新型コロナ「全国的に上昇傾向に転じた…感染拡大局面に!新規感染者数が各地で増加!」

 

■ 新型コロナ「全国的に上昇傾向に転じた…感染拡大局面に!新規感染者数が各地で増加!」

 

新型コロナウイルス対策について、厚生労働省に対して助言する専門家会議が、6/30午後開かれました。会議後、記者会見に臨んだ脇田座長は、「新規感染者数が、全国的に上昇傾向に転じた。多くの地域で増加に転じている。感染拡大局面に入ってきた」との分析結果を明らかにしました。

 

分析結果によりますと、全国で先週よりも感染者数が増加したのは29都府県で、大都市ではおおむね上昇傾向になったといいます。特に沖縄県については、他の地域よりも、感染レベルが高いとのことです。沖縄では、すでに病床使用率が横ばいから、微増に転じたといいます。

 

感染者数が増加傾向に転じた要因については、”夜の街”の人出が増えたことや、ワクチン接種の効果が薄れ、感染歴のある人の「免疫」が低下していることが挙げられました。その他に、従来のオミクロン株よりも感染力が強い「BA.5」が増えていることも、要因の1つとされています。

 

東京都では、検査対象の4人に1人が「BA.5」の感染者だったといいます。これから「BA.5」に置き換わりが進めば、「感染拡大が加速する」恐れもあるとのことです。

 

今後の見通しについて脇田座長は、「梅雨が明けて、3連休があり、夏休みを迎えるため、接触機会が増え、新規感染者数の増加が予想される。感染者の増加をできるだけ抑制するため、基本的な感染対策を徹底して欲しい」などと呼びかけました。

 

また、厳しい暑さが続く中、「冷房を優先するため、換気がされにくい場合もある」などと指摘し、「換気などの徹底を継続する必要がある」と強調しました。

 

 

-----------------------

 

 

新型コロナウイルスで重症化させないで命を守るためには、ワクチンの変異株に対する効果や将来的な安全性がまだはっきりとしない現状、一番安全な防御方法としては、自身が持つ免疫力を可能な限り正常化させて高めるしかないと言えます。特に新型コロナウイルスに対しては「自然免疫(マクロファージ)」の活性化・正常化が重要です。

 

「LONG-COVID」と呼ばれる、感染後長期に渡りいつまでも原因不明の後遺症が残る症状も、免疫細胞が正しく機能していないために起きる症状のはずです。免疫力の「活性化」ばかりに目が行きますが、「正常化」させることも大切です。

 

ご自身がご高齢であったり、糖尿病などの基礎疾患があったり、大切なご家族が高齢者、乳児幼児、癌で闘病中であるならば、手洗いや不織布マスク着用、アルコール消毒、換気などの予防策を徹底して、今すぐ可能な限り免疫力(特に自然免疫のマクロファージ活性)を高めて、原因不明の後遺症に悩まされないためにも免疫機能を正常化させる努力もされて身を守るようにして下さい。抗癌剤治療中や放射線治療中も免疫力が著しく低下するため、積極的に免疫力強化をして下さい。

 

 

<稲川先生の新型コロナウイルスとマクロファージに関する発表>

 

☆新型コロナウイルスと自然免疫賦活物質(LPS)~自然免疫の活性度を高める

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12578889365.html

 

☆LPS 粘膜摂取による新型コロナウイルス予防効果の可能性について(2020.2.27)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12579176503.html

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

末期癌新型コロナウイルス・インフルエンザなどの感染症と闘うためには、免疫力や自然治癒力、体力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や感染症と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。

 

 

難病・末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

末期癌でもあきらめないで!
主治医から余命宣告されても、私の父や同級生のように

まだまだ完治出来る可能性はあります!

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌奇跡の完治闘病記サイト」や
「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクは
ブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

難病末期癌からの奇跡の生還

難病末期癌からの生還

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします


 

[癌治療]”アニサキス”が癌の発見や治療法に役立つ可能性!大阪大学

 

 

 

■ [癌治療]”アニサキス”が癌の発見や治療法に役立つ可能性!大阪大学

 

魚に寄生する嫌われ者として知られる「アニサキス」が、将来ガンの発見や治療法に利用される可能性があると大阪大学の教授が発表しました。

 

 

大阪大学・境慎司教授:「皆が考えなかったことに対して取り組めているのは、自分としてはワクワクしながら研究に取り組むことができたポイント」

 

 

大阪大学の境慎司教授によりますと、「アニサキス」などの線虫の表面を生きたまま、厚さ0.01ミリメートルほどの柔軟性のある膜でコーティングする方法を開発したということです。

 

膜は透過性が高いため、線虫のにおいの検知能力や運動機能にはほとんど影響しません。この膜は素材を変えたり、酵素を含ませたりすることで様々な機能を持たせることができ、実験では紫外線への耐性を向上させる機能やガン細胞を死滅させる機能などを線虫に付与することができたということです。

 

「アニサキス」は、癌のにおいを検出し、移動して癌に付着できる可能性があるとする研究結果も発表されています。「アニサキス」が、においで癌を探し出し、膜の機能でガン細胞を攻撃する新しいガン治療法につながることも期待されるということです。 

 

ただ、激しい痛みなど乗り越えなければならない課題もあります

 

境教授は「今後、不要になった場合にすぐに殺したり、痛みの原因となるアレルギー反応をなくしたりする技術の開発は必要になるが、将来的には、癌の発見や治療のために『アニサキス』を飲む日が来るかもしれない」としています。

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

末期癌新型コロナウイルス・インフルエンザなどの感染症と闘うためには、免疫力や自然治癒力、体力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や感染症と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。また、歯周病が全身に与える悪影響は甚大で、糖尿病や心疾患、脳梗塞、さらにガンも引き起こしますので、口腔ケアもしっかりとなさって下さい。

 

 

 

難病・末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

末期癌でもあきらめないで!
主治医から余命宣告されても、私の父や同級生のように

まだまだ完治出来る可能性はあります!

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌奇跡の完治闘病記サイト」や
「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクは
ブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

難病末期癌からの奇跡の生還

難病末期癌からの生還

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします

 

サル痘「サル痘の流行について、現時点で分かっている事とは」

 

■ サル痘「サル痘の流行について、現時点で分かっている事とは」

 

5月から欧米を中心にサル痘の患者が増加しています。サル痘は天然痘に似た特徴を持つウイルス感染症です。これまでに分かっている流行状況と、サル痘に関する基本的な情報についてまとめました。

 

 

●現在の流行状況は?

世界におけるサル痘患者の累積報告数

世界におけるサル痘患者の累積報告数(Our World In Dataより)

 

 

 

2022年6月23日現在、世界で3557例のサル痘患者が報告されています。内訳は、イギリス794例、ドイツ592例、スペイン520例、フランス330例、ポルトガル328例とヨーロッパで症例の大半を占めており、それ以外には、カナダ223例、アメリカ173例と北米でも患者数が増加しています。現時点では、日本国内ではサル痘患者は報告されていませんが、近隣国である韓国やシンガポールでも報告されており、日本で報告されるのも時間の問題かもしれません。

 

 

 

イギリスで報告されているサル痘患者の年代と性別
イギリスで報告されているサル痘患者の年代と性別(UKHSA publication gateway number GOV-12598)

 

 

 

これまでに分かっている確定例は大半が男性患者であり、20代から40代の比較的若い世代に多いことも特徴です。例えば、イギリスでは症例の多くが20代〜30代の男性に集中しており、女性の報告数はわずか3例にとどまっています。その理由として、今回の感染者のうち、ゲイやバイセクシュアルなど男性とセックスをする男性(MSM)の間で発生したケースが多いことが指摘されています。イギリスでは症例の大半(96.0%)はゲイ、バイセクシャル、または男性とセックスする男性であり、性的ネットワークでの感染が強く示唆されています。

 

今回の流行で検出されたサル痘ウイルスを調べたところ、2018年にナイジェリアで分離されたサル痘ウイルスから大きく分岐しており、感染性が増加しているのではないか、という研究が報告されています。また、今回のサル痘の流行は単一の発生源から複数回の感染イベントが起こったものであり、Superspreading Event(超拡散イベント)と呼ばれるイベントや海外渡航によって世界中に拡大していると考えられる、と述べられています。

 

 

●サル痘ってどんな病気?

サル痘患者でみられた水疱

 

 

 

サル痘は、1970年にコンゴ民主共和国で初めてヒトでの感染例が報告されたサル痘ウイルスによる動物由来感染症です。サル痘という名前ですが、サルも感染することがあるというだけで、もともとの宿主はネズミの仲間のげっ歯類ではないかと考えられています。サル痘ウイルスはアフリカの異なる地域にそれぞれ別の系統が分布しています。コンゴ民主共和国などの中央アフリカのサル痘ウイルスよりも、ナイジェリアなどの西アフリカのサル痘ウイルスの方が病原性が低いことが分かっています。これまでに報告されているサル痘患者の大半はアフリカからのものですが、近年はアフリカでのサル痘患者が増えているとナイジェリアやコンゴ民主共和国などから報告されており、天然痘の根絶後、種痘の接種歴のある人が減っていることでサル痘患者が増加してきているのではないかと懸念されていました。

 

 

●サル痘の症状は?

サル痘、天然痘、水痘の特徴の比較
サル痘、天然痘、水痘の特徴の比較
(Clin Infect Dis . 2014 Jan;58(2):260-7./N Engl J Med 2004; 350:324-327を参考に作成)

 

 

サル痘は1980年に世界から根絶された「天然痘」に病態がとても良く似ており、症状だけでこれら2つの疾患を鑑別することは困難と言われています。しかし、サル痘では人から人へ感染する頻度は天然痘よりも低く、また重症度も天然痘よりもかなり低いことが知られています。

 

オランダの症例から算出された潜伏期は平均8.5日で、95%の人は17日以内に発症しています。アメリカで報告された17例で頻度が高かった症状としては、皮疹(100%)、だるさ(76%)、寒気(71%)、リンパ節の腫れ(53%)、発熱(41%)、体の痛み(35%)、のどの痛みまたは咳(29%)、などでした。通常、サル痘では全身に発疹がみられるとされていましたが、今回のアウトブレイクでは性器や肛門周辺にのみ発疹がみられた事例(※実際の病変を含むリンクですのでご注意ください)も報告されています。

 

アフリカにおけるサル痘患者の致死率は約1〜10%とされていますが、今回のアウトブレイクを起こしているのは西アフリカクレードという比較的重症度の低いサル痘ウイルスによるものであることが分かっていますが、これまでに1名の方が亡くなったと報告されています。

 

 

 

サル痘患者でみられる様々な水疱
サル痘患者でみられる様々な水疱(UK Health Security Agencyより)

 

 

 

サル痘の皮疹は天然痘と非常に似ており、水疱という水ぶくれが見られることが特徴です。同様に水疱が見られる水痘(水ぼうそう)では、水ぶくれの時期、かさぶたになった時期など様々な時期の皮疹が混在しますが、サル痘や天然痘では全身の皮疹が均一に進行していくのが特徴です。天然痘と比べると、サル痘では首の後ろなどのリンパ節が腫れることが多いと言われています。

 

治療は原則として対症療法となります。アメリカやイギリスなど海外ではシドフォビル、Tecovirimat、Brincidofovirなど天然痘に対する治療薬が承認されており、実際に投与も行われていますが、日本ではこれらの治療薬は現時点では未承認です。

 

 

●サル痘の予防は?

 

サル痘は…

 

・サル痘ウイルスを持つ動物に噛まれる、引っかかれる、血液・体液・皮膚病変に接触する

・サル痘に感染した人の飛沫を浴びる(飛沫感染)

・サル痘に感染した人の体液・皮膚病変(発疹部位)に触れる(接触感染)

 

によって感染することが分かっています。前述の通り、今回のアウトブレイクでは、ゲイやバイセクシュアルなど男性とセックスをする男性(MSM)の間で発生したケースが多く、性交渉の際の接触が感染の原因になっていると考えられています。

 

種痘(天然痘ワクチン)はサル痘にも有効です。コンゴ民主共和国でのサル痘の調査では、天然痘ワクチンを接種していた人は、していなかった人よりもサル痘に感染するリスクが5.2倍低かったと報告されています。しかし、1976年以降日本では種痘は行われていませんので、昭和50年以降に生まれた方は接種していません。イギリスでは、今回の流行を受けて、サル痘ウイルスに曝露するリスクの高い性的活動性の高い男性に対して天然痘ワクチン(Imvanex)接種を推奨しています。

 

日本国内では6月26日時点でまだサル痘患者は報告されていません。また、サル痘の症状は日本でもよくみられる水痘(水ぼうそう)や性器ヘルペスといった感染症の症状と非常によく似ており、見た目では必ずしも区別できないことがあります。ご心配な場合は、かかりつけ医など医療機関や保健所に相談しましょう。

 

 

■忽那賢志・教授

 

感染症専門医。国立国際医療研究センターを経て、2021年7月より大阪大学医学部 感染制御学 教授。大阪大学医学部附属病院 感染制御部 部長。感染症全般を専門とするが、特に新興感染症や新型コロナウイルス感染症に関連した臨床・研究に携わっている。

 

 

-----------------------

 

 

新型コロナウイルスやサル痘などの感染症で重症化させないで命を守るためには、あらゆるワクチンの安全性が100%だと言えない現状、一番安全な防御方法としては、自身が持つ免疫力を可能な限り正常化させて高めるしかないと言えます。癌細胞だけなくウイルスに対しても「自然免疫(マクロファージ)」の活性化・正常化が重要です。

 

新型コロナウイルスには「LONG-COVID」と呼ばれる、感染後長期に渡りいつまでも原因不明の後遺症が残る症状も、免疫細胞が正しく機能していないために起きる症状のはずです。免疫力の「活性化」ばかりに目が行きますが、「正常化」させることも大切です。

 

ご自身がご高齢であったり、糖尿病などの基礎疾患があったり、大切なご家族が高齢者、乳児幼児、癌で闘病中であるならば、手洗いや不織布マスク着用、アルコール消毒、換気などの予防策を徹底して、今すぐ可能な限り免疫力(特に自然免疫のマクロファージ活性)を高めて、原因不明の後遺症に悩まされないためにも免疫機能を正常化させる努力もされて身を守るようにして下さい。抗癌剤治療中や放射線治療中も免疫力が著しく低下するため、積極的に免疫力強化をして下さい。

 

 

<稲川先生の新型コロナウイルスとマクロファージに関する発表>

 

☆新型コロナウイルスと自然免疫賦活物質(LPS)~自然免疫の活性度を高める

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12578889365.html

 

☆LPS 粘膜摂取による新型コロナウイルス予防効果の可能性について(2020.2.27)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12579176503.html

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

末期癌新型コロナウイルス・インフルエンザ、サル痘などの感染症と闘うためには、免疫力や自然治癒力、体力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や感染症と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。

 

 

難病・末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

末期癌でもあきらめないで!
主治医から余命宣告されても、私の父や同級生のように

まだまだ完治出来る可能性はあります!

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌奇跡の完治闘病記サイト」や
「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクは
ブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

難病末期癌からの奇跡の生還

難病末期癌からの生還

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします


 

[癌検診]γ-GTPやALTが異常値のときは「胆道がん」の可能性も?

 

 

 

■ [癌検診]γ-GTPやALTが異常値のときは「胆道がん」の可能性も?

 

●「胆道がん」に関する問題です!

 

【問題】脂肪の消化を促す「胆汁」の通り道にできるガンは「胆道がん」と呼ばれます。このガンについて、間違っている説明は次のうちどれでしょうか?

 

(1)多くは無症状のまま進行する

(2)血液検査でγ-GTPやALTが異常値になったときは胆道がんの可能性もある

(3)5年生存率は膵臓がんよりも低い

 

 

正解(間違っている説明)は、「(3)5年生存率は膵臓がんよりも低い」です。

 

 

●胆道がんは胆管がん、胆のうがん、十二指腸乳頭部がんの総称

 

脂肪の消化を促す消化液である胆汁の通り道のことを、胆道と言います。胆汁は肝臓で作られた後、胆管を通って胆のうに運ばれ、そこで濃縮・蓄積されています。さらに胆管は膵臓を貫くように走り、十二指腸につながっています。この胆管と胆のうの総称が胆道であり、そこにできるのが胆道がんです。

 

 

【問題】脂肪の消化を促す胆汁の通り道にできる「胆道がん」の特徴は?

 

 

胆道がんは、胆管にできる「胆管がん」、胆のうにできる「胆のうがん」、胆管の末端で、十二指腸乳頭部に接する部分にできる「十二指腸乳頭部がん」の3つに大きく分けられます。胆管がんはさらに、肝内胆管がん(肝臓の中を通る胆管にできるガン)と肝外胆管がん(肝臓の外にある胆管にできるガン)に分かれます。特に頻度が高いのが胆管がんと胆のうがんです。この2つのガンは、多くの場合無症状のまま進みます

 

「胆道がんの多くは、症状に気づいて受診して見つかることがほとんどないと考えたほうがいいでしょう。発見時に既に大きくなっていることが多く、治療成績も良くないのです。胆道がんの5年生存率は膵臓がんに次いで低く、胆のうがんは約3割、肝内胆管がんは約2割です」と、順天堂大学医学部附属順天堂医院肝・胆・膵外科教授の齋浦明夫氏は話します。

 

 

●胆道がんの多くは無症状で進む

 

胆道がんの多くは無症状で進むので、定期的な健康診断が重要です。「腹部エコー(超音波)の検査を行うと、ガンが胆管を詰まらせて拡張した様子が見えることがあります。ただし、BMI(体格指数)が高く肥満傾向の人は、胆道がんがあっても脂肪のせいで見えにくいことがあります。肝内胆管がんも、やはり少々遠く、ガンが見つかりにくい傾向です」と齋浦教授は話します。そこで気をつけておきたいのが、血液検査の肝機能の項目です。「胆道系酵素と呼ばれるγ-GTPやALTなどが異常値になったときは要注意です」(齋浦教授)。

 

γ-GTPやALTはお酒を飲み過ぎると変動しやすい検査値です。そのため、異常値になっても「飲み過ぎたせいだろう」と安易に片づけてしまうケースもありますが、「γ-GTPが少し上昇したときに再検査を受けておけば、比較的早くガンが見つかることがあります。血液検査の肝機能項目が高値のときは軽視せず、必ず医療機関で画像検査を受けてください」と齋浦教授は呼びかけています。

 

なお、胆のうがんの患者は胆石を合併していることが多いことが分かっています。胆石と胆のうがんの関係について、齋浦教授はこう話します。「胆石はよくある病気で、胆石があると胆のうがんになりやすいという説もありますが、胆石を持つ人の中で胆のうがんを発症する人の割合がそこまで高いわけではありません。胆石があるからといって、胆道がん予防のために手術で胆のうを取り除くことが推奨されるほどではないのです。ただし、発がんリスクの程度にもよるので、胆のうがんが疑われるときは、検査と治療を兼ねて胆のうを切除することもあります」。

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

末期癌新型コロナウイルス・インフルエンザなどの感染症と闘うためには、免疫力や自然治癒力、体力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や感染症と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。また、歯周病が全身に与える悪影響は甚大で、糖尿病や心疾患、脳梗塞、さらにガンも引き起こしますので、口腔ケアもしっかりとなさって下さい。

 

 

 

難病・末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

末期癌でもあきらめないで!
主治医から余命宣告されても、私の父や同級生のように

まだまだ完治出来る可能性はあります!

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌奇跡の完治闘病記サイト」や
「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクは
ブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

難病末期癌からの奇跡の生還

難病末期癌からの生還

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします

 

サル痘「サル痘の濃厚接触者に接種可能に!天然痘ワクチンを研究開始!」

 

■ サル痘「サル痘の濃厚接触者に接種可能に!天然痘ワクチンを研究開始!」

 

欧州などで多発している動物由来のウイルス感染症「サル痘」患者の濃厚接触者を対象に、予防に有効とされる天然痘ワクチンを接種する特定臨床研究の枠組みが国立国際医療研究センター病院(東京都)につくられ、研究が始まったことが15日、分かりました。日本でまだ患者は確認されていませんが、見つかった場合、濃厚接触者に速やかに接種できるようになります。

 

研究計画によりますと、対象となるのはサル痘患者に接してから14日以内の人で、年齢は1歳以上です。濃厚接触してから21日後までの発症の有無などを確かめます。「KMバイオロジクス」(熊本県)が製造販売するワクチンを用います。

 

 

-----------------------

 

 

新型コロナウイルスやサル痘などの感染症で重症化させないで命を守るためには、あらゆるワクチンの安全性が100%だと言えない現状、一番安全な防御方法としては、自身が持つ免疫力を可能な限り正常化させて高めるしかないと言えます。癌細胞だけなくウイルスに対しても「自然免疫(マクロファージ)」の活性化・正常化が重要です。

 

新型コロナウイルスには「LONG-COVID」と呼ばれる、感染後長期に渡りいつまでも原因不明の後遺症が残る症状も、免疫細胞が正しく機能していないために起きる症状のはずです。免疫力の「活性化」ばかりに目が行きますが、「正常化」させることも大切です。

 

ご自身がご高齢であったり、糖尿病などの基礎疾患があったり、大切なご家族が高齢者、乳児幼児、癌で闘病中であるならば、手洗いや不織布マスク着用、アルコール消毒、換気などの予防策を徹底して、今すぐ可能な限り免疫力(特に自然免疫のマクロファージ活性)を高めて、原因不明の後遺症に悩まされないためにも免疫機能を正常化させる努力もされて身を守るようにして下さい。抗癌剤治療中や放射線治療中も免疫力が著しく低下するため、積極的に免疫力強化をして下さい。

 

 

<稲川先生の新型コロナウイルスとマクロファージに関する発表>

 

☆新型コロナウイルスと自然免疫賦活物質(LPS)~自然免疫の活性度を高める

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12578889365.html

 

☆LPS 粘膜摂取による新型コロナウイルス予防効果の可能性について(2020.2.27)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12579176503.html

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

末期癌新型コロナウイルス・インフルエンザ、サル痘などの感染症と闘うためには、免疫力や自然治癒力、体力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や感染症と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。

 

 

難病・末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

末期癌でもあきらめないで!
主治医から余命宣告されても、私の父や同級生のように

まだまだ完治出来る可能性はあります!

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌奇跡の完治闘病記サイト」や
「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクは
ブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

難病末期癌からの奇跡の生還

難病末期癌からの生還

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします


 

サル痘「“サル痘”世界で拡大!ヒトへの感染で変異加速か?」

 

■ サル痘「“サル痘”世界で拡大!ヒトへの感染で変異加速か?」

 

世界で感染が広がっているサル痘について、ヒトへの感染によってウイルスの変異が加速している可能性が指摘されました。

 

医学誌「ネイチャー・メディシン」に24日に掲載された論文によりますと、15例のサル痘ウイルスのDNAを解析したところ、2018年から2019年に確認されたウイルスと比較して、およそ50カ所の変異が見つかりました。サル痘を含む近縁のウイルスの推定される変異ペースの6倍から12倍だということです。

 

また、変異はヒトの体内で引き起こされている可能性があると指摘しました。確認されたウイルスはナイジェリア由来で、同じ感染経路で欧米に持ち込まれたとみられています。

 

この論文は「重大な内容」だとして査読前の段階で公表されました。 

 

サル痘は、これまでに3500件以上の感染が報告されています。

 

 

-----------------------

 

 

新型コロナウイルスやサル痘などの感染症で重症化させないで命を守るためには、あらゆるワクチンの安全性が100%だと言えない現状、一番安全な防御方法としては、自身が持つ免疫力を可能な限り正常化させて高めるしかないと言えます。癌細胞だけなくウイルスに対しても「自然免疫(マクロファージ)」の活性化・正常化が重要です。

 

新型コロナウイルスには「LONG-COVID」と呼ばれる、感染後長期に渡りいつまでも原因不明の後遺症が残る症状も、免疫細胞が正しく機能していないために起きる症状のはずです。免疫力の「活性化」ばかりに目が行きますが、「正常化」させることも大切です。

 

ご自身がご高齢であったり、糖尿病などの基礎疾患があったり、大切なご家族が高齢者、乳児幼児、癌で闘病中であるならば、手洗いや不織布マスク着用、アルコール消毒、換気などの予防策を徹底して、今すぐ可能な限り免疫力(特に自然免疫のマクロファージ活性)を高めて、原因不明の後遺症に悩まされないためにも免疫機能を正常化させる努力もされて身を守るようにして下さい。抗癌剤治療中や放射線治療中も免疫力が著しく低下するため、積極的に免疫力強化をして下さい。

 

 

<稲川先生の新型コロナウイルスとマクロファージに関する発表>

 

☆新型コロナウイルスと自然免疫賦活物質(LPS)~自然免疫の活性度を高める

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12578889365.html

 

☆LPS 粘膜摂取による新型コロナウイルス予防効果の可能性について(2020.2.27)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12579176503.html

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

末期癌新型コロナウイルス・インフルエンザ、サル痘などの感染症と闘うためには、免疫力や自然治癒力、体力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や感染症と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。

 

 

難病・末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

末期癌でもあきらめないで!
主治医から余命宣告されても、私の父や同級生のように

まだまだ完治出来る可能性はあります!

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌奇跡の完治闘病記サイト」や
「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクは
ブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

難病末期癌からの奇跡の生還

難病末期癌からの生還

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします


 

新型コロナ「新変異株は感染力次第で拡大の可能性…第7波も?」

 

■ 新型コロナ「新変異株は感染力次第で拡大の可能性…第7波も?」

 

新型コロナの新規感染者数は今後はどうなるのか、AI=人工知能による分析で専門家に予測してもらいました。

 

名古屋工業大学の平田晃正教授は、「人流」や「気候」、「SNS上のキーワード」などのデータをAIで分析し、新型コロナの感染者数を予測しています。

 

 

現在、感染者数は落ち着いているようにみえますが…。

 

平田教授: 「(感染者数は)これまで順調に下がってきたんですが、これから下げ止まりする可能性があります」

 

 

平田教授による東京都の新規感染者数のAI予測です。現在主流のオミクロン株BA.2系統が続くとした場合のもので、下げ止まりの要因となるのが「梅雨」だと言います。

 

 

平田教授: 「換気が梅雨時季になって少々悪くなってくる。こういったことから、徐々に下がりにくくなってくるのではないかと考えています」

 

 

また、お盆など夏休み期間中に人の移動が活発になることで、8月中旬以降は増加に転じる可能性があるとしています。人流の増加以上に平田教授が警鐘を鳴らすのが「新しい変異株」です。

 

 

平田教授: 「BA.4、BA.5と言われていますが、新しい変異株が入ってきて、その感染力が強い場合には、かなり拡大する可能性があります」

 

 

オミクロン株の「BA.4」「BA.5」系統。南アフリカでは「BA.2」系統からの置き変わりが進んでいて、感染拡大のスピードが早い可能性が指摘されています。国内では今年4月、「BA.4」系統と「BA.5」系統に感染した人が初めて空港の検疫で確認されました。平田教授のAI予測では、「BA.2」系統の1.2倍の感染力と仮定して「BA.4」系統が広まった場合、東京では7月に入って再び急激に増加し、月末には1万人を突破。その後も8月上旬まで増え続け、そのまま9月末まで高止まりするとしています。

 

 

Q.変異株への置き換わりは、感染者数に大きく影響を及ぼすのでしょうか?

 

平田教授: 「感染力だけではなくて、その毒性もある程度強いと言われています。新しい変異株はどんなものが出てくるか分かりませんので、もうしばらく警戒しておいたほうが、念には念を入れてという感じではないかと思います」

 

 

-----------------------

 

 

新型コロナウイルスで重症化させないで命を守るためには、ワクチンの変異株に対する効果や将来的な安全性がまだはっきりとしない現状、一番安全な防御方法としては、自身が持つ免疫力を可能な限り正常化させて高めるしかないと言えます。特に新型コロナウイルスに対しては「自然免疫(マクロファージ)」の活性化・正常化が重要です。

 

「LONG-COVID」と呼ばれる、感染後長期に渡りいつまでも原因不明の後遺症が残る症状も、免疫細胞が正しく機能していないために起きる症状のはずです。免疫力の「活性化」ばかりに目が行きますが、「正常化」させることも大切です。

 

ご自身がご高齢であったり、糖尿病などの基礎疾患があったり、大切なご家族が高齢者、乳児幼児、癌で闘病中であるならば、手洗いや不織布マスク着用、アルコール消毒、換気などの予防策を徹底して、今すぐ可能な限り免疫力(特に自然免疫のマクロファージ活性)を高めて、原因不明の後遺症に悩まされないためにも免疫機能を正常化させる努力もされて身を守るようにして下さい。抗癌剤治療中や放射線治療中も免疫力が著しく低下するため、積極的に免疫力強化をして下さい。

 

 

<稲川先生の新型コロナウイルスとマクロファージに関する発表>

 

☆新型コロナウイルスと自然免疫賦活物質(LPS)~自然免疫の活性度を高める

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12578889365.html

 

☆LPS 粘膜摂取による新型コロナウイルス予防効果の可能性について(2020.2.27)

https://ameblo.jp/sarah-lfa/entry-12579176503.html

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

末期癌新型コロナウイルス・インフルエンザなどの感染症と闘うためには、免疫力や自然治癒力、体力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や感染症と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。

 

 

難病・末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

末期癌でもあきらめないで!
主治医から余命宣告されても、私の父や同級生のように

まだまだ完治出来る可能性はあります!

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌奇跡の完治闘病記サイト」や
「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクは
ブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

難病末期癌からの奇跡の生還

難病末期癌からの生還

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします


 

[癌検診]癌を”ニオイ”で検知できる【サイボーグイナゴ】の研究とは

 

 

 

■ [癌検診]癌を”ニオイ”で検知できる【サイボーグイナゴ】の研究とは

 

新型コロナウイルスが世界に蔓延し始めた頃、とある研究者は犬の嗅覚で感染者を嗅ぎ分けられるのではないかと考え、実験によってそれが可能であることがわかりました。しかし、いざ実用化…となると、犬の訓練にかかる時間、訓練に携わることができる人材面で現実的ではありませんでした。

 

ただ、人の病気を発見するのに動物を活用しようというアイデアは、あちこちにあるものです。ミシガン州立大学の研究チームは、イナゴを使ってガンの発見をしようというアプローチを思いつき、その研究内容について生物学のプレプリントリポジトリbioRxivに発表しました。

 

昆虫は、触覚で匂いを検知できます。たとえばカイコガのオスは、メスが発するフェロモンを数km離れた場所からその触覚で嗅ぎつけ、飛んでくることができるとされます。

 

研究者はガンを発見するシステムに、近年研究が進んでいる昆虫のなかでもイナゴを選びました。そして脳に電極を挿入し、触覚の信号から匂いをどう感じているかを調べました。

 

さらに研究者らは、口腔ガンを患っている人とそうでない人から、3種類の口腔内の細胞を採取・培養し、それらが発するガスをイナゴの触覚に送りました。その結果、イナゴの脳は3種類の細胞それぞれに異なる反応を返し、病気を患う細胞を検知できることがわかりました。

 

研究者によりますと、現状明確な信号を取得するには40個のニューロンからの記録が必要とのことです。その数を得るには6~10個のイナゴの脳が必要になりますが、研究者らは、これを1つだけで実現したいと考えているようです。そして、どこでもイナゴの脳と電極を使ってガンを調べられるよう、ポータブルなシステムにしたいといいます。

 

将来、会社や自治体などのガン検診で脳に電極を差し込まれた “サイボーグイナゴ” とにらめっこをさせられるのかといえば、まだわかりません。研究はまだ査読を受けていない段階であり、技術的に実現可能だと認められても、米食品医薬品局(FDA)がそれを承認する保証もありません。それでも今後の研究の進捗は気になるところです。

 

Souce:bioRxiv via:MIT Technology Review

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

末期癌新型コロナウイルス・インフルエンザなどの感染症と闘うためには、免疫力や自然治癒力、体力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や感染症と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。また、歯周病が全身に与える悪影響は甚大で、糖尿病や心疾患、脳梗塞、さらにガンも引き起こしますので、口腔ケアもしっかりとなさって下さい。

 

 

 

難病・末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

末期癌でもあきらめないで!
主治医から余命宣告されても、私の父や同級生のように

まだまだ完治出来る可能性はあります!

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌奇跡の完治闘病記サイト」や
「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクは
ブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

難病末期癌からの奇跡の生還

難病末期癌からの生還

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします

 

[癌予防]癌の革新的医薬として発展!次世代の医薬「核酸医薬」原料の大量生産技術を確立

 

 

 

■ [癌予防]癌の革新的医薬として発展!次世代の医薬「核酸医薬」原料の大量生産技術を確立

 

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、次世代の医薬として期待される核酸医薬の原料「アミノ酸由来の人工核酸モノマー」の大量生産技術を確立しました。同モノマーの活用により、従来より薬効が現れやすく副反応も少ない核酸医薬の開発が期待され、これまで治療できなかったガンや遺伝性疾患に対する革新的医薬として発展する可能性があります。同社は6日、核酸医薬の試験研究用に世界で初めて販売を開始しました。

 

アミノ酸由来の人工核酸モノマー(iL-aTNAシリーズ、SNAシリーズ)は、名古屋大学大学院工学研究科の浅沼浩之教授らの研究チームが開発した核酸の最小単位の分子です。疾病の原因となる変異した遺伝子に直接働きかける核酸医薬の原料となります。

 

天然核酸由来の核酸医薬は、体内の酵素で分解されやすく薬が効きにくい傾向がありました。一方で、化学的に変化させた従来の人工核酸由来の核酸医薬は副作用を起こしやすいという課題を抱えていました。

 

今回のアミノ酸由来の核酸モノマーは従来品と異なった構造を持ち、酵素が働きにくいのが特徴です。そのため、これを原料にした核酸医薬は体内で分解されずに薬効が発現しやすく、毒性も低いという、安定性と安全性を両立した結果が動物実験で確認されました。

 

今後、さらに試験などで大量の同モノマーが必要となることから、日華化学が合成方法を見直し、界面活性剤の製造などで培ってきた技術を活用して合成効率を飛躍的に高めた生産プロセスを確立しました。これにより、高品質なモノマーを安価に販売することが可能となりました。

 

同社は「まずは、共同研究を行っている大学や研究機関向けに販売、提供を行うことで、新たな核酸医薬の研究開発に貢献していきたい」としています。

 

 

●【核酸医薬】とは

 

従来の医薬は疾患の原因となる変異遺伝子が作りだすタンパク質を標的にして作用していたが、核酸医薬は原因遺伝子に直接作用する。これまで治療できなかったガンや代謝性疾患、神経・筋疾患、遺伝性疾患の治療が期待される。国産の核酸医薬としては、全身の筋肉が徐々に衰える難病、筋ジストロフィーの治療薬が承認、発売されている。

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

末期癌新型コロナウイルス・インフルエンザなどの感染症と闘うためには、免疫力や自然治癒力、体力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や感染症と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。また、歯周病が全身に与える悪影響は甚大で、糖尿病や心疾患、脳梗塞、さらにガンも引き起こしますので、口腔ケアもしっかりとなさって下さい。

 

 

 

難病・末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

末期癌でもあきらめないで!
主治医から余命宣告されても、私の父や同級生のように

まだまだ完治出来る可能性はあります!

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌奇跡の完治闘病記サイト」や
「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクは
ブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

難病末期癌からの奇跡の生還

難病末期癌からの生還

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします

 

[癌予防]膵臓がんになりやすい血液型は? 世界中で研究報告が相次ぐ!

 

 

 

■ [癌予防]膵臓がんになりやすい血液型は? 世界中で研究報告が相次ぐ!

 

●血液型と病気

 

血液型との関係が、もっとも顕著なのが膵臓(すいぞう)がんです。従来から膵臓がんのリスク因子として、たばこと肥満が挙がっていました。また親が膵臓がんなら、子供もかかりやすいと言われてきました。しかしそれらのみでは、リスクのごく一部しか説明できなかったのです。

 

ところが2009年、アメリカの研究グループが衝撃的な論文を発表したのをきっかけに、血液型が一気に注目を集めたのでした。アメリカでは、医師や看護師など医療従事者の健康を1~2年に1度調べて、データベース化しています。これに着目してデータ解析を行ったところ、O型のリスクを「1」とすると、A型「1.32」、AB型「1.51」、B型「1.72」だったというのです。B型がもっともリスクが高く、O型と比べて2倍近く膵臓がんにかかりやすいことになります。

 

この研究の対象となった人数は10万7000人(男性3万人、女性7万7000人)で、1996年からの10年間、延べ93万人に達するものでした。この間に316人が膵臓がんにかかり、その血液型をもとにリスクを計算しています。

 

この論文を受けて、同様の研究が世界中で一斉に始まりました。たとえばアメリカの別の研究チームが71万人の献血者のデータを使って解析し、A型はO型と比べて膵臓がんリスクが2倍以上も高いという結果を得ています。ただしB型とAB型は人数が少なかったので、統計的に有意な結果は得られませんでした。

 

イタリアなどの研究チームは、5400人の患者を対象として、O型と比べて非O型のリスクが約1.3倍という結果になりました。またドイツの別の研究では、手術患者627人を対象にしており、非O型はO型と比べて、やはり1.3倍リスクが高いとしています。

 

日本でも研究が行われました。愛知県がんセンターを受診した膵臓がん患者185人を対象としたもので、B型、とりわけ遺伝子の組み合わせがBB型では、O型と比べて3倍以上リスクが高いという結果を出しています。

 

現在までに発表されている数字をまとめると、膵臓がんのリスクはO型が低く、非O型が高いのは明らかで、O型のリスクを「1」とすると、非O型は「1.3~1.5程度」とされています。また非O型のうち、どの血液型がもっともリスクが高いかについては、まだ確定していませんが、B型のリスクが高いという結果が多いようです。

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

 

末期癌新型コロナウイルス・インフルエンザなどの感染症と闘うためには、免疫力や自然治癒力、体力を高める必要があり、もし現在不幸にして癌や感染症と闘っておられるのであれば、可及的速やかにそれを満たすべきであるのは言うまでもありません。積極的に「免疫力(マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞など)」の活性化を計り、バランスの取れた栄養素や酵素を取り入れて身体が正しく機能するようにし、ホルモンバランスを正しく保ち、腸内環境も積極的に改善させるようになさって下さい。また、歯周病が全身に与える悪影響は甚大で、糖尿病や心疾患、脳梗塞、さらにガンも引き起こしますので、口腔ケアもしっかりとなさって下さい。

 

 

 

難病・末期癌からの生還

 

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

末期癌でもあきらめないで!
主治医から余命宣告されても、私の父や同級生のように

まだまだ完治出来る可能性はあります!

 

※ 気に入って下さいましたら、↓下のボタン↓をすべて押して下さると嬉しいです♪
 


闘病記ランキング
 


末期がんランキング
 

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村

 

 

ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

■ブログトップページはこちら■

「難病・末期癌からの生還」ブログトップページ

 

私の父の「末期癌奇跡の完治闘病記サイト」や
「西洋医学による癌治療・検査などをまとめたサイト」へのリンクは
ブログトップページにあります。

また、ご質問や問い合わせのメアドも、ブログトップページに明記してあります。

 

難病末期癌からの奇跡の生還

難病末期癌からの生還

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

Twitter

@sarah_miracosta

Twitter始めました。

様々な健康や癌に関する事を呟きます。

フォローお願いします