が今も心に残っています。すごく知的で綺麗な方でした。そのドラマが継続中、主役佐田啓二さんがロケ地から東京へ帰る途中自動車事故で亡くなるショッキングな事件も忘れられません。美男美女の共演を楽しみにしていたので、当時とても残念な思いをしたものでした。

重ねてご冥福を祈ります。

 今月31日、東京大衆歌謡楽団の生ライブが、久しぶりに聖地「浅草神社」で行われる予定。もう半年も彼らのライブ演奏を見ていない。

 私の好きな楽曲 エイライシャン、待ちましょう、南の薔薇、小さな喫茶店、夢淡き東京、君恋し、丘は花ざかりなど、このうち2~3曲でも歌ってくれれば大満足なのだ。第1部は12時半から13時半、第2部は14時半から15時半までの予定が組まれている。

ただ、その日はメジャーリーグの開幕戦の中継と重なってしまっているのだ。大谷翔平が先発する試合=アスレチック戦が11時からNHK地上波で中継するというのだ。

これには困った。どちらにするか、どちらも魅力すぎて、心は千々に乱れている。

 

 

 

 いま、将棋界や囲碁界において4~5年前にコンピューターとの対局に負けて以来、トップ棋士といえどもAIに勝てなくなりました。

NHKテレビ将棋・囲碁トーナメントにおいては、中継の中にAI(人工知能)の評価値を取り入れ、現局面においてどちらが優勢なのか表示されるようになった。見る者にとって、この評価値がその後どう推移していくのか、このままリードし押し切って勝つのか、劣勢の側が逆転するかなど、興味をもって視聴できるのが楽しみとなっている。

 囲碁についていえば、江戸時代から綿々と打ち継がれてきた定石が、AI(人工知能)の出現により、疑問手とされ、今や廃れてしまったものもある。「村正の妖刀」と命名された難解定石(アマにとって習得するのに骨が折れる定石)がAIにより無用の長物とされてしまった。これまで必死に覚えてきた時間を返してほしい、と言いたいくらいの大ショックであった。

 AIによって、後生大事にしてきた定石などの中には「それを打つと不利になり、今や定石などといえない」などと判定されてしまうのだ。私の今までの10年単位での囲碁勉強は一体何だったのかと愕然としたものだ。

今や世界戦ではAIの影響を色濃く受け、プロの間ではダイレクト三々なる代物が大流行だ。「序盤に三々に入るなどもってのほか」と上級者から叱責されてきたものが、今や正々堂々まかり通っているのだ。

 そこで、AIの布石、定石、ダイレクト三々などの書籍がここ1~2年で出版され始めたので、研究してみようと思い先日3冊ほど買ってみた。自分からダイレクト三々など打つつもりは今はないけれども、相手に打たれた場合の対処方法をどうしても知っておかなければならないのだ。

 日々世の中は進んでいる。後れを取ってはならないと思いながらついていくのはなかなか骨が折れる。

毎日30分ほど学習しようと始めた。3日坊主にならないよう研究するつもりだ。コロナで最近会っていない碁敵にいつか研究の成果を試してみたいのだ。でもこの研究もなかなか骨が折れる、いつまでつづくやら・・・。