その5(№5433.)から続く

昭和60(1985)年3月14日、東北・上越新幹線は遂に上野への乗り入れを果たします。国鉄はこれを機に、全面ダイヤ改正を実施します(以下この改正を「60.3」という)。
それと入れ代わるように、ダイヤ改正前日の昭和60年3月13日をもって「新幹線リレー号」は運転を終了。昭和57(1982)年6月の東北新幹線暫定開業から数えれば3年弱にわたり、185-200は新幹線アクセス輸送の重責を見事に務め上げました。
さて、そうなると185-200が余剰となりますが、「60.3」で満を持して上野発着の短中距離急行が全て185-200による運転となり、同時に全面特急化されます。
全面特急化された列車は以下のとおり。

① 特急「谷川」と急行「ゆけむり」(上野-水上、臨時で越後湯沢・石打へ延長)を全て「新特急谷川」に一本化。
② 特急「白根」と急行「草津」(上野-万座・鹿沢口)を全て「新特急草津」に一本化。
③ 特急「あかぎ」と急行「はるな」(上野-前橋)を全て「新特急あかぎ」に一本化。
④ 急行「なすの」(上野-宇都宮・黒磯)を「新特急なすの」に格上げ。
⑤ 急行「わたらせ」(上野-小山経由両毛線直通)は廃止。

「わたらせ」廃止はあったものの、上野発着の短中距離急行を全て185-200に置き換えてもなお、7連×4本の余剰が生じました。その4本の余剰となった編成は、ダイヤ改正以降、田町電車区(当時)に転属して「踊り子」運用に供されることになります。「踊り子」転用の準備はダイヤ改正前から行われ、一部には田町への転属を前に、オーソドックスな横ストライプから、185-0と同じ斜めストライプに変更された編成もありました。この変更編成は、ダイヤ改正を前にした昭和60年2月ころから出現し、オリジナルのカラーリングの編成と併結されて「新幹線リレー号」に充当されるなど、上野口では異彩を放っていました。
なお、この改正で地味ながら重要な変化として、「白根」という列車名が消えたことを指摘しておきましょう。「白根」は昭和40年代の短距離行楽特急の運転ブームに伴って登場した列車で、運転開始当初は157系、その後は183-1000が使用されてきましたが、一貫して臨時列車としての設定でした。それが昭和57(1982)年11月の改正で「白根」は定期列車となったのですが、使用車両は臨時列車時代の183-1000から185-200に変更され、定期列車となったものの車両のグレードが落ちたことは、やや残念な感じがしたものです。もしも新幹線リレー号用に、185-200ではなく「183-2000」が投入されていたら、一体どうなっていたでしょうか。案外「183-2000」の中から189系などに改造されるものが出てきたかもしれません。

…余談はさておき。

ところで、↑の①ないし⑤でお気づきかと思いますが、列車名がこれまでにない「新特急〇〇」となっています。
これは当時の国鉄当局が、特に上野発着の185系を使用する短距離特急群について、自由席を主体とし、かつ特急料金を安めに抑えるという特急政策をとって、利用促進を図ったことが理由です。これらの列車の特急料金は、以前に「踊り子」などで採用された安めの特急料金(B料金)とされましたが、50km以下の利用であれば、「踊り子」よりもさらに安く、急行と同じ500円(当時)での利用を可能としました。
さらに、従来の国鉄では、定期券での特急への乗車を認めていなかったのですが(ただし、地元管理局の判断で末端区間など一部の利用を認めていたところはあったようである)、「新特急」では自由席に限り定期券での乗車を可能にし、通勤通学客にも門戸を開きました。
これらの施策は、既に同じ車内設備を備えた185-0が特急「踊り子」として運用されていることから、同じ185-200を運用している上野発着の列車を急行のままにしておくわけにはいかず、特急にしないわけにはいかないこと、さりとて以前の急行時代よりも料金が高額になっていることは事実なので、通常の特急料金を徴収するのは気が引けたと見えて、料金を安めに抑えたということです。身も蓋もないことを言ってしまえば、国鉄当局としては、「実質的な値上げではないか」とか「ボッタクリ特急」などという、利用者やメディアからの批判をかわす狙いをもっていたことは確かでしょう。
しかもこれらの列車は、種別こそ「特急」ですが、急行時代と大して停車駅は変わっておらず、並行して走る特急列車から比べると、どうしても一枚も二枚も落ちる印象がありました。例えば、高崎線系統であれば「あさま」「白山」があり、それらの列車の大半は、上野-高崎間の停車駅は大宮だけで、その停車駅の少なさは際立っていました。対する「新特急谷川」「新特急あかぎ」「新特急草津」は、大宮・熊谷の他にも赤羽・深谷・本庄にも停車、さらにかつて「とき」「いなほ」が1本たりとも停車しなかった新前橋に停車し、そこで分割併合を行うダイヤは、急行時代と大差ありませんでした。もっとも、新前橋停車は分割併合の便宜のためで、同駅が車両基地(新前橋電車区)に隣接していて、要員も揃っていることが理由です。スピードを考えるなら新前橋を通過にして、高崎又は渋川で分割併合すべきなのですが、そうなると要員の配置が分散してしまうので、当時の国鉄の状況では是認できるものではなかったようです。
同じように、「新特急なすの」が走る東北線でも、上野-黒磯間に「つばさ」「あいづ」が1往復ずつ走っていましたが(これらはダイヤ改正後も存置された)、両列車とも同区間の停車駅は大宮・宇都宮と西那須野(あいづ)だけ。対する「新特急なすの」は、赤羽・久喜・古河・小山・宇都宮・矢板・氏家にも停車。こちらも急行時代と同じです。
ありていに言えば、「新特急」なる冠は、一人前の「特急」とは認められない列車であり、「準特急」なのだという烙印を押すのと同じ意味があったように思われます。ここで当連載のタイトルが生きてくるわけですが、0番代・200番代問わず、およそ185系を使用する列車は、一人前の「特急」ではない「準特急」なのだという印象を深くします。
しかし、新幹線と完全に並行する区間で「新特急なすの」が走っていたのですから、新幹線では不便な小山からの両毛線直通、つまり「わたらせ」が新特急になっていてもおかしくなかったような気がしますが、実際には廃止されてしまいました。あちらはやはり、東武が強かったからでしょうか。末期の「わたらせ」は165系の3連でしたし、需要もそもそもその程度だったのでしょう。「60.3」で「わたらせ」が廃止されたことで、小山経由の両毛線直通の優等列車の歴史が閉じられることになりました。

さて、これで185系は、房総以外の首都圏の短距離特急の運用をほぼ一手に収め、確固たる地位を築いたことになります。
そして「新幹線リレー号」廃止であぶれた185-200を受け入れた田町電車区(当時)では、「踊り子」の車種統一が図られることになりました。次回はそのあたりのお話を。

-その7へ続く-

 

小ネタの部類に属するネタですが、備忘録として。

内容はタイトルのとおりでございます。メモリの肥やしにするのも勿体ないので。

 

都営浅草線~京急の相互直通運転ルートには、都営車が本線の奥深くまで乗り入れる運用がいくつかありますが、こちらの逗子線直通エアポート急行もそのひとつ。以前は逗子線の終点は「新逗子」だったものですが、改称され「逗子・葉山」になりました。

したがって、この車両も「逗子・葉山」を表示している…はずなのですが、LEDが切れまくっています(^_^;)

 

ところで、5500形の先頭部には電気連結器が装備されていますが、これは京急線内で600形や新1000形の4連を増結するためだといわれています。もし実現すれば、大手私鉄では数少ない、異なる鉄道事業者の車両同士の併結運用ということになりますが、それが実現するとしたら、是非とも見てみたいものです。それと「成田スカイアクセス」を「アクセス特急」として爆走する姿も。

2月中にこのネタは出しておかないと(^_^;)

 

去る2月23日は、天皇陛下のお誕生日。戦前までは「天長節」とされた祭日です。

祭日ということで、日の丸をつけた晴れがましい都営バスを…と思ったのですが、既に「紀元節」こと建国記念の日にバスを撮影したことでもあり、今回は渋谷駅と新橋駅の各ターミナルで軽く撮影することにしました。

 

まずは渋谷駅から。

渋谷駅東口ターミナルを発着する都営バスの路線は、「渋88」を除き、全て渋谷営業所の所管路線となっています。渋谷駅発着路線は、他にも「渋66」「早81」「池86」がありますが、これらは東口ターミナルには入りません。

 

まずは新型エルガに挟まれた三菱エアロ。

 

これは左が田87、右が都06

 

彼らの前を横切っていく東急バスが、お尻だけ写っています。

 

「渋71」か「渋72」か

 

東口ターミナルに発着する東急バスは、現在は「渋71」「渋72」のみになってしまいました。どちらも狭隘ルートを走行するので、中型車の限定運用となっています。

 

こちらは新型エルガの3台並び。

 

なかなかに壮観

 

バスの世界では、新型エルガがすっかり多数派になってしまいました。

 

このあと「都01」に乗り新橋へ。

新橋駅ターミナルでは、「都06」充当中の日デスぺランを撮影。

 

S644(平成20年度車)

 

どうしてもここは晴れていると撮影が難しいな(^_^;)

都営バスの日デは、平成18(2006)年度のP代車と平成20(2008)年度のS代車でまとまった数が導入されていますが、その2年後に日産ディーゼルがバスの製造を取り止めたことから、都営バスへの納車はS代が最後になっています。今年はP代が淘汰の対象になる年代でもあり、これらP代・S代の記録は急がなければいけません。

 

こちらは「橋63」充当中の、小滝橋のR代(平成19年度車)。正面とリアをノーキャプションで。

 

 

 

この車、いすゞエルガとほとんど違いませんが、実は日野車(レインボーⅡ)。

どこで違いが分かるかというと、正面の前照灯。いすゞエルガは縦に2段になっていて、全体では4灯になっていますが、こちらは大きなものが左右に各1灯のみ。つまり「2つ目」か「4つ目」かで、エルガかレインボーⅡかがわかるわけでして。

しかし、エルガ・レインボーⅡともども、モデルチェンジがなされた今となっては、灯具類まで全く同じ配置となってしまい、運転席のハンドルを見なければわからなくなってしまいました。

R代のレインボーⅡは、今すぐどうこうというわけではありませんが、今のうちから記録しておきたいところです。

 

最後は、バスターミナルから離れた場所に発着する、「業10」の三菱エアロ。

 

行先は「新橋」

 

「業10」の行先は「新橋」であり、他系統のように「新橋駅」ではありません。これはやはり、他系統とは違い、ターミナルに入らないことが理由なんでしょうか。

しかし平日・土日祭日とも、夜8時以降はターミナルに入りますので、夜8時前後に新橋に到着する便に乗ると、数寄屋橋から新橋駅ターミナルに入るルートで乗れます。それ以上に遅くなると、中央通り経由になります。「橋86」が通らなくなって20年以上が経過しますが、銀座の中央通りを通る路線バスは、夜間の「業10」だけになりました。

 

…とここまで見てきて思ったこと。

 

スカニアもSORAも撮ってねえ(´・ω・`)

 

あとは3月20日(春分の日)か4月29日(昭和の日)か、それまで待つか。

 

川崎市の南武支線の新駅・小田栄。

5年前の3月に開業した駅ですが、もうすぐ開業から満5年を迎えます。

 

ところで、小田栄駅といえば、ICカードで乗車する際には、隣の川崎新町駅と同じ扱いになっていて、川崎新町-小田栄間のみを乗るときはICカードが使えなかったものですが(同じ駅での入場・出場ということになるので、エラーになる)、昨年のダイヤ改正から、晴れてICカードでも川崎新町駅と別の扱いとなりました。つまり、昨年のダイヤ改正の時点で、小田栄駅が本設化されたことになります。

 

そのことを告知するポスターがこちら。

 

「小田栄駅発着又は経由」でないと乗降できない旨の告知

 

写真のポスターの黄色い部分に、別駅扱いになったことが記載されています。

 

こちらが運賃表。

 

川崎駅に達していないのは

 

確かにこの駅から武蔵小杉方面への利便性は格段に向上しましたが、川崎駅には直につながっていないため(尻手での乗り換えが必要)、川崎駅へはバス(川崎市バス・川崎鶴見臨港バス)の方が利便性で勝っています。もっとも、かつてあった川崎駅から南武支線への連絡線を復活させようという動きもあるようですが、今のところ具体化には至っていません。

 

ちょうど浜川崎行きが来たので、停車中の姿を撮影。

 

205系の改造車2連

 

205系は、山手線にいた一団が平成14(2002)年から17(2005)年にかけて、様々な路線へ転用されましたが、先頭車が圧倒的に少なかったため、改造により運転台を取り付けた車も多数ありました。現在南武支線や鶴見線、仙石線で走っているものは、先頭車全てが改造車となっています。

205系も活躍の範囲が狭まり、最近は南武支線と鶴見線の他、仙石線・日光線・東北本線(宇都宮-黒磯)のみとなっていますが、南武支線と鶴見線にはハイブリッド車が導入されるという噂があります。そうなると205系改造車の去就が注目されますが、どうなるんでしょうか。最後まで205系が残るのはどこなのか。あるいは日光線かもしれません。

 

こちらは小田栄駅の真ん前にある、川崎駅行きバスの停留所。その名も「小田踏切」。

 

島のような区画がバス停

 

本数はどのくらいかを見てみると…。

 

かなりの本数なのだが…。

 

これだけ見るとかなり多いといえますが、実は小田栄駅開業時には、もっと頻発していました。それが分かるのがこちら↓

 

160503_150051.jpg

現在より多い本数(以前の記事から転載)

 

やはりバスの乗客が減っているということなのでしょうか。

しかしやはり、電車は30分間隔にしてほしいところ。

 

◇関連記事

 

 

【令和2年9月22日 全面改訂・同日施行】

【令和2年12月2日 一部改訂・同日施行】

【令和3年2月28日 一部改訂・同日施行】


以前から「お願い」をアップしていたところではありますが、今回、余りにも目に余る投稿が続きましたので(公開している投稿ばかりではありません)、このたび「お願い」を全面改訂の上、新たにアップさせていただくことにしました。
本当はこんなことはいちいち明文化したくないのですが、ネット空間は性善説だけで成り立つものではないのも事実。
ご一読いただければ、ごく常識的なことを記載していることは、お分かり頂けるものと思います。

第1条(当ブログの基本的な性格)
当ブログは、管理人が趣味的見地から記事を作成・公開しております。したがいまして、当ブログの記事の内容や真偽について鉄道会社・バス会社・鉄道模型メーカーなど関係各所へのお問い合わせは、絶対にお止め願います。

第2条(当ブログの記事内のデータ等について)
1 当ブログの各記事は、特記なき限り全て記事を作成した当時のデータに基づいています。各記事については、路線の廃止、運賃の値上げ、列車種別の変更又は立ち入りできた場所が立ち入り禁止になった、もしくはリンクを貼ったサイトがリンク切れになってしまったなど、事後のデータ又は状況の変更を手当てすることは原則として行いません。閲覧者各位が当ブログの古い記事を参考にされる場合は、自己責任でお願いいたします。
2 当ブログの各記事は、管理人が関係各位様より図っていただいたと同等の便宜を図ることを保障するものではありません。

第3条(管理人及びコメント投稿者の免責)
当ブログの各記事ないしコメントを信用したことにより、閲覧者が損害を被った場合でも、管理人及びコメント投稿者のいずれとも、一切責任を負いません。

第4条(リンク)
1 当ブログはリンクフリーです。ただし、当方からのリンクの設定及びその継続は、管理人の任意とします。
2 当ブログで掲載している写真は、一部を除き管理人自身が撮影していますので、著作権は管理人が有しております。したがいまして、画像への直接リンクや他のインターネットサイト上への貼り付けは、当ブログ管理人に著作権がある旨を明示しているか否かを問わず、固くお断りします。

第5条(コメントの承認制)
コメントは、全て承認制とします。

第6条(コメントへのハンドルネームの記載)
コメントには必ずハンドルネーム(HN)の記載をお願いいたします。

第7条(コメントの承認及びレスについて)
1 当ブログにいただいたコメントは、次条に該当する問題がなければ、できるだけ早く承認して公開します。
2 都合により、記事アップとコメントの承認又はレス、もしくはレス相互の順番が前後することがあります。
3 コメントの公開は、管理人がレスを差し上げるべき義務を負うものではありません。

 以上にかかわらず、管理人への私信としてのコメントを下さる場合には、冒頭に「非公開希望」又はそれに類する文言を記載してください。

第8条(コメントの不承認)
以下に該当するコメントは承認しません。
一 HN記載が無いか、「名無し」「通りすがり」又はこれらに準ずる無責任なHNを冠したもの、もしくは同一人物が複数のHNを使用しているとみられるもの
二 同一内容を他の掲示板ないしよそのブログのコメント欄などに投稿する行為
三 鉄道会社又は鉄道模型メーカーの公式発表前の情報
四 管理人又はコメント投稿者に情報を求めるもの

五 管理人又はコメント投稿者に対する暴言、誹謗、個人を特定できる情報の暴露、その他個人攻撃など、管理人とコミュニケーションを図る意思がないと認められるもの
六 知識又は妄想の披瀝もしくは特定の事業者に対するクレームなど、管理人がレスを差し上げることに窮する内容のもの
七 第三者への呼びかけなど、コメント欄を掲示板として使用すること
八 アスキーアートの貼り付け(誰が見ても分かる・一行で表示できる顔文字を除く)
九 記事本文で実名を公表していない模型店又は飲食店等の実名を指摘するもの
十 宣伝
十一 その他当ブログの記事の内容と関連性のないもの、又は当ブログの雰囲気にそぐわないと管理人が認めるもの

第9条(同前)
一度公開したコメントであっても、その後コメントの公開の継続が好ましくない事情があることが後日発覚した場合、管理人の判断で当該コメントを削除することがあります。

第10条(いわゆるネタバレコメントについて)
当ブログ連載記事又は旅先における実況中継記事(以下「連載等」といいます)に対するコメントに、その後の連載等の展開又は内容を暴露するか、もしくは強く示唆する内容が含まれる、いわゆるネタバレコメントにつきましては、管理人の判断で連載等が終了するか、又は管理人が適当と認める時期まで、コメントの公開を見合わせるなどの必要な措置をとることがあります。

第11条(悪質な者に対する管理人の措置)
1 管理人からの再三にわたるお願いにもかかわらず、上記の注意事項を遵守していただけない場合、管理人はアクセス禁止、コメント投稿のブロック、その他必要な措置をとらせていただくことがあります。
2 前項の措置をとる場合、管理人は事前に告知をすること及び事後に公表することのいずれに対しても義務を負わないものとします。


第12条(管理人の判断の権利及び説明の義務)
前条にかかわらず、コメントの承認・不承認、当方からのリンク設定、その他管理人の判断が必要な事項については、管理人のみが判断の権利を有し、かつ管理人は判断の理由に関する説明の義務を負わないものとします。

第13条(記事等の無断転載の禁止)
記事(写真を含む)及びコメントの無断転載は厳禁します。

第14条(当「お願い」の適用)
当ブログにご来訪いただいた時点で、管理人は、当「お願い」の各条項をご来訪の各位が承諾なされたものとみなします。

「さすらい館」を、どうぞよろしくお願い申し上げます。