あけましておめでとうございます🌅🎍⛩

去年出来なかった事、

そして、今しか出来ないこと、

アクセルとブレーキは難しいけれど、、、

はりきって歌って、喋って!!!

沢山皆さまに逢いたいと思っています!

本年も、どうぞよろしくお願いします。

佐々木秀実


今年も、いつものように大晦日はやってくる。
ふと気づいたら、大晦日。
そんな2020年の朝。

今年は、がむしゃらだった。

一人で行動する時間がすごく多かった。

時には、身体が2つ欲しいなぁと思った事が何度もあった。

自分にうまく向き合えなくて、「これ、厳しいよなぁ」と思う事もあった。

けれど、身体はいつもよりずっと丈夫だった。風邪などひかぬ一年だった。。

この事に感謝しなければいけないと思う!

来年が明日からやってくる。

先は見えないけど、

やれる事、今やるべき事、しっかりと!!

皆さま、来年もどうぞよろしくお願いします!

良いお年を!!


昨日、信州国際音楽村・ホールこだまにて、2020年の歌い納めを終えました。

終わって静まり返った劇場です。



皆さまも同じ気持ちかもしれませんが、
私にとっても、色々ありすぎる一年でした。

歌が自分から離れてしまうのではないかと、本気で怖くなったのも初めての事でした。

前日のリハーサルで、歌が自分と対話をしなくなっていて、逃げたくなったほどで、そんな事は生まれて初めてで、
本番イントロまで、怖かったです。

歌の神様は、やっぱりいます。

逃げだそうとしてしまう私を、歌の神様は、やっぱり私を引き上げて下さいました。

終演の時の、鳴り止まない素晴らしい拍手を浴びて、歌と人の大きな力に対して、ただただ感謝しました。

師走の忙しい中を、駆けつけて下さったお客様と、見守って下さるスタッフの皆さま。

そして、絶対にいる「歌の神様」。

歌から逃げようとした事は、私にとっては、佐々木秀実から逃げ出す事で、そんなことは大馬鹿野郎のケシカランことです。

そのくらい今年は怯えていた、弱っちい佐々木秀実でしたが、
私はきっと、歌からは抜ける事など出来ない自分に気付きました。

ピアニストの美智代さんは、どんな時でも、音楽で側に居てくれました。


歌う事は、私にとって、生きることと深く結びついているので、

歌う=生きる 事です。

ままにならない世の中を、ままにしていく勇気がなければね!

自分の人生の役割りを、しっかり受け止めて、新しい年を迎えたいと思います。

音楽村。また来年も!帰ってくるからね!
終わって、バッグステージに再びサインを書いてきました。




歌の神様。本当にありがとうございます。

#佐々木秀実 #信州国際音楽村 #コンサート #コロナに負けるな #負けそうだった #歌の神様 #ありがとうございます #負けてたまるかなにくそでございます #歌い納め #生きることをやめない #自分が選んだこと