KIKIとウインドサーフィンとハワイ移住のブログ

KIKIとウインドサーフィンとハワイ移住のブログ

ウインドサーファーとして夢見ていたハワイでの長期滞在
KIKIの誕生で思わぬきっかけが舞い降りてきました
米国の教育を受けさせることを心に決め、ハワイ移住
家族、仕事、療育・・乗り越えなくてはならない障壁は
多くその試行錯誤を綴っていきます

数あるブログの中、ご覧頂いて本当にありがとうございます合格




ウインドサーフィン波のメッカ、マウイに通うこと数知れず


夢はシンプルにハワイ移住虹





忙しさで忘れかけていた夢を


ダウン症児として産まれてきた KIKI 女の子 が後押しし始めました





まだまだこれから色々なことが勃発すると思うけど KIKI


夢の実現に向かう試行錯誤を綴ります




いろいろなトピックスを取り上げますが、ベスト10王冠1




① ハワイ移住計画虹の進み具合とハワイのいろいろ


② ハワイの家家購入まで、その後のいろいろ


③ ダウン症児、一人娘KIKI女の子の成長


④ ダウン症など障害児童車椅子教育、療育、交流・ボランティア音譜のこと


⑤ ウインドサーフィン波のいろいろ


⑥ 沖縄船のこと


⑦ 鎌倉・湘南サーフィンのこと


⑧ ハワイの学校学校への入学、スクールライフのいろいろ


⑨ 柴犬 Hamわんわんのこと


⑩ ランニング、フィットネス走る人のこと




楽しんでいただけるトピックス、ちょっと役に立つ話題など書けたらいいなと思っています


どうぞよろしくお願いします




読者登録していただけると励みになります


どうぞよろしくお願いします音譜


読者登録してね


みんなありがとう 読者が2000名を超えましたクラッカー



3月末の東京に向かい、そして4月16日帰国しました。

ほぼ3週間くらいの滞在になり、思惑通りの旅程です。

ワクチン接種は2回にわたるけどその間隔は、3週間を推奨されます。

すでに16歳以上の全ての希望者がワクチン接種を申し込めるようになったハワイ州、

KIKIファミリーも、KIKI以外は接種可能になりました。

ところが日本との行ったり来たりがあるから、接種3週間後にハワイにいられないと、

二回目の接種ができません。

 

3月末の頃は、予約の枠が小出し、

すぐに埋まってしまうし、日程も少しづつしか開示されません。

 

 

 

ハワイ州Hawaii’s Vaccination Planより

 

 

 

ようやく、ぴったんこの日程として予約できたのが、

一回目3月26日、二回目4月19日の組み合わせです。

この前後の旅程は、ホノルルを3月28日に発ち、4月16日の帰国としていたので、

PCR検査のタイミングをワクチン接種より後の3月27日にしようとすると、

ほかに選択の余地がないくらいの見事なスケジュールが組めました。

 

なんて悦に入っていたら、

やっぱりもれなく落とし穴付き。

4月19日は朝8時15分にはKIKIをドロップオフ、

ワクチンセンターのピア2には接種時間のちょっと前、7時50分あたりに送ってもらえば理想的、

でした。

なんと4月に入ってすべてのグレードで対面授業が始まったスクール、

グレードごとに登校時間が変更になってしまい、KIKIは7時45分登校となっていました。

ワクチンセンターをスクールより前にすると早過ぎ、スクールの後にすると、接種時間8時、

に間に合いません。

 

15分前以上に着いちゃいけないし、もちろん遅刻はダメ、というワクチン接種の注意書きが

送られてきているし、困った。

いつものピンチ、だけど、これも運を天に任せて、

KIKIをドロップオフしたら、猛然とピア2に向かう、という計画的なんだか、無計画なんだかという挙にでました。

 

 

 

 

 

 

ダイヤモンドヘッドの麓のスクールから4.5マイル(7.2Km)以上の道程、

スクールから15分で行けるかな、

と言う期待は走り出して、脆くも瓦解。

朝のラッシュに、都心に向かう方向で信号連携をしているから、

反対に向かう道は、信号の連携がまるでなく、ほぼすべての信号に阻まれます。

 

じりじりしながら、アラモアナ・ブールバードをたどり、

ピア2のドロップオフエリアに着いたのは、滑り込みアウト、

既に8時3分。

 

予約枠で接種できないと、ずいぶん先の予約枠しか残っていないから、大変な事態。

願うような気持ちで、予約時間を伝えると、

 

もう行けるから、早く行って

 

スタッフのアンティー、ハワイらしい対応をしてくれました。

もう接種経験済みで、センターの中の流れも承知しています。

まったく同じようにでもあり、大きく違うようでもあり。

ただ、

ワクチン接種の一回目(dose 1)と二回目(dose 2)の副反応、すごく違いがでています。

 

 

 

COVID-19 vaccine safety update
Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)
January 27, 2021
Tom Shimabukuro, MD, MPH, MBA
CDC COVID 19 Vaccine Task Force
Vaccine Safety Team

のミーティング資料より

 

 

 

アメリカ疾病管理予防センターの会合では、副反応の実績が報告されていますが、

2回目の副反応が圧倒的に発生率が高く、

発熱、頭痛、倦怠感、関節痛などなど、注射した周辺の筋肉通以外の症状が多々発生、という結果。

二回目接種の翌日は予定を入れないこと、

という忠告もされています。

 

でも、ばったり倒れたり、ということはなさそう、

注射はイタイし、副反応も覚悟が必要、だけど、やっぱり接種します。

 

メディアのセンセーショナルな報道で日本はワクチン接種に後ろ向きの雰囲気が覆い、

ワクチン接種率がOECD各国中でダントツのワースト1、という不名誉な現状に甘んじます。

ハワイでも、日本のメディアに接する日系人、日本人は接種に慎重な方々が少なくありません。

 

ワクチンによって獲得できる安全は一人自分のためだけではないし、

受けたくても受けられない方さえいます。

接種の機会を与えられる僥倖に感謝です。

 

 

 

 

 

 

本人確認は、公的な写真付きID(身分証明書)、保険証、予約票が3点セットで、

確認が終われば、レーンを指定されて、次のホールに進行です。

 

プラクティショナーのアンティ、

注射器の用意をごそごそ、その間に、

 

名前は?

生年月日は?

前回のワクチンはファイザーね?

朝ゴハン食べた?

具合はいい?

 

なんて質問をされながら、ココロの準備もしています。

 

どっちの腕はいいの?

じゃ、めくりあげてね

 

ぷすっ

 

また、予告なし、

針が突き立ちました。

 

2回目は痛いよ、と脅かされていたけど、

ぜんぜんへいちゃら、でした。

 

 

 



 

 

安静時間に副反応の説明に来たスタッフ、

ペーパーを見ながら、

 

注射された腕が数日イタイ、

アタマがイタイ、倦怠感がある、関節がイタイ・・

ここまではほとんどの人が経験します

とにかくお水の一杯飲んでね

 

ここから下の副反応は、そんなに多くないけど

お熱が出たら、アセタミノフェン(TYLENOL)とか、イブプロフェン(ADVIL)とかを飲んでね

3日間以上副反応が続いて心配あればお医者さんに連絡してください

それに咳、呼吸しにくさ、鼻水、味覚障害は副反応ではありません

こんな症状が出たら、ヘルスケアプロバイダーに連絡してください

 

15分の安静時間が終われば、ワクチン接種第二回目は終了、

今年の冬までは免疫に守られるはずです。

と一段落した途端にでてきた話題は、ブースター・ショットの必要性の議論。

 

 

[2日 ロイター] - 米製薬大手ファイザーは2日、独ビオンテックと開発した新型コロナウイルスワクチンについて、2回接種してから(訂正)6─12カ月後に3回目の接種(ブースター)をすることで、ワクチンの効果向上や持続期間延長につながるかどうかを研究すると発表した。

ファイザーの幹部は、ワクチンブースターが感染力の強い新型コロナ変異種にも有効の可能性があるとの認識を示した。

(2021年2月2日配信 ロイター)

 

やっぱり3回目接種が必要かな。

 

 

 

 

 

 

ともあれ、今は必要な2回の接種を完了、

自分のみならず、人にうつしてしまうリスクを大きく減らせました。

 

それにやがて実現しそうなワクチンパスポートの準備にもなります。

Safe Travels Hawaiiで求められているPCR検査、

このワクチン接種証明書をもって、回避の途が開かれそうです。

インターアイランド(ハワイ島間)の検査免除は5月11日から、とイゲ知事の会見で明らかになり、グリーン副知事からはSafe Travels Hawaiiプログラムへの適用に言及、

にわかにワクチン接種の大きな効用をみんなが意識し始めました。

 

さて、接種してから二日たったカラダ、

どんな状態かと言うと、

 

①腕がイタイ。一回目と同じで注射した左の上腕が筋肉痛

 これは間違いなく副反応。
 二日目で軽快してきました。

②アタマがなんとなく重い。副反応なのか、ここのところ毎日半徹夜のせいなのか、不明。

③関節がイタイ。2か月ぶりのRUN。筋肉も関節もぎしぎし言っていました。

 RUNのせいなのか、副反応のせいなのか、分かりません。

 これも二日目で軽快しています。

④倦怠感があり。これまた時差ボケ、寝不足、久しぶりのRUNの三重苦のしわ寄せなのか、

 副反応なのか、

 う~ん、どっちだろう。

 

この情報では、あまり役に立たないかな。

もっとまともな生活を送っている方々の体験はきっと参考になります。

 

よしんば副反応だったとしても、幸い耐えられる範囲です。

シビアな副反応で苦しむ人もいて、

マジメな話題です。

副反応はあるけど、ワクチン接種で得られるメリットは、自分自身、家族、コミュニティにとっては
この上なく貴重です。

 

ハワイは希望者全員の接種が可能なPhase-2に入りました。

やがてすごく安全な島々になります。

日本からのツーリストを本格的に歓迎できる日ももうすぐです。

 

 

 

イベントバナー

 

 

 

KIKIとウインドサーフィンとハワイのブログ ← これも ポチっとしてね

 

 

↓ 一日一回 ポチッ と押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村

 

 

読者登録していただけると励みになります音譜

どうぞよろしくお願いします

 

読者登録してね

 

 

みんなありがとう 読者が2000名を超えました クラッカー

ワードヴィレッジの様々な店舗やフードサービス、

あまりお買い物に行かないし、そもそもモノに拘らないからほぼ無縁の存在、でした。

とは言え、このエリアの新規開店などのトピックスの多いこと、

地元のお店くらい知らないと、みんなの話題についていけません。

 

コマーシャルのスペースの入れ替わりは激しく、

NOBU、AGUラーメンビストロ、Via、Pier 1、Bed & Bath Beyondなどが次々撤退、

代わって韓の台所、イスタンブールハワイ、Boxjelly(シェアオフィス)、ホーリーグレイルドーナツが進出、

ぽっかりと大きな空白になっていた、Pier1跡 には期間限定だけど、 Village Books & Music store(本と音楽のお店)、Bed & Bath Beyondの跡地には、Kids City Adventure(有料のプレイグラウンド)が賑わいを取り戻してくれました。

 

この先も出店が目白押し、

楽しみなのはカカアコキッチン跡にできる、メキシカンレストランのタコス・デ・ガロ・ロサ。

それにアイランドブリューコーヒーハウス。

カウコーヒーの存在を知ってから、ローカルのプレミアムコーヒーのコーヒーショップ、

待ち遠しくてしかたありません。

レモン屋さんとか、ロブスターロールのお店とか、新しいラーメン屋さん、ベトナム料理屋さん・・

まだまだ続々。

行ってみないと。

 

 

 

 

 

 

パタゴニアのホノルル店(ワード店)はもともとありました。

その店舗は2月にはクローズしたけど、がっかりしなかったのは、移転新装開店間近だったおかげ。

2月にはソフトオープンしていて、

いまはすっかり設えも終わって、グランドオープン済み。

その新店舗、

格段に大きくなった、ということもだけでなく、

倉庫跡をリノベーションした建物の風情がパタゴニアらしさいっぱいです。

 

旧店舗でハイキングザックを購入したばかりだけど、新店舗を訪れるのは初めて。

かなりわくわく。

日曜日でもパーキングにすんなり停められるのは、この広さのおかげで、

店内は賑やかです。

 

入るとパタゴニアのミッションステートメントが、ぴしっ。

 

3年ほど前、それまで謳っていたビジネスのゴール、
“Build The best product, cause no unnecessary harm, use Business to inspire and implement solutions to The environmental crisis”
(最高の製品を作り上げ、不必要な害を生じさせず、ビジネスをもって環境危機の解決策をひらめかせ、実行する)

から、

“Patagonia is in business to save our home planet.”

(私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む)

とクリアなパーパスドリブンのミッションステートメントになりました。

 

 

 

 

 


このステートメント、

これくらいの英語が分かるようになったKIKIにも大好評。

世界の企業のお手本となる行動理念です。

 

理念に留まらずパタゴニアは、リアルな事業で持続可能なサプライチェーンと、環境保護を実現している企業として、

一昨年、国連の最高の環境賞である地球大賞(UN Champions of The Earth Awards)を受賞しています。

 

こんなお店でお買い物することはすごく良い気持ち。

パタゴニアの製品を買うこと自体で、環境保護活動の寄付にもつながります。

企業や商品を輝かせる数々の勲章が煌めくと言っても、

ふだんのお買い物は商品そのものが重視されます。

パタゴニアが支持されているのは、そもそも商品のデザインや機能、何より品質に対する姿勢で、

”個々の消費者として惑星のために私たちができる最善の行動は、モノを長持ちさせることです。”

なんてCEOが言ってしまう大量生産の衣料品・ギアメーカーなんてパタゴニアくらいのものです。

 

お店はひろびろとしていて、商品も豊富ですが、

それ以上に驚くのは、商品のない遊びのスペースの多さです。

 

 

 

 

 

 

地球を救うアイデアをひらめかす、

が目的の会社なんて、そうありません。

そんな在り方がお店の様子も大きく変えています。

 

だから、ここは何をするスペースなのかなあ、という空間がここそこ。

ファッションで付け加えている訳ではなくて、

パタゴニアのミッションに必要なのかな。

 

ちゃんとお店のレイアウトは分かりやすくなっていて、入って右側はレディースとキッズ用、

左側はメンズ、の配置です。

 

ちょっと意外なのは、

山岳用のギア用品メーカーという出自のパタゴニアのお店なのに、

水着が充実しています。

それもかつてのイメージに囚われているせいで、このホノルル店(ワード店)は、

”サーフショップ”という位置づけ。

ダウンウェアや大きなダッフルバッグなども並ぶけど、

そう言えば、インテリアは海のオマージュが目立ちます。

 

 

 

 

 

 

KIKIのお気に入りは、ホノルル店のご当地製品、

”pataloha”シリーズです。

patalohaの説明なんて、野暮だから割愛します。

分かりやす過ぎて、微笑ましいロゴで、

エコバッグやTシャツ、絶好のハワイのお土産になりそうです。

 

キャップやアッパーなどもずらりと並んでいます。

ところがスタッフと話してみると、

 

実は今日から3日間、インベントリー(棚卸)なんです
だから希望の商品とか、サイズを倉庫から出せなくて、タイミングが悪いですね
来週の水曜日以降はダイジョブですよ

 

なるほど。

お話してみないと分からないことって、あるものです。

 

 

 

 

 

 

品定めで時間がかかると、いつもすっかり飽きてしまうKIKI、

このお店なら、ごろりとできる大きな椅子があちこちにいあるし、

とにかく見通しが良くて迷子になる恐れも全くないから、

きままにうろうろし始めても安心です。

 

改めてゆっくり見ると、

硬派のイメージのパタゴニア製品だけど、

patalohaシリーズ然り、気になる商品がいっぱいありました。

サーフショップを謳っているから、女子用も明るいハワイの海に見合う品ぞろえ、

お店に流れる空気も軽やかで、

なんとも居心地の良いお店です。

 

 

 

 

 

 

ハワイ特製のpatalohaシリーズだけでなく、

カカアコの地名の入ったホノルル店限定商品もあって、

お買い物客の心理もくすぐります。

 

キャップも、Tシャツも、35ドルくらい、と

品質や素材、果ては原材料の環境負荷まで重視しているパタゴニアに、

安かろうの製品はありません。

ブランドの価値だけで値段が跳ね上がってしまうお店もあるけど、

パタゴニアは、何より高品質、高価格で多くのファンを引き付けます。

 

そのお店が、ハワイ独自のシリーズを展開したり、

カカアコ限定商品を開発したり、って、

なんだか嬉しくなります。

 

 

 

イベントバナー

 

 

 

KIKIとウインドサーフィンとハワイのブログ ← これも ポチっとしてね

 

 

↓ 一日一回 ポチッ と押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村

 

 

読者登録していただけると励みになります音譜

どうぞよろしくお願いします

 

読者登録してね

 

 

みんなありがとう 読者が2000名を超えました クラッカー

5月末までとすこしのんびり過ごせる今回のホノルル滞在。

自分のオウチなのに、滞在というのもヘンだけど、ほぼ東京と半々の生活で、

何月のホノルル滞在、と区切ります。

 

ゴールデンウィークを挟む滞在は、もう何年も続き、

この時期はフルタイムで通勤していた時代から、ほとんどがハワイ。

友人たちも、やっぱりこの時期目指してはハワイなどの旅行を企みます。

ハワイの受け入れはずいぶん進み、

日本から始まったSafe Travels Hawaiiでトラベルバブルの対象国、

今は韓国や台湾にも開放され、この連休の来島にみんなが期待を寄せます。

 

ただしどうやら海外からのツーリストの歓迎で賑わうのは、この連休は厳しそう。

日本はとうとう緊急事態宣言に再び転落みたい。

それも相変わらず、ロックダウン(都市封鎖)ではなく、

人流を抑制するという目的通りになるのか、ちょっと心配。

3か月以上、Stay at home命令で大きな痛みを経験したハワイのみんなからすると、やきもき。

友人たちとのハワイでの再会が持ち越されそうです。

 

 

 

 

 

 

到着した金曜日は、KIKIと一緒に昼寝したくらいだったから、

昨日からはKIKIとべったりの行動開始。

 

お買い物に行くよ

 

いくー!

 

本当はお買い物はせずにお値段や在庫確認の下見、

いろいろなお店をうろうろ。

眩しいハワイの空の下に、歩き出します。

陽光はイタイくらいだけど、気温はまだ80℉(26.7℃)くらい、

風に湿気はなくて、

この空気に包まれたくてハワイに住んでいます。

 

まずはホールフーズマーケットクイーンズ、

以前は入り口に人数制限とマスク着用の確認、そして手指の消毒のためにスタッフが立ち、

お買い物客はソーシャルディスタンシングの6フィートごとの足元のマークで入店を待つ光景が長く続いたけど、

Teir3とリオープンが進んで、今は元通りの入店の様子。

 

店内の賑わいも戻りました。

嬉しいのは、デリのリオープン、

まだ部分的で、スタッフにサーブしてもらう方式だけど、

KIKIファミリーのお気に入りのコーナーです。

 

もちろんまだチェックアウトの列は、6フィートごとの間隔で行列、
ワクチン接種が進んでも、このお作法は欠かせません。

 

クルマに乗り込んで、次はドンキ・ホーテ、

日本製品や、鮮魚売り場の充実ぶり、圧倒されます。

中には、日本のスーパーマーケットを凌ぐような値段で提供されるものもあって、

ハワイの日系人、日本人にとっては大変な福音です。


 

 

 

 

 

次のハシゴ先は、Safeway。

かなり久しぶりの探索。

サウスベレタニアのこのお店も、しばらく入店制限が続き、

カートを押したお買い物客が長い列をなしていました。

それも今は、そんな光景が消え、フツーの営業。

 

サニタイザーがあちこちに置かれ、マスク着用を求める注意書きがなければ、

至ってのどかな店内風景になりました。

 

同じサウスベレタニア沿いのロングスドラッグスに移動。

薬局としてお世話になっているけど、

スーパーマーケット負けじの品ぞろえで、

セール品は見逃せない、というお店。

ドンキ・ホーテにさえない商品が見つかったり、

コスコより安かったりします。

 

 

 

 

 

 

楽しみだったのは、今日訪れたPatagonia。

自然をリスペクトするユーザーたちに圧倒的に指示されている、

ポリシーのしっかりしたアウトドアグッズや衣料品のお店。

ワードビレッジの旧店舗が先月クローズ。

閉店セールで目玉商品に恵まれました。

営業を引き継いだ新店舗は、数ブロック先のワードアベニュー沿い。

素晴らしい佇まいになりました。

 

かつての倉庫がすごくおしゃれな設えになって、

お店の敷地面積は10倍くらい拡張したかな、

そして品揃えは旗艦店並み。

なにより店内の凝ったインテリアにすっかり魅せられます。

 

このPatagoniaのワード店、本当に素晴らしいので、

改めて紹介します。

 

 

 

 

 

 

ぐるぐる回っても、

飴玉一つ買わずに冷やかしだけ。

長く自由にお店に入ることもできなかったから、

気軽に見て回れるという自体、ハワイが防疫にがんばってきた証、

それをシミジミ実感できました。

 

久しくご無沙汰したことと言えば、RUN。

もうすっかり運動から離れて、足を洗ったと思われています。

きっとカラダは弛みきっているし、

心臓も走ったらびっくりします。

 

それでもやっとやっと、

このハワイの空気の中を走っていいよ、という日になりました。

東京での自主隔離中のRUNはご法度だし、

誰にも分からない、とは言え、

そこは矜持があります。

特に海外帰国者への視線が恐ろしいほど厳しい日本でムチャできません。

何が何でもしっかり防疫ルール守って感染しないこと、

が海外帰国者への理不尽な仕打ちに対する暗黙の抵抗。

 

それほど力んではいないけど、

RUNやウォーキングさえできない生活って、

少数派だからいいや、と放置されていることには絶望です。

 

 

 

 

 

 

2カ月ぶり、

そろりとRUNを再開しました。

 

今日はKIKIと一緒、

アラモアナビーチパークのパークドライブ沿いのウォークウェイを走ります。

壊れるといけないから、1Km6分半のジョギングペース。

KIKIも走ったり、へばったり、歩いたり、

所々でKIKIが追い付くのを待ちながらの、のんびりRUN。

 

サンセットの時間帯、

マジックアイランドにたどり着くと、ちょうど陽は水平線に沈む寸前。

冬には海にドボン、だったけど、

季節は進み、

陽が隠れる先は、次第に北寄りになり、そろそろワイアナエの麓の地平線にかかりそう。

あと数日すれば、日没は水平線から、地平線に移ります。

 

それにしても見事に、お日様はまんまる。

この壮大な絵巻、KIKIとママと一緒に、しばらくお口がぽかーんとなりました。

 

 

 

 

 

 

4KmのRUN。

走り始めは、お口から心臓が出てきそうな苦しさ、

それに脚も上がりません。

 

KIKIも頑張って、なんと2Km近く走りました。

パパが先にギブもできないから、ぜいぜい、

KIKIに引っ張られるように、2カ月のブランクを乗り越えて、後半はやっと安定。

日本でぼろぼろになったカラダのリハビリ、

この地で修復開始です。

 

その日を祝ってあげようと慮ってくれたのか、

すごいサンセットと

日没後も空を染め上げるオレンジ色が眩い薄暮のプレゼント。

 

ハワイでのサンセットの時間帯のRUN、

こんな贅沢、がまた始まります。

 

 

 

イベントバナー

 

 

 

KIKIとウインドサーフィンとハワイのブログ ← これも ポチっとしてね

 

 

↓ 一日一回 ポチッ と押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村

 

 

読者登録していただけると励みになります音譜

どうぞよろしくお願いします

 

読者登録してね

 

 

みんなありがとう 読者が2000名を超えました クラッカー