三遊亭王楽のぽよよんブログ

三遊亭王楽のぽよよんブログ

落語家・三遊亭王楽が日々の出来事・落語・映画について、ぽよよんと語ります。
YouTubeチャンネルも開設!
http://www.youtube.com/channel/UCgCTH59WinQ0xpqblIu7a_Q?sub_confirmation=1

徳川夢声の『話術』(新潮文庫)を読みました。

私の中では〈活弁士の人〉としか認識されておりませんでしたが、映画がトーキーの時代を迎えてからも、漫談家・俳優・文筆家・司会など、マルチタレントとしてご活躍されていたんですネ?ちっとも知りませんでした(泣)。

【座談十五戒】を説いており、中で〈第8戒 自慢屋たるなかれ〉と云うのがあり…



「他人の不幸を喜ぶ本能は、他人の幸福を嫌う本能です。

しかも、他人の不幸を喜ぶ本能より、他人の幸福を嫌う本能の方がおおむね強いようです」



…と云うのは、超絶真理かと。

落語についても詳しく、かの橘家圓喬を生で聴いており…



「私が、今日まで六十二年の生涯に、これほど優れた話術を聞いたのは、あるいはこの人、一人だったかもしれません」



からの…



「私が主として聞いたのは、いわゆる人情話でしたが、普通の落語も名人だったらしく、私の耳にも彼の鮮やかな『たらちね』が残っています」



と…前座噺の『たらちね』で夢声に名人を感じさせたのですから凄いです。

圓喬の『牡丹灯籠』について夢声は具体的に書いているんですが、それを読んだだけで、圓喬の凄さのみならず、筆で語っている夢声の名人芸をも感じました。

ラジオで吉川英治の『宮本武蔵』を朗読する事をライフワークにされていたんですが「眼で読む文章を、耳で聞く文章にかえる」事に腐心された様が書かれており、大変勉強になります。

全体的にサクサク読めるんですが、本書のしまいにある『話道の泉』は、是非とも読んで頂きたいものかと…

30ページ弱しか無いんですが、エピソードのひとつひとつにパンチ力があり、芥川龍之介の箴言集『侏儒の言葉』に匹敵するくらい、タメになります。

特筆すべきは、黒田官兵衛が死ぬひと月くらい前から、諸臣を罵倒侮辱しまくり、乱心したフリをしたのが、息子の長政の為だったと云うもの。

「早くくたばってくれ!そうすれば息子の代になるのに…」って、諸臣が思うようになるから☆

あと、何代目かの観世太夫が弟子と宿屋へ泊まった時、隣りの部屋から謡(うたい)が聞こえてきたので、逆に謡ってピタリと止めさせたそうな…

数日後、別の宿屋でまた隣りから謡が聞こえてきたので、弟子が「また謡って止めさせてみますか?」と云うと…



「いや、今夜のは、自分の謡で止めさせるわけに行かない。

なぜなら、先夜の人は中々の達人であったから、自分の謡より上手なのが聞えたから、驚いて止めたのである。

今夜の人はまだそこまで行っていない。

他人の巧拙を聞きわけるところまで行っていない。

だから、うっかり謡い出すと、なおさら、負けない気になって声を張り上げてやるに違いない」



…と答えたそうな。何と、素晴らしき逸話。

本書を読んだ今、夢声の『宮本武蔵』を拝聴しております♪皆さん、是非ご一読を☆
芦沢央さんの『火のないところに煙は』(新潮文庫)を読みました。

昨年『汚れた手をそこで拭かない』を読んで度肝を抜かれた芦沢さんですが、本作も圧巻の一言。

作者の芦沢さんが芦沢さんご本人として出てくるフェイク・ドキュメンタリー怪談小説の為、リアルな怖さがハンパない。

花園神社近くのベローチェで読み始めたら…



「コレ…どっち?ウソ?ホント?」



…ってな具合に、怖いのに読む事を止められませんでした。

相談していたオカルトライターと連絡が取れなくなったり、その人の書評を載せたり、凝りに凝りまくってる為、ビビらずにいられません。

読み終わって今、コレを書いておりますが…

ああ、弱った。またトイレに行けなくなった(泣)。



「あははははははははははははは!」



…此の笑い声を書いてたら、また怖くなってきた…是非!(←どっちだヨ)
昨日は〈池之端しのぶ亭〉にて【こっそり王楽】。

愛二郎くんの『道灌』をはさみ、私は『浮世床』に『抜け雀』、休憩後には『大安売り』と『松山鏡』の計四席を口演。

お寒い中、また冷たい雨の降る中を御来場くださった皆様方、心より御礼申し上げます!

次回は、3月8日(金)19時開演です☆お時間ございましたら、是非いらしてください♪
昨日は〈池之端しのぶ亭〉にて、ご依頼を受けての落語会。

私は、開口一番に『時そば』、トリの二席目に『井戸の茶碗』を口演したのですが、その間にはさまって出てくれたのが兼矢。

近頃の彼は『つる』や『たらちね』と云ったポピュラーな前座噺を自己流の爆笑編に仕上げたりして、とても面白い☆

最近、特にそれが感じられるので、理由を伺ったらチョー納得の解答が返ってきました。俯瞰で自分を見る事、大切っす。

ネタは『茶の湯』でしたが、オリジナリティが爆発してました♪

肝心要の骨格を大事にしているからこそ、クスグリが活きてくるのであります。「まるで人生のようだ」に、爆笑(笑)。

これからも兼矢から目が離せません!皆さんも是非☆

さて…本日もしのぶ亭で、お馴染みのこっそりです~。
昨日は〈山王オーディアム〉にて【第16回 山王寄席】。

コロナ渦で3年間休止しておりました会が、昨年から復活☆

二ツ目だった2006年から毎年三席口演させて頂いてる此の会、本当に有難く思います。

先ずは私で、一席目はマイブームの『一目上がり』。

好好のニンに合った『松山鏡』をはさみ、二席目『居残り佐平次』でお仲入り。

休憩後、トリの三席目は『宗民の滝』。昨年他界した志ん橋師匠から教わりましたが、つくづくいい噺を教わったと痛感してます。合掌。

此の寄席は、毎回品のいいお客様方がよく笑ってくださるので大好きです。山王、万歳!

お足元の悪い中を御来場くださった皆様方、心より御礼申し上げます。

さて…本日は、しのぶ亭にてクローズドな会がございます☆頑張りまっせ~♪