三重県のブルーベリー摘み取り園 Sakura Berry`s Garden

 三重県のブルーベリー摘み取り園 Sakura Berry`s Garden

自然の中で食べる完熟ブルーベリーの美味しさ
     是非 味わって下さい。

Sakura Berry`s Gardenの山原です。


Sakura Berry`s Gardenは鈴鹿山脈の麓、雄大な自然に恵まれた高台に在ります。
周りはキャベツやジャガイモ、お茶畑に囲まれ 空にはヒバリが、山ではウグイスやホトトギスが美しい
鳴き声を響かせ 時よりサルやシカなどの訪問も見られます。

皆さんは完熟を迎えたブルーベリーを食べたこと有りますか?

口にいれた瞬間に感じられる甘味とほのかな酸味のバランスは絶妙なんですよ。
この自然豊かな環境で育ったブルーベリーを是非一度ご自分の手で摘み取り食べてみて下さい。

ブルーベリーは6月中頃から8月の終わり頃が収穫時期です。

この間にSakura Berry`s Gardenでは50種類を超える品種を栽培しています
時期毎に食べ頃の品種が代わり 来て頂いたお客様が 色んな品種を食べ比べて頂けるようにと
多くの品種を栽培しています。
お客様が食べて頂いた感想を元に今後の栽培品種も変えて行こうと考えています。
是非、Sakura Berry`s Gardenに足を運んで頂き皆さんの貴重な感想を聞かせて下さい。

      自然の恵み お客様と共に Sakura Berry`s Garden


昨日の写真を使ってブルーベリー果の成長過程を説明します。




まずは1月頃の蕾の様子から
このぷっくりした塊が蕾です。


1つの蕾から写真の様に6〜10個程の花が咲きます。



1番が開花前

2番が開花した状態です。

3番は 畑や風で受粉が済んだ状態です。

4番 確実に受粉が完了すると 花の行燈部分が取れます ここまで来たら受粉は完了して下を向いていた花は上を向き始め実に成長を始めます。


5番 花がついてた付け根の部分が膨らんで来ました これがブルーベリーとなります。

6番 ここまて来たらブルーベリーに見えますよね  ここから更に大きく成って色が着きます。

現在、園内は実になり始まり品種から花の開花を待つ品種まで全てが見れます。


昨日からの雨も上がり日差しが差し込み
始めました。
ミツバチも花粉と蜜を求めて活動開始です。

《園内の状況》

ハイブッシュ系は受粉した花から実に
変わりつつ有ります。
早い品種は既に形が出来てます。


通路には受粉が済んだ花が白く見える程に
落ちています。
これが受粉完了の目印なんですよ。


奥手品種のラビットアイ系も受粉がスタートしています。
今、受粉にはマルハナ蜂が来てくれています。


気持ちよく晴れて、気温が上がりミツバチがブルーベリーの花を見つけてくれるのが待ち遠しいところですね。


桜の花も散り、夏野菜の種蒔や苗の植え付けが始まりました。

ブルーベリーは順調に開花が進んで新芽も出て来ました。

ブルーベリーの肥料灌水は3月からスタートしていますが、この時期から我が家では肥料を独自配合のスペシャルブレンドに切り替えてます。

前回の肥料が空になったので今日から切り替え、
これでしばらく様子見です。

今年も「美味しい」と言葉が貰えるブルーベリーが収穫出来るまで 管理作業に勤めます。




ブルーベリー園の紅葉がドンドンと進んでます。

ハイブッシュ系は落葉も進んでます 
ラビットアイ系は進行中って感じです

この紅葉も来シーズンのブルーベリーにとって
大切な工程です。

農園では、この紅葉を綺麗に進める為に色々と
工夫をして翌年に備えてます。







今日で今季のブルーベリー狩りは終了ですが、
 園内には、まだ沢山のブルーベリーが成って
います。
閉園後は当園オリジナル商品のジャムと酢を
作る為に、糖度が上がった完熟ブルーベリーを
300キロ程収穫をする予定なのですが、台風で
落ちてしまうと確保が難しくなるので 朝から
急ピッチで収穫を進めています。

美味しいジャムを作るポイントは
『完熟ブルーベリーを使う事』です。

砂糖で甘くは出来ますが 酸味の強い実では
ブルーベリー本来の風味がでないからです。

当園では 香りに特徴のあるハイブッシュ系の
ブルーベリーと、糖度の上がったラビットアイ系
のブルーベリーを何品種かブレンドして仕上げて
います。

そんな加工に向いている完熟ブルーベリーを
皆さんにも手にして頂けるイベント!
『2019年 ブルーベリー感謝祭』  を
8/17(土)、18(日)、19日(月)  9:30〜17:00  で
開催いたします。
こちらは食べ放題では無く、量り売り‼️
なかなか手に出来ない完熟ブルーベリーを
GETしに来て下さいね。

詳しくはこちらから⤵️




閉園が近づいて来ました。
この時期のラビット系ブルーベリーは、
どの品種もとても美味しい状態ですが
この季節にハイブッシュ系の様な爽やかな
品種が有るんです。

 名前は「デライト」



甘いラビットアイ系を沢山食べてから
このデライトを食べると、 お口の中を
爽やかな状態に戻してくれるのです。
香りも豊かで酸味もあり、とてもジューシーで
お勧め品種です。

梅雨明け以降のこの暑さは身体にこたえますね

ブルーベリーも間も無く終了となりますが
今のお勧めは やはりパウダーブルーがイチオシとなります。
今年は大粒が多くて 毎年、この時期に来て下さるお客様が 驚いてくれてます。

私はこのパウダーブルーの実が少しシワを帯びた位のが特に好きなので お客様に試しに食べてみて下さいと案内すると「 ゲキウマ!」と喜んでくれます  もちろん好みが有りますがね
でも是非とも試して欲しいです。

あと人気が有るのがオクラッカニー
この品種はラビットアイ系では香りの良い品種で
お客様からの評判も良い品種です。



東海地区も遅い梅雨明け宣言が出ました。
気温も上がり日差しも増してますます糖度も上がって来ています。

ラビットアイ系がどの品種も美味しい成って来てますが  今週のお勧めは前回にもふれましたが
オースティンが2回目のピークを迎へて居ます。

とても美味しいと評判なので 是非とも食べて欲しい品種です。
この後はパウダーブルーとコロンバスが美味しさのピークに成ると予想しています。


今週末はラビットアイ系エリアが
全て解放となります。

ラビットアイの後半品種はパウダーブルー、
ティフブルー、バルドウィンなどが有名ですが
この週末のオーナーお勧め品種は 
『ブライトウェルとメロディー』です。

『ブライトウェル』は中頃の品種ですが
今、とても美味しく成ってきてます。

『メロディー』は有名な品種では無いので
育てている方も少ないとも思います。
枝が垂れるので管理も難しい品種ですが
味はとても美味しい品種です。

この週末は、この2品種を是非食べて下さい‼️

ラビットアイ系後半品種のメインは、
バルドウィンとパウダーブルーになります。
パウダーブルーは未だ少し早いですが
バルドウィンは現在、食べ頃に近付いてます。
今年のラビットアイ系は大粒が目立ちますが
特にバルドウィンは大粒が鈴なりですよ!

週末からエリア解放と成りますので 
大粒を食べたい方はお早目にお越し下さい。





6月のハイブッシュ系から始まり、
7月の現在はラビットアイ系の収穫エリアに
入っています。

ラビットアイ系のエリアは一手間作業が
増えます。
それは通路を確保する為に伸びて来た枝の
剪定作業です。

6月に入ってからドンドンと枝が伸びて来て
お客様が通り辛く… いや通れない程の場所も
あるので実の成熟具合を見計らって剪定をして
いくのです。

剪定後は通路にも余裕が出来て、ブルーベリーも見やすく取りやすいので、 お客様にも喜んで
貰えると思います。