巨済島、釜山の旅 2019夏① | BIGBANG家のスンリ君 ~エブリディ I'm ホッSeungri~

BIGBANG家のスンリ君 ~エブリディ I'm ホッSeungri~

BIGBANGさんちの愛され末っ子、V.Iことすんり君を観察し記録いたします。








|ω・`)チラり。







…あ、あにょはせよ〜…(ノ・ωノ`)







ど、どうも…ごぶさたしてま…す…(///Д///)









うぁぁぁもう
ロンタイノーシーすぎ。・゚・(゚`ω´゚)・゚・。








ねぇー。ホントもぉぉぉぉ
色々ありましたねぇー我々。




思うことは山ほどあったけど、心ぐちゃぐちゃでこちらには何も書くことができませんでした。。。




とりあえず今思うことはすんちゃんにはできる限り心健やかに、元気にしててほしいな。ってことかな。





辛いことが続く中、タプのおかえりが見れたのは嬉しかったです。
ファンへの気持ちをあんなスペシャルな形で表してくれたのがほんとに♡


トンネルのずうっと向こうからこちらに向かって照らしてくれてる一筋の光が見えた気がしましたね。










さてさて、お久しぶりに出てきて何やねんな、とお思いのことでしょう。




えーと、、、

なんのこたぁない旅レポでございますm(_ _)m



毎年恒例、母子渡韓を今年もしてきましたので思い出に残しておこうかなと思います。

まだこのブログにきてくださってる方がいらっしゃるかも分かりませんが、よろしければお付き合いどうぞm(._.)m









毎度波のように寄せては返す日韓関係の悪化。

良くなったかと思えば、またぶり返す。
仲良くできないもんかねぇ(ー ー;)



でもほとんど心配はしないまま飛び立ちました。
気になるのは日本での周りの目くらいですけど、幸か不幸か私の身内には"旅行やめときなさい"等言って心配してくれる人はおらずwww

ただいつも通り"気をつけてね"と送り出してくれました。







出国は8月1日。


向かうは釜山、そして初めての巨済(コジェ)です。

快晴!!
チェジュ航空
関空第2ターミナルからの出国。

第2はpeachだけだと思ってたので、間違えて一旦第1に入ってしまいました。

しまったぁぁぁぁ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
と焦りましたが、第1から第2への移動はシャトルバスも出ているので間違えてもそんなに大ごとでもなかったです。セーーーフっ


渡韓するのは去年のすんソウルコン以来の一年ぶり。
息子は去年の春のチェジュ島以来。


飛行機自体も久しぶりで2人して若干興奮気味w
こうして見ると息子大きくなったよねー(´∀`; )


金海空港までは一時間ちょっと。

着陸前に今から向かう巨済島が見えました。
飛行機降りたら今からこの島行くんだよー、って言うと、島いっぱいあるのに、しかも初見なのになんでこれが巨済島って分かるんかって息子にツッこまれました。
君は知らないんだろうけどね、母は地形とかそういうの割と得意なのよエッヘン←

今回、巨済島行くにあたってたくさん調べましたから。この島の形、これは間違いない。
空から見る巨済島の形があまりにも地図の巨済島のまんまでとても興奮しました←



向こう側にはドラマ「星から来たあなた」のロケ地でおなじみ(おなじみ?)長蛇島も見えます。
椿の花が咲いてる素敵なあの島ね。

このシーン好き
トミンジュンしー♡





そして手前にはこの旅で行く予定にしている海金剛も。
海金剛へはたくさんの港からツアーの船が出ているそうで。なるほど、島から去っていく船の白波が見えてますね。



一時間ちょいで金海国際空港パー着。
近い近い。

釜山も快晴!!

空港出たとこにあった運動器具を一通りやりたがる息子。
見知らぬタクシーアジョシと向かいあってまでやりたいかwww



1日目と2日目は早速コジェに行く予定になっています。
しかしウォンがないのでまずは両替しに西面へ。

駅にクリスプラットがいた。(クリプラ好きの息子)



それにしても暑すぎて。
西面に両替に行っただけでかなり体力けずられる_:(´ཀ`」 ∠):

でもね、重い荷物もって移動してると、老若男女いろんな人が大丈夫?って声かけてくれたよ。
しかも階段で長身のイケメンに荷物運んでもらえて、やっぱり人は親切だなーと実感。

(ここだけの話、釜山ってソウルよりガタイのいいイケメン多くね?←)

しかもそのイケメン、荷物運んだ後に

「あ、日本から来たの?Have a nice trip^^」

ってゆーてくれた。
暑さも吹き飛ぶ清涼飲料水のような笑顔で微笑んでくれた!さわやか!!


んまっ
んまーーーーっ(///Д///)
(ババアうるさい)


そのイケメンの言動見た息子も
「オレもあんなカッコいい人になろ」

ゆーておりました。

そーだぞ、息子。そういうところはどんどん吸収していけよ!


すぐにでも巨済に向かいたくて、西面寄るのがめんどくさかったけど、寄ったことで素敵な現地の人との触れ合いもあり目の保養もでき←幸先のいい旅のスタートとなりました。




さて、巨済へは沙上にある『釜山西部バスターミナル』から高速バスに乗ります。

巨済島へのアクセス


バスで一時間弱。

すごく近いですよね。
巨加大橋ができるまでは統営のほうからぐるっと回るルートしかなく、3時間ほどかかってたそうな。


料金は8800ウォン(今のレートだと800円ほど?w)
子供は半額。

バスターミナルの待合にあるコンビニでアイスと飲み物買って、ゴーゴー!!


巨済島の主なバスターミナルは古県(コヒョン)と長承浦(チャンスンポ)があるんですけど、宿や目的地に近い長承浦行きに乗ってます。


釜山と巨済の位置関係はこんな感じ。


そうそう、なんでそもそも今回コジェに行くことになったか。

旅の計画練る時、息子に釜山で何したい?どこ行く?ってきいたら

「でっかいプール!!」

と答えましてね。

いやそれ日本にもある…(´-`).。oO

と思いつつも『釜山 プール』で検索かけたら、大きなスライダーのある楽しそうなプールの画像が出てきまして。よくよく調べたら巨済だと。

ふーん、巨済?どこそれ??

って感じで検索してたら、ステキな宿や綺麗な景色がたくさん出てきまして。
距離的にも釜山とそんなに離れてない。


コジェ、いいじゃーーーーん♡(〃艸〃)


と俄然興味がわき、行ってみることにしたのです。

韓国の方にとっては気軽に行けて人気のリゾート地らしいですよ。



約一時間で長承浦バスターミナルに到着。
そこから市内バスでワヒョン海水浴場方面へ。


宿の最寄りのバス停降りたら、目の前に広がるきれいな海。
うおーーーーーーーーっ(///Д///)

坂を下っていくと海岸近くの今日のお宿に到着。

『レッドプラハペンション』

宿の敷地の下でオーナーさんがクッス屋さんもやってるみたいで、そこで部屋の鍵をもらってくださいとのことでした。


ドキドキしながらクッス屋さんに

あんにょはせよー、、、

と足を踏み入れると、出てきてくれたのはめっっっっっっちゃ気さくなオーナーおんま。



「さおり?!さおりだね??!!待ってたよー!日本人かい??とりあえず上がって上がって。日本からきたの?日本のどこから??アイゴー嬉しいよー!私、日本人大好きなの。息子かい??あれまーかわいい。座って座って!!!!」



すんごいパワフル。
あまりの大歓迎ぶりに戸惑うwwwwww


「日本かぁ、そうかそうか、嬉しいよー!ここに泊まってくれた日本人のお客さんとも仲良くなってね、私その人たちを訪ねて日本に遊びに行った事もあるんだよーっ!」


着いて数分でオーナーオンマの激しい親日ぶりがひしひし伝わるwww


そんなオンマだから息子も楽しくなっちゃって着いて早々ふざけたことばっかりして(言葉の通じない相手と秒でうち解けてコミニュケーションとれる特技は相変わらず)、

「この子面白いわぁ、性格がいい。顔も男前だし、芸能人だね、芸能人!!」

とすっかりオンマも嬉しそう。


大歓迎が一通り終わり、部屋に案内してもらったら、窓からは庭のプールが見える。
早速入りたいと息子。(え、夕方なのに?)
スーツケース速攻開けて水着を取り出し着替えて庭へ。(ちょ勝手に散らかさんといて。)
オンマもそんな息子を見て
「プールで遊ぶの?いいよいいよ、あそべあそべー!」
と送り出し。


息子「ヒャッホーウ!!」ばしゃーん!!



宿に着いてからここまでなんというスピード感。俊敏すぎてついていけんwww

興奮してプールに飛び込んだものの、数分後水の冷たさに撃沈している様子。


息子がプールで遊んでいる間にオーナーオモニに今後の予定を聞かれた。

「ここに2泊して、その後はどうするの?」

釜山に戻って一泊して帰る予定です、と答えると

「釜山でどこに泊まるの?」と。


今回、釜山では釜山駅の近くに宿を取り、坂や路地や市場、町歩きするのを楽しみに下調べもたくさんしてきました。

2年前に来た時は海雲台を拠点に釜山の東の方で過ごしましたからね。今回は西の方攻めようと目論んでまして。


「釜山駅の近く。」

と答えると、

「アンデーーー!」

とオモニム。

え、なんで、、、

「釜山駅なんか良くないよ!面白くないよ!海が見える方がいいじゃない?私の家、釜山にあるのよ。」

(え、釜山に家?ここが家じゃないの…?)

「娘が住んでるの!!2人娘!!娘が広安里に宿持ってるのよ。広安里知ってる?こんなの!!見て見て!」

とスマホの画像を見せられる。
そこには広安里ビーチが見える綺麗な窓辺の写真。

おおイエップダー!(広安里は一応行った事あるし知ってるけど)

「ここが娘の宿なの!!」


(ええ?!)


「ここに泊まりな!!!!」


(…え?)



ぅヴェ?!( ゚д゚)変な声でた


「イヤイヤ!オモニムー!もう釜山駅の宿予約してるし、そんな、だめでしょう?」


拙い韓国語で返す。





…あ、余談ですけど私、韓国語がほんーの少し上達?しました。
yg戦資見るために契約したネトフリで韓ドラ見るようになり、聞き取り力が徐々にアップ。
面白くなって、自己流でワークをやったり、気になった語を調べたり。
喋る書くはてんでダメなんですけど、聞くのと読むのはこの半年で飛躍的に伸びたと思います。
(といってももちろんまだ初歩の初歩ですよ)


すんちゃんの韓国語がだいぶ聞き取れるようになったのに、その能力を初めて活かせたのが地方警察庁前での辛そうな会見だったのは皮肉すぎましたが(´;ω;`)


いつの日かまた、すんちゃんが楽しそうにソウルコンをやってくれる時が来て、その韓国語メントを聞き取りできる機会がきたらどんなに幸せだろうな。

韓国語がんばるの、遅すぎたな、、(T_T)






すみません。
話は戻りまして。
オモニは韓国語しか出来ないので、スマホの翻訳機能使ったりもしてくれるんですが、それがうまく機能しなくてほとんどそのまま韓国語オンリーで押しきってきますwww

だから聞くのは出来てもうまく返せないので(おんまの話すスピードも早いし)私の返事は90パー心の中のモノローグです。


娘の宿をオススメしてくるオモニに、タジタジの私。

そうしているうちにオモニが娘さんに電話をかけてしまった。

「おー、娘や。今ね、日本からお客さんが来てるんだけどね。2人。子供と母親。子供が可愛くってさ。お前も会うといいよ。でね、この子達ここに2泊するんだけど、その後は釜山に1泊するんだってさ。釜山駅の近くに。どう思う??釜山駅より広安里がいいじゃない??」

(お、おもにむ、、?)

「お前んとこの宿、泊めてやってよ。」


オモニムー!!待って待って!!Σ( ̄口 ̄*)


「けんちゃなー!」←私に
「娘や?聞いてる?2日後だから土曜日?いけるよね?」

そこで娘さんは確認するとか言ったのかなんなのか分からないけど一旦電話は切れた。

するとオモニ、

「うん、泊まれそうだね。」←


いやいやいや、オモニム?
娘さんに有無を言わさずまくし立ててただけに見えましたけど…?


「大丈夫だって。泊まっていいって。釜山駅の宿、キャンセルしな。」


まーじで?www
全然大丈夫じゃないと思うんだけど。
もう笑える。

そこへアボニムもやってくる。
優しいアボニム、明らかにオモニムに尻に敷かれてるアボニム。

「お前はここで何をやってるんだ?お客さんゆっくり休ませてやれよ」

あ、ここまでのやり取り、私が泊まる部屋でおこなわれてます。


(そうだよね、アボニムもこう言ってくれてるし。オンマも忙しいんじゃないの?この話は終わりにしましょうよう(´-`)そうしましょう。わたし休みますから)

「ほんとに大丈夫です。こんなに綺麗な宿、高そうだし、私お金ないし←」

と断ると


「娘のとこもそんなに高くなんてしないよ!オンマが安くしてあげるから!!」

と。

私が何度断っても、オンマは何が何でも広安里に泊まらせようとしてくるw


なんかもう、わたしが娘さんのとこに泊まると言うまで話が終わらなそう。゚(゚^∀^゜)゚。www

一応、やりたい事もあって色々調べて最適と思って決めた宿だったんだけど、もうここはオンマのご厚意に甘えるのもいいかもと思えてきたwww


じゃあ、釜山駅のホテル、ホントにキャンセルしますけど大丈夫ですか?と聞くと

「大丈夫大丈夫ー!!よかったね、広安里、めっちゃ綺麗だよ!娘に言っておくからね!」

と。

幸い、キャンセル料は無料だったので宿はポチッとキャンセルに。
最悪娘さんとこ泊まれなくても若干金額上がるけどまた予約し直せばいいし。


「キャンセルできた?そっかそっかよかった。予約してたとこと同じくらいの金額で泊まれるように言うからね。」

とオンマ。

そこへ再び娘さんから電話が。

今度はスピーカーにしてオンマが話してるんだけど、電話の向こうの娘さんの口調、なんか、、、

不機嫌!!!!:(;゙゚'ω゚'):

オンマが金額の話をするとさらに不機嫌に!!




ヤーメーテー(T_T)


私釜山駅に泊まりますから。
てかそっち泊まりたいんですから。

電話口からきこえてくる娘さんの


「マルドアンデー!!」(話にならない)



出た!マルドアンデ!www
自分に関する事で使われるのを生で聞くとは。


もう笑えてきて。

「オンマ?娘さんマルドアンデと言っておられますが?www」

と言うと、オンマもバツ悪そうに笑いながらも

「ケンチャナケンチャナ、もう、娘ったら!!私が良いって言ってるのに!!今回だけ◯ウォンにしたげて!!」

と金額言い捨てて返事聞かずにスマホブチった。゚(゚^∀^゜)゚。



結果、オンマが20万ウォンも値切ったことに。


ええんかい、、

私娘さんに合わせる顔ないんやけどwww



そんなこんなで3日目の宿が思いがけずグレードアップ(?)

釜山では広安里の娘さんの宿にお世話になるのか?

はたして?!


このやり取りの間、庭のプールで遊んでいた息子を放ったらかしにしていたので、着替えさせ、日が沈みかけの海岸の方へ散歩に行くことに。

宿を出る時に、散歩いってきますの挨拶と、娘さんが怒ってないか、まだ今からでも釜山駅の宿は予約し直せますからほんとに結構です、ってことを伝えにクッス屋さん覗くと、


「夕食いっしょに食べよう!上がっておいで。今呼びに行こうと思ってたの!」

とオンマに呼び止められる。


(え、ごはん…
海岸近くに美味しそうなラーメン屋さんあるみたいでそこに行こうと…w)
こんなお店。바릇っていうラーメン屋さん。すてき!
インスタより




すでにテーブルには私たちの分のお箸とスプーンも並べてあって断るのは憚られる雰囲気。


でも、、、

おいしそー♡(///Д///)

お店以外で韓国の家庭料理食べられる機会なんてめったにない。(一応オンマはクッス屋さんだけど)

ありがたくいただきます!!(*´д`*)

嬉しい。
コンナムルやキノコのジョン、魚のジョン、めっっちゃ美味しい!!

このお魚の入ったテンジャンチゲ?
すっごい美味しかった!!
これだけで白飯三杯いけるやつ!!

写真がイマイチでごめんなさい。
食べたらものすごく美味しくて後から慌てて撮ったのでwww

ご飯はモチモチした豆ご飯でそれもとっても美味しかった。

オモニム、アボニムとうちの息子
この図はもうホームステイだわ


前髪が長いのが気になったのか、オンマに髪を留められたw
そんな長くはないんだけどw


ご飯を食べ終えて、今度こそ海岸へ。

ワヒョン海水浴場

ちょうど8月1日〜3日まで巨済のあちこちの海水浴場で
「바다로 세계로!」(パダロセゲロ、海へ世界へ)
って海祭りみたいな事やってて、すごくにぎわってた。


巨済は1つ1つの海水浴場はそれほど広くはないけど趣があってのんびりしてて心地いい。

花火上げて遊んでる人もちらほら。


息子も花火をやりたがったので、すぐ近くのコンビニで何本か買ってパンパン打ち上げました。
なんか懐かしい気持ちになったw


ここでも運動器具であそぶw




そんなこんなで1日目終了。

宿のオモニム、すげーなー…
予定外なことばかりだったなー…

人生何が起きるかわかりませんな。。


ベッドに寝転んで可愛い天井見上げながらそんな事を思ってたら爆睡してました。

かわいい部屋だったのに、写真見返したらこの天井しか撮ってなかった←




つづく