何が出来るかな?読譜アイテム | 喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
何が出来るかな?読譜アイテム

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

先に進むのを止めて、読譜を中心にレッスンしている生徒がいます。


ドレミファソラシドの音の配列は分かっていても・・・

かん、せん、かん、せんと五線は読めても・・・

もちろん、鍵盤の配列も分かってる。


でも「この音なに?」


って聞くと、答えられません。

じゃ、今まで、どうやって弾いていたのか?となれば「なんとなく…」だったかも。

テキストが修了に近づき、あらためて、レッスンをどのように進めるか考えました。


「こうして、このまま、テキストを進めて、いつかそのうち、自然に理解が出来る日を期待する?」

それとも、

「一度、進めるのはやめて、しっかり、読譜が出来るようにする?」


どちらを選択するにしても、不安要素はありましたが、後者を選びました。

音が読めないまま、そのまま先に進んでしまえば、後回しになればなるほど、時間もエネルギーも今以上にたくさん必要になると思ったから。

レッスンでは読譜に時間を多めに取っていますが、その日のレッスンで読めるようにしても、次のレッスンになると、読めなくなっている。

ずっと、ず~っとその繰り返し。


「どこに問題があるのだろう?」

「どうしたら理解出来るのだろう?」


自問自答しながらの指導。

指導の視野を狭めないように「きっと、こうだから」と決め込まないようにしています。


指導をしている中で、ひょっとして、線がたくさんあると、混乱するのかな?って思いました。

そして、レッスングッズを作ろうと思いました。


用意したのは、

・イラストをコピペして作った用紙×2枚 ・割りピン ・黒い紐 ・段ボール

「さて、何が出来るかな?」

width=

完成したのがこれ

width=

線で混乱しないように、1本から、本来の5線まで自由に増やせるようにしました。(ここが、今回のカギ)

レッスングッズは使い方を間違えると「おもちゃ」になってしまうので、正しく、慎重に…そして、使いすぎないように心掛けています。

ちなみに、このレッスングッズは「おとあそび」の著者AIMEI先生のテキストや、実際、受講したAIMEI先生のセミナーを参考に作成しました。

このレッスンアイテムが、生徒の読譜の理解につながれば良いのですが・・・


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります