KIKIとウインドサーフィンとハワイ移住のブログ

KIKIとウインドサーフィンとハワイ移住のブログ

ウインドサーファーとして夢見ていたハワイでの長期滞在
KIKIの誕生で思わぬきっかけが舞い降りてきました
米国の教育を受けさせることを心に決め、ハワイ移住
家族、仕事、療育・・乗り越えなくてはならない障壁は
多くその試行錯誤を綴っていきます

数あるブログの中、ご覧頂いて本当にありがとうございます合格




ウインドサーフィン波のメッカ、マウイに通うこと数知れず


夢はシンプルにハワイ移住虹





忙しさで忘れかけていた夢を


ダウン症児として産まれてきた KIKI 女の子 が後押しし始めました





まだまだこれから色々なことが勃発すると思うけど KIKI


夢の実現に向かう試行錯誤を綴ります




いろいろなトピックスを取り上げますが、ベスト10王冠1




① ハワイ移住計画虹の進み具合とハワイのいろいろ


② ハワイの家家購入まで、その後のいろいろ


③ ダウン症児、一人娘KIKI女の子の成長


④ ダウン症など障害児童車椅子教育、療育、交流・ボランティア音譜のこと


⑤ ウインドサーフィン波のいろいろ


⑥ 沖縄船のこと


⑦ 鎌倉・湘南サーフィンのこと


⑧ ハワイの学校学校への入学、スクールライフのいろいろ


⑨ 柴犬 Hamわんわんのこと


⑩ ランニング、フィットネス走る人のこと




楽しんでいただけるトピックス、ちょっと役に立つ話題など書けたらいいなと思っています


どうぞよろしくお願いします




読者登録していただけると励みになります


どうぞよろしくお願いします音譜


読者登録してね


みんなありがとう 読者が2000名を超えましたクラッカー



イベントバナー

 

 

 

 

12月に入って、気が急きます。

KIKIのスペシャルオリンピックスハワイのオアフ島大会、明日!です。

場所の確認をしたり、

チェックインの時間や、手順のメールを見直したり、

なお気になるのはお天気。

寒くなってきたハワイ、お日様が出なければ、60度台の気温。

今朝は68度(20℃)まで下がりました。

 

今週は、毎日プール通い。

日曜日はカパオロノパークで、スペシャルオリンピックスハワイ・ダックチームの練習会、

月曜日はコンドミニアムのプールでパパと一緒に練習、

火曜日はマキキリージョナルパークのスイミングプログラムのレッスン、

水曜日はまたコンドミニアムのプールでパパと一緒に練習、

昨日は、コーチのメグミ先生のプライベートレッスン、

そして今日は、カパオロノパークでパパと一緒にラップスイミング、

できる限りの努力しているのは、

レースで速く泳ぎたい

KIKIの強い想いゆえです。

 

 

 

 

 

 

まだよたよたしているけど、格段に良くなったバックストローク、

キックが弱弱しいから遅いけど、

レース本番にはスイッチが入るかも。

 

バックストロークのゴール技術ももう一つの課題。

タッチパネルに、ごっちんするのが怖いKIKI。

 

5mフラッグという目印がある、競泳用のプール、

普段練習している25ヤードプールに、そのフラッグとか、ラインとか、がありません。

大会のプールでは、掲げられるかもしれないけど、

そこからストローク何回、という刷り込み練習は断念。

最後までキック、ごっちんの恐怖を克服する勇気も、レースに必要です。

 

フリースタイルは、

KIKIなりのスタイルでスピードが上がってきました。

 

 

 

 

 

 

かつて25ヤードまでは楽勝、

50ヤードでかなり肉薄されていたKIKIパパ。

ここ数日は、KIKIの後半のスピードが全く落ちないから、

何回レースをしてもKIKIの連戦連勝。

 

そのうち、25ヤードのレースでもKIKIが先行。

なんちゃってコーチ、

KIKIから慰められました。

 

盤石なようなフリースタイルも、お友だちと競争となると、

課題がいっぱい。

スタートのスピードを決める潜水、

造波抵抗がないので圧倒的に有利。

ところがKIKIのスタート、ぜんぜん潜水なし。

 

足でプールを蹴ったら、潜水して1.2.ってカウントするよ

それからストロークね

 

やっと、半分くらいの成功確率かな。

 

 

 

 

 

 

もう一つの課題はターン。

タッチパネルを両手でぺったん。

これでは遅くなっちゃうから、、タッチは片手。

 

折り返したら、少しでも潜水できるように、オテテは両手を剣先みたいに合わせるよ

 

こうしないと、突き出した両手がかえって抵抗になって、失速。

速く泳ぎたいでしょ、

それに応えるKIKIの視線は真剣。

ターンもちょっとづつ、速くなってきました。

 

曇り勝ちだった今日のホノルル、

プールに浸かっていないとがちがち。

1時間、パパと一緒に特訓。

明日、泣いたり、笑ったり、汗したり、の結果が待っています。

 

KIKIは練習の仕上げに入ったけど、

パパも切羽詰まってきました。

 

 

 

 

 

 

ホノルルマラソンは12日開催予定。

対面イベントとしては、この時期、世界でも最大級のスポーツイベント。

定員を設けていない、ウイルス禍ではすごく特別な存在。

 

果たして、オミクロン株との戦いを乗り越えて決行されるのか、

みんな、ごくり、です。

また状況が変わって、楽しみのためだけの渡航はなかなか難しくなっているし、

日本での強制隔離の強化はさらなる不安材料。

外務省の”危険・スポット・広域情報”では、アメリカはレベル3、
”渡航は止めてください。(渡航中止勧告)”の指定。

期待は高まったけど、この時期日本人参加者が来れるはずもありません。

 

ローカルはじわじわ発熱。

マジックアイランドのランナーが本当に増えました。

 

 

 

 

 

 

先月末、ホノルルに戻って、

とぼとぼRUN再開。

ブランクが長すぎて、カラダはたるみ切っているし、何より走っていると苦しい・・・

遅いし、

脚が痛いし、

息は続かないし、

まるで闘病日誌みたい。

それでも意地で、やっと5回目。

ホヌ並みのペースが、亀並みのペースになりました。

 

走ってみれば、ちょっとづつ前進。

5Kmしか走れていないけど、ペースはじわりと上がります。

フルマラソン並みの7分/Kmの危険水域に近づいたけど、

走る度に、転落の危機から踏ん張り中。

 

残る一週間、

脚が壊れない程度に気合を入れます。

 

 

 

 

 

KIKIは伸び盛り。

何百m泳いでも、音を上げません。

そして、明日その総決算。

 

ホノルルマラソンも目前となって、

こちらは脱落の徳俵に足がかかって、後がありません。

伸びしろゼロどころか、

フリーフォールで劣化中。

 

KIKIとパパのホリデイシーズンの前哨戦。

どんなご報告になるのか、

本人たちが一番、バクバクです。

 

 

 

 

イベントバナー

 

 

 

 
 
 
 

KIKIとウインドサーフィンとハワイのブログ ← これも ポチっとしてね

 

 

↓ 一日一回 ポチッ と押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村

 

 

読者登録していただけると励みになります音譜

どうぞよろしくお願いします

 

読者登録してね

 

 

みんなありがとう 読者が2400名を超えました クラッカー

イベントバナー

 

 

 

 

憲法第22条に抵触する指示、と大きな声が上がった在外邦人の新規の国際線予約停止措置、

本当に怖い時代に入ってきた、と震えた瞬間です。

「公共の福祉に反する」をものすごく拡大解釈して特定の国民(在外邦人)を苦境に陥れました。

 

一方で入国させても全員を強制隔離すべき、という声が大勢なのも心配。

 

日本で感染者が減ってきていたさ中でも入国者を全員強制隔離、

なんてしていなかった上、

11月8日からは、鎖国を解いて多くの外国人がいっせいに入国しました。

それからすでに1カ月弱、

潜伏期間のオミクロン株の感染者も少なからずいたはずだけど、

日本の感染状況は激変していません。

 

予約を妨害した措置、狼狽したのは、在外邦人だけに限らず、

恐らく憲法違反では、とあわてたお役人も少なからずいたみたい。

 

 

 

JALホームページより

 

 

 

今回の措置、歴史に残るかもしれません。

その決定は、なんと三日ほどで撤回。

 

それでもすべての外国人、さらには在留資格のある外国人の再入国も拒否だし、

帰国した日本人は出発国によって、強制隔離と自主隔離を合わせて14日間、

隔離が続きます。

みんなすでにワクチン接種証明、入国時含めて2回のPCR検査陰性確認済み。

そして隔離中も検査続きなのに。

 

その措置も、疫学的に何か依拠する根拠とかを聞いたことはないし、

ハワイは、もう1年前から隔離はなくなっているけど、

感染者の多くはワクチン未接種者とはっきりしているので、、感染も爆発しません。

 

 

そして、懸念が現実になっちゃった。

 

 

 

外務省ホームページより

 

 

 

12月4日午前0時、

アメリカ、カリフォルニア州からの入国者は、指定の施設で3日間強制隔離、

という措置の通知。

 

JALのホノルル線の欠航のおかげで、ロスアンジェルス経由の入国となった今回、

なんと、強制隔離が待っています。

たった2週間の一時帰国なのに、

自宅に戻れる期間は10日だけ、

あろうことか、ハワイに帰る当日に自主隔離の終了。

その一日に、朝から夕方までぱっつんぱっつんのお仕事ぎゅうづめも決定、

です。

 

アメリカの入国管理も今回の事態で厳格化。

もともとワクチン接種証明書は必要、

PCR検査が出発時間の72時間以内、から24時間以内に変更となります。

 

空港によっては、到着客に検査を義務付けるかも、

とリーク情報が続いているけど、

そうなればきっと空港内は大混乱必至。

日本とは比べ物にならないほどの国際線が到着します。

 

 

 

Hawaii News Nowホームページより

 

 

 

もやもやしたその情報を、さっきバイデン大統領がきっぱり否定。

発表された内容は、

 

Beginning next week, Biden said, all travelers to the U.S., regardless of nationality or vaccination status, will need to provide proof of a negative COVID-19 test within one day of boarding flights. That compares with three days now for those who have been vaccinated. The White House has shelved tougher options such as requiring post-arrival testing or requiring quarantines upon arrival in the U.S.

 

「バイデン大統領は、来週から、国籍やワクチン接種の状況に関係なく、米国へのすべての旅行者は、搭乗便から1日以内にCOVID-19検査が陰性であることを証明するものを提出する必要があると述べました。 これは、ワクチン接種を受けた人の現在の3日以内検査と対比されます。 ホワイトハウスは、到着後のテストを要求したり、米国に到着したときに隔離を要求したりするなど、より厳しい検討案を棚上げしました。」

 

 

実は、声明のほとんどの時間は、これから冬に向けてのワクチンのブースター接種の加速化や、健康保険のCOVID-19関連費用の国庫負担、など市民に向けて、国内施策を進めて行くという内容。
水際措置は大きく変えず、が、メッセージでした。

 

日本が水際施策に苛烈な措置を発表して、耳目を集めさせたのとは対照的、でした。

日本では、厳しい水際施策は実際、喝采を得やすいみたい、

入国拒否、強制隔離、の連呼が受けがいい、というお国柄です。

 

 

 

JALホームページより

 

 

 

強制隔離される当事者ともなれば、歓迎どころか大事件。

何とか、この収監を避けられないか、往生際悪く奮闘中。

 

もちろん、特権をつかってインチキ、なんて選択肢はないから、

アタマを使うしかありません。

今朝は朝から、JALにコール。

 

ホノルル線がキャンセル(欠航)になって、便を変更、

わざわざロスアンジェルス経由になっている今の予約。

日程を死守するために、それでもいいや、

という判断だったのに、強制隔離おまけとは・・

”入国の制限などで変更、払い戻しに対応します”、のはずだから、

 

ホノルル直行便でお願いします

 

回答は、

 

変更は1回に限りお受けしています

 

また始まりました。

JALとの果てしない平行線。

 

あのお、変更したのはこちらの希望ではなく、欠航でしたよね

 

 

 

JALホームページより

 

 

 

実は、現在JALの予約発券システムは、先の国土交通省の予約停止の指示を受けて、頓死。

全便、予約を受け付けられない状態。

変更したくても、そもそもホノルル線の空席さえ見えません。

 

変更できるか、エスカレーションしてもらえますか

 

はい、それでは変更となった場合のルールですが、

プレミアムエコノミー席のある機材は12月は飛びませんので、ビジネスクラスへの変更となります

 

アップグレードできるのですか

 

いえ、プレミアムエコノミーとの差額をお支払いいただきますが、

60万円ほどになります

 

え”-叫び

 

この情景はデジャブ。

JAL曰く、より安いエコノミークラスへの変更はできず、差額を払っての上級クラスへの変更のみ、

というルール。

そう言われても、プレミアムエコノミーのない機材に変更したのはJALの事情。

なぜいつも乗客がそのツケを払うのか、

理不尽で、困り果てます。

 

入国で強制隔離確実な情勢、

出発地変更が一縷の望みだけど、50万円の請求、

どちらもどちら。

 

泣きっ面にハチ、です。

 

 

 

 

イベントバナー

 

 

 

 
 
 
 

KIKIとウインドサーフィンとハワイのブログ ← これも ポチっとしてね

 

 

↓ 一日一回 ポチッ と押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村

 

 

読者登録していただけると励みになります音譜

どうぞよろしくお願いします

 

読者登録してね

 

 

みんなありがとう 読者が2400名を超えました クラッカー

イベントバナー

 

 

 

 

ここ数日で、年末年始の一時帰国が不透明になりました。

厚生労働省が発出した新しい水際措置、

パニックの様相です。

外国人の入国拒否、特に日本で生活している外国籍の住民の再入国まで拒否、

外国との路線の新規予約停止(抑制)、

そして自主隔離の短縮措置(行動制限緩和)も不許可。

 

日本人の入国も、出発国によって隔離施設への強制隔離、

毎日のように対象国が増えます。

 

時間の問題だったアメリカでの変異種の感染者入国、

もう一報が駆け巡っています。

こうなると、アメリカからの入国でも強制隔離が避けられそうにありません。

 

 

 

 

 

 

日本で心配なのは、何とか警察。

もともと外国人、障がい者、女性、LGBTQへの差別意識が抜きがたい国、

外国人だから、

帰国者だから、

という差別がひどくなるのは、恐怖です。

 

一方で対照的なのはハワイ、

本日をもって規制緩和。

 

オアフ島では、レストランやバーやジムなどなど、

定員の制限がなくなりました。

ソーシャルディスタンシングのルールも解除されて、

ほぼ日常。

お店は大歓迎。

利用者も嬉しいのは、コンタクトトレーシング用紙記入の手間がなくなりました。

コーヒーショップでも、フードコートでも、アイスクリームスタンドでも、

1グループづつしか、入店できなかったり、

コンタクトトレーシング用紙を全員記入がルール。

イゲ知事がその撤廃を命令しました。

 

 

 

 

 

 

朝からのロカヒライフハワイのリーダー、クリスと打ち合わせ。

リオープンに合わせてのように、

 

一歩踏み出そうと思ってる

 

ハワイ大学でスペシャルニーズ教育のディプロマ取得を目指しているクリス、

来夏から、その資格を携えて子供たち向けのプログラム編成を模索し始めました。

ロカヒライフハワイは、様々な障害のある子どものいる家族のグループ、

セルフアドボケイト(障がい者支援に自ら関与する障がい者)それに自立が目的です。

”ロカヒ”の持つ意味は広いけど、

グループのみんなが共感している意味は”共生”。

 

ハワイなら実現できる、とクリスは弁護士の職を蹴ってメインランドからやってきました。

KIKIファミリーも同じ思いで日本から。

ジワリとメンバーの輪が広がり始めます。

 

 

 

 

 

 

何企んでるの?

 

ボランティア活動と併行して、

ハワイらしい価値あるものを子どもたちと一緒に作りたい、

という熱いクリスの話は2時間続きました。

脳神経発達学も勉強しているクリス、

趣味のサーフィンも取り込むプログラムつくりにもうんうん。

 

実現できるかどうかは別として、

何か前進させるために、歩みを止めようとしない気持ち、

一緒に汗をかきたい、と思わせます。

 

来年の大きなプロジェクトになっていくかも。

 

 

 

 

 

 

ホリデイシーズンに向けて、

ハワイはますますに賑やかになりそう。

来年のお話なんて、鬼に笑われるけど、

ずいぶん長く縮こまった暮らしに慣れてしまったから、伸びやかに未来を考えたくなります。

 

そんな矢先の、オミクロン変異種の出現、

アメリカでも一両日に大統領命令が出そうです。

そうなるとアメリカ入国時には、24時間以内のPCR検査陰性証明書の提示が必要。

 

アメリカは、幸いまだ入国拒否とせず、

合理性を重視したワクチン接種証明書とPCR検査陰性証明書での管理強化。

大統領自らパニックになる必要はない、と発信し、

日本の反応を良しとしない、というメッセージ。

 

ハワイも、引き続き運用されている”Safe Travels Hawaii”の機能を信じて、

やはり情緒的な反応どころか、制限緩和を続けます。

 

 

 

 

 

 

サンセットにちょっと間に合わなかったランニング、

広がる錦織のような空はいつもの通り。

 

飛び込んでくるニュースは、静かな時間を壊すような刺々しいものばかり。

ゆったりとしたハワイでの暮らしだけど、

この空も世界とつながっています。

 

前向きに動き始める徴なのか、

行き苦しくなる空気の徴なのか、

美しく彩られた空も、違った表情に見えます。

 

年末年始の太平洋を越える旅路、

超えるべき壁がどんどん高くなってきてしまいました。

 

 

 

 

イベントバナー

 

 

 

 
 
 
 

KIKIとウインドサーフィンとハワイのブログ ← これも ポチっとしてね

 

 

↓ 一日一回 ポチッ と押していただけると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村

 

 

読者登録していただけると励みになります音譜

どうぞよろしくお願いします

 

読者登録してね

 

 

みんなありがとう 読者が2400名を超えました クラッカー