出たー 見出し詐欺ぃ~!

でも、自分史上では間違いなく最大の難旅となるプランを、去年のGWにブチカマしてしまいました。

 

すっかり関西の山歩きに惹かれ、組んでしまった日程が、以下。

 

4/29(祝) 大阪街ブラ・金剛山山頂泊
4/30(土) ダイトレ後半(金剛山以西)
5/1(日) 熊野古道小辺路①
5/2(月) 熊野古道小辺路②
5/3(祝) 熊野古道小辺路③
5/4(祝) 熊野古道 那智神社まで
5/5(祝) 予備(調整)日
5/6(金) 京都トレイル①
5/7(土) 京都トレイル②
5/8(日) 京都トレイル③

 

土地勘も働かない処で、自分の歩行能力に見合ってるかも精査出来てるとは言えないのにこんな日程組んで大丈夫?

しかも前月の神戸六甲山縦走で足首を痛め、また冬場に発症する(腰ヘルニアの後遺症による)脚の痺れ、というダメージが出発直前に漸く収まった様な… という不安な状態抱えながら当日を迎えてしまった、のが正直なところでした。

 

さて、初日は大阪街ブラブラから始める計画で、なんばの早朝繁華街を歩きます。

7時台に開いている店舗はほぼ無かったが、立ち食い蕎麦屋・まつや で目論見通りの庶民食が味わえた。

うどん&親子丼のセットの¥460は東京ではもはや存在し得ないお値段かも。

 

このGW初日は天気予報が東京辺りでもダメダメで、当地での計画も前倒しした方が良いと判断。早々に河内長野駅に向かい、ダイヤモンドトレールのルートに手を(いや、脚だ)付ける事にしました。10日間相応の荷物をザックに詰めてきた訳ですが、目先二日間で不要な分は当駅のコインロッカーに預けておきます。出し入れ可能時間が6:00~22:00というのも意識しておかないと。

電車内から見た8時過ぎの金剛山の空模様。この状態で持ちこたえて…くれないものか。

 

駅からは路線バスで金剛山登山口方面へ。まずは、のお楽しみは近辺にある 千早川マス釣り場 のニジマス料理。すでに雨がパラパラしてました。

釣り堀が朝から営業している関係もあってか、早い時間から料理提供されていて有難い。

アライ・塩で食べる唐揚げ・塩焼きで固めたニジマスの定食。付け合わせの刺身こんにゃく(酢味噌タレ)もイカしてました。

2時間前に丼セット食べてるが、この時の我が胃袋は絶好調(笑)

 

退店したのは11時手前。あー、雨が強くなっちゃった。ただ初日の洗礼として受け入れるのみ。徒歩10分ほどで千早城址入口に着き、そこから登り始めです。

15分ほど登ったところに城址がありました。楠木正成公の最大の武功とも考えられる千早城の戦いの舞台ですね。斯様な由緒ある場所の神社にお参りできる機会にもなるなんて。

裏手を進んでいくとあずま屋に出くわしました。実は金剛山方面の正規のルートでなく、先を進んで辿り着けるか一抹の不安あり。

 

やがて、前回来た時の、何となく覚えのある丸太階段がお目見え。一段一段に水が溜まっていて新品の登山靴(既存の使い古しではこの10日間過ごすのは無理と判断し新調したもの)が早くもズブ濡れです。

とりあえず山頂に着いても当然ながら景色は望めず、雨露凌げる処で着ているものを大絞り。

神社仏閣が集中している箇所を過ぎ、山道にポツンと立っている鳥居が見えた。1年前の縦走前半で葛城山方面から登ってきた時に見た目印で、そこと繋がった。つまり、ダイトレ縦走の続き(後半)としてはここからになる訳です。

 

先を進むと頂上エリアの一角としてバーベキュー施設やキャンプ場がある ちはや園地 エリアとなります。晴れてたらサイコーであろう展望台に上ってもこの日は何も臨めないですね(苦笑)。

テント貼り用の立派なデッキ。本来はここで一晩明かし、翌明け方からスタートする計画でした。

しかし、この強雨の中でテント張ったり過ごしたりがとても難儀という事と、明日のタイトな行程をある程度緩やかにしておきたい考えで、少し先に進む、に変えたのです。

テント張りは事前予約しており、直接管理棟の人にキャンセルを伝えることができた(申し訳ありません)。役所の運営のためかキャンセル料も無しでした。

 

13時半を回ったところで改めて歩き始めるが、寝ぐらとして当たりを付けている処まで辿り着けるか…

 

木々に囲まれたエリアでカッパ着て歩くと、雨の強さを感じ取らずに進んで行ったりもしますが。

路面はもうグチャグチャだらけ。ああ、せっかくのおニューの靴が…

 

こんなコンディションで標準コースタイムレベルで歩けているのか、地図を出して現在位置確認などする気力は全く起きないが、とりあえず途中の目印スポットは見落とさずに進めている模様。

目当ての場所へ明るいうちに着けるか、を専ら気にしています。

 

おお、あれか。

事前調べで、寝場所は此処しかないと思っていた 行者杉 というスポットに16時前に到着です。

手前が小さな神社になっていて、その奥は屋根が付いている休憩所。内部に幅40cmほどの足場板めいた腰掛けが走らされていて、ちょっと寝返り打ったら転げ落ちてしまうシチュエーションと思うが、覚悟を決めて?寝袋一つでそこで就眠することにしました。

休憩処の地面にテント貼るだけのスペースはあったが、そこはもう水溜りが出来ていたんですね。

 

夕方には雨が上がる予報だったが、逆にどんどん激しさを増している。オマケに風もビュービュー吹き荒れる嵐状態にまで昇華する始末。

 

それでも、この休憩所のブリキ屋根および三方の壁は丈夫な造りの為か、ほぼ暴風雨から己を遮断してくれたものです。

 

 

<当日の行程>

千早城址口11:01→11:15千早城址→11:52金剛山登山道5合目→12:31金剛山山頂→12:59一の鳥居→13:16ちはや園地・キャンプ場13:31→14:02久留野峠→14:10中葛城山→14:29高谷山→15:21神福山→15:45行者杉(泊)

 

波乱な初日になっちゃったな…

 

 

よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

 

 

 

ヌメリたっぷりの静岡内陸温泉の記事を前回先に書いてしまいましたが、それは三箔四日旅の2日目のお話で、初日は旧友の墓参りの後、箱根滞在でした。

 

一軒家風の公衆浴場 二ノ平温泉 亀の湯 に立ち寄ったが以前感嘆した様なニュルニュル感が無い! むしろキシキシすら感じてしまった。

泉質変わっちゃったのかなあー、と。これも二年前の話です。

 

宿泊したのは仙石原の マウントビュー箱根。勿論、GoTo割引適用です。

温泉は名物・大涌谷からの造成泉を引き湯した白濁温泉pH2.0。

お風呂へのカメラ持ち込みはご遠慮を、と掲示があったが、これならセーフ? 白濁温泉は奥の屋根付き露天風呂で味わえました。

 

夕食タイム。

お刺身用の小皿は、何と富士山形状に醤油が溜まるというニクい仕掛け!

 

実は先ほどの大浴場は、内湯からして露天エリアからの冷たい空気が入って来る空間の造りになっていて、11月中旬にあってはそこそこ辛いものがあり、夜中(夜通し入浴可)は別にある家族風呂にちょくちょく出入りしていました。手狭な浴室が二か所隣り合っています。

フロントで渡された案内紙には温泉でないと書いてあったが、湯口周りは程々に析出物が付着していました。どゆこと?

 

朝食が並べられた食事処。大広間の畳み敷きにテーブルを並べるってスタイルに時々出くわすが、イマイチ調和が感じられない。

斯く言いつつも、箱根での貴重な滞在でありました。

 

 

翌朝は別の墓参り。広大な富士霊園敷地内に入るが、中の通路は(まず私道でしょうが)しっかりカーナビ地図に反映されていました(感心)。

さすが、富士山の麓。ここに眠る先人様達は日本一の主に見守られているのです。

実は箱根の宿で貰った商品券は、最寄りの道の駅で献花代に利用してしまいました。

売れなくなった花の行き先がニュースになるなどコロナで大打撃を受けた業種の一つでしたね…
マスコミ連中が連日「コロナ死者数〇千人」など悪意的に煽ってたからだ!

 

お昼はスーパーマーケットの バロー の駐車場で総菜弁当を頂く。本物を背後に、マスコットが大涌谷黒タマゴ君を侍らせてドヤ顔?

しかしこの第二東名高速道路沿いにあるバロー店舗のカーナビ案内は不適正過ぎて、設計者の胸ぐらでも掴みたくなった(今度は怒! バーロォ~!)。

 

その後の静岡県内での滞在の様子は前回記事にしていますが、チェックアウト後は宿泊先(一応静岡市葵区に属する梅ヶ島温泉)と山梨県身延町を結ぶ林道ルートを通って石和温泉方面に行くつもりでした。

実際は道崩落による通行止め。泊まった 民宿力休 の人の話では、平成初期に開通した道路だが事あるごとに道崩れを起こし、登山者の滑落事故もあったとの事で、この時の通行止めの原因は2019年の豪雨災害によるもの。

作業車まで土砂で埋まったこともあるし、復旧工事を買って出る業者がいない…と
 
そんな訳で海側の静岡市内まで出てから大回りで石和にアプローチです。

ただ、その方が宿で頂いた別の特典(左側の静岡県独自の商品券)を使う機会が得られるので、それでOK。

清水港の いちば館 内にある一店で、マグロを自分で一杯分盛ることができる まぐろいっぱい丼 を頂きます。

味の方は、前日に宿で頂いた(スーパーで調達したという)マグロの方がずっと美味かった様な…

 

その後の道中は方々で富士山を味わいます。

 

 

そうして春日居温泉郷(実質石和温泉と同義?)までやってきて 春日居びゅーホテル にチェックイン。暗くなるとホテル敷地内に入る曲がり角がわからない程ポツンとした処に立地してました。

見事な空間プロデュースっぷりを感じさせてくれた浴場。

この宿はは近くの他の系列ホテル(ホテル花いさわ、石和びゅーほてる)の温泉も利用できるというメリットで選び、1回ずつですがしっかり利用しています。どれも特にクセも無い、無色透明な単純温泉でした。

石和びゅーほてるの方は、近隣の一角に、ふとバンコクの路地かと思わさせられる光景の処があって微笑を誘われてしまいました。

 

夕食のビュッフェはカニが売りだったが、ドリア・タンドリーチキン・小籠包など多国籍メニューが楽しめました。

デザート類としてはパンナコッタがミルクティーの味でイカしてました!

 

夜半の浴場前、唐傘お化けめいた灯りが幻想的。

早朝の誰もいないロビー、軽く座って地元新聞の紙面をペラペラめくる程度の事しかしてないですが。

中央線沿いの立地でもあるため、出発前に良いタイミングで写真が撮れました。

斯くの如きの石和での貴重な滞在でありました。

 

この行脚四日目(最終日)は昼には帰京せねばならぬ用事があり、またまた一件の墓参りを済ませて、帰路の途についた次第です。

此度は神奈川・静岡・山梨と、霊峰富士が仰げる三県を叉にかけた、東京からのドライブ旅。
このコロナ元年(そんな言葉有るんか?)は富士登山は禁止とされ、己の百名山チャレンジで最後まで残ることになってしまった訳ですが、周囲方々から眺めてみるのもモチベーション維持に繋がり、次の年に無事に富士登山完遂できた…、とこじつけておきましょう。

 


自分がGoToトラベルを利用したのは以上で、総泊数は10でした。
この制度に「旅行したい人はそんな制度がなくとも行く(から無意味)」など、懐疑的な意見もありました。
己に関しては宿泊場所をグレードアップしたり、回数を増やしたりで、日本人同胞同士の暮らしの支え合いに繋がる行為に参加した一人として、無意味だとは全く思っていないですね。
これまで旅行に馴染みが無かった人に対しても、ハードルを下げたという事で利用の後押しになった様に思います。

そして何といっても、インバウンド客に過度に依存し、ややもすれば自国民をないがしろにする国家の姿勢への一石投じにもなったのではないでしょうか。(政府が行った事業なのだから自分で自分へ石を投げた、という事になる?)

 

 

よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村

此度は2020年11月中旬の温泉行脚記事です。

静岡県は内陸部にも良泉が分布していますが、ヌメりの凄い温泉を宿泊で味わおうという発想も、実はGoToがあって初めて思い立ったものでした。

 

まずは静岡市街から内陸へ北上して辿り着く、日帰り温泉施設の 口坂本温泉浴場。予想通り、幹線道路走って途中から険し目の細道になり、入口付近は一方通行にならざるを得ないほどのアクセス道です。

評判通りのヌメヌメ泉質。ナトリウム‐炭酸水素塩泉、37℃の露天風呂は周辺景色をじっくり見廻しながらの長湯が味わえる処でした。

内湯も同じ泉質のしっとり感なのですが、ガラガラなのは露天風呂にそれだけ魅力があるから?

館外周辺に軽い散歩道があります。

一段高くなった処から建物入口を…。大広間は100名収容できるほどで、地元民の憩いの場になっている様です。

僻地としてのロケーション味わい良し、超ヌメリ系の泉質も良し、そしてお値段も300円という廉価で素晴らしい、と長時間かけて訪れる価値アリアリの温泉施設、と言えましょう。

 

 

この日の宿泊場所は 梅ヶ島温泉  民宿力休(りきゅう)。口坂本から一旦南下し、Vカーブ描いてまた僻地?に向かう…というアプローチです。上り坂に沿って幾つか旅館が並んでおり、一番手前の宿になります。静岡内陸部では寸又峡温泉のヌメリっぷりは強烈な印象として残っているのですが、寸又峡とも直線距離ならば近いこの温泉地は正直、今回の計画立ての時まで存在を知らないに等しいものでした。

チェックインで中に入ると、入口のフィギュアコレクションがまず凄かった。

 

付近には神社のある温泉公園、源泉箇所をめぐる遊歩道を散策してみます。

開湯1700年の歴史説がある様ですが、それならば三大古湯あたりと肩を並べなくては。

夕暮れ時に見下ろす、しんみりした公園広場。

こんなささやかな光景に触れられるだけで、ここを訪れた感懐にふけってしまいます。

 

それでは晩メシ~! まず、身厚に切ってくれてるマグロ刺しがとても美味しかったです。

メインのイノシシ鍋は定番のゴボウが添えられてないが、エノキ茸や白菜で肉の臭みが取れるのかもしれません。

天ぷらのエビもプリップリ! 宿オリジナルの箸袋にも旅情を感じてしまいます。

長年、地に足を付けて宿を守ってきた(1966年には川の氾濫→土石流で温泉街自体が大災害を受け26名の死者を出した痛ましい歴史有り)証と感じるし、このコロナ禍で商売にならなくなったが、GoToトラベル事業があったことで何とか持ち直した、と此処の女将さんから直に伺ったものです。

 

お風呂は貸し切り制、脱衣所が広くないが気にするところではないですね。


お風呂自体も狭いのですが、湯のヌメリっぷりは評判通り。味に甘みもあります。

浴場に至近の部屋だった事もあり、ちょくちょく出入りを繰り返してました。

 

朝食にニジマスの甘露煮。

清々しい朝の紅葉を味わいつつ、チェックアウトです。

 

実は力休さんを含めた旅館群の並びの先にカーブがあって、そんな上部にもいくつかの旅館とバス発着地があるのでした。

コンパクトにまとまってる温泉地との印象を持ちましたが、一番栄えていた頃はさぞ賑やかだったのでしょうね…

 

その先には安倍峠という登山口があります。南アルプスの人気山・七面山などにも通じている様です。

そこは 安倍川もち で名を馳せる安部川上流域。ここで時間を費やす旅程ではなく、ちょっとだけ山道歩くにとどめ、引き返しました。

 

 

静岡市内方面に戻り、新東名高速道路付近の 平山温泉 龍泉荘 に立ち寄りです。

この小さな周回浴槽は、湯温の異なる三つに仕切られています。

御殿乳母の湯と名付けられ、しっとり・キシキシが同居した浴感でした。硫黄成分からくるタマゴ臭が漂い、湯の華だらけというウルトラ級の泉質、と言ってよいでしょう。

休憩場所がまた長閑としていて(人がいない時間帯だったから?)、脇を流れる川も落ち着きを与えてくれる雰囲気でありました。

 

 

 

 

よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村