酒田の静かな夜をエスタールで | 酒田dandyism

酒田dandyism

酒田のダンディーに注目していきたい


テーマ:

それでは第2回目のエスタール(ルクセンブール)についての続き・・・

前回もふれたが、ルクセンブールには無かったが、エスタールに新たにできたところを紹介しよう。

以前のルクセンブールでいつものように飲んでいると意外に多いのが複数連れの客。

程よく何名かがカウンターで飲んでいると “カチャッ” っと扉が開く音。

マスターの 「いらっしゃいませ!何名様ですか?」に、「3人です」「4人です」は当たり前で、

「5人です」「6人です」も結構いたように記憶している。

そこで5~6人は難しいとしても、せめて4人までは対応できる空間が欲しいとの声に応えて

新たに設けられたのが4席の個室。この特別感のある席は他の客からは見えない角度に入口があり、扉は無いが、誰がいるのかは全く見えないつくりになっている。


個室1

それほど広さはないが、ゆっくりできる椅子と円卓。映画のワンシーンに登場しそうな

雰囲気のある空間である。



わたしなら・・・もちろん女性と二人で使わせていただきたい・・・


さらに、もう一つこれまでに無かった空間がある。

2人がけのテーブル席。ここは私のお気入りの席。




カウンターの後ろに2人がけのテーブル席。

お互いを真正面から見つめあうのではなく、何気に斜めに座るあたりが

洒落っ気を感じる。



カウンター席はみな背中むきになるので他のお客の目線は気にならない。

ダンディーな私ならマイデキャンタでウイスキーを飲む。


今回はルクセンブールにはなかったエスタールの新たなる空間を紹介した。


第3回目は「エスタールの夏」を紹介しよう。









sansyoteiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス