司法書士佐藤クニチャンのブログ

司法書士佐藤クニチャンのブログ

住宅関係の企業を脱サラした司法書士佐藤邦彦です。司法書士歴28年です。事務所は千代田区外神田です。
今年から宅建試験の指導も始めました。休日は趣味の囲碁や釣りを楽しんでいます。


テーマ:

昨日の10月21日行われた2018年宅地建物取引士試験を受験した

我が「佐藤塾」の女性会員Dさんから、今朝、喜びあふれた報告がありました。

以下のとおり返信して、祝意(合格未発表ですが)を伝えました。

 

Ⅾさんへ

宅建試験の自己採点結果についてご報告ありがとうございます。

Kさん、Sさん、Aさんの3人からも報告があり同じ38点だそうです。

一緒に学習してきた仲間だけに本当に嬉しい知らせです。

正式な合格発表前ですが、もう合格ですね。おめでとうございます。

Dさんの不断の努力の結果です。よく半年間頑張りました。

38点はなかなかの高得点ですよ。100点満点に直せば76点。素晴らしい結果です。

宅建業法の成績がいまいちの中で、他の2科目は予想外(失礼!)のすごい成績だと

思いました。

昨日はとても疲れたとのこと。半年間にも及ぶ学習の成果をわずか2時間で出さなくては

いけないのですから無理もありません。

緊張のなかで最大の集中力を発揮したのですから、終わったとたんどっと疲れを感じたのでしょう。

でも、今の気持ちは「達成感や充実感でいっぱい」ではないですか。

顔が自然にニヤケテてきませんか。素直に快哉を叫びましょう。そして自分にご褒美をあげてください。

「やればできるじゃん」の自信がこれからのDさんにとって、とても大きな財産になると思います。

自分のなかにたくさんある原石のひとつを磨きつづけてとうとう素敵な宝石にしましたね。

これからもさらに高見を目指して羽ばたいていけますよ。

あらためて、おめでとうございます。

 

 佐藤塾 塾長 佐藤邦彦

 

 

 

 

 

 


テーマ:

  藤井聡太が新人王になりました。

プロ入り後2年で早くも七段になってしまったので、6段までの棋士しか出場できないため、

最後の新人王戦でした。今年は、2月の朝日将棋オープン戦に次いで二つ目のタイトルを獲得。

とこまでの才能を秘めているのか末恐ろしい限り。八大タイトルへの挑戦が本当に楽しみです。


テーマ:

 今村俊也九段が3月11日NHK杯テレビ囲碁トーナメント準決勝で、井山祐太NHK杯選手権者(七冠)と対戦しました。今村九段は厚い碁風から私の好きな棋士の1人です。

 

今村九段は、今期のNHK杯戦で持ち味の厚い碁を打ち、難敵を次々と破って勝ち上がってきました。第1人者井山七冠を相手にどんな碁を見せてくれるのだろうかとワクワクする対局です。

 

今村九段が序盤から厚い碁を打ち、中盤過ぎの形勢は今村九段に傾いていました。 ところが勝負どころになって今村九段が、解説者の石田芳夫九段から「普段の今村さんの碁とは違いますねー」と2度・3度もいわれるほど乱れだしたのです。

あの「世界一厚い碁」といわれる今村九段がですよ。

予想だにしない薄い手を打って井山七冠に逆転を許す結果になってしまうとは・・・。

 

井山七冠に勝つ大チャンス巡ってきて、今村九段の歯車がトタンに狂い出したとしか思えません。すごく悔しかったと思いますね。大漁を逃しました。

今期のNHK杯では志田達也七段と共に大活躍でした。その奮闘を讃えたいと思います。

 

 

 


テーマ:

師弟対決と話題を呼んだ杉本昌隆七段と藤井聡太六段は、8日夕刻111手までで藤井六段が勝利しました。

杉本七段が投了を告げると、藤井六段は深々と頭を下げました。

そこに師匠への感謝の気持ちが込められていたのでしょう。

局後の感想で、杉本七段の「勝負は残念だが、素晴らしい1日となった。藤井六段に感謝したい。」と述べ、目にうっすらと涙を浮かべ、弟子の成長に感無量のようでした。

深い愛情が感じられ、こちらもジーンときました。

 


テーマ:

8日、関西将棋会館で、王座戦予選2回戦て゜藤井聡太六段と杉本昌隆七段の師弟対局が

行われています。夕刻には勝敗が決する見込みとのこと。

杉本七段(47)の棋歴を調べてみました。

 

 1990年四段となりプロデビュー。 1995年五段、 2000年六段、  2006年七段になり、2008年B1組の順位戦でA級まであと一歩のところまでいったとのこと。

また、2001年の朝日杯オープン戦では、森内俊之九段、中原誠永世名人らを破り、

準優勝したとあります。

竜王戦では、2002年~2003年に決勝トーナメントまで進出しているようです。

こうした棋歴をみますとなかなか強い棋士ですね。

注目の愛弟子との対局においてどんな将棋を見せてくれるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス