その9(№6188.)から続く

昭和52(1977)年の長電への移籍から始まった、「青ガエル」一族の勢力の縮小。
今回と次回は、その過程を見ていきます。いよいよ寂しくなっていきますが、よろしくお付き合いのほどを。

【東横線からの撤退】
長電への移籍が始まる1年前の昭和51(1976)年。
この年、田園都市線での5連での運転が始まったことは以前に言及していますが、東横線では6連が7本残存していました。内訳はMcMTMc+McTcが1本、McTMc+McTMcが2本、McMMc+McTMcが1本、McMTMTMcの貫通編成が3本、他に休車のTが2両。このころは各停運用だけになってしまいました。少数派のクハ5150を組み込んだ編成も、東横線では1本を残すのみとなっています。
この翌年から翌々年にかけて、「青ガエル」のうち実に17両が長電へ移籍しています。特にクハ5150は昭和53(1978)年までに全車が長電へ移籍、東横線からも特徴ある風貌のクハが消滅しました。その間に東横線に投入されたのは8500系。8500系は8000系を新玉川線・田園都市線仕様に設計変更したものですが、このころから東横線にも配属されるようになりました(8617F以降)。その後は予備車も東横線と田園都市線で共通化されていたのか、平成の初めころまでの10年余りの間、8500系は入れ代わり立ち代わり東横線に顔を出すようになります。
8500系の増殖と入れ替わるように「青ガエル」は勢力を縮小していくのですが、昭和54(1979)年8月12日、田園都市線の運転系統の変更(従来は大井町-二子玉川園-長津田以遠の運転だったものが、長津田方面からの列車は一部を除いて新玉川線渋谷方面との直通運転に変更され、大井町-二子玉川園間は『大井町線』という独立の路線名称になった)が実施されたことで、東横線の5000系はさらなる勢力の縮小を余儀なくされます。このとき、東横線と田園都市線(運転系統変更後の大井町線)との間で大規模な車両のやり取りがあり、田園都市線で稼働していた6000・7000・7200系の各系列が大挙トレードされてきたため、「青ガエル」の居場所がなくなったことによります。
この時点で、東横線の5000系は6連が2本のみ。いよいよ先が見えた状態になりました。しかもそのうち1本は、5200系の4連の横浜方に5000系の2連をつないだもの(McMTMc+McMc。下線が5200系)。つまり、5000系のみの「清一色」編成は1本のみにまで縮小してしまったわけで、それも貫通編成ではないMcMTMc+McMcの併結編成。これでは「青ガエル」一族の東横線からの撤退も、もはや時間の問題といえました。
昭和55(1980)年からは、8500系編成に新造中間車を組み込んで、もともと組み込まれていた8000系の先頭車を摘出し、これらと新造した8000系中間車で編成を組ませて東横線に配属されるようになりました。この第一陣が8033F・8035Fの5連2本だったのですが、この5連2本こそが、まさしく「青ガエル」と「湯たんぽ」を東横線から放逐した編成でもありました。
この2編成が就役するのと入れ代わりに、5000系は同年3月29日の最終運用を最後に、発祥の路線である東横線から撤退することとなりました。それに先立つ同年3月16日には、5025-5106-5048+5047-5117-5026というオールM編成の6連が「東横線5000形さようなら運転会」なるヘッドマークを掲げてイベント走行を行い、最後の花道を飾っています。
結局、5000系は昭和29(1954)年の登場から四半世紀余となる26年で、発祥の路線である東横線を去ることになりました。5000系の撤退により、東横線所属車両は全車両ステンレス車に統一されています。5200系は大井町線へ転属、以前中間に組み込んでいたデハ5117を再度組み込んで5連化されています。

【目蒲線での活躍】
東横線からは撤退した5000系ですが、同じ年、新たに一部の車が目蒲線へ配属されました。
目蒲線での5000系の運用自体は、昭和45(1970)年に目黒-田園調布間での折返し限定運用がありましたが、あくまで臨時的なもの。また5200系も4連時代、やはり目黒-田園調布間の折返し運用に就いたことがありますが、こちらは田園都市線運用の間合い。いずれにしても、本格的な運用ではありませんでした。
本格的な5000系の目蒲線での運用は、東横線から撤退して半月強が経過した昭和55(1980)年4月15日。東横線からの撤退と目蒲線での運用開始との間にタイムラグがあるのは、配属先となる奥沢検車区の対応工事が必要だったため。これは、同系の車体長が18.5mと長いことから、検車区の検修ピット延長などの改良を施したものです。その上で、目蒲線で3連2本が運用を開始しました。編成構成はいずれもMcTMc。これは言うまでもなく、5000系の登場当時の編成構成。5000系は、東急の発祥の路線を、登場当時と同じ編成で走ることになりました。
目蒲線での5000系は、最終的に3連9本にまで増加します。

【遂に始まった廃車解体】
「青ガエル」登場30周年を前にした昭和57(1982)年。
この年、「青ガエル」一族に遂に、他のどこにも譲渡されないまま廃車解体される車、つまり「退役即廃車」になった車が出現しました。
その「退役即廃車第一号」は、中間電動車デハ5103。この車は、この年の6月17日付で、廃車解体処分となっています。この年はさらに、サハ5373・5374の2両が12月2日付で廃車解体処分となり、「青ガエル」の退潮傾向が強まったことを示す出来事となりました。
翌昭和58(1983)年には、5111(05/18)、5102(06/15)、5107(07/08)、5113(07/14)、5108(07/20)と、デハ5100形ばかり5両が廃車されています。

【5000系登場30年~その光と影】
そして迎えた「青ガエル」登場30周年のメモリアルイヤーである昭和59(1984)年。
この年の10月14日の鉄道記念日(現鉄道の日)、5000系登場30周年を寿ぎ「走る電車教室」臨時列車が運転されました。登場当時を思わせる、5003-5352-5004の3連が東横線を快走しています。
しかし、このような晴れがましい舞台こそ用意されたものの、もはや「青ガエル」一族の退潮傾向が止まることはありませんでした。
この年までに、長電はじめ地方私鉄に移籍した「青ガエル」一族は実に42両に達し(部品取り用として移籍した車を除く)、東急で稼働する車は57両にまで減少しました。「青ガエル」一族の総数は109両(5200系4両含む)ですから、半分近くにまで勢力を縮小したことになります。さらにこの年はデハ5100及びサハ5350が各1両(5119・5366)、それぞれ廃車解体処分となっています(いずれも同年5月17日付)。
編成数で見ても、大井町線では5連×5本(McTMTMcが1本、McTMMMcが4本)と5200系5連×1本(McMTMMc)、目蒲線では3連×9本(いずれもMcTMc)と、特に大井町線での勢力縮小が顕著になりました。

そして迎えた昭和60(1985)年。
この年、5000系は遂に大井町線からも撤退し、東急の路線上から消滅するカウントダウンモードに突入します。

-その11に続く-
 

快速電車で仙川から下高井戸へ。

下高井戸といえば東急世田谷線との接続駅ですが、世田谷線は地平のまま残ります。

 

下高井戸駅にあった高架化工事の案内看板がこちら。

 

パンフレットやQRコードもある

 

パンフレットは、04/28付のものが最新のようです。

 

下高井戸駅近辺の様子も変わりつつあります。

まずは橋上駅舎の上から、京王八王子方を望みます。

 

右の土地が更地になっている

 

ここは重機が土地をならしいました。

 

↑の写真の右側には、「下高井戸駅前市場」があったのですが、今年3月限りで全て店舗が撤退、建物も取り壊されてしまいました。ここは戦前から商店が集まり、戦後はバラックが建ち並んでいたそうで、21世紀に入ってもなお古き良き「昭和」の面影を残してきましたが、流石に時の流れには逆らえなかったようで。

 

更地になりバリケードに囲われている

 

このあたりは工事に支障するから取り壊したわけではなく、高架化工事の完成後に駅前広場を作るスペースを確保するための取り壊しのようです。以前一部が焼失した大阪十三の「ションベン横丁」もそうですが、小規模店舗が密集するエリアでは火災の危険が大きくなりますから、仕方ありません。

 

今度は各駅停車で代田橋へ。

 

突端には先客が

 

写真では分かりにくいかもしれませんが、下り線側には木材が敷かれて工事用の自動車が入ることができるようになっており、工事中のムードは濃厚に漂っています。

 

↑の写真を撮影したところで回れ右して撮影したのがこの写真。

 

緑の下には水の流れがある

 

これ、玉川上水緑道なんだそうです。水の流れも見えて、何となく阪神の武庫川駅のような印象もありますが、あちらとは川幅に歴然とした差があります。

 

ここから京王八王子方の部分が、バリケードに囲われています。それを駅の外の公道上からみたものがこちら。

 

こちらも物々しい雰囲気

 

地下の改札口や通路も、いかにも工事中である雰囲気が濃厚に漂っていたのですが、この時間は学校の下校時間であるためか乗降客が予想以上に多く、そちらの撮影は断念しました。迂闊に女子高生になどスマホを向けた日には、管理人のようなおっさんは不審者扱いされかねませんから笑い泣き

 

最後に、「高尾山グリーン」を撮影して締め。

 

まだ走ってたんだびっくり

 

この「高尾山グリーン」、9年前に登場したときは管理人も追いかけ回したものですが、当初は独自の広告が車内にも貼られていたものです。現在はどうなっているのか分かりませんが。

 

感想。

完成は令和12(2030)年度末ということですが、果たしてどうなるか。もっとも、一部区間で高架橋が建ち始めたということであれば、一度建てばあとはハイペースで進むのではないかとも思えます。ちなみにこの年は、北海道新幹線札幌開業の予定の年とされていましたが、それは間に合わないことが発表されています。したがってこちらの方が早く完成することは確実でしょう。

他方で、完成してしまえば、それは学生時代の管理人にとっても思い出深かった、明大前駅の光景が失われるということでもあり、それは勿体ない気もしますが、鉄道施設も進化を続けるものであり、それはやむを得ないのでしょう。

 

このシリーズ、最後に番外編として「このとき遭遇した車両」をまとめて終了したいと思います。

その1から続きます。

電車はさらに仙川へ。

 

もしかして:直上高架?

 

これは何なんだと思ったのですが、帰宅して工事概要のPDFファイルを見ると、仙川駅直前まで高架橋が続くようなので、やはりこれは直上高架とみるべきなのでしょう。

 

仙川駅で下車。運賃精算のため改札を出ます。

せっかくなので駅前広場を撮影。

 

広く見えるが案外狭い

 

バスやタクシーの乗場も整備されていますので、写真だと広く見えますが、実際にはそんなことはありません。写っている小田急バスも小型車ですし。

ちなみにこの仙川駅、列車接近メロディがどこかで聞いたことがあるような曲だったのですが、

 

おもちゃの兵隊のマーチ

(キユーピー3分クッキングのテーマ)

 

でした。

そしてそれは何故かというと、最近まで駅近くにキユーピーの工場があったから。工場は閉鎖となりましたが、会社の施設は今でもあるようです。

 

駅名標も。

 

ここは「せん『か』わ」ではなく「せん『が』わ」

 

仙川駅は濁るのですが、濁らない「せんかわ」駅もあります。

それは東京メトロ有楽町線・副都心線の「千川」駅。

以前に「青梅」と「青海」を間違えたアイドルがいたとか、「高島町」と「高島平」を間違えた人がいるとか、駅名の取り違えで全く違うところに行ってしまった例は結構あるようですが、仙川駅ではこういう掲示はしていないようです↓

 

 

ヤフーニュースになってたんだびっくり

「千川」と「仙川」を間違えたら、正しい方に行くまでには1時間くらいはかかりますから、取り違えには十分にご注意を笑い泣き

先週木曜(06/20)午後、管理人は京王線に赴き、代田橋~仙川間の高架化工事の進捗状況を視察して参りましたので、順次取り上げたいと思います。よろしくお付き合いのほどを。

 

井の頭線で明大前へ出ましたので、まずは京王線下り列車に乗って八幡山へ。この駅は、環状八号線(環八通り)との立体交差化の必要のため、かなり早期に高架化されている駅です。また上下とも外側に通過線が併設されており、停車列車の多くはここで通過待ちを行います。

優等列車の通過待ちの最中に、新宿方を撮影。

 

こちら側も高架でつながる

 

新宿方・京王八王子方とも高架でつながれば、踏切がなくなって渋滞解消が実現することは勿論、加えてその分線路のアップダウンが減るので、走行する電車のエネルギー消費量も減少することになります。

 

そしてこちらは京王八王子方。

こちらは2線の留置線がなくなったという話を聞いたのですが…ホーム上からだとうまく写真が撮れませんでした。

  

かくてはならじと、1本後の電車に乗り「かぶりつき」を敢行。

八幡山駅発車直後の写真がこちら↓

 

確かに線路が撤去されている

 

このあたりは、写真の左側に2線の留置線が伸びていました。しかも本線が地平に降りていくのに対し、留置線は高架。将来この高架橋を、高架化・複々線化のときに下り本線として使用する計画であると聞いたことがありますが、あえなく撤去されてしまいました。

留置線の高架橋の終端部分もこのとおり。

 

更地になってしまった

 

↑の写真を撮影した地点からすぐのところが芦花公園駅。

芦花公園駅はこんなことになっていました。

 

仮設・屋根なし・バリケード

 

これは下りホームの写真ですが、ホームが仮設化されています。また、バリケードの向こう側では、高架橋建設の工事が進められているようです(最初に下り線を高架化し、その後地上の下り線跡地を使って上り線を高架化する予定)。

 

これの次の電車で千歳烏山へ。

 

これは!

 

千歳烏山~仙川間では、写真のとおり高架橋が姿を現し始めています。

ちなみに、写っている上り列車は「サンリオキャラクターズトレイン」。このラッピングも今年で満6年。息の長い活躍となっています。

 

千歳烏山では下車せず、そのまま仙川へ向かいます。(続く)


【補足】(令和6年6月24日 05:40)

一部写真を削除しました。

 

 

 

今回は「鉄道本」のレビュー。実は「鉄道ファン」誌は、神田神保町の某書店でフラゲしたものだったのですが、発売日が21日なので、それまで取り上げずに来ました。

 

まず「鉄道ファン」誌から。

今月は「地下鉄最新事情」。最近はどこの地下鉄も新車投入などが相次いでおり、このような特集を組むのもタイムリーなことと思います。付録の「大手私鉄車両ファイル」ともども、資料性は抜群。

あまりネタバレはさせたくないのですが、1点だけ。

 

東急8500はまだ車籍があったんだびっくりびっくりびっくり

 

これが大きな驚きでした。

 

次は「私鉄車両年鑑2024」。

こちらは流石「年鑑」の看板に偽りはなく、大手私鉄16社の現役車両が全て網羅されています。

そして勿論、現有車両の編成表・配置表が巻末についているのもポイント高し。

 

しかし…。

この編成表・配置表、会社ごとに書式がバラバラで、読みにくいことこの上なし。

あまり言いたくはないが、ExcelなどのPCソフトで作成した表などをそのままプリントアウトして製本したんじゃあるまいな? これなら、「鉄道ファン」誌の付録の方に軍配が上がるなあ…。

もっとも、これは見方の問題なので、現有車両の詳細な情報が網羅されていることがありがたいことは確かですが。

 

苦言めいたことも言いましたが、資料性が抜群であることは確かですので、この2冊は「買い」であると思います。