マツダ・プレマシー!E/G & ATチェックランプ点灯!意地でも直してみせましょう! | 佐藤自動車のブログ

佐藤自動車のブログ

埼玉県戸田市にあります自動車整備工場です。
日々の出来事や作業履歴・自分で出来る小ネタからプロが行う大技まで、
おもしろおかしく書いてま~~す。(^^)v



世の中楽しくtake it easy♪

いじ!いじ!いじいじいじいじ♪

意地悪ばあさん♪

バーバババーバババーバババーさん~♪
(意地悪ばあさんのテーマより引用)



ばぁさん!

この焚き火ちょっと見ててくれよ!

あいよー!

と言って、

辺りが火の海になっても

その場に立ち尽くし

じーと見ているのが

意地悪ばあさんであります。m(_ _)m



だからどうした?

というツッコミはご遠慮下さい。m(_ _)m



本日のブログの本題であります、

プレマシーの修理で、

久々に意地になっただけであります。





おっといけね!

申し遅れました。m(_ _)m



本日は台風が関東地方に接近!

と言う事で、

台風に便乗して

バレリーナのようにクルクル回りながら

お仕事をしてみようかと考えている

佐藤でございます。m(_ _)m
↑勝手に回ってれば~笑い泣き



帰宅時間になっても

風が止まないその時は、

指をペロつと舐めて

風の吹く方向に向かって

帰りたいと思いますので、

今日中に家に帰れるか

解らんチンであります。( ̄^ ̄)ゞ
↑風で遊ぶな!笑い泣き



ではでは本日の本文が

ボリュミ~でありますので、

冒頭はこの辺にして、

整備士の意地と

じっちゃんの顔にかけてあせるドピュ 
↑名にかけて下さい。笑い泣き

行った、

プレマシーの修理をご覧下さいませ。m(_ _)m












冒頭は以上です。










イメージ 1
※キャンペーン情報は画像をクリック!

RECSキャンペーン実施中!


ご予約はお早めに。グッ








イメージ 1

イメージ 2

平成20年式 マツダ プレマシー DBA-CREW



東京都江東区からお越しいただきました

新規のお客様のプレマシーでございますが・・・









イメージ 3

E/G & ATのチェックランプ点灯!

と言う事で

修理のご依頼でございます。m(_ _)m



チェックランプがペカリますと、

1速→2速には変速するが、

3速以上に変速しないという症状が

発生いたします。



日によって、

症状も出たり出なかったりと

まちまちのようでございますが、

2分以上暖機してから走行すると

症状が出なかったりもするようでありまして、

のっけから厄介な故障オーラが

プンプンであります。



当店にお越しいただく前に

ディーラー様にも相談したそうなのですが、

相談してから数日経過しても

連絡をいただけず、

故障したままじゃー辛抱たまらんきー!

と言う事で

当店にご相談いただいた!

という経緯でございます。m(_ _)m










イメージ 4

ではでは早速、

故障診断を実施していきますが、

E/G & ATチェックランプは

頻繁にペカリます。

よって、

コンピューターがエラーを

記憶していると思いますので

まずは当店の診断機をセッツして、

異常コードを検出してみましょう!



すると~~

シフトソレノイドA 電気系統

と出てきました。




シフトソレノイドA 電気系統

に異常が起きて、

チェックランプペカリで、

フェイルセーフ機能が働き、

1速→2速の変速しか

出来ないようにしているようでございます。



ちなみに、

このフェイルセーフ機能でありますが、

解りやすくお話しますと、

故障モードの事でございます。



不具合が起きると

自動的に故障モードに突入し、

回転を上げない!とか、

変速しない!とか、

車の安全を確保してくれるモード!

というと非常に優しいかと思います。



車は走行が出来ないだけでありますので、

死を覚悟する必要はございませんが、

飛行機やヘリコプターなどは、

エンジン止まったら落ちて死んでまうがな!

でありますので、

飛行機やヘリコプターなどは

車以上に安全を確保してくれるモードが

存在するのであります。(マメ知識)











イメージ 5

と言う事で早速、

点検&修理を進めてまいりますが、

念のためリフトアップして、

まずはミッション廻りを点検!

オイル漏れもありませんし、

ハーネスが外れかかっていたり、

見た目に怪しいところもありませんでした。



診断機では、

シフトソレノイドA 電気系統

と出ておりますので、

絞込みやすいかと思いきや!

この系統というのが非常に厄介であります。



じゃーその系統とやらを調べてみましょう!

と言う事で、

プレマシーのATミッションが

どのように制御されているのかを

調べてみたところ、

エンジンコンピューター(ECU)

ATコンピューター(TCM)

ATミッション(内のソレノイド)


とやりとりしておりまして、

これを全部ひっくるめて系統であります。



ECU → TCMもやり取りをしているので、

E/G & ATのチェックランプを

同時にペカらせている!と言う事になり、

さらに「↓」は配線を意味しますので、

配線の断線も絡んでくるという訳であります。



いや~~厄介な匂いプンプンですね~~。



この場合、

プロの修理屋さんはどのようにして

攻めていくのかと申しますと、

ECU & TCMは単体点検は出来ずで部品がお高い。

ミンション本体がNGだともっとお高い。

配線は事故でもない限り

断線はしないだろうとおもふ。ガーン

などと考えながら、

一番お安くて一番怪しいところから

攻めていくのでありますが、

ある種の消去法となりますので、

そこを攻めても絶対直る!

という保障がなく、

その事を十分オーナー様に

ご理解いただく必要があります。m(_ _)m



当店でもディーラーに

技術的な相談をしながら

資料を取り寄せてみたりしましたが、

不具合が起きる箇所は複数あるようでして、

一番可能性が高く事例も多い

ここから攻めてみることにいたしました。グッ



と言う事で作業を進めながら

ご説明いたしますねん。










イメージ 6

ATミッション内部に存在する

ソレノイドバルブ!

と言う部品を交換していきますので、

まずはATFを抜き取っていきます。グッ










イメージ 7

で、オイルパンを外すと、

コントロールバルブがこんにちは。パー



このコントロールバルブの中は、

入ったら最後!抜け出せないかもよ~

くらい細かい迷路になっておりまして、

ソレノイドバルブがON/OFFする事で、

迷路の通路を変えながら各所に油圧をかけ、

ギヤが変速していく!

という仕組みでございます。m(_ _)m










イメージ 8

シフトソレノイドA 電気系統

と言う事をを中心に考えますと、

一番怪しいソレノイドはこれざます。チョキ



同じ品番のソレノイドが全部で4つ!

また違う品番のソレノイドが3つ!だったかな?

たくさんのソレノイドが存在し

それぞれ仕事をしている訳であります。



でオーナー様と相談した結果

1つずつソレノイドを交換していくと、

その都度オイルパンの脱着と

オイルの補充が必要となりますよて、

一番怪しい箇所を含めた

3つ並んでいるソレノイドは

全て交換していく事になりました。











イメージ 9

と言う事で、

ソレノイドバルブを取り外します。グッ










イメージ 10

旧ソレノイドバルブ(上)に

NEWソレノイドバルブ(下)

でございます。










イメージ 11

オイルフィルターも同時に交換!












イメージ 12

オイルパンは

当店のジェットウォッシャーで

丸洗いの刑にして・・・











イメージ 13

古い液状ガスケットをキレイに除去してから

NEW液状ガスケットをぬりぬりして・・・










イメージ 14

取り付ければ、

ソレノイドバルブの交換作業完了!グッ











イメージ 15

でATFを入れ替えていきますが、

今回はこの子の力も借りる事に。



WAKO'S ATF Premium S

でございます。グッ



ミッション本体、

もしくはコントロールバルブ内部の詰まり

なども可能性としては否めませんので、

偉いATFの力を借りて、

内部もスムーズにしてあげましょう!

という作戦であります。

が!さらに!











イメージ 16

こちらの

WAKO'S AT PLUS

の力も借りていく事にいたしました。グッ



無事に修理が完了すれば、

レスポンスアップ!

変速ショックもスムーズ!

燃費向上!

といたせりつくせりな

ATになりますよて、

オーナー様にも了解を得て、

こちらを使っていくことになりました。m(_ _)m












イメージ 17

WAKO'S ATFをドクドクドク・・・

まずは補充だけして、

チェックランプがペカらないか

試運転を実施していきます。



すると~~~

工場長が2、3発試運転を実施しても

チェックランプはおとなしいまま!

直ったんじゃね???チョキ

と顔からは笑みがこぼれ、

大丈夫そうだなぁ~と判断したところで・・・











イメージ 18

2回目3回目のATF交換と続き、

最後にAT PLUSをドクドクドク・・・



で一旦エンジン&ミッションを

クールダウンさせて、

最終チェックの為に、

今度は私が試運転を実施!

すると~~~










イメージ 19

ぐはっ!ペカリやがった~~ショック!ショック!ショック!

であります。



半分涙目になりながら、

工場に戻り

すごろくで言うところの

振り出しに戻る!状態となりました。










イメージ 20

ディーラー様からいただいた資料をもとに、

次なる作戦をねるねるねるねしていきますが、

配線の断線もあながちありがち!

とお聞きしておりましたので、

念の為、

シフトソレノイドA 電気系統

の配線を引き直す事にいたしました。










イメージ 21

TCM → ATミッション間の配線を

引き直しますよて、

アクセスできるように

補機類を外していきますが、

TCMはミッション上部に固定されているため、

バッテリーにECU、

エアクリBOXなどを外していかねばなりません。








イメージ 22

まずはミッション側のハーネスから

ハンダを使って結線!

普段からハンダをよく使うようになりましたので、

仕事が早くなりますた。チョキ










イメージ 23

でTCMのコネクター部分にもハンドゥ!











イメージ 24

あとはキレイにまとめれば作業完了!



で再び試運転を開始!

いいんじゃね?

いいんじゃね?

ペカらないし。

直ったんじゃね?

と思いましたが、

ソレノイドの時と同じように

そう思った途端ペカリ!も考えられますよて、

翌日の朝一で再び試運転を実施する事に

すると~~~











イメージ 25

だはっ!

やっぱダメか~~~。

でございました。ガーンガーンガーン



その都度オーナー様には

経過報告を入れておりますが、

プロの修理屋として、

だんだん意地になってきたざます。



次なる可能性を考えていかねばなりませんが、

残るはお高い部品の交換を残すのみ!

となりましたので、

費用も跳ね上がってきてしまいまふ。



是が非でも直してあげたいという

気持ちがありますが、

オーナー様のご負担も

考えていかねばなりませんし・・・

などと考えつつ進めていかねばなりませんが、

次に怪しい箇所はというと・・・

TCMでございます。



このTCMの不具合も、

ソレノイドの次に多い

不具合のようでありますので

次に攻めたい箇所であります。



しかし!

TCMのお値段・・・

約5諭吉いたします。



中古でも良いので、

生きているTCMが手元にあれば、

1度交換してみて

症状を確認する事が出来るのですが、

当然そのようなTCMは

当店では持ち合わせておりません。



オーナー様にご連絡をして

次なる作業!

TCM交換の相談をさせていただいたところ、

オーナー様のお知り合いで、

中古部品商さんに勤めている友人がいるとのお話で、

手配してみます。

と言う事になり

部品待ちとなった訳でありますが・・・












イメージ 26

ざんね~~~~~~ん!

違うものが届いてしまったざます。



オーナー様に、

違うのきちゃいましたよー!

とお話させていただいたところ、

ならば一か八か新品で交換してみましょう!

と言う事になりました。グッ












イメージ 27

早速部品屋さんに

ウルトラスーパー超特急!で~~

とお願いをして

部品が届くまでの間に、

TCMを取り外しておき、

納車予定日の前日の朝一で部品が入庫!













イメージ 28

大至急、TCMを取り付けてから・・・












イメージ 29

診断機を使ってエラーコードを

リセットしてからの、

試運転を実施!



納車ギリギリまで、

4セットほど試運転を実施し、

都合30kmほど乗ってみましたが、

チェックランプは

ペカらないようになりました。グッ



再度、

不具合が起きていたであろう

TCMを取り付けて、

チェックランプがペカれば、

TCMで確定!となりますが、

お時間の都合でそこまでの作業は

実施できなかったものの、

手応えアリ!でございましたので、

一旦修理完了となりました。m(_ _)m



オーナー様には、

今回の作業を

写真を見ながらご説明させていただき、

無事に納車させていただきました。m(_ _)m



チェックランプが再びペかる可能性も

ゼロではありませんが、

恐らくは大丈夫ではないかと思います。チョキ



現在のお車は、

昔の車と比べると

制御が複雑でありますが、

その反面、

CAN通信などの採用により、

配線の数は少なくなっております。



よって、

昔ならば、

テスターを使って、

電圧や抵抗の数値を調べたり、

導通などの点検を行う事で、

ここじゃんか~~!

と故障箇所をピンポイントで発見できましたが、

現在のお車は、

センサーやCPUなどの

単体点検が出来ないため、

消去法での修理も

やむを得ない場合が多くなります。



そして消去法での作業を実施する際には、

お時間や費用などに関しましても

お客様のご理解が

必要になるのであります。m(_ _)m




久々に、

頭から湯気が出るほどに考えながら行った

修理でございましたが、

確信までには至らなかったものの、

手応えあり!まで完了して

本当に良かったであります。



そして、

貴重な勉強をさせていただきました。m(_ _)m



オーナー様!

プレマシーのAT修理、

ほぼほぼ大丈夫かと思いますが、

万が一!再びペカリましたら、

大至急!ご連絡下さいませ。m(_ _)m



直るまでトコトンがんばってみますので。パー








E/G & ATチェックランプが点灯し、

意地になりながらも

あの手この手で作業を行いました、

マツダ・プレマシーの

修理の様子でございました。m(_ _)m














では本日はこの辺でパー
↑バイバーイパー
















イメージ 1
※キャンペーン情報は画像をクリック!

RECSキャンペーン実施中!


ご予約はお早めに。グッ





 
イメージ 25

にほんブログ村

↑↑↑ 1日1回ポチッとお願いいたします。


公式facebook

イメージ 19


佐藤自動車のfacebookページで
ブログの更新をお知らせしております。

「友達リクエスト」と「いいね!」
をお待ちしておりますm(_ _)m




イメージ 12

***  10周年記念粗品  ***
*** プレゼント実施中 ***



車検・修理・鈑金のご依頼はこちらまで

↓↓↓ 佐藤自動車HP ↓↓↓
http://www.sato-kuruma.co.jp


クレジットカードのご利用が可能になりました。