KIKIとウインドサーフィンとハワイ移住のブログ

KIKIとウインドサーフィンとハワイ移住のブログ

ウインドサーファーとして夢見ていたハワイでの長期滞在
KIKIの誕生で思わぬきっかけが舞い降りてきました
米国の教育を受けさせることを心に決め、ハワイ移住
家族、仕事、療育・・乗り越えなくてはならない障壁は
多くその試行錯誤を綴っていきます

数あるブログの中、ご覧頂いて本当にありがとうございます合格




ウインドサーフィン波のメッカ、マウイに通うこと数知れず


夢はシンプルにハワイ移住虹





忙しさで忘れかけていた夢を


ダウン症児として産まれてきた KIKI 女の子 が後押しし始めました





まだまだこれから色々なことが勃発すると思うけど KIKI


夢の実現に向かう試行錯誤を綴ります




いろいろなトピックスを取り上げますが、ベスト10王冠1




① ハワイ移住計画虹の進み具合とハワイのいろいろ


② ハワイの家家購入まで、その後のいろいろ


③ ダウン症児、一人娘KIKI女の子の成長


④ ダウン症など障害児童車椅子教育、療育、交流・ボランティア音譜のこと


⑤ ウインドサーフィン波のいろいろ


⑥ 沖縄船のこと


⑦ 鎌倉・湘南サーフィンのこと


⑧ ハワイの学校学校への入学、スクールライフのいろいろ


⑨ 柴犬 Hamわんわんのこと


⑩ ランニング、フィットネス走る人のこと




楽しんでいただけるトピックス、ちょっと役に立つ話題など書けたらいいなと思っています


どうぞよろしくお願いします




読者登録していただけると励みになります


どうぞよろしくお願いします音譜


読者登録してね


みんなありがとう 読者が2500名を超えましたクラッカー



忙しくなった週末、

アロハフェスティバルのパレードでハワイ気分を楽しんだあと、

お昼前からはハイキング。

前日から、盛大に降っていた雨は明け方に上がり、

マカイ側はもう乾いています。

 

マキキの丘の方角には、いつもの通りのコオラウの山々で立ち上がる雲がもくもく。

どうやら雨を降らせた雲はいったんちぎれて流れ遅れた白い薄い雲だけ残ります。

 

コオラウまで続く丘の稜線がずっと見えているから、

ざあざあ降られることはないみたい。

 

 

 

 

 

 

夏休み中はお休みしていたスペシャルニーズのある子どもたち、その家族のグループ

”ロカヒライフハワイ”の活動、9月から再開、

ハイキングが第一弾です。

ちらりほらり、

集まってきたメンバー、

ごぶさたしました。

 

夏休みの間、日本に行ったり、

メインランドに行ったり、

それぞれ楽しんで、みんな元気なお顔です。

 

 

 

 

 

 

この日、目指すのはマノアヴァレーの突き当り、

オアフ島屈指の瀑布、

マノアフォールズです。

ロカヒライフのメンバーとそのお友だち、総勢17人。

 

トレッキングシューズに、

虫除けに、

カッパに、

下山してから履き替えるクツ、

忘れないでね

 

と言っているのに、ティーンエイジャーの女子二人は、

おしゃれな真っ白なスニーカー。

ダサイ足元は許せない、ものね。

 

 

 

 

 

 

ローカルにとっては、

子どもの頃からの慣れ親しんでいる探検コース。

ところが2019年から閉鎖されました。

 

実はマノアフォールズには、トレイルの終点の滝のさらに上段にも滝があります。

Aihualama Trail側にわずかに下って、

”がけ崩れのため、この先立ち入り禁止”のサインを目印に、

その上段の滝まで上ろうとする無謀なハイカーが続出。

マノアフォールに転落して亡くなる事故も起こりました。

 

加えて、自然のままのトレイルも魅力的だったけど、

ハイカーがどんどん増えて、トレイルの状況は年々悪化。

とうとう、どろどろトレイル。

 

 

 

 

 

 

安全と快適さを目指して、大規模な改修工事がスタート。

2年間を要し、昨年の夏休みにトレイルは再開。

 

ウイルス禍前のハイキングでは、

上り始めたとたんのどろどろ、

閉口しました。

そのトレイルの様子は、すっかり変わり、

砂利を敷き詰めた舗装と、ステップを兼ねた土留めで、快適。

道幅も拡張され、すれ違いも安全です。

 

上り坂は緩やか。

KIKIはすぐへこたれるけど、これくらいの斜度なら復活可能です。

 

 

 

 

 

 

きれいなジャングルを見ながらのハイキング、

ハイキングに慣れたKIKIは、ひとりでとことこ。

と言うより、お友だちはとっくに先に行っています。

心強いお供は、トレッキングポール。

頼りない足運びでも効果はテキメン。

 

KIKIたちの特質の一つが、偏平足。

足が疲れやすくなってしまい、安定感もありません。

それに足裏のアーチ部分が、靴で擦れてしまい、ふだんでも真っ赤っか。

 

痛くない?

 

だいじょうぶだよ

 

トレッキングシューズのおかげかな。

 

 

 

 

 

 

みえたあ

 

樹々のトンネルの先に現れた、白い涼やかな筋。

トレイルの終点、マノア滝に着きました。

片道0.8マイル、ざっと1.3Kmのトレイル、

のんびり50分の森林浴ウォークです。

 

落差50mと言っても、ちょろちょろ、だとかなり悲しい画になってしまうけど、

流れ落ちる滝の水量は豊かで、

今回が一番迫力ある瀑布の景色。

思い切り、マイナスイオンを吸い込みます。

 

 

 

 

 

 

改修前にはなかった岩の壁で囲われたルックアウト、

アメリカ人に乗り越えちゃダメ、

なんて言っても聞くわけもなく、

ちゃんとアクセスがあるのに、みんなひょいと乗り越え、滝つぼまで近道。

 

それに、滝つぼプールも遊泳禁止。

いろいろ制約があるのは、2002年にがけ崩れがあり、

岩の崩落の危険性が残ります。

上段の滝にあるプール(滝つぼ)へのアクセスも禁止されました。

 

 

 

 

 

 

”滝つぼプールで遊泳禁止”

という”御触れ”もあまり効果なく、滝に打たれる修行者続出。

ガールズの注目を浴びようと、

ボーイズもドボン。

水着じゃないのに、着替えあるのかなあ。

 

上り始める頃に、届いていた雨粒はすっかり消えてしまい、

お日様に恵まれます。

リフレッシュして、さあ下り。

 

 

 

 

 

 

KIKIにはこれが鬼門。

これもKIKIたちが持つ特質で、

上りの坂や、階段や、は、へいちゃらだけど、下りがまるでいけません。

まるで、おばあさんのような足取りになっちゃうし、

そもそも足がでません。

 

ママの腕にしがみつきながら、こわごわ下り始めたKIKI、

半べそです。

でも、止まらず歩きます。

 

前回は、下るだけで2時間を超えました。

なにしろ一歩一歩、励まさないと固まります。

今回は思いのほか、の歩調、

ママに必死についていきます。

 

 

 

 

 

 

少し斜度が緩くなってきたら、

 

キミ、ひとりでだいじょうぶ

 

滑りやすい足元を進むKIKI、

見ているほうがはらはら。

気楽に進んでいる訳でもなく、近づくとぎりぎり、

モーレツに歯ぎしりしながら前進。

 

これも整備を進めてくれたDLNR(ハワイ州国土自然資源省)Nā Ala Heleプログラムのおかげ、

ずいぶん歩きやすくなりました。

 

やがて、道は平たんになります。

 

 

 

 

 

 

表情がちょっと柔らかくなり、

足取りもちょっと軽やか、

きっとこんな経験もKIKIの自信になります。

 

人一倍、ゆっくりの下山。

お友だちは、小川に降りて遊んだり、

大きなバニアンツリーに開いたムロに設えられたベンチでパチリしたり、

KIKIがふもとにたどり着くペースに合わせてくれます。

 

おり切ってみれば、なんと40分。

前回のたった1/3。

KIKIがんばりました。

 

 

 

 

 

 

オナカの減った子どもたち、

どころか、ママたち、パパたちもぺこぺこ。

クツを履き替え、ランチは、

ロカヒライフハワイの活動拠点。

マノアディストリクトパークに落ち着きます。

 

マノアフォールズトレイルで、全員がランチパックを広げる空間はないし、

蚊の餌食になります。

少し下ったパークでのランチが平和です。

ランチから加わったメンバーも含めて20人が集まるのは3カ月ぶり。

ハイキングのあとで、ひときわおいしいランチをぱくぱく、

そしてミーティング。

 

 

 

 

 

 

これからの1年の計のおはなしです。

 

リーダーのクリスは、晴れてハワイ大学を卒業して、スペシャルエデュケーションの資格を取得。

さっそく公立高校に採用されるという慶事。

みんなでお祝いです。

 

ヴィジョンだけが決っているこのグループ、

議論しなければならないことが山のよう。

一年かけて、団体としての次のステップを目指します。

 

楽しく豊かな未来を描く議論はわくわく。

スペシャルニーズのあるお友だち、その家族、のこのグループ、

もっと大きな輪になっていくといいな。

 

 

 

Youtube”KIKI Movie”も登録してね

 

 

 

 

イベントバナー

 

 

 

 
 
 
 

KIKIとウインドサーフィンとハワイのブログ ← これも ポチっとしてね

 

 

↓ 一日一回 ポチッ と押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村

 

 

読者登録していただけると励みになります音譜

どうぞよろしくお願いします

 

読者登録してね

 

 

みんなありがとう 読者が2500名を超えました クラッカー

お天気週間予報の最高気温、

ホノルルでは今、いったい何度と知らされているかと言うと、

メディアによってちょっと違うけど、

毎日毎日86℉。

摂氏30度ぴったりです。

ちなみに最低気温は77℉、25度で、これも毎日ほとんど変わりません。

 

陽射しを浴びれば、真夏、

木陰は春のような心地よさ、

でももう夏も終わります。

 

日本でもお彼岸が暑さ寒さの境目だけど、アメリカでも9月21-24日、

(年によって違い2022年は9/22)が”Last day of Summer”とされます。

この時期からホノルルは秋に向かってのイベントが列をなします。

 

 

 

 

 

 

お馬さんが放牧されてる

 

賑やかなドラムの音が響いてきたビーチパークを眺めていたママ、

ほらあ、とKIKIを呼びます。

お馬さんだけではなく、

フラッグバトンの練習をするグループだの、

音合わせするバンドだの、

ビーチパークの芝生には、いろいろなグループが思い思いにリハーサル中。

 

そろそろ始まるね

 

 

 

 

 

 

アラモアナビーチパークのカマケエストリートのゲート周辺には、

パレードを待ち構えるいっぱいのチームと観客で大賑わい。

カメハメハデイのフローラルパレードは、ダウンタウンが起点となり、

アラモアナブールバードを経て、5マイル近いパレードが続きます。

 

アロハフェスティバルのパレードは、アラモアナビーチパークからワイキキまでの3マイル。

起点でのパレードに繰り出すチームの独特の緊張感も新鮮。

 

いよいよパレードの幕が上がります。

 

 

 

 

 

 

狭いハワイだから、市長や州知事をリアルに見る機会もあったりします。

特にパレードやセレモニーとなると、テレビでおなじみの面々が登場。

今年就任したブラジャルディ市長が先頭を切ります。

 

もちろんポリスや、セキュリティが万が一に備えているとは思うけど、

なんとなくゆるーい警護模様。

これもハワイらしさです。

 

 

 

 

 

 

ハワイローカルにとってはすごく身近なバンドが続きます。

 

歴史あるロイヤルハワイバンドは、その名の通り、カメハメハ三世創立の王立楽団。

今も、楽団員はホノルル市職員という変わったバンドです。

スクールで、コミュニティで、こうしたイベントで、

いつもその姿を見ているから、格式あるバンド以前に、地元バンドです。

 

 

 

 

 

 

一際盛大な拍手が送られたのが、この少年たち。

声援も多く飛びます。

ちょっと気恥ずかしそうに行進している彼らは、

リトルリーグのワールドシリーズに進出したホノルルリトルリーグチームです。

 

決勝戦で中米強豪のキュラソーを下して、

なんと優勝旗をハワイに持ち帰りました。

4年ぶり、4回目の世界一に輝いたチームホノルル、

ローカルたちの誇りです。

 

 

 

 

 

 

大きなトレーラーに引かれた先鋒の山車から聞こえてくるのは、チャント。

これもハワイのイベントや、公式行事や、に欠かせないお祈り。

 

祝詞のようでもあり、ポエトリーリーディングのようでもあり、

ちょっと厳かな気持ちになります。

ハワイ王朝絵巻の山車、

ハワイ気分が盛り上がります。

 

 

 

 

 

 

きりっとした隊列が印象的なチームは、

カメハメハスクールのバンド。

ハワイに数ある私立の名門校の一つ、でもすごく特別な存在です。

ハワイアンのためのスクールとして、ネイティブハワイアンの血統を引き継ぐ子弟の教育、

それにハワイ文化の継承に大きく寄与しています。

 

メインランドにも、日本にも、ニュージーランドなどにも存在する先住民文化、

ハワイも一旦蹂躙されてしまったけど、今はハワイアン文化なくしてハワイの価値はありません。

 

 

 

 

 

 

バンドにとどまらず、

カメハメハスクールのチームがどんどん続きます。

コーラスや、オーケストラや、ダンスや、

多才なチームが続くカメハメハスクール。

恵まれた環境に秀英が多く学んでいます。

 

もちろん公立のハイスクールのバンドだってかすんでいる訳ではありません。

スポーツや文化活動、各校特色があります。

その活躍ぶりを見るのも楽しみ。

 

 

 

 

 

 

モアナルア・ハイスクールのバンド、フラッグバトンチーム、

にこにこ、そしてきびきびした行進。

ハワイっ子の若さが溢れます。

 

大きな山車や、来賓の車列が続く中、

いきなりファンシーな馬車がかっぽかっぽ。

KIKIが大好きだったシンデレラの映画から抜け出したみたい。

ホンモノを見られました。

 

 

 

 

 

 

どうやら山車の意匠は、コンテストがあるみたい。

市長賞に輝いたのは、ハワイアン航空の山車。

 

さすがハワイアン航空、

これぞハワイのイメージそのもの、という趣向。

ハワイアンの暮らし、そしてフラ。

きっとワイキキのツーリストたちからも喝采を浴びたはずです。

 

 

 

 

 

 

実は、KIKIファミリーが楽しんだのは、

アロハフェスティバルパレードのほんのさわり。

この後、続々と山車、チーム、がパレードを彩ります。

 

夏休みが終わり、

シルバーウィークも過ぎ、

そしてアメリカの”夏最後の日”を迎えました。

 

 

 

 

 

 

この先ハワイは、秋に向かってまっしぐら、

ハロウィーンもそう遠くありません。

 

 

 

Youtube”KIKI Movie”も登録してね

 

 

 

 

イベントバナー

 

 

 

 
 
 
 

KIKIとウインドサーフィンとハワイのブログ ← これも ポチっとしてね

 

 

↓ 一日一回 ポチッ と押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村

 

 

読者登録していただけると励みになります音譜

どうぞよろしくお願いします

 

読者登録してね

 

 

みんなありがとう 読者が2500名を超えました クラッカー

リオープンが進んで、休業から再開、

さらにお店の営業時間も延びます。

この9月からアラモアナセンターは、曜日に関係なく、

すべてのお店が10時開店、夜8時までの営業。

週末は早く閉まってしまうのが、ちょっと寂しかったのも、

平日と同じになりました。

 

朝早いKIKIのドロップオフ、

帰りがけにお買い物、というと食料品なら、

セーフウェイは朝8時から、

ホールフーズマーケットなら朝7時から、

マノアファーマーズマーケットも朝7時から、

で、困ることはありません。

 

日用品や衣料、雑貨となると、

コスコは9時からだし、

アラモアナセンターは10時、

で、ずいぶん待たされます。

 

 

 

 

 

 

無敵はドン・キホーテハワイ。

なにしろ24時間営業だから、

翌朝から必要になっちゃった、なんて深夜の慌てたお買い物でも大丈夫。

ほぼなんでもあるから、ハワイ暮らしの頼れるよりどころ、です。

 

この日は友人の頼まれもの探し。

ちょっとご無沙汰しているから、きっと様子も変わっています。

朝一番ということもあってパーキング探しでうろうろ、もなく、

店内もゆったり。

入ってすぐの一角に、ドン・キホーテらしい、ごちゃごちゃ感いっぱいだったハワイのお土産コーナー、

今は、通路の右手に延々と続くスペースを占めます。

 

その代わりに、

 

 

 

 

 

 

グリーンステージ、なんておしゃれなコーナーが出没。

ビーチピクニックやバーベキューなど、

アウトドア用品がいっぱい。

 

アメリカのバーベキューはチャコール(炭)か、LPガスのストーブが一般的、

でもそこはドンキらしい品揃えで、

一番目立つコーナーにずらり、は

ガスカセットコンロ(ブタンストーブ)。

どう考えても屋外で使うと、火が消えちゃうから、

停電にでもなった時の防災用品?

ハワイはこれからハリケーンシーズン、です。

 

 

 

 

 

 

思わず二度見しちゃったのが、この目玉商品。

”正当な日本の炭火鉢”

英語にすると、

CERAMIC BBQ GRILL (陶製BBQコンロ)。

七輪、です。

 

今や日本でも使いこなせる家庭は少ないと思うし、

室内で使おうとしたら、能書きがいっぱいあります。

車内で七輪をたけば、一酸化炭素中毒であの世に行きかねない、という調理器具、

狭く換気が不十分はお部屋では、かなりデンジャラス。

もくもく、盛大な煙があがれば、火災報知機が鳴り、

ヘタすればスプリンクラーが作動します。

 

 

 

 

 

 

余計なおせっかいでした。

 

お土産コーナーも気になるけど、

その先にある家電コーナーが、また独特。

炊飯器が山積み。

それも、かわいいゾウさんが目印の某メーカー製品がところせまし、で

電気グリルや電気ポットもゾウさん印。

日本メーカーも健在だあ、なんて勘違いしちゃうけど、

ドン・キホーテならでは。

もうアメリカの量販店や、倉庫スーパーで、日本製の家電をみることはまずありません。

 

 

 

 

 

 

なんでも円換算すると恐ろしく高くなってしまい、

購買意欲もなくなるけど、ハワイにとってはお得なお店です。

 

ハワイの観光カレンダーの99セントはとくにお手軽。

人気イラストレーターの”ハワイカレンダー”ともなると日本でも$20近いから、

こっちでいいや、という方もいそうです。

 

ハワイ滞在では、散財させられた情報がすっかり広まってしまい、

どれだけ物価高なの、がみんなの心配。

なかには、日本とあまり変わらないものもあったりします。

 

 

 

 

 

 

大好きなリンゴ。

ドン・キホーテでは1パウンドで2.19ドル。

小さめのリンゴ2つで1パウンドくらい、と言うことは1個150円くらい。

他のスーパーマーケットでもうちょっと安いときもあるから、

日本と同じくらいかな。

 

パパイヤ、マンゴー、バナナ、などなど、フルーツは少し安いくらい。

野菜はびっくりするくらい高価です。

唖然とするのは、ミルクやタマゴ、の値段。

KIKIファミリーには、必需品で買わないわけにはいかないのに、

日本の3倍、4倍します。

 

 

 

 

 

 

ありがたいことに、

最近では、100円均一ストアが進出したし、

ドンキのオリジナル商品もずらり並びます。

 

1ドル150円に迫る為替では、円換算するとちっとも安くはなくなっているけど、

その比較もちょっとムリ。

ホノルルの最低賃金は、1時間12ドル(1740円ほど)、

東京の最低賃金は、1時間1072円。

ホノルルは、今後2年ごとに2ドルづつの引き上げとなって、2028年には18ドル、

という土地柄。

うろうろするから為替レートのこと、日本とアメリカの差のことは忘れます。

 

珪藻土バスマットMサイズで10.99ドル、

箒は14.99ドル。

”俺のほうき”って、果たして高いのか、安いのか・・
フツーの箒でいいかな。

 

 

 

 

 

 

極めつけは、この売り場。

真新しい模型コーナーは、なんとすべてガンダム・プラモデル。

すごいなあ、ガンダム。

きっと小躍りしているファンがいそうです。

 

スケールモデラーのKIKIパパとしては、ちょっと残念。

もしかするといつか垂涎の日本の模型グッズが並ぶかも、

なんて妄想がむくむく。

ハワイの片隅にこんな空間があること自体がすごい驚き。

大事な日本からの発信の一つ、

それもすごく強い印象を与えます。

 

 

 

 

 

 

迷宮のようなドン・キホーテの店内は、それだけで面白いけど、

ハワイにあるお店、

日本とハワイのごちゃごちゃで、さらにわくわくします。

 

散々きょろきょろしたけど、

探し物を見つけないと。

 

歩き回ると日本にいるような気分になってしまうドン・キホーテ、

でも、買ったのはハワイらしいもの。

ペタリと貼れるメモパッド、それもハワイを思い出させるデザインがいっぱい。

アナログだけど、傍らにあれば、ちょっと嬉しいガジェット、

それにお手軽なお買い物です。

 

 

 

Youtube”KIKI Movie”も登録してね

 

 

 

 

イベントバナー

 

 

 

 
 
 
 

KIKIとウインドサーフィンとハワイのブログ ← これも ポチっとしてね

 

 

↓ 一日一回 ポチッ と押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村

 

 

読者登録していただけると励みになります音譜

どうぞよろしくお願いします

 

読者登録してね

 

 

みんなありがとう 読者が2500名を超えました クラッカー