中山アカデミーがお届けする、

【産業カウンセラー試験対策】演習問題一問一答

まずは選択問題からです。

 

 

<問題1>

キャリアコンサルティングの役割について述べた次の記述のうち、適切なものの組み合わせを選びなさい。

 

A. 企業内で最も求められる能力はヒューマン・スキルである。特にコミュニケー ション能力は企業が採用時に新卒者に求める能力の第 1 位である。キャリアコンサルタントはコミュニケーション能力を含むヒューマン・スキル習得の 支援が出来なければならない。

 

B. キャリア相談の 5 割以上がメンタルな問題と重なっているとも言われている。 キャリアコンサルタントはキャリア支援とメンタルヘルスケアの両面を一 人で対応できるようにしなければならない。

 

C. キャリアコンサルティングでは、クライエントがキャリアの方向性を決定し、その実現に向けて行動していくことを支援する。大切なのはコンサルティングによって本人の気づきの機会を準備し、キャリアの方向性をクライエント 自ら決定できることである。その先は、キャリアコンサルタントのサポー トなしで「なりたい自分」になるための行動をクライエント自身がしていか なければいけない。

 

D. 求職中の人は、キャリア形成に必要な情報や学習への助言を求めていることが 多い。どこにどんな情報があるか、どこに行けば学習のチャンスがあるかは 教えることは簡単だが、クライエント本人の気づきや学びが深まらないので、 キャリアコンサルティングの中では助言はしないほうがいい。

 

E. キャリアコンサルタントは個人に対する支援だけでなく、キャリアコンサ ルティングに関する教育・普及活動、周囲への働きかけなども大切な役割で あることを常に意識する必要がある。

 

 

1.AとB 

2.AとC 

3.CとD 

4.AとE 

5.DとE

 

 

※解答は下にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<解答> 

 

<解説>

不適切な選択肢についての説明


B. 前半の説明は正しい。メンタルの問題を抱えたクライエントがキャリア相談に

来る割合は高い。そのため、キャリア支援とメンタルヘルスケアの両面を学ぶ 必要があるが、自分の能力を超えて一人で全てに対応するべきではない。自分 の限界を知り、メンタルヘルスの専門家にリファーできることも大切である。

 

C. キャリア・コンサルティングでは、キャリア形成の方向づけだけではなく、そ れを実現して「なりたい自分」になるための能力開発計画の作成や推進の支援 もキャリアコンサルタントの役割である。

 

D. キャリア形成に必要な情報提供や能力開発のための学習への助言はキャリアコンサルタントの大切な役割である。それらが出来るように日頃から情報収集 をしておくことが必要である。

 

 

産業カウンセラー試験対策教材はこちら

>>産業カウンセラー試験対策マニュアル・音声セミナー付 冊子CD版