生徒の卒業 | 喜多方市 塩川町 会津若松市 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市 塩川町 会津若松市 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。

生徒の卒業

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

昨日、長く通ってきてくれた生徒が卒業しました。

今は、メール1つで「辞めます」が簡単に言える時代です。

残念なお別れもたくさん経験してきました。

逆の立場になれば「この教室に入会します」より「辞めます」の方が言いにくいのはわかる。


少し前に「音楽教室を辞めようかと考えています、結論を出す前に、先生と相談しようかと思って」と、お母さんと、生徒がレッスンに入ってきました。

たくさんお話しをしました。

今回のケースは、ここで教室を卒業するのが良いと私も判断し、引き止めるというようなことはしませんでした。


私が真っ先に考えたのは、この先、長い人生を送る中で「途中で、音楽教室を辞めてしまった」なんて、気持ちを1ミリも持たないように、ピアノレッスンを振り返った時に、通い続けた自分を褒めてあげて欲しいな・・・って思いました。

そして、話し合った結果、これから1ヶ月間だけ通い、気持ちに踏ん切りを付けるという事でした。


話し合いが一段落ついた後、一旦、先に生徒を停めてある車に行かせ、お母さんと、二人きりで話しました。

何を話したかは良く覚えていないけど「長く、通い続けてありがとうございました」は言ったかな?

お母さん、泣いちゃった。


別れが決まった最初のレッスン、一緒にファイルしてある、生徒が最初に参加した発表会の楽譜から、昨年の楽譜までを振り返りました。

「歴代のこの子たちが、どんな終わりにするのか、あなたを見てるからね」

振り返りをした後は

「メール1つで『さよなら』が言えるこの時代に、お母さんが結論を出す前に、私に相談してくれた事、本当に感謝しているし、なかなか出来る事じゃない、お母さん、素敵だね」

生徒も泣いちゃった。


そして、昨日巣立ちました。

width=

色紙の絵は・・・

「私?」

「手書き?」

width=

はい、私は、その1万倍、あなたの事が大好きです。

昨日、伝えたように「あなたの幸せを願っています」

そして、

「お誕生日、おめでとう♪」

今日がお誕生日だからね、なんとしても、ブログ今日中にアップしたかったのです。


 
・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場