ニューヨークからのエアメール        ~ever since~

ニューヨークからのエアメール        ~ever since~

滞米歴約30年。アメリカ国籍。外国人として日本で長期滞在ビザ取得。父の介護を経て、日本に家族で住み始めた現状で、かなりのカルチャーショックに陥ってます。



日本のとある地方で生まれ育ち、スーツケース1つで渡米、留学
フロリダ→ニューヨークと移り住む→学生→ウォール街のOL
→結婚→出産→離婚→シングルマザー→会社経営→
再婚→会社閉鎖して日本に引き上げる準備→最後の一時帰国で
父が末期がんとアルツハイマー認知症の診断を同時にうけてしまい
そのまま私は日本に滞在、父を看てました→父死去→NYに戻って
家族と猫1匹で日本に引き上げる準備→日本に現在住んでます。


現在は、わんちゃんホンポ、ねこちゃんホンポで犬猫の啓蒙活動
としてライターをしています。
更に動物愛護団体でボランティア活動をしています。


テーマ:

 

動画の中で私が「まだ若いのにこんなことで死にたくはないよね?」ときなこちゃんにきくと、彼女はまるで「うん」というようにうなづいきました。果たしてこれは偶然なのか…。

きなこちゃんを早くセンターから出して治療を始めて下さい!
誰か助けてくれませんか?


テーマ:

この記事を書きながら、初めて気が付いたこと…それは私が子供時代に体験したある出来事が、無意識のうちに今の活動にの原動力になっているということ。

 


テーマ:

明日17日(金)の午後5時、私がどうして今、このボランティア活動を今必死でやっているかのか…
どうしてここまで打ち込めるのか…

そのきっかけとなった出来事を描いた手記がわんちゃんホンポで公開されます。

...

タイトルは「生まれて初めて保健所へ行った時の光景を私は今も忘れられない…」

この作品は、思いが強すぎて、子供の作文みたいになってしまったのがお恥ずかしいのですが…書きながら、思い出しながら、今のボランティアの原点がここにあると自分自身で気が付いた次第です。

 

私は何十年も前から、この活動がやりたくてやりたくて仕方なかったんだと、これを書いてようやく気が付きました…

随分と遠回りをしてしまったと思います。
でも、その遠回りして歩んできてたからこそ習得できたあらゆる経験がこの活動に生かされているんだと感じております。

 


テーマ:

米国籍から日本国籍への帰化とれたんで、先日法務局行って書類もらってきた。
 

これから入国管理局行って、在留カード返却して、夫の戸籍に日本人として入るために市役所で帰化届を提出する義務がある。
 

そして、国籍の選択をしたら、日本の法律ではOKなんだって!米国籍残っていても、日本人として単独戸籍扱いになるって言われました。その後で米国市民として政治家とかに立候補したりしなければいいとか。もしそれしたら帰化取り消しだって。

...

ってことはレンホーさんが日本に対して国籍の宣言すましてて、まだ台湾(?)国籍が残っていたと騒ぎになったけど、台湾の政治家に立候補したわけでないので日本の法律的にはOKということになるな~マスコミと他の政治家たちが騒いでいるけど、そういうことなんで、レンホーさんはOKなんだってことが今回やっとわかった!
 

ただ、私のような米国籍の場合は、米国に対して放棄手続きするまでは米国に所得申告する義務があるし、もしも日本で宝くじの高額当選したら、殆どが米国の税金としてもっていかれてしまうんで、やっぱり米国籍の放棄手続きはチャンとしとかなあかんってこと。

だから、これからが大変!

 


 


テーマ:

愛する者との別離の悲しみは、犬にもあるんです。

これを見たら、それがよくわかります。
犬にも人間と同じ感情があります。
どうかそれを知ってください!

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス