最新巻の32巻を読みました。

感想はと言えば。

思えば遠くに来たもんだ・・・としみじみ思いました。

第1巻を読んだ時は、まさかここまでスケールの大きなお話になるなんて想像もできなかった。

物語が進むほどに絶望が増していくばかり。

なんでこんなことに?

他に方法はなかった?

作者はこういうかもしれない。

現実の世界を見てごらん。知ってごらん。

一緒だよ。なにも違わないよ、と。

進撃の巨人の世界が悲劇と憎悪と憤怒に満ちているならば、今自分たちが生きている世界も全く同じなんだよ、と。

まもなくクライマックスを迎えるこの壮大な物語の最後を見届けたいと思いますが、終わってほしくない気もします。

読むのが怖い・・・

 

 

 

台風12号が逸れてくれてひと安心でした。

雨風の被害を怖れていたのですが、たいしたことがなくて本当によかったです。

さて。

シャワーホースとヘッドを交換しました。

経年劣化でまずシャワーホースとヘッドのつなぎ目やホースの根元のつなぎ目が水漏れをするケースが多いです。

パッキンの劣化などさまざまな原因はあるにしても、やはり古くなると不具合を起こすものです。

ちなみに、意外と気が付かないのがシャワーヘッドの吐水口の目づまりです。細かい穴から湯水が出る構造上、汚れや水垢などで目づまりをしているのです。

なので、ヘッドを交換すると、湯水の勢いが強くなった!といわれることがよくあります。

知らず知らずのうちに、ということですね。

なかなかシャワーヘッドの内部まで分解してお掃除するというのはやらないものですからね。

台風12号が近づいてきています。

少し進路が東に逸れて関東直撃は免れそうですが、油断は禁物。自然の力をあなどってはなりません。

今回は雨台風などと呼ばれています。

大雨にはくれぐれもご注意くださいね。

 

サッシ、ガラス関係の値上げの連絡が、代理店から来ました。

商品にもよりますが、値上がりの幅は2~15%とのことです。

理由としては、原材料、諸資材、物流コストの高騰だとか。

まあ、値上げの際には、いつもこのような事情が謳われるものですが。おそらくは、コロナ禍による需要の落ち込みを補填したいという思惑もあるのではないかと睨んでいますが、はたして・・・

9月~10月にかけて、残念ながら値上げの秋です。

LED照明は10年持つ!寿命は40,000時間!

というのが定説なのですが、中には例外もあるようです。

 

消えました。

切れました。

メーカーのうたい文句の半分も経っていないというのに・・・

これじゃ蛍光灯と変わらない。

機械モノには当たり外れがあるといいますが、ちょっと残念。

高い買い物をして、外れ、では納得いかないですね。

白熱灯も蛍光灯もなくなるので、いやでもLEDを使用せざるを得ないのですが・・・

メーカーには品質の保持と向上をお願いします!