ピアノを習わせてもらえないのは、かわいそう? | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
ピアノを習わせてもらえないのは、かわいそう?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「子供の頃、ピアノを習いたかったのに、習わせてもらえなかった」

今、通ってきてくださっている生徒さんのお母さんに、こうした思い出を持っている方が多くいらっしゃいます。

一人、二人じゃないです。

だから、我が子が「ピアノを習いたい(習ってもいいよ)」と言ってくれた時「習わせてあげたい」という思いは、大きかったのではないかと思います。

・・・でも


「ピアノが習えない=かわいそう」


では決してないのです。

ピアノを習えば「好きな曲が弾ける」「情操教育になる」そして「賢くなるらしい?」です。

でも、他の習いごととは、違う面が多いように思います。


◇ピアノは、教室に通って終わりではなく、家で弾くことが大切になります。

◇楽器が必要です!他の習いごとに比べ初期投資が大きいかもです。


他にもあるとは思いますが、一番大きな点は2点かと。

習わせてもらえなかった(もらえない)のは、


◇楽器の問題かもしれないし、

◇親御さんの習いごとに対しての考え方かもしれないし、

◇送迎の問題かもしれない。


習えなかったのには、必ず、お家のルール、親御さんの考えがあったはず。

だから、仕方なかったことなのかと思います。


「ピアノを習わせてもらえないのは、かわいそう?」


と、今日のブログタイトル、タイトルはシビアだけど、実はここを伝えたかったのではないのです。


私が一番に伝えたかった事、

「こうして、ピアノを習わせてもらえた君たちは、ありがたいね」

という事。(そりゃ、もちろん、弾きたくない時もあるとは思うけど・・・)


そして、子供の頃、ピアノを習わせてもらった生徒の保護者でもある、お父さん、お母さんも、そのまた、お父さん、お母さんに感謝しなきゃ!!!です。

「ピアノを習う」

って当たり前のことじゃないんだよ。

もうすぐ母の日ですね、ここの所も「ありがとう」なのです。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります