遠近両用メガネはつくづく両眼視が出来ていることが基本だと感じたこと。 | 福井県福井市のメガネ店 | face & wrist gallery SAKAI | 福井県、福井市、メガネ|
新型コロナウイルスに関する情報について

福井県福井市のメガネ店 | face & wrist gallery SAKAI | 福井県、福井市、メガネ|

お客様の心地よい暮らしにより添う「やさしいめがね」をご提案させて頂きます。

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取り組み>>

 

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、

お客様同士が重ならないように時間調整を行っている関係で【完全予約制】とさせて頂いております。
ご予約のお客様が店内にいらっしゃる場合、他のお客さまの入店は、ご遠慮頂いております。

ご来店をご希望されるお客様は、ご来店前に必ずお電話(0776-22-1728)を頂くか、

予約サイトよりご予約の上のご来店をお願いしております。


※現在、予約がないときは、17:00で店舗を閉めさせて頂いております。

社会情勢の変化により、営業時間・休業日が変更になる場合がございます。

 

RESERVA予約システムから予約する

 


 

こんにちは、人にやさしく、メガネにもやさしい、福井県福井市のメガネ店、SAKAIです。

今日は「両眼視」について少し。

キクチ眼鏡専門学校卒業のメガネ店仲間で、

キクチ眼鏡専門学校の関オプトメトリックドクター(以下関先生)の勉強会を受けていたんですが、

その中で輻輳不全のトレーニング用に、

このアパチャールーラーという機械をみんなで購入しました。

先日の講義の中で先生が、

「このアパチャーは、老視のお客さんに応用できることが分かったから、積極的に活用するように!」

とお達しがあったので、使い方を教えて頂いて以来、

ご来店になるお客様で、老視の方には実践しておりました。

 

 

ここに鸚鵡🦜がいるんですが、この穴の中をのぞくと、輻輳・融像力に問題がない人は、

この2つの鸚鵡🦜が1匹に見えます。

割と当店にお見えになるお客様は、たくさん検査にご協力頂ける有難い方が多く、

「これもやって頂いても大丈夫ですか?」と、アパチャーをご用意させて頂くと、

楽しんでチャレンジして頂けるということもあって、

わたしも、楽しく検査をさせて頂いていたんですが、先日、思わぬ出来事が👀!

NPC(輻輳=寄り眼)は6cm程度まで行くけれど、

このアパチャーで融像力(右眼で見た映像と、左眼で見た映像を脳の中で一つにまとめて、一つの物として認識させること)を測ると、

利目である右眼でしか見ていなくて、左眼を使っていない、という事例にぶち当たりました。

そして昨日アパチャーで輻輳力を測ったお客様も、

NPCは6cm以内まで頑張れるけれど、融像が出来ない。

 

 

「えっ、それってどういうこと?」

 

って思いますよね。

輻輳(寄り眼)と調節は連動しているため、

融像が出来ないということは遠近両用とは相性が合わない眼、ということになるんです。

遠近両用の仕組みは、遠く・中間・近くと、1つのレンズに3つの見え方が組み合わさっています。

近くを見るとき、人間の目は寄り眼になるため、近くはレンズの内側の方に入っています。

そのため、近くを常に寄り眼で見続けるような視環境になります。

輻輳・融像力共に問題がない人は、問題なく遠近両用をお使い頂けますが、

その逆の眼の状態を持つ方は、

寄り眼が出来ないのに、常に寄り眼を強いられ続ける状況になるため、

遠近両用を使うことで、眼や身体が疲れやすい、という状況が生まれてしまいます。

 

 

このアパチャールーラーを検査に用いることで、

お客様の「眼の特性」が、より、お客様にも体感的に伝わりやすくなったため、

 

・長時間のデスクワークだと、遠近両用だと疲れやすい眼だよ。

・融像も出来ないから、適度に休憩入れるようにしようね。

・NPCの数値から、寄り眼は何とか頑張れるけど、

近くは利目で見ちゃってるから、長時間デスクワークをするときには、

デスクワーク専用メガネがあると、眼を寄せ続ける必要性もないし、楽だよ。

・今はまだ調節力が残ってるから、輻輳もカバーできてるけど、

融像が出来ていないから、年齢を重ねて調節力がもっとなくなったときには、

眼が寄らなくなったり、融像が出来なくて近くを見続けることがしんどくなるから、

別の種類のレンズ等で近くを見る必要があるからね。

 

「なるほどー、そうだよね、だって、わたしの眼、オウム🦜ずっと二匹だったもんね。

頭のなかに入れておきますね(^ ^)!」

 

と、これだけのことをお伝えできて、お客様も納得しやすくなったというわけです。

 

ちなみにわたしの眼は遠視の内斜位なので、

輻輳は得意ですが、開散が全然出来ません(;^_^A

なので、上の写真の2つ窓を使って鸚鵡🦜(鸚鵡は初級編ですからね。笑)を見ると、

いつまで経っても、鸚鵡🦜が二匹のままで、

全然、二匹は仲良くなってくれません。悲しい。

 

 

「遠近両用を使いたい」

というお客様、当店でも多いですが、

遠近両用メガネこそ「両眼視」「正確な検査」が出来ていないと使えないし、

本当に販売が難しいレンズだな、とわたし自身は今でも常に感じております。

その人の性格、クセ、距離、お悩み、

そういったことを細かく観察、聞き取りしてレンズ設計に反映させていかないと、

使いづらい、、、というメガネが出来上がってしまいます(;^_^A

遠近両用だけでなく、スポーツサングラスも同じで、

「両眼視」「正確な検査」この2つが出来ないと、やはり販売することは難しいです。

きちんとしたメガネをお客様にお届けしたい、と考えると、

本当にやられなければいけないこと、考えること、実にたくさんです。

 

わたし自身、まだまだ勉強不足なこともたくさんあるので、

今後の関先生の勉強会でも、もっと勉強をして、

お客様にさらにレベルの高いメガネをお届けできるように頑張りますね!

いつもたくさんのお時間を頂き、たくさんの検査にご協力いただいているお客様に、

本当に心からの感謝を申し上げます!!!

いつもいつもありがとうございます!!!

 


 

face&wrist gallery SAKAI(坂井時計店)は、

福井市・呉服町で創業100年以上の眼鏡(めがね)店です。
時計修理・レコードショップとして、曾祖父が開業したところから始まりました。
閑静な住宅街の中にあり、喧騒から離れゆったりとした時間の中で、
会話を楽しみながら商品をお選び頂いております。
私たちは、お客さまの心地よい暮らしにより添う「やさしいめがね」をご提案し、
定期的にメンテナンスなどを通じて、お気に入りの1本ともども、

永くお付き合い頂きたいと考えております。
そんな「想い」に共感いただけるお客様を、心からお待ちしております。


◆取扱ブランド OAKLEY PREMIUM DEALER (★県内唯一のオークリー・プレミアム・ディーラーに認定されております!)
999.9(フォーナインズ)
999.9 feelsun(フォーナインズ フィールサン)

J.F.Rey(ジェイフレイ) / J.F.Rey BOZ(ジェイフレイボズ)
DITA(ディータ)
ZEAL(ジール)
Charmant Line Art(シャルマン ラインアート)

Markus T.(マルクスティー)

Pas a Pas(パサパ)

歩(あゆみ)

TART OPTICAR ARNEL(タートオプチカルアーネル)
NXTレンズ
TALEX(タレックス)
OZNIS by TALEX(オズニス)