こんにちは、
「家族の笑顔と会話が見えるお部屋作り」を提供する整理収納アドバイザーの場先万里子です。

11/15〜12/31まで、
「オープン記念整理収納サービス体験価格キャンペーン」を開催しています♪
プロの整理収納作業を体験価格で提供しております照れ

「お部屋をどうにかしたい」
「一人では片付けができない」
「スッキリした部屋で暮らしたい」

など、お部屋、おうちのおかたづけの悩みのある方、
ぜひこの機会にご利用くださいませ♪

コース、料金、作業の流れなど詳細はこちらをご覧くださいウインク


12/13に開催した
「ゆるふわおかたづけ茶話会」。
今日は最後の振り返りをさせていただきますデレデレ

もともと茶話会をやろう!と声をかけたのは
共同主宰のまーちゃんのInstagramの投稿から。
「『いつか』は来ない」
という投稿だったかな?

このおかたづけのハードルの一つである「いつか使うかもしれない」という問題は
私もどうお客様にお伝えすればいいか悩んでいました。

なので「茶話会」というかたちで
お客様のお悩みを深く聞いて
「真の悩み」の部分まで聞いてみたいな、と思ったのです。

実際に茶話会をやってみて、
まーちゃんが上手に深くまで掘り下げて悩みを紐解いてくれて、
悩みの元は整理収納とは離れたところにあることがわかったり、
はたまた収納スペースの使い方を知らないゆえにうまく収められていなかったり、

あり方の部分も
やり方の部分も
悩んでるところはみんな似ている、というところが見えてきました。

これが全てではないので
まだまだ茶話会はやっていきたいし、
色んな考えに触れてみたいと思います。

そして、初めて茶話会を開催してみて、
この茶話会の目的も明確化してきました。

双方向性
相互作用
これらによる
気づき
学び
です。


「人から答えを聞く」
のと、
「自分で答えを導き出す」
のとでは、インストールのスピードに差が出ますよね。

これは訪問の整理収納サービスのときも意識していて(なかなか難しいのだけど滝汗)
お客様に要望を聞きながら、
どうしたいか?という「暮らしの目的」を考えてもらい、そこに向かって作業をしています。

自分で考えて、
答えを考えながら、
目的に向かう

これって、整理収納だけじゃないよねぇ真顔

おかたづけ茶話会と言いつつ、
他のことも気づいて学べちゃう、
そんな場所にしていきたいな。

そのためには私も勉強勉強勉強!!!

一回の開催だけでもここまで学びが多いなんて、
本当に来てくれた方々、共同主宰してくれたまーちゃんに感謝の気持ちでいっぱいです。

色々と整備して、
準備進めていきたいと思います!





情報発信中!
こちらでも情報発信中!
ぜひ見てみてくださいね♪
ばさきまりこのFacebook
ひなたぼっこの椅子のFacebook
ひなたぼっこの椅子のinstagram

 

こんにちは♪

「家族の笑顔と会話が見えるお部屋作り」を提案する、
整理収納アドバイザーの場先万里子です。
 
 
11月15日から開催しています
「ひなたぼっこの椅子オープン記念整理収納サービス体験価格キャンペーン」
12月31日までのお申し込みのお客様は、
体験価格で整理収納サービスを提供いたしますデレデレ



 
「プロにお願いしてみようかな」
「一人だとどうしていいかわからない」
「早く現状を変えたい」
など、
お部屋の気になるところをどうにかしたい、という方。
 
ぜひ、今回のキャンペーンを利用してみてください。
 
整理収納って、
やろうと思えば自分でもできることです。
それでも、その分野で「プロ」として活動している私のような整理収納アドバイザーはたくさんいます。
 
なんでみんな、整理収納を仕事にしているかっていうと、
整理収納によって得られるメリットを知っているからなんです。
 
みなさん、色々な想いを持って整理収納アドバイザーの仕事をされていると思うのですが、
私が整理収納アドバイザーを仕事にした理由は、
「整理収納は人生を変える力がある」ということを知って、
それをたくさんの人に実感してほしいから。
 
私が娘を出産する前、
整理収納にハマって家中をおかたづけした結果、
「開業」に繋がったと思っています。
 
私の整理収納サービスを受けていただく方にはお話していますが、
【整理】って
自分にとって何が大切かを見出していく作業です。
 
整理作業では、みなさん色んなものを手放します。
「こんなにいらないものがあったんだ」
と驚かれる方も少なくありません。
 
「いらないもの」の量を目の前にしたとき、
自分の今までの
お金の使い方や、
モノの選び方や、
スペースの使い方が見えてきて、
 
これから自分は何を選んでいくのか、考える大きなきっかけになります。
 
収納テクニックも大切かもしれません。
でも、それ以前に「自分にとって大切なものを見出していく」という整理作業はもっともっと大切です。
 
それを経験することは、
整理収納作業が完了した後の人生に確実に影響するし、
なんとなく選んでいたモノの「芯」を持てるようになる。
 
その「芯」はモノに対してだけでなく、
自分の人生においても大切なものになっていきます。
私が1年半前、「会社員」という立場を手放したように。
「自分」というものに責任を持つことを選んだように。
 
 
ちょっと壮大な話になってしまいましたがニヤニヤ
家の中が変わると生活スタイルも変わり、
暮らしやすくなることで色々な「ゆとり」がもたらされて、
家族みんなにいい影響が与えられる、と思います。
 
幸せって、
バランスです。
 
住環境を整えることで
バランスが整うきっかけになるかもしれません
 
これからお申込みいただく方は、
年明けからの作業スタートになるため、
年末の大掃除には間に合いませんが、
年明け、
新しいスタートにお部屋を整えてみるのもいいかもしれません。
 
2019年のスタートを、
バランス良く切れるよう
お手伝いさせてくださいね♪
 
料金、作業スタートから完了までの流れ、お申し込みはこちらをご覧ください♪
 
 
 
 

情報発信中!

 

こんにちは、
「家族の笑顔と会話が見えるお部屋作り」を提案する
整理収納アドバイザーの場先万里子です。


照れひなたぼっこの椅子オープン記念照れ
整理収納サービス体験価格キャンペーン

※実際に作業をする日程は年明けからの調整になります。ご了承くださいませ。

キャンペーン専用ページはこちら♪
https://peraichi.com/landing_pages/view/hinatabokkonoisu

ハート個別相談コース(オンライン可)
60分 3,000円→キャンペーン価格1,500円

ハート収納スペース一か所集中コース
60分毎 5,000円→キャンペーン価格3,000円
(一日作業時間最大5時間まで、1~2回訪問いたします)

ハート一部屋丸ごとコース
一式 40,000円→キャンペーン価格25,000円
(一日作業時間最大5時間まで2~3回訪問いたします)

先日に引き続き、
今回も「ゆるふわおかたづけ茶話会」の振り返りをしていきます照れ 


前回の記事はこちら♪

 
テーマは
「『いつか使うかもしれない』その『いつか』は『いつ』なのか?」
でした。

この答えって、

当たり前なんだけど、
正解なんてないんだよね。


アドバイザーとしてお宅に伺って、
モノを「いる」「いらない」で分けていくんだけど、
それはお客様にしかできないんです。
私はそばで見守るだけ。

そのモノの後ろにあるストーリーは、
持ち主にしかわからない。

だからね、
「自分で決める」
が、大事なんだと思う。

「いつか使うかもしれないからとっておく」
ではなくて
「子どもが高校生になったら使うかもしないからとっておく」
「5年以内に引っ越すだろうから引っ越し先で使うためにとっておく」
などなど、

大事なのは
自分でモノの目的を決める。

ただ、
これだけ。

目的が決まれば
自ずとどこに置いておけばいいか決まってくる。

それでも
「忘れちゃうかも」
って思うものは、
本当に大事なものではないかもしれないです。
大事じゃないもののためにスペースを使うのって、
めっちゃ勿体無くない?!ゲッソリ

ちなみに、
私は「いつか使うかもしれない」って思う時は、
「いつ」を決める。

私は結婚式などに参列するためのお呼ばれドレスを娘のために保管してます。
なので使うのは15年後くらい。
父に買ってもらったものなので大切なものです。
もう私は年齢的には着れないので、
娘に上げるためにとってあります。

でも、娘が気に入らなければその時が手放し時です。
それまでは状態を見ながらとっておくつもりです。
押入れの奥の「娘がこれから使うモノ」っていう箱に入れてます。

目的は娘にあげるため。
期限は娘が18歳くらいかな?
定期的に状態を見る必要はあるけどね。

こうやって
自分で決めちゃえばいい。
そうしてあげればモノだって嬉しい。
目的もなく使われないでおくに押し込まれてる方がモノは悲しいはず。
そういうものの「悲しい波動」に自分が合わせちゃうかもしれないしね。



茶話会の目的は、

双方向性
相互作用

これらによる
「気づき」
「学び」

を得ることです。

答えを伝える場所ではないけど、
答えを見出した方が自分のものになる、と思います。