障害のある子どもたちのための音楽教室【神戸・垂水】
  • 15Jul
    • 小学校音楽会のオーディションに挑戦!

      こんにちは!障がいのある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室ツナガリMusic Lab.主宰の武藤さきこです。(HPはこちらhttp://www.tsunagari-music.jp/index.html)今日のブログでは、グレーゾーンのAちゃんの嬉しい変化をご紹介させていただきます(^^)初めて出会ったのは昨年の8月。発達に凸凹があり、特にコミュニケーションの面で、お家の外ではなかなか自分を出せないことが気になっていると、お母様からお話をお伺いしました。緊張を感じやすいAちゃん。照れた笑顔は大人から見たらとっても可愛いのですが、時にはなかなか言葉が出てこなくて辛そうな表情が見られたり、選択肢を提示するといつも簡単な方を選んだりといった消極的な面が気になっていました。レッスンの中では、ピアノに関してはスモールステップで進め、難しい部分は適宜手助けを加えながらも最後は、”できて終わり”にし、自信を高めていくこと。また、コミュニケーションに関しては、毎回1つの質問について答えを書いてくることを宿題に出して(例えば、曲にちなんで「好きなパンは?」などなど)レッスンの中で事前に考えてきた答えを言うお話タイムを設け、「言えた!伝わって嬉しい!楽しい!」と思えるようにフィードバックを行うことを続けてきました。**そして、約1年が経ち、最近のAちゃんはお話の時間もスムーズに答えられるようになり、事前に答えを考えてくる質問以外でも答えられることが増えてきました(^^)また、前々回のレッスンでは「どっちの曲にする??」と選択肢を提示すると、初めて難しい方の曲を選ぶAちゃん。そしてそして、なんと「小学校の音楽会でオルガンやってみたい」と自分から希望することができました!結果は、見事オーディションに合格!!とびきり可愛い笑顔で報告してくれました(*^^*)合格したことよりも、自分から「やってみたい!!」と言えたその勇気とチャレンジできたことに何倍もの価値があるように思いました。私も本当に嬉しかったです。子どもたちの可能性は無限大♪これからもAちゃんの成長をとても楽しみにしながら、一緒に頑張っていきたいと思います(*^^*)武藤さきこ-----------------------------------------------『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!70分マンツーマン無料体験レッスン』 ◆特典・レッスン終了後に『グッドポイント分析シート』をプレゼント中です!詳しくはこちらをご覧ください♪-----------------------------------------------

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 14Jul
    • ピアノアドべンチャーの特別セミナーに行ってきました!

      こんにちは!障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室ツナガリMusic Lab.主宰の武藤さきこです。(HPはこちらhttp://www.tsunagari-music.jp/index.html)最近、当教室の生徒さんにも大人気の楽譜ピアノアドべンチャーの特別セミナーに参加してきました(^^)『ピアノ·アドヴェンチャー (Piano Adventures®)』は、ここ10年アメリカで人気No.1のピアノメソード。現在では世界中に広がり、今年の春に初めて日本語版が出版され、とても注目されている楽譜です。なんと、あのオバマ元大統領のお嬢様も使っていたそうですよ(^^)!とても魅力的なテキストであることが、使わせて頂いていて本当によくわかります。”著者のフェイバー夫妻は、子どもたちの思考や理解、からだの発達を研究し、それをメソードに採り入れています。各カリキュラムは、子どもの理解をたすけるために身近な題材が用いられており、好奇心を刺激する様々なアイディアを採り入れています。また、役割を与えて自発性を促したり、創造力や表現力を育てる楽しいアクティビティを体験するなど、徹底的に子供に寄り添って書かれたメソードです。”(公式ホームページより一部引用)今回の特別セミナーでは、指導理論についてのお話や、ジョアンナさんがどのように生徒さんにアプローチされているかを実際の映像から見させていただき、とても勉強になりました。丁寧にスモールステップで少しずつ進み何度もくり返しながら学習していくその過程には、物語や遊びなどの様々なアイディアが詰め込まれており、楽しみながらも着実にステップアップしていくことができます♪また特徴的なのは即興演奏がたくさん取り入れられていること!子どもたちをすでにある楽譜の型に入れ込んでいくのではなく、子どもたちの自由な発想や遊び心を大切にし、"いいね〜!面白いね!あなたって本当にステキ!"と、OKのメッセージを沢山送っていくレッスンスタイルは、子どもたちの音楽性だけでなく、心も豊かに育んでいくことができると感じました。**学んできたアイディアは、早速今日のレッスンでも取り入れてみました!すると、最近レッスンではピアノよりも断然ドラム派だった男の子が『ピアノ楽しかったな〜!!』と満足そうな顔で言ってくれ、私とお母様は目を合わせてニコリ(*^^*)これからも、研究しながらレッスンに取り入れていきたいと思います♪武藤さきこ-----------------------------------------------『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!70分マンツーマン無料体験レッスン』 ◆特典・レッスン終了後に『グッドポイント分析シート』をプレゼント中です!詳しくはこちらをご覧ください♪-----------------------------------------------

      29
      テーマ:
  • 13Jul
    • ダウン症児のダンス公演『ミュージックボックス』を観に行ってきました!

      こんにちは!障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室ツナガリMusic Lab.主宰の武藤さきこです。(HPはこちらhttp://www.tsunagari-music.jp/index.html)先週末はミュージックボックスのダンスパフォーマンス公演に生徒さんが出られるということで、応援に行ってきました(^^)ミュージック・ボックスとは、ダウン症児者等を対象としたダンススクールで、自閉症や発達障がい等、ダウン症以外の方も活躍されているようです♪この公演は、障がい児だけでなく、障がいのある人もない人も、大人も子どもも、アマチュアもプロも!多様な人が出演されていました。内容は、まさにエンターテイメント!ポップスだけでなくジャズやミュージカル曲など、幅広いジャンルの音楽と、様々なスタイルのダンス。ライブだからこそ感じられる息遣いや緊張感も含め、最初から最後まで、世界観に惹き込まれる素晴らしい公演でした。生徒さんが出演された第1部の、ダウン症児を中心とした障がい児のステージでは、「ダンスが大好き!」という気持ちがひしひしと伝わってくる、パワフルなパフォーマンスでした♪失敗しないように・・・といった緊張感ではなく、スポットライトを浴びて観客の前で踊るその瞬間を夢中になって楽しんでいるという印象を受けました。こんなに難しいステップができるなんて素敵!かっこいい!!!(いいな〜、私もダンスを習えば良かったな〜〜)なんて、思ってしまいました(笑)当教室の生徒さんは初めての舞台ということでドキドキしながら待っていましたが、初めてとは思えない堂々とした様子で、ノリノリで楽しそうに踊る様子が本当に素敵でした!素敵な時間を過ごさせてくれたMちゃんに感謝です♪**ミュージックボックスの公演は年に1度のようですが、神戸まつり等の地域のイベントにも多数出演されているようなのでご興味のある方はホームページを覗いてみてくださいね♪http://m-box.info/music-box**9月の当教室のサマーコンサートでも、一人一人のよさが伝わるステージになるように子どもたちがその瞬間を楽しめるように準備をしていきたいと思います♪またミュージックボックスの公演のように、演者もお客様も一緒に楽しめるような仕掛けを準備中です!生徒さん、親御様、楽しみにしていてくださいね♪武藤さきこ『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!70分マンツーマン無料体験レッスン』 ◆特典・レッスン終了後に『グッドポイント分析シート』をプレゼント中です!詳しくはこちらをご覧ください♪------------------------------------------------

      11
      テーマ:
  • 10Jul
    • 生徒募集を間もなく終了致します。

      こんにちは!障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室ツナガリMusic Lab.主宰の武藤さきこです。(HPはこちらhttp://www.tsunagari-music.jp/index.html)先日、初めて梅仕事にチャレンジしてみました!今年度に入ってから、本当にありがたいことに10名を超える新しい生徒さんとの出会い、当教室のお母さん限定の勉強会のスタート、また新しいお仕事を依頼を受けて、嬉しいながらも、怒濤の日々でした・・!(ブログもなかなか更新できず、 ページをチェックしてくださっていた方には申し訳ありませんでしたm(__)m)そんな中、たまたま目にとまった梅シロップづくり。一つ一つ丁寧に梅を拭き取ったり、串で穴を開けたり・・ゆったりと丁寧に取り組む梅仕事の時間に、とても癒されたのでした。「丁寧に」という言葉は、仕事でもプライベートでも大切にしたいキーワードなのだと感じました(*^^*)✳前置きが長くなってしまいましたが、本題の生徒募集についてです。昨年4月に1名の生徒さんから始まった当教室は、本当に幸せなことに現在28名の素敵な生徒さんに通っていただいています。お一人お一人とのご縁を大切に丁寧に指導を行いたいという想いと、私自身もABA療育のセラピストの仕事を続け、もっとABAの理論や療育について勉強していきたいという想いから、30名を区切りに生徒募集を一時締め切りたいと考えております。ご入会をご検討いただいている方は、お早めにご連絡いただけたらと思います。 ◆教室空き状況https://ameblo.jp/sakiko2523/entry-12367129278.html◆体験レッスン予定https://ameblo.jp/sakiko2523/entry-12240473040.htmlまた、現在曜日によってはキャンセル待ちの生徒さんも数名いらっしゃることから、近々講師募集を始める予定でおります。ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただけたら幸いです。何卒よろしくお願い致します。武藤さきこ

      25
      テーマ:
  • 02Jul
    • パラシュート講座に参加してきました(^^)

      こんにちは!障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室ツナガリMusic Lab.主宰の武藤さきこです。(HPはこちらhttp://www.tsunagari-music.jp/index.html)昨日は大阪で開催されたパラシュート講座へ行ってきました♪え?パラシュート?あのスカイダイビングの・・・?と、思われた方も、いらっしゃるかもしれませんが、私が勉強してきたのは、スカイダイビングでの使い方ではなく、リトミック等の音楽活動の中での使い方を学んできました!講師の先生は、東京でナッツリトミックルームを主宰されている小宮しのぶ先生。ご自身が療育の現場で、パラシュートの楽しさに感動したことをきっかけに、パラシュートの楽しさを広める活動をされています。小宮先生のはじける笑顔と、子どもたちやお母さんたちの意見を積極的に取り入れる柔軟な発想から、指導者が自ら積極的に楽しむ姿勢でいることの大切さを改めて感じました(^^)さて、パラシュートについての感想ですが、心地よい風や周りの人との一体感。ドームの中に入った時の、世界がガラッと変わる魔法をかけられたような感覚など、パラシュートの魅力に私も子どものように夢中になってしまいました!実は、私自身は特別支援学校の教員時代に、体育祭で長方形の布を使った活動をしたことがあったのですが、その時との大きな違いにとても驚きました。おそらく、形状の違いだと思うのですが、長方形の布は空気が抜けやすく、布の膨らみや風の勢いはそこまで感じなかったのですが、パラシュートの円の形では、布の中に空気を沢山溜め込むことができ、その布の膨らみ方も風の勢いも増して、目でも体でも楽しむことができました!私が想像していた以上に使い方のバリエーションも様々でした!橋のように渡ってみたり、七色のトンネルをくぐってみたり、上に物をのせて弾ませたり、中に入ると、目の前がブルーの世界へ。秘密基地のような空間もわくわくします。呼吸を合わせて天井に張り付けられた時には、一体感がうまれました!!思わず、歓声が(^o^)パラシュートと一括りに言っても、その大きさは2メートル〜6メートル、また生地の材質や厚みも様々。同じ活動をしても、体感できる風の勢いや中に入った時の景色が異なり、とても奥が深く、専門の先生に学ぶことができて本当に良かったです♪9月のツナガリMusic Lab.サマーコンサートの会場旧グッケンハイム邸には、なんとガーデンがあるので、お楽しみ企画としてみんなでパラシュート遊びができたら・・!と考えています(^^)教室の子ども達が楽しむ姿が目に浮かびます♪生徒の皆さん、楽しみにしていてくださいね!武藤さきこ------------------------------------------------『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!70分マンツーマン無料体験レッスン』 ◆特典・レッスン終了後に『グッドポイント分析シート』をプレゼント中です!詳しくはこちらをご覧ください♪------------------------------------------------

      49
      テーマ:
  • 17Jun
    • 第4回「発達障害の子どもたちとかかわる先生のための講座〜LDの子どもたちの理解と支援〜」

      発達障害・グレーゾーンの子どもたちとかかわる先生のための発達支援6ヶ月講座第4回目の講座を開催致しました(^^)この講座は一般の保育園、学校、学習塾、音楽教室など子どもたちとかかわるお仕事をされている先生を対象としています。発達障害・グレーゾーンの子どもたちの対応に困っている先生方が、正しい知識と、支援の方法を理解して子どもたちに合ったサポートができるようになることを目指した月に1回の講座+個別サポートです。(詳しくはこちら)。今回のテーマは「LD(学習障害)についての基礎理解と支援①」について。LD(学習障害)の中でも、特に読み書きの障害に焦点を当てて、理解を深め、支援することができるようにお話をさせていただきました。実は読み書きの障害は著名人や実業家にも多く見られ、ハリウッドを代表する映画監督、スティーブン・スピルバーグもディスレクシア(読み障害)であることを告白しています。(画像はwikipedeiaより引用)また、経営学関連の本の中で、「失読症の方は物事や事象の本質を見分ける力が強いため経営者として有能である」と言った説も目にしたことがあります。上記のように才能や特性を活かすことで社会で活躍されている方もいますが、子どもたちの中には学習障害であることに気づかず(周囲にも気づかれず)学習面や日常生活の中で、困っていたり悩んでいたりするケースがあります。努力不足、さぼっていると誤解されて怒られてしまったり、子ども本人も困難さを知られたくない為にやる気がないふりをしてごまかしてしまったり、学習性無力感を感じて、二次的な障害(不登校、非行など)に繋がってしまうケースもあります。先生方が困っている子どもたちに気付くことができるか、また必要な支援を行えるかどうかは、彼らの人生を大きく左右すると言っても言い過ぎではないように思います。私も気合を入れて講座に臨みました!***講座の流れをご紹介させていただきます。①【概要】・LD(学習障害)の定義・年代ごとに見られる特徴②【特性理解・支援】・読み書きの困難さの事例・読むことにつまずくのはなぜ?・書くことにつまずくのはなぜ?・支援の基本・原因ごとの対応③【アセスメント&ビジョントレーニングの体験】・アセスメントツールの紹介・LDCAの体験・発達障害と見え方の悩みの関連性・見るための力を高めるビジョントレーニングとは?・ビジョントレーニングの体験今回も講義だけでなく、アセスメントツールやビジョントレーニングの体験をしていただき、理解を深めていただきました(^^)【先生方のご感想】アンケートより一部ご紹介させていただきます。・1つのことをやるのに時間が掛かるのので、ついついあれもこれもと指示してしまいます。本人にとっては”どこまでやるの?”しんどいな・・・”という気持ちが募るばかりだと気づきました。「見通しをもたせることで集中できるように工夫する」ことを早速取り入れていきたいと思います!・ついついできたことを当たり前だと捉えてしまいほめることを忘れてしまいますが、「私をしっかり見ていてくれている」と感じるような言葉かけをすることで信頼関係を築いていくことが大切なんだなと気付かされました。・今回はLDについてがメインのお話で、仕事に直結するヒントを沢山得ることができました。せっかく教えていただいた知識を他の先生方にも知っていただけたらよいな・・と思っています。・子どもたちの日頃の行動の原因について知ることで、今まで素人判断で子どもたちにとって不利益に繋がっていたのでは・・・と気づくことがありました。支援の方法がわかり、目からウロコでした!****今後も先生方が、障害の特性や支援の仕方について理解を深め、実際の指導に生かしていただけるように、引き続き、一生懸命サポートして参ります(^^)第5回からの参加、単発でのご参加も大歓迎です。(その場合、ご希望があれば、今までの講義を別途受講していただくことも可能ですので、ご相談ください。)第5回は7月29日(日)10:30〜13:30@神戸学園都市コミュニティープラザを予定しています。次回のテーマは「LD(学習障害)の特性理解と支援②ー計算・会話ー」・ディスカリキュア(計算障害)の特性理解・話すことの困難さ・支援の手立て・ケーススタディー上記を中心に、講義とワークを行う予定です。〈お問い合わせ〉・ご興味のある方は、まずはこちらのフォームより無料個別相談にお申込みください。https://ws.formzu.net/fgen/S61078297/子どもたち想いの素敵な先生方が集まってくださっている温かい学びの場です。先生方のご参加をお待ちしております(^^)武藤 紗貴子

      12
      テーマ:
  • 30May
    • フレンチレストラン 「ル・クロ」の黒岩功さんが手がける福祉がテレビに!

      こんにちは!障がいのある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室ツナガリMusic Lab.主宰の武藤さきこです。(HPはこちらhttp://www.tsunagari-music.jp/index.html)今日のブログではとっておきのニュースをシェアさせていただきます!**大阪を中心に、フレンチの本場パリにもお店をもつ、大人気のフレンチレストランのオーナーシェフ、黒岩 功さん。黒岩さんの手がける障がい者福祉事業が、読売テレビtenのノゾキミのコーナーで紹介されていました!以前、当教室のランチ交流会の際にもお母様方にシェアさせいただきましたが、ル・クロはお料理が素晴らしいのはもちろん、黒岩さんの愛に溢れるお人柄や福祉の取り組みは本当に素敵で、私もレストランにお伺いした際に一瞬でファンになってしまいました!”障害のある子どもたちがプロと出会う場を”という想いに心から共感致します。音楽の分野をはじめ、いろんな分野でもそんな"ツナガリ"を作りたい、、と私自身も夢が膨らみます。・しばらくは、こちらのURLからも見られるようですので、まだご覧になっていない方は是非チェックしてみてくださいね(^^)!http://www.ytv.co.jp/ten/corner/nozokimi/武藤さきこ------------------------------------------------『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!70分マンツーマン無料体験レッスン』 ◆特典・レッスン終了後に『グッドポイント分析シート』をプレゼント中です!詳しくはこちらをご覧ください♪------------------------------------------------

      75
      テーマ:
  • 27May
    • 第3回「発達障害の子どもたちとかかわる先生のための講座」

      今日は、発達障害・グレーゾーンの子どもたちとかかわる先生のための発達支援6ヶ月講座第3回目の講座を開催致しました(^^)この講座は一般の保育園、学校、学習塾、音楽教室など子どもたちとかかわるお仕事をされている先生を対象としています。発達障害・グレーゾーンの子どもたちの対応に困っている先生方が、正しい知識と、支援の方法を理解して子どもたちに合ったサポートができるようになることを目指した月に1回の講座+個別サポートです。(詳しくはこちら)。今回のテーマは「自閉スペクトラム症の特性理解と支援」・自閉スペクトラム症の子どもたちの特性を理解すること・安心して過ごしたり、活動に集中して取り組むための支援の引き出しを増やすこと・困った行動の分析と支援の手立てを組み立てられるようになることを目標とし、以下のステップに添ってお伝えさせていただきました。①【概要】・自閉スペクトラム症とは?・自閉スペクトラム症の3つの特性・症状による分類(自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群)②【特性理解】・年齢ごとに表れやすい特徴・事例③【Brake Time】・自閉スペクトラム症の障がいをもち、才能を活かして注目されている著名人の紹介(^^)④【支援】・自閉スペクトラム症の子どもたちと接する際の4つのポイント・構造化(環境の構造化、時間の構造化、活動の構造化)・SST(ソーシャルスキルトレーニング)・ソーシャルスキルカードの体験⑤【ケーススタディー】・授業中に空中文字を書く高機能自閉症のユウくん・予定変更に納得のいかない自閉症のタロウくん今回も講義だけでなく、グループワークやソーシャルスキルカードの体験をしていただき、理解を深めていただきました(^^)【先生方のご感想】アンケートより一部ご紹介させていただきます。・講義の中で、一つ一つの言葉かけは、”まず相手を知ること・分かること”から来るのだと感じました。・毎回自分の仕事に照らし合わせて、子どもたちに重ねて考えています。(自分自身にも・・)自分自身気づいていないことを改めて考えさせられます。・構造化は、障害のない子どもたちにとっても安心でき、集中できる考え方だと思ったので、早速実践していきたいです。・弱化(叱責)をよく使ってしまっていると思ったので、最終手段だと考えて、他の手立てを沢山とっていきたいと思いました。・知らないことばかりで毎回新しい発見です。これからも知識が増えることを楽しみにしています。****今後も先生方が、障害の特性や支援の仕方について理解を深め、実際の指導に生かしていただけるように、引き続き、一生懸命サポートして参ります(^^)第4回からの参加、単発でのご参加も大歓迎です。(その場合、ご希望があれば、今までの講義を別途受講していただくことも可能ですので、ご相談ください。)第4回は6月17日(日)10:30〜13:30@神戸学園都市コミュニティープラザを予定しています。次回のテーマは「LD(学習障害)の特性理解と支援①ー読み・書きー」・LD(学習障害)とは?・障害の特性理解・支援の手立て・おすすめの文房具紹介・ケーススタディー漢字を覚えられないアキちゃん、音読が苦手なコウくん他上記を中心に、講義とワークを行う予定です。〈お問い合わせ〉・ご興味のある方は、まずはこちらのフォームより無料個別相談にお申込みください。https://ws.formzu.net/fgen/S61078297/子どもたち想いの素敵な先生方が集まってくださっている温かい学びの場です。先生方のご参加をお待ちしております(^^)武藤 紗貴子

      26
      テーマ:
  • 20May
    • とっておきの音楽祭 in ひらかた に行ってきました!

      こんにちは!障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室ツナガリMusic Lab.主宰の武藤さきこです。(HPはこちらhttp://www.tsunagari-music.jp/index.html)今日は大阪の枚方で開催されたとっておきの音楽祭inひらかたへ行ってきました♪『とっておきの音楽祭』は、2001年に仙台市で始まりました。障がいのある人もない人も一緒に音楽を楽しみ、音楽のチカラで『心のバリアフリーを目指す音楽祭』です。音楽祭のテーマは、『みんなちがってみんないい』障がいの有無や年齢、表現の方法(歌、楽器、ダンス)等が異なる14組の演奏者が出演されており、テーマの言葉通り、それぞれの『よさ』と『音楽が大好き』という気持ちが伝わる素敵なイベントでした。とっておきの音楽祭の実行委員の方に、ツナガリMusic Lab. についてお話をさせていただくと、なんと、『来年はぜひ一緒に!!』と、嬉しいお声を掛けていただきました(^^)!来年はツナガリMusic Lab. の子どもたちと演奏者として参加したい!参加しよう!と考えています(^^) ドキドキ。子どもたちには、教室を飛び出してどんどん新しい体験を、新しい人とのツナガリを作っていってもらいたい。一緒にワクワクすることを楽しみながら挑戦していきましょう(*^.^*)!武藤さきこ------------------------------------------------『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!70分マンツーマン無料体験レッスン』 ◆特典・レッスン終了後に『グッドポイント分析シート』をプレゼント中です!詳しくはこちらをご覧ください♪------------------------------------------------

      45
      テーマ:
  • 13May
    • 母の日イベントを開催しました!

      須磨のCafe Fig Treeにて、発達障がいのある子どもたちのための1Day親子音楽レッスンVol.5を開催致しました(^^)***今回のテーマは、母の日。”お母さん、いつもありがとう””お母さん、大好きだよ”そんな気持ちが伝わる1日になれば・・という思いでプログラムをご用意しました(^^)-------------------------------------♪プログラム紹介 ♪〈オープニング〉・ツナガリMusic Lab.おともだち紹介・お母さんクイズ〈お母さんを癒やす〉・リズム肩たたき〈演奏のプレゼント〉・合奏「喜びの歌」〈お母さんへのプレゼントづくり〉・ココナッツオイルのクリームづくり〈歌のプレゼント①〉・生徒さんの独唱〈歌のプレゼント②〉・全員合唱「切手のないおくりもの」-------------------------------------**〈オープニング〉・ツナガリMusic Lab.おともだち紹介今日は、なんと過去最多14名のご参加!初参加の生徒さんも多かったので、一人ずつスライドを使いながら、紹介していきました(^^)〈リズム肩たたき〉日頃のレッスンの中で練習しているリズム。いつもは鈴やマラカス、ドラムの楽器を使っていますが、今日はピアノの音を聴きながら、お母さんの肩をトントン!「気持ちいい〜?」「もっと強く〜〜」と、いろんな声が聞こえてきていきました(^^)笑〈演奏のプレゼント〉・全員合奏「喜びの歌」・ハンドベルの赤グループ、青グループ・鈴グループ・ピアノグループ・ギター・カホンそれぞれレッスンで練習してきた担当楽器を初めてお友達と一緒に演奏しました!お友達と一緒だといつにも増してはり切っている様子が見られる生徒さんも(*^^*)!〈プレゼントづくり〉・ココナッツオイルクリームづくりお母さんへのプレゼントとしてハンドクリームやリップクリームとなる、オーガニックのココナッツオイルクリームづくりを行いました(^^)湯煎でココナッツオイルと蜜蝋を溶かすところは大きいお姉さん・お兄さんが担当。小さい子たちは、ケースのデコレーションをやってもらいました!小学生の女の子の完成作品♪な、なんと女子力の高い作品でしょう!!!お母様方、是非クリームの使い心地を教えてくださいね(^^)〈歌のプレゼント①〉・生徒さんの独唱「ありがとう」社会人の生徒さんは選曲から一緒に相談し、気持ちを込めて歌う練習に取り組んできました♪お母さんはもちろん、会場にいる皆さんの心に響く素晴らしい発表でした(*^^*)〈歌のプレゼント②〉・全員合唱「切手のないおくりもの〜ツナガリ母の日Ver.〜」お母さんと向かい合って、目を見て。3番は手を繋いで。歌い終わった時に、自然とお母さんをぎゅーっと抱きしめる姿を見て、私も感動して、ウルっとしてしました。子どもたちの純粋さにハッとさせられたり、心を揺さぶられたりする瞬間に今日は何度も立ち会うことができました。***そして、楽しい音楽の後には、ランチ交流会・・・♪無農薬お野菜たっぷりのランチは、今回も大好評でした!CafeFig TreeスタッフのNanaさん、いつもありがとうございます(^^)**今回も地域のボイススクールの生徒さん地域の大学生そして私の家族、友人にもサポートしていただきました(^^)障害の有無も年齢も色んな垣根を越えて、楽しい音楽と温かい気持ちを共有できることを本当に幸せに思います。***今回もご協力いただいた親御様、Cafeの皆様ありがとうございました!武藤さきこ------------------------------------------------『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験レッスン』 ◆特典・レッスン終了後に『グッドポイント分析シート』をプレゼント中です!詳しくはこちらをご覧ください♪------------------------------------------------

      41
      テーマ:
  • 01May
    • おすすめの本紹介「自閉症の僕が跳びはねる理由」

      こんにちは!障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室ツナガリMusic Lab.主宰の武藤さきこです。(HPはこちらhttp://www.tsunagari-music.jp/index.html)今日のブログでは、おすすめの本を紹介させていただきます(^^)ご紹介するのは、東田直樹の代表作、『自閉症の僕が跳びはねる理由』です。この本は、自閉症者である筆者が中学生の時に執筆した作品であり、イギリスなど数か国でも翻訳されているベストセラーです。(本文より)「僕が跳びはねている時、気持ちは空に向かっています。空に吸い込まれてしまいたい思いが、僕の心を揺さぶるのです」この本では、自閉症特有の行動について、筆者の言葉で一つ一つ丁寧に説明されています。「大きな声を出してしまったり、体が勝手に動いてしまったりする自分に困っている」という気持ちも書かれています。一見、無意識のように感じるこれらの行動ですが、それぞれ理由があることが分かります。「定型発達であれば違った自分だったかもしれない」と語る筆者ですが、彼だからこそ見つけられたのではないかと感じる、自然の風景の描写などが豊かな表現で書かれています。私自身も、『もっと自閉症者の世界を知りたい! もっと東田さんの言葉を読みたい!』という気持ちであっという間に読み終えてしまいました。身近に自閉症の方がおられる方だけでなく、「子どもに落ち着きがない。うまくコミュニケーションが取れない。」と悩んでいる親御様や先生方にもヒントになるような内容がちりばめられているおすすめの一冊だと思います。是非、興味のある方はお手にとってご覧ください(^^)武藤さきこ『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験レッスン』 ◆特典・レッスン終了後に『グッドポイント分析シート』をプレゼント中です!詳しくはこちらをご覧ください♪------------------------------------------------

      44
      テーマ:
  • 24Apr
    • 第2回「発達障害・グレーゾーンの子どもたちとかかわる先生のための発達支援講座」

      先週末は、発達障害・グレーゾーンの子どもたちとかかわる先生のための発達支援6ヶ月講座第2回目の講座を開催致しました(^^)この講座は一般の保育園、学校、学習塾、音楽教室など子どもたちとかかわるお仕事をされている先生を対象としています。発達障害・グレーゾーンの子どもたちの対応に困っている先生方が、正しい知識と、支援の方法を理解して子どもたちに合ったサポートができるようになることを目指した月に1回の講座+個別サポートです。(詳しくはこちら)。第2回目のレクチャーには、小学校の先生、一般の塾の先生方にご参加いただきました。今回のテーマは「これだけは知っておきたい発達障害の基本知識」先生方が教育の現場で、支援が必要な子どもたちに気づき、適切な支援へと繋げていけるように、以下の5つのステップに添ってお伝えさせていただきました。①【理解する】・発達障害の定義、分類②【気づく】・注意して見ていきたい、気づきのポイント・教室や家庭できるチェックシート③【親御様との共有、診断について】・親御様への伝え方・診断までの流れ・障害者手帳・障害者福祉サービス受給者証のメリット④【診断・アセスメント結果の活用の仕方】・アセスメントの種類・Wisc-Ⅳの検査結果の見方・指導への生かし方⑤【支援する】・発達障害のある子どもたちとのかかわりのポイント今回も講義だけでなく、グループワークやチェックシートの体験をしていただき、理解を深めていただきました。中でも、印象的であったのでは、発達障害のチェックシートを体験していただいた際に、「自分に当てはまる項目も沢山あって、驚きました!」とのお声をいただいたこと。「障害」という言葉には重みがあり、良い意味でも悪い意味でも、一般的に”自分とは違う”と捉えがちかもしれませんが、障害はひときわ大きな個性であり、「ふつう」と「障害」は同じ延長線上にあるということがご理解いただけたように思います。今回使用した、参考図書「発達障害の子どもの心と行動がわかる本」では、障害の捉え方を国境線にたとえてこのように表現されていました。「ふつうと障害とは離れ小島のように存在しているのではなく、大陸の国境線と同じで、繋がっているけれども、便宜上に線を引いて分けているだけ」と書かれており、とても分かりやすい表現だと思いました。発達障害について理解を深めたい方にはおすすめの本ですので、ご興味のある方は、ご覧になってください(^^)**(今回もお子様も一緒に、楽しく参加してもらいました^^)今後も先生方が、障害の特性や支援の仕方について理解を深め、実際の指導に生かしていただけるように、引き続き、一生懸命サポートして参ります(^^)第3回からの参加、単発でのご参加も大歓迎です。(その場合、今回の講義は別途受講していただくことも可能ですので、ご相談ください。)第3回は5月27日(日)10:30〜13:30@神戸学園都市コミュニティープラザを予定しています。テーマは「自閉スペクトラム症の子どもたちの理解・支援」・自閉スペクトラム症とは?・自閉スペクトラム症の分類・障害の特性、支援の工夫・ケーススタディー(自閉症、アスペルガー症候群)について、講義とワークを行う予定です。〈お問い合わせ〉・ご興味のある方は、まずはこちらのフォームより無料個別相談にお申込みください。https://ws.formzu.net/fgen/S61078297/先生方のご参加をお待ちしております(^^)武藤 紗貴子

      46
      テーマ:
  • 09Apr
    • 新規生徒募集・レッスン空き状況(7/10更新)

      障害のある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室ツナガリMusic Lab.主宰の武藤さきこです。(HPはこちらhttp://www.tsunagari-music.jp/index.html)ご入会をご検討いただいている親御様へ、当教室の空き状況(7/10更新)をお伝えさせていただきます。当教室は主宰である武藤が、ABAのセラピストの仕事と並行して一人で教室運営をしている為、レッスンの曜日・日時が限られております。また、現在は28名の生徒さんに通っていただいてる現状があり、ご案内できる時間帯が少なくなってきております。予めご了承ください。【当教室の空き状況(7/10 現在)】月曜:18:00〜18:45、18:45〜19:30火曜: 満席水曜: 11:45〜12:30、13:45〜14:30、19:30〜20:15木曜: 9:00〜 9:45、13:45〜14:30、15:15〜16:00、16:45〜17:30、17:30〜18:15金曜: 13:30〜14:15、16:15〜17:00、17:45~18:30土曜:満席日曜: 定休日(イベント開催あり)当教室の理念や、指導のベースとしているABA(応用行動分析)の考え方、レッスン紹介につきましては、HPをご覧ください(^^)http://www.tsunagari-music.jp/index.html音楽が大好きなお子様。好きなことやできることを増やしてお子様の自信を育てたいとお考えの親御様。まずは体験レッスンにお越しいただけたらと思います。体験レッスンの詳細・空き状況につきましてはこちらをご覧ください♪ご連絡をお待ちしております(^^)-----------------------------------------------『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!70分マンツーマン無料体験レッスン』 ◆特典・レッスン終了後に『グッドポイント分析シート』をプレゼント中です!詳しくはこちらをご覧ください♪------------------------------------------------

      68
      テーマ:
  • 22Mar
    • ことば音楽療法のセミナーに行ってきました@大阪

      昨日は東大阪へ、ことば音楽療法のセミナーに行ってきました(^^)ことば音楽療法とは、名古屋で小・中学校、特別支援学級の教師を長年勤めた堀田喜久男先生が、「日本語の抑揚を生かした歌などの知的教材などを身体活動とともに歌わせることで、多くの言葉を体得させるとともに、学習能力の向上を図り、  障害児の社会自立につなげる」ことを目的として、研究された音楽療法です。日本語の独特の、わらべ歌に見られるラ・ソ・ミの音(例:花いちもんめ)の抑揚をベースとし、言葉をリズムとメロディーにのせたもので、言葉の習得と発達を促す上で効果を上げたメソッドです。母音の発語、2語文・3語文、そして知育まで、音楽を補助ツールとして使うことで、子どもたちが楽しみながら言葉を体得していくことができます。 例えば、物の名称理解と発音の課題では、子どもたちに親しみのある野菜・果物等のマラカスを両手に一個ずつ持ち、337拍子のリズムで軽く打ちながら、♪みかん、みかん、みかんとみかん。などと歌う。その次にきらきらぼしの節に合わせてマラカスを鳴らしながら、フレーズの終わりで、強振しながら、「みかん」などと諸感覚を統合して繰り返し歌う事で、発語の促維・明瞭化及び多くの言葉を体得する。といった活動があります。(参考:ことば音楽療法ホームページ)今回の講座では、理論的なことだけでなく、実際のレッスンの様子を見させていただきましたが、子どもたちが夢中になって取り組んでいる中で、少しずつ自然と言葉が引き出されていくことが分かり、素晴らしいメソッドであると実感することができました。講座を受けながら、当教室の子どもたちの様子を思い浮かべ、「この活動は○○ちゃんがすっごく好きそうだな~!!」 「この活動は○○くんの今の課題にピッタリだな。」というように、目の前の子どもたちの力を伸ばしていくために実践可能な指導のヒントを沢山いただけたことは大きな収穫でした(^^)こういったセミナーに勉強しに行くと、知らないことは恐いことだと感じます。知らなかった昨日と、知っている今日とでは子どもたちに提供できるレッスンの質が当然変わると思うからです。ただ知っただけでなく、学びをより深めて理解し、実際のレッスンにどのように生かしていくか。しっかりと子どもたちに還元できるようにさらに研究をしながら、教材の準備をしていきたいと思います♪ツナガリMusic Lab.武藤さきこ

      58
      テーマ:
  • 20Mar
    • 子どもたちの晴れ舞台!〜幼稚園・保育園の生活発表会へ〜

      久しぶりのブログ投稿となりました。季節は、すっかり春の陽気ですね(^^)レッスンの中でも、19歳の生徒さんはいきものがかりの「ハルウタ」をリクエストして歌う等、春のうたを楽しんでいます♪先日のレッスンにて、小学生の生徒さんが「春がきた」を歌っていると・・「春がきた 春がきた どこにきた〜」ここまではバッチリでしたが・・・・続きから、「やっぱりきた ほんまにきた と〜て〜も〜きた〜」と愉快な替え歌で歌っていて、お母様と一緒にクスッと笑ってしまいました(*^^*)**さて、今日のブログでは、2月・3月に行ってきた幼稚園・保育園の生活発表会について書いていきます(^^)今回見させていただいた、生徒さんはみんな初めての生活発表会でしたので、子どもたちも親御様も始まる直前はドキドキの様子でした!本番は自由に動いている様子にハラハラする場面もありつつ、生き生きと歌ったり踊ったりする姿や、家族に見てもらえて嬉し恥ずかしそうな様子は本当に本当に可愛らしかったです。(うちの生徒さんたちが1番可愛い〜〜!とついつい思ってしまいました。笑)一生懸命な姿には、感動する場面もあり・・・子どもたちの大切な一場面に立ち会えたことをとても嬉しく思いました(*^^*)また普段のレッスンでは見ることができない、集団の中での様子、友達とのかかわりの様子等を見ることができ、現在の課題や支援のあり方を見つめ直すきっかけとなったことも良かったです。課題については、レッスンやご家庭での親御様とのかかわりの中で取り組んでいけるようにサポートして参ります。**1年後の生活発表会では、どんな成長した姿が見られるのか今からとても楽しみです♪これからも、子どもたちの大切な晴れ舞台には可能な限り足を運び、子どもたちの成長を長く、一緒に見ていける教室でありたいと思います(*^^*)ツナガリMusic Lab.武藤さきこ

      26
      テーマ:
  • 22Feb
    • 障がいのある子どもたちは街の宝【ぷかぷかさんの記事シェア】

      私のブログでも以前ご紹介した横浜市のB型事業所のぷかぷか、覚えていますでしょうか?(まだの方は是非こちらをご覧ください^^)ぷかぷかの理事長の高崎さんの今日のブログでお店に、ダウン症のお子様が来たことを素敵な言葉で表現されていましたので、シェアさせていただきます。**『かわいいお客さんが来ました。そばにいるだけで幸せな気持ちになります。一生懸命おしゃべりしてくれます。中身はほとんどわからないのですが、気持ちだけはビリビリ伝わってきます。時々「はい」とかわいい返事が絶妙なタイミングで入り、もう本当に抱きしめたくなります。こんな人は「街の宝」だと思います。 それでも出生前診断でダウン症の赤ちゃんが生まれる可能性が高いことがわかると9割を超える人が生まない選択をします。その子が生まれることで社会をやわらかくすることを思えば、なんかね、すごくもったいないというか、やりきれない気がするのです。社会の大きな損失。 このお客さんのお母さんは、この子が生まれたのは宝くじが当たったようなものだとおっしゃってました。それくらい幸せな日々を過ごしていらっしゃるようでした。』ここまでです^^**高崎さんの「抱きしめたくなってしまう」幸せな気持ち、「街の宝」という言葉に心から共感致しました。普段のレッスンから常々感じていることですが、今日は特に、このことを考えさせられた1日でした。今日は2件のレッスンがあったのですが、そのうちのお一人は3歳のダウン症の男の子でした。音楽が大好きで、目をキラキラ輝かせて一生懸命に取り組む笑顔が最高に可愛く、私とお母さんは度々、「可愛い〜!!」と盛り上がります。笑レッスン後には近くに来て満面の笑みでぎゅーっとハグをしてくれ、メロメロになってしまいました・・(*^^*)本当に言葉の通り『幸せ』を感じる瞬間でした。**そして、もうお一人は今月体験レッスンを受けて入会された3歳の自閉症スペクトラムの男の子。今日は、初回のアセスメント・ヒアリングということで、お母様からお話をお伺いすることがメインでした。そのお話の中で、発達検査を受けて、知的に遅れがあることが分かった時のことや自閉症の傾向があると言われた時のお気持ちを涙を流しながらお話してくださり、私も胸がぎゅっと締め付けられる思いでした。この男の子は、まだ教室へ来て2回目ということで最初は固い表情でしたが、徐々にほぐれ、帰る頃には普段の飾らない笑顔が見られ、私もお母様もほっと温かな気持ちを共有できました(^^)**私はレッスンでの子どもたちや親御様とのかかわりの中で、子どもたちを愛おしい、素敵だと感じる気持ち、「宝くじが当たったように幸せだ」と感じる気持ちを近くで、一緒に感じさせていただいています。そして、『可愛い』・『幸せ』という気持ちだけでなく、障がいがあると知って悩んだり、不安を感じたり、葛藤したりする気持ちを一緒に感じる場面もあります。私はまだ妊娠・出産を経験しておりませんので、想像することしかできないのですが、、私が親御様にお伝えしたいのは、この言葉に尽きます。産んでくださって、出会わせてくださって、本当にありがとうございます。教室の子どもたちに出会えて、いつも幸せを感じています。側にいられてとても楽しいです。一つ一つの成長をご本人と親御様と一緒に喜べることが本当に嬉しいです。これからの成長を末永く、一緒に見ていきたいです。そして、この子たちが『幸せ』にできる人は世界中に沢山いると思うのです。これからも、ツナガリMusic Lab.では子どもたちの良さと可能性を伸ばし、沢山の人に伝えていくお手伝いを精一杯させていただきます(^^)**今日のブログは、結果的にプロポーズの様な重た〜い文章になってしまいました。(^_^;)今日も最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!武藤さきこ

      87
      テーマ:
  • 19Feb
    • 【お客様の声】発達障害・グレーゾーンの子どもたちとかかわる先生のための講座

      先日、第1回目を開催しました発達障害・グレーゾーンの子どもたちとかかわる先生のための講座(詳細はこちらの記事をご覧ください)塾の先生からご感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます(^^)**【ご感想】**武藤先生こんにちは。日曜日はありがとうございました!先生の講義目からウロコでした!自分がどれだけ固定観念に囚われていたか、自分の中の常識、大きく変わりました。今後の授業が楽しみです。発達障害のある生徒達だけでなく、生徒と接していく上ですごくプラスになります。ABAの考え方を少しずつ実践しています。でも、頭の中では分かっていても自分の感情が先行したりで…本当に難しいです。これからもご指導よろしくお願い致します。**ありがたいお言葉をいただき、心から感謝するとともに、ABA(応用行動分析)の考え方を先生方に伝えられたことを本当に嬉しく思っています。(ABAについてはこちらをご覧ください)ABAの考え方は私自身も初めて出会った時は、衝撃を受けました。どうしてできないのか・・・どうして問題行動を繰り返すのか・・・どうしたらできるようになるのか・・・それまでは、「障害」や「性格」を理由に考えてしまっていたところから大きく見方を変えることができました。物事を客観的に分析して、解決策を探すことができるABAの考え方は今の自分を支えてくれている感じています(^^)しかし、ABAは覚えることが多いですし、自分の感情の葛藤もあって(怒ってはいけないと思っていても怒ってしまう等・・苦笑)自分のものとするまでには時間が掛かりました。正しく理解して、頭の中でスムーズに分析して解決策を導けるようになるまでは第三者のサポートが必要であると思っています。先生方が無理のない範囲でABAの考え方を取り入れて、先生方にとっても、子どもたちにとっても気持ちよく効果的に学習を進めていけるように今後も精一杯サポートさせていただきます(^^)また、このABAの講座については、予想以上に反響が大きかった為、当教室の親御様に向けても開催し、じっくりお伝えできたらと考えております。詳細が決まりましたら、またご案内させていただきます(^^)**さて、最後に第2回講座についてのご案内です。第二回は4月22日(日)10:30〜13:30@神戸学園都市コミュニティープラザを予定しています。テーマは「これだけはおさえておきたい発達障害の基本知識」発達障害の分類や診断、アセスメントについて理解を深めていくとともに、クラスに「気になる生徒」がいた際にチェックすべきポイントや、アセスメントの結果からどんな支援を行ったらよいかといった実践的な内容まで盛り沢山でお伝えする予定です。(前回の様子です^^)【講義】・発達障害の主な分類と主な種類・発達障害の診断の流れ・発達障害の障害別の特徴・グレーゾーンとは?・気になる子の「チェックポイント」・アセスメントの種類・発達検査で何をするのか、何が分かるのか・検査の結果が出たらするべきこと【ワーク・ケーススタディー】・教室や家庭できるアセスメントの体験・先生としてどんな支援をすることができるか(分析+カテゴライズ+支援)現在、先生方のお顔を思い浮かべながら、講座の資料作りを行っています(^^)!!第二回からの参加も大歓迎です。(その場合、前回の講義は別途受講していただけるよう調整いたします)(詳細・お申込みはこちら)​​​​​ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。ご参加をお待ちしております(^^)武藤さきこ

      18
      テーマ:
  • 13Feb
    • 祝・初開催【発達障害・グレーゾーンの子どもたちとかかわる先生のための講座】

      今月より、当教室の新サービス発達障害・グレーゾーンの子どもたちとかかわる先生のための発達支援6ヶ月講座ツナガリLead Lab.がいよいよスタートいたしました!このサービスは一般の保育園、学校、学習塾、音楽教室など子どもたちとかかわるお仕事をされている先生を対象としています。発達障害・グレーゾーンの子どもたちの対応に困っている先生方が、正しい知識と支援の方法を理解して子どもたちに合ったサポートができるようになることを目指した月に1回の講座+個別サポートです。(詳しくはこちら)。記念すべき第1回目のレクチャーには、塾の先生、小学校の先生、高校・ギター教室の先生方にご参加いただきました。最初の自己紹介にて、塾の先生は「一生懸命にがんばっているのに学習に追いつけず落ち込む子どもたちを支えてあげたい」という想いを語ってくださいました。また小学校の先生は、「子どもの成長を願って指導するけれど、注意するほど子どもとのコンプライアンスは悪くなり、問題行動は改善されないという点にもどかしさを感じている」とのことでした。皆様、”子どものため”に頑張っている分、悩み考えていらっしゃることが伝わりました。先生たちのために、また困っている子どもたちのために、私も精一杯講座をさせていただきました。今回のテーマは「”できない”を”できる”に変える応用行動分析(ABA)の考え方」ABAを教育現場に取り入れることで、子どもたちの問題行動を理論的に分析し、自己肯定感を高めながら、望ましい行動へと導くことができます。普段私の音楽教室にも取り入れている”ABA”の理論を1からじっくり理解する” 基礎編”と、その理論を教育現場で実際に活用する力を身につける”分析&支援編”の二部構成で行いました。分析&支援編では具体的な場面を想定したワークを行い、実際に活用できる手応えを掴んで頂きました。(ABAについては、こちらで紹介しています。)塾、小学校、高校と、それぞれの現場でご活躍されている先生方。異なる視点をもつ素敵な先生方が集まったこの現場でしか得られない学びが沢山あると感じます。(お子様もお母さんと一緒に、楽しく参加してくれました^^)今後は現場での実践をとおし、先生方にこのスキル・ノウハウを身につけていただけるように、個別サポート(現場にお伺いします)にて、アフターフォローも行います。アフターフォローに力を入れるのには、理由があります。私自身も受講生として経験があるのですが、セミナー等で学んで満足して帰ってきたけれども、「実際の現場でやってみて上手くいかなかった・・。」「1ヶ月後には忘れてしまった・・。」では、勿体無いと思うからです。これから先生方が、子どもたちの”できない”理由を客観的に分析し、効果的な支援を組み立てていけるように、また、子どもたちがよい方向へと変わっていけるように引き続き、一生懸命サポートいたします(^^)第二回は3月18日(日)13:00〜16:00@神戸学園都市を予定しています。テーマは「これだけはおさえておきたい発達障害の基本知識」・発達障害の診断・検査・アセスメントの種類・教室や家庭できるアセスメントの体験等を行います。第二回からの参加も大歓迎です。(その場合、今回の講義は別途受講していただけるよう調整いたします)(詳細・お申込みはこちら)子どもたちへの熱い想いと、笑顔が溢れる学びの場です!ご興味のある方はお気軽にご連絡ください(^^)武藤 紗貴子

      43
      テーマ:
  • 30Jan
    • ライブに出演してきました!@西元町Louie Louie

      日曜日にライブイベントに呼んでいただき、出演してきました!今回のライブ会場は西元町のハンバーガー屋さん Louie Louiehttps://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28044539/dtlphotolst/3/smp2/小さくて可愛らしいハンバーガー屋さん!(お肉がしっかりしていてとっても美味しいです^^)階段を上がると、なんと2Fはライブハウス!!観客席からみて演者は目と鼻の先!お客さんと演者が普通に話せちゃうので、自然と心も近くなります。今回私たちは3Pバンドで出演。私がキーボード、主人がドラム、そして、、サックスえびちゃん!えびちゃんは神戸で活躍するサックス奏者です。このライブを是非一緒に!と声をかけて共演が実現しました。サックスが入ると普段慣れ親しんだポップスがまた新しい表情を見せて面白いんです^^また今回は一曲だけボーカルも!「木蓮の涙」を歌わせていだきました(^^)(主人はドラムセットから離れ、十数年ぶりにピアノ伴奏にも挑戦。お互いにまだまだな伸びしろありですが、いいチャレンジでした。)もう少しゆったりとした会場でライブができる時は、生徒さんもライブハウスにご招待し、生のバンド演奏を味わってもらいたいと思っています♪また、お兄さん・お姉さんの生徒さんたちとはいつか一緒にステージに立って、共演ができたら・・!と、密かに楽しみにしています(^^)ツナガリMusic Lab.武藤 紗貴子*体験レッスンのご案内--------------------------------------------障がいのある子どもたちの自己肯定感を育てる音楽教室ツナガリ Music Lab.では、体験レッスンを受付中です^^楽しいレッスンを体験してみませんか?『音楽の"好き"と"できる"を見つける!グッドポイント分析!90分マンツーマン無料体験レッスン』 ◆特典レッスン終了後に『グッドポイント分析シート』をプレゼント中です!詳しくはこちらをご覧ください♪-------------------------------------------

      57
      テーマ:
  • 21Jan
    • 【募集】発達障害・グレーゾーンの子どもたちとかかわる先生のための発達支援6ヶ月講座

      <ストーリー>去年のある日、個人で経営されている学習塾の先生とお話する機会がありました。そのとき先生から次のような相談を受けました。「塾に、気になる生徒がいまして。人一倍がんばってるのに、簡単な漢字が覚えられていなかったりして、成績が伸びないんです。頑張って覚えた漢字も数ヶ月後にはすっぽり抜けてしまって。それで彼女自身も落ち込んでしまって。もしかしたら発達障害やLD(学習障害)の可能性もあるかもしれないのですが、その判断さえ私達には難しくて。一度様子を見に来ていただけませんか。」発達障害やLDの診断に関しては、専門機関に相談し、発達検査や心理アセスメントを受けることで、本人にどのような発達の特性があるか、どこに困難があるかを客観的に見ることができますが、明確な根拠がない状態で、塾から親御さんに診断を進めるのは気が引けてしまうとのことで、もどかしいお気持ちだと伺いました。(また以前に、意を決して親御様にお話したところ、親御様が受け止めることができず、そのまま退会されてしまったケースがあったというお話も伺いました。)きっと一般の学習塾や普通学級の先生、習い事の先生方にも同じような悩み・もどかしさを感じている方が沢山いらっしゃるかと思います。結局、この塾のお子様については、具体的にどのような困りごとがあるかを先生方からお伺いし、情報を整理した上で親御様と相談して、専門機関でアセスメントを受けていただくことになりました。様々な側面から子どもの発達度合いを評価し数値化することによって、助けが必要な部分を見つけることができるからです。そして、私も塾にお伺いし、実際の学習の様子とアセスメントの結果を分析し、現状と今後の支援の方法について、塾の先生方と親御様にお話をさせていただきました。・・・上記のご相談を受けたことを機に、発達障害・グレーゾーンの子どもたちの対応に困っている先生方が、正しい知識と支援の方法を理解して子どもたちに合ったサポートができるようになることを目指した講座を開講することとなりました。発達障害グレーゾーンの子どもたちとかかわる先生のための発達支援6ヶ月講座内容としては、一般の学習塾や普通学級、習い事のお教室に在籍しているLD・ADHD・自閉症スペクトラム(アスペルガー含む)のお子様の実態理解ABA(応用行動分析)の考え方を用いた個に応じた支援を学ぶ講座となります。講座は月1回、日曜開催(13:00~16:00)を予定しております。(参加が難しい場合は、別日での個別受講も対応します。)初回は、2月11日(日)13:00~16:00@垂水または三ノ宮を予定しております。(場所について今週末を目処に、参加者の居住地をもとに決定致します。)〈カリキュラム〉第1回【終了】「”できない”を”できる”に変えるABA(応用行動分析)の考え方」・子どもの”できない”理由の分析の仕方・問題行動の4つの要因を知り、問題行動を減らす・自己肯定感を高めながら、望ましい行動を増やす第2回【終了】「これだけはおさえておきたい発達障害の基本知識」・発達障害の診断・検査・アセスメントの種類・教室や家庭できるアセスメントの体験第3回【5/27開催・募集中】「自閉スペクトラム症の子どもたちの理解・支援」・自閉スペクトラム症とは?・自閉スペクトラム症の分類・障害の特性、支援の工夫・ケーススタディー(自閉症、アスペルガー症候群)第4回目【6月開催予定】「LD(学習障害)①読み書き 」・目の動き、目で見る力、鏡文字の評価方法・「読み」の困難さと原因、学び方・「書くこと」の困難さと原因、学び方第5回目【7月開催予定】「LD(学習障害)②記憶・数」・認知機能とは?・「覚えること」の困難さと原因、学び方・「数・計算」の困難さと原因、学び方第6回目【8月開催予定】「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」・ADHDの症状・ADHDの3つのタイプとそれぞれの特徴、支援の工夫・ケーススタディー〈定員〉5名(残席3名)〈料金・その他詳細〉お問い合わせ時にお伝えいたします。〈サービスに含まれるもの〉・講座6回分の受講・テキスト・教室や家庭でできるチェックシート・個別相談(スカイプor対面)・参考図書1冊・現場への訪問〈お問い合わせ〉・ご興味のある方は、まずはこちらのフォームより無料個別相談にお申込みください。https://ws.formzu.net/fgen/S61078297/私自身も特別支援学校の教員をしていた時に、子どもたちの困り感に気づきながらも指導がうまくいかずに悩んだ経験があります。その時に出会ったのが、ABAの考え方でした。この考え方を知り、子どもたちにとって効果があり、周りの大人も客観的に穏やかに対応できる方法を知れたことは私にとって大きな転機でした。(その頃の出来事とABAとの出会いについては、こちらの記事をご覧ください^^)目の前の発達障害・グレーゾーンの子どもたちの指導に悩んでおられる先生。頑張って指導しているのに、子どもたちに伝わらないと感じておられる先生。何度注意しても子どもたちの行動が変わらず、イライラしたり、落ち込んだりしてしまう先生。純粋に発達障害・グレーゾーンの子どもたちのことをもっと知りたいと思っておられる先生。そんな先生方の力になれたら、幸いです。そして、発達障害・グレーゾーンの子どもたちが地域の塾や学校の中で必要な支援を受け、「できる」という経験を重ねて自信をもって自立していくことを願っています。ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。ご連絡をお待ちしております(^^)〈お問い合わせ〉・ご興味のある方は、まずはこちらのフォームより無料個別相談にお申込みください。https://ws.formzu.net/fgen/S61078297/武藤さきこ

      50
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.