ドリルに書かれた、謎の言葉 | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
ドリルに書かれた、謎の言葉

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

レッスン開始時間、5~10分前に来て、「ウォーミング・アップ」をします。

「ウォーミング・アップ・ファイル」というファイルがあるので、自分のページを開き内容を確認します。

この「ウォーミングアップ」は、指の体操や、楽曲・テキストの見直しなど、生徒さん一人ひとり、取り組むメニューが違います。

この時間「ドリル」に取り組む事も多いのですが、ウォーミング・アップの時間に取り組んだドリルは、書き終わったら(書いている途中でも)ファイルに戻します。

そして、次のレッスンまでに、私が丸付け、チェックして、またファイルに戻します。


いつものように、指導案を書く傍ら、生徒が記入したドリルをチェックをしていました。

そしたら「この曲はなんでしょう?曲名を書きましょう」という問題に、不思議な解答が書いてありました。

ちなみに、他の生徒は「春」とか「春が来た」とか書いてありました。

その不思議な解答とは・・・

width=

どう見ても「春」っぽくない解答。


「なんだ、この意味不明な言葉は、ひょっとして、嫌がらせ?」(いや、それはありえない)

「もしかして、最近の曲でこんな曲があるの?知らないのは私だけ?」

「まさかの中国語!?」


プチ・パニックでした。

翌週、生徒に勇気を持って聞きました。


「あの・・・これなんだけど」


そしたら、何て言ったと思う?


「考えたんだけど、わからないから『わかりません(分歌利間線)』って書いた」

チャンチャン♪(爆)

width=

中国語じゃなかったのね・・・

こういう曲でもなかったのね・・・



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります