【暮らしの中の和文化】京都・大津【和文化着付け】

【暮らしの中の和文化】京都・大津【和文化着付け】

やまとこころを育む読書会。ライフ・キャリア学。京都。大津。元ANAのCAの経験呉服店運営の経験を活かし、大和の知恵を伝えています

●着物には文化を伝える力があります

●福岡県人なんばしようと?TVでご紹介いただきました!!

●お問い合わせ・お申し込み

●着付け各種させていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
和文化アドバイザー
きものライフプロデューサー 貴子


★レッスンについて   

★きよう会について(きものイベント)

★オススメ商品 優れもの


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やまとこころを育む読書会
 

輪読本「幸せにする言葉 幸せになる言葉」出口光著 

◆言葉を超えた心を伝える◆

今回の場から創作され生まれてきたテーマは「わび さび」

 

わびを有限の世界でおこること

さびは無限の世界を感じること という見立てで探求してみました

 

肉体を持っている私たちは、見事なまでに

それぞれが違っています

有限な命 能力 それを精一杯 尽くすこと

ここにわびの美を感じますね

 

 
 

 
 
 

利休の師にあたる武野紹鴎は「わび」を正直に慎み深く、おごらぬ様と表現されています

幼子は歓喜とともにこの世に生を受けて

日々新しくぐんぐんと成長していきます

やがて天職に巡りあい

夢中で体験を重ねる

 

専門を極めようとすればするほど
果てしなさに打ちひしがれる

それでも懸命に打ち込む姿がわびであるとするならば

さびとは何でしょうか?
 

50代を迎えると肉体は明らかに

植物がそうであるように

土にかえりやすくなろうとしているのを感じます

 

 
 

その一方で
着物に触れたとき手から伝わってくるもの
お茶を点てる亭主の姿

 

 

折々の花を愛でながらして歩いている時におりてくる閃き
風にゆれる童のつややかな黒髪に感動する瞬間

こういった感覚は精妙になっていっているようです

だんだんと肉体が必要でなくなっているかのようでもあります

こうして考察してみると
「さび」は盛りを過ぎて失われているようなものの中に
永遠に円環しながら生成発展していくきらめきを見出していくことなのでしょうか 

今年40を迎える美女が

年を重ねることが楽しみになりました

という感想を述べてくれ嬉しく思いました

「やまとこころを育む読書会」の「みこと」が明らかになりつつあります
いつもありがとうございます

「やまとこころを育む読書会」

 

 

 

やまとこころを育む読書会
土曜日と水晶日の朝ZOOMにて開催させていただいています

 

詳細はこちらです

 

 

「尊敬・感謝の心を伝える」の輪読の中で

参加くださいました皆様と探求したのは

 

「恩送り」です

 

人から何かをしてもらったことに感謝して、何かお返しをすることを「恩返し」「恩に報いる」と言います。

そして、先人から頂いた恩を、他の人や次の世代の人たちにお返しするというのが「恩送り」です。人間は、自分の肉体を超えて、過去にも未来にも思いを馳せることがっできる存在です。恩送りをすることで、あなたも先人も永遠の命を現すことができるのです。

「恩送りをさせていただきます」などど使います。素敵な言葉ですね。

(出口光著 幸せにする言葉 幸せになる言葉より抜粋)

 

私の話をさせていただきますと、母の父は私にとってはお爺さんですが、母が3つの時に病死していますので私は、会ったことはありません。

 



お爺さんは、戦後、配給所のあとを引き継いで商店を開いた人で、母の姉叔母からは英語も堪能で商店には食堂も併設していて、ひもじい思いをしていた人のお腹を満たしていたとのこと。残念ながら、短命でしたので、四人の子供を育てるのにお婆さんがリヤカーを引いてその商店を切り盛りして次の叔父につなげ、其の店は今は従兄弟が経営しています。

戦後は、飢えていた食べ物、今はお金を払ってダイエットや断食やらするまでになりましたね。

では、今、人は何を渇望しているのでしょうか?

私は、「やまとこころを育む読書会」のなかにその答えにひとつがあると確信しています。

幸せにする言葉 幸せになる言葉のあとがきから抜粋しますね。
以下です。

 

その「やまと心」から出てきた日本語という「やまとことば」が、世界を飲み込もうとするグーローバリズムやそれに反発するナショナリズムから、私たちをかろうじて守ってくれる存在なのだと想います。
 

私たちは、もう一度日本の素晴らしさを、人間の持つ崇高さを受け入れることが大切ではないでしょうか。


やまとこころを育む読書会 主催させていただいている私が一番学ばせていただいております。
 

ありがとうございます。

 

 

 

昨日の満月は、しみじみと照らしてくれていて、力づけてくれているかのようでした。

 

月に一度の「日本にふれる」ほっと一服茶も7回目となり、講座として熟してきていて、ご参加くださっている本当に有り難く思っています。




今回は、体験の方もいらしてくださり、受講者さんの宿題の成果から、このようなことをしているのか!!と驚いていらっしゃったのが印象的でした。

 



ほっと一服茶の講座が日本文化に触れるものになっていて、嬉しく思いました。

 

今回の期は、5月で終了しますので、次の期の募集も始めようと思います。
第4金曜日10時~12時 大津市瀬田にある大生産業様の落ち着いた会議室をお借りしてのお教室です。

今、私が住んでいる土地の話をしますね。

近江一宮の建部大社のすぐ近く、瀬田川にかかる日本三古橋のひとつ瀬田の唐橋の近くです。
近江とい地域は「近江を制するものは都(京都)を制す」といわれていたほどで、寺社仏閣は京都よりも多く比叡山を守る守山や祓戸の大神を祀る佐久奈戸神社、琵琶湖など、美しく、また歴史も深い土地になっております。



私は、琵琶湖岸を散歩するのが好きです。霞たなびく湖面、夕暮れ、朧月夜。そんな風景を見ながら散歩していると、次々と閃きや癒やしがやってきます。

ほっと一服茶の講座では、この土地で生きている日本文化を支えてくださっている菓子司さん、お茶屋さんのものを使わせていただくことも意識していることのひとつです。







ご興味あれば、気軽にお茶を召し上がるくらいのお気持ちで教室に体験しにいらしてくださいね。次回は3月26日です。

 

本日は、72候の「草木萌道」そうもくめばえいずる です。
 




おかげさまでやまと心を育む読書会は18回目となります

シーズン1では、やまとことばの奥に流れる和の文化を味わいます

 


シーズン2では、誰もが日々経験している思いを日本に古くからある一霊四魂という考え方をあてはめて、俯瞰して見る力を養います 


シーズン3では、あなたは誰ですか?何のために肉体を持って有限な時間の中に生まれてきたのですか?という問いが明確になります

 

日本を知り、日本に古くからある考え方を理解し、自覚的に意識的に使うことで、

自分が幸せになるだけでなく、人を幸せにすることが出来るようになる読書会です

8名様までの少人数でZOOMでの開催をしております
次回は、シーズン3の最終回です


2月6日(土)朝7時30分~9時30分

ここで結ばれる間柄は一期一会の場です

次回のシーズンは参加者さんの希望を取りながら日時を決めていきます

人を幸せにしたい人。

自分が何者なのか知りたい人。

どうぞ、ご縁を結んでください