障がいを持つ子どもへのピアノレッスン講座を受講しました | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
障がいを持つ子どもへのピアノレッスン講座を受講いました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

少し日が経っていますが、先月、ヤマハ郡山店で開催された

「障がいを持つ子どもへのピアノレッスン」講座を受講しました。

width=

最近は「発達障害」という言葉を目・耳にする事も増えました。

私も、書籍を読んだり、TVで特集が組まれていたりしたら観るようにしています。

「障害」といっても色々あります。

知的であったり、体の動きが制限されるもの。

そして、症状がわかりにくいのが「発達障害」

この「発達障害」といっても、症状は多岐にわたります。

障害を持つ一人ひとりが、症状も対処も同じではないという事。


過去を振り返れば「今思えば・・・」そんな生徒もいました。

(あの時、今位、私に発達障害対する知識があれば、違った対応が出来たかもしれない)そんな風に思う事もあります。


「障害」と思い込みは良くありません。

そして「障害だから」とあきらめる事も良くない事。


ご家族の方が気付かれていないケースも多いと思います。

近くにいるからこそ気付かないのかもしれないし、認めたくないのかも知れません。


「発達障害」は、年齢と共に、自然に良い方向に向かう場合もあると思います。

その反面「障害と認めない」「障害に気付かない」事で、二次障害につながったり、現代社会で適応していく事が出来なくなるという話も聞きます。


良い例えは見つかりませんが、視力が悪ければ、メガネをかけるように、障害も、症状によって、接し方を変えたり、道具を使う事が当たり前という世の中になることを願うばかりです。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります