福祉車両専門店「福祉車両の中古車を全国に販売」

福祉車両専門店「福祉車両の中古車を全国に販売」

西日本最大規模の在庫台数を誇る福祉車両専門店「坂出自動車のブログ」中古福祉車両の在庫数は常時30台以上。西日本最大級の在庫数を誇ります。多くの中古福祉車両の中から、見て、さわって、実際に動かすことのできる、数少ない福祉車両の専門店です。

西日本最大規模在庫台数を誇る福祉車両専門店 坂出自動車ブログ


私たちは香川県坂出市「福祉車両専門店」の坂出自動車です。
中古福祉車両の在庫数は常時30台以上。西日本最大級の在庫数を誇ります。
多くの中古福祉車両の中から、見て、さわって、実際に動かすことのできる、数少ない福祉車両の専門店です。

福祉車両専門店をはじめて10年以上、北は北海道から南は沖縄まで、福祉車両の販売台数は1,000台を超えます。介助者や要介護者さまに寄り添ってきた経験豊かな福祉車両の専門家が、数多くの在庫の中からあなたの家族にとって最適な1台との出会いをお手伝い致します 。あなたが抱える介護の不満や不安は、数多くの経験を持つ私たちが必ず解決してみせます。

テーマ:

御社のことは以前から知っていました。

でも、遠方なので納車してもらえるのか心配でした。

 

遠慮しないで下さい!!!

当店は日本全国どこでも納車は無料です。

宮城県大崎市のNPO法人様からお問い合わせがあった時の記事はこちら

 

冒頭の言葉は、納車の際に仰って頂いた言葉です。

以前から当店のことをWEBで知っていたそうです。

その時はご縁が無かったのですが、今回代替えする時に当店のことを思い出してお問い合わせくださったそうです。

そのお気持ちが嬉しいですよね。

ハイエースを2台も購入して下さいました。

 

ということで、私が直接お伺いしました。

実は宮城県へは4度目の納車です。

今までは、自走でしたが今回は2台口のご注文なので、陸送会社さんにお願いしました。

そして、私は新幹線で宮城県へ向かいました。

 

 

こちらのNPO法人様はタクシー会社様が運営しています。

自治体から委託を受けて移動支援をしています。

地域の足として活躍しています。

そのお手伝いを出来ることがとても嬉しいのです。

 

私はお客様とのふれ合いを大切にしています。

だからこそ、出来るだけ直接お伺いしたいと考えています。

今後もたくさんのお客様と出会えることを楽しみにしています。

福祉車両専門店坂出自動車のホームページはこちら


テーマ:

車いすの固定が出来なくなった。

すぐに修理してほしい。

 

介護事業者様からこのような依頼がありました。

車両は、旧モデル(L375S)のタントスローパーです。

このタイプは、車いす固定装置が電動式になっています。

当店のメカニックが診断すると・・・・・・。

 

 

【症状】

車いす固定装置(電動式)のワイヤーが出てこずに、フックを車いすに引っかけることが出来ない。

 

【原因】

ワイヤーが老朽化し、ささくれ立ってしまい内部のベアリングに絡まっていました。

 

実は、旧型タントスローパーにはよくあるトラブルです。

何度も使うことによってワイヤーは老朽化してしまいます。

そのために起こる症状なのです。

 

【解決法】

車いす固定装置を分解し、ワイヤーを新品に交換します。

 

 

当店のメカニックは慣れていますので、作業時間は約1時間ほどです。

しかし、部品を手配するのに2~3日かかります。

当店の場合は、福祉車両の無料代車を用意していますので、ご安心下さい。

 

【予防】

ワイヤーのささくれ立ちが目立ち始めたら、交換を依頼して下さい。

酷くなって、ワイヤーのささくれ立ちがベアリングやギアに絡む前に!!!

 

私たちは福祉車両の専門家です。

数多くのトラブルを解決しています。

福祉車両にもしものトラブルがありましたら、私たちにお任せください。

福祉車両専門店坂出自動車のホームページはこちら


テーマ:

車いすリフトが急に動かなくなった。
さっきまで動いていたのに・・・・。

 

デイサービス事業者様から私のもとにこのようなTELがありました。
トラブルがあったのは、ハイエースの車いすリフトです。
そこで、すぐに在庫している部品を持ってメカニックを現場へ急行させました。
私の予想通り、その部品を交換するとリフトは動き出しました。

めでたし、めでたし。

 

 

今回のトラブルの原因はリフトの操作スイッチでした。
毎日、何度も使うものなのでかなり消耗してしまいます。
そして、操作スイッチは作業しやすいようにコードが伸びる構造になっています。
しかし、この伸びる構造が落とし穴なのです。
何度も伸ばすことによって、コードの中の線が疲弊して断線してしまうのです。
その結果、電気信号を伝えることが出来なくなりリフトが動かなくなってしまうのです。
実はこの症状は、かなり多いのが実情です。

では、なぜすぐに原因が分かったのでしょうか?
それは、私たちが福祉車両の専門家だからです。
ハイエースの福祉車両ならすでに200台以上販売しています。
だから、どこが壊れやすいのかを把握しています。

では、なぜすぐに部品を交換できたのでしょうか?
これもまた、私たちが福祉車両の専門家だからです。
というのも、福祉機構の部品はすぐに入荷しません。
普通の部品とは違いますから。
なので、当店はある程度の部品を在庫しています。
だからすぐに修理できるのです。

もし、業務などでハイエースの福祉車両を使われている方には、操作スイッチの予備を用意されることをオススメします。
当店から近ければ、すぐに駆けつけます!
がしかし、遠方の方であれば不可能です。
だから、予備の部品を持って頂くことが最適です。
部品さえあれば交換はすぐ出来ますから。
慣れれば、2~3分です。

もしものトラブルも解決方法が分かっていれば安心ですよね。

 

ちなみにキャラバンの操作スイッチも常時在庫しています。

キャラバンの場合も迅速に対応できます!!!

福祉車両専門店坂出自動車のホームページはこちら


テーマ:

デイサービスの送迎車両を探していましたら、この車両がみつかりました。
沖縄県に住んでいるので、来店は難しいと思います。

 

NV350キャラバン福祉車両に、このようなお問い合わせメールを頂きました。

ですので、沖縄県へも納車実績があることと、車両の状態をメールでご説明しますとTELがありました。

 

ホームページに掲載している創業者(祖父)のストーリーを拝見しました。

香川県って遠いところだなと思っていましたが、すっごく近くに感じました。

 

実は、当社の創業者は沖縄戦に招集されました。

戦後は、何度も沖縄県へと慰霊の旅を続けていました。

つまり、沖縄県にはご縁があったのです。

その詳しいストーリーはこちらをご覧ください。

 

(こちらが創業者です)

 

ということで、NV350キャラバン福祉車両を購入して下さいました!!!

創業者がつないでくれたご縁を今後も大切にし続けたいと思います。



福祉車両専門店坂出自動車のホームページはこちら


テーマ:

WEBに掲載されているタントカスタムスローパーを見に来ました。

思っていた通り、とっても綺麗ですね。

購入します!!!

 

 

愛媛県伊予郡松前町からご来店頂いたお客様が実車を見て、たった5分で即決して下さいました。

実はこういったケースは少なくありません。

というのも、WEBで車両の詳細を見て、当店の福祉車両に懸ける熱い想いも受け取って頂いています。

なので、車両を確認するだけで成約して頂けます。

もちろん、車両を見ずにメールとTELで購入を決断して頂けるお客様も少なくありません。

 

それだけ信用して頂けているということに、感謝しかありません。

これからもお客様の期待以上の品質と福祉車両に対する熱すぎる想いをお届けしていきます。



福祉車両専門店坂出自動車のホームページはこちら


テーマ:

宮城県への登録・納車は可能ですか?

ハイエースとレジアスエースの2台を検討しています。

 

宮城県大崎市のNPO法人様からお問い合わせのメールがありました。

もちろん、可能です!!!

宮城県へは、過去に3台の納車実績がございます。

私が直接お伺いしました。

 

その後、メールと電話で商談しましたところ・・・・・・。
購入を決断して頂きました。

 

 

 

お客様は、ディーゼルエンジンのハイエースを2台探していたそうです。

なので、どちらもディーゼルです。

当店は福祉車両専門店ということもあって、ディーゼルのハイエースであっても複数台所有しています。

だからこそ、2台口のご注文を頂けたのでした。

今後も数多くの中から選べることが出来るように、福祉車両の在庫を充実させていきたいと思います。

 

宮城県ということもあって、納車は雪の心配がなくなる3月半ばから後半を予定しています。

また、納車の模様はこのブログでご紹介したいと思います。

福祉車両専門店坂出自動車のホームページはこちら


テーマ:

救急車が入荷しました!!!

関西地方の救急隊がついこの間まで使用していた車両です。

そして、なんとパトライト・サイレンが作動します。

なので、救急車としてまだまだ活躍出来ます。

 

 

平成16年式のトヨタ救急車です。

走行は11.6万キロ。

ファーノ製のストレッチャーが付いています。

まだまだ活躍出来ます!!!

 

救急車としての登録はお任せください。

もう30台以上の中古救急車の販売実績がございます。

 

平成16年式トヨタ救急車の詳細はこちら。



福祉車両専門店坂出自動車のホームページはこちら


テーマ:

耐荷重が250kg以上の軽自動車のスロープタイプを探しています。

 

このようなお問い合わせがありました。

この方は電動車いすを使用していて、車いすの重さだけで171kgもあります。

これに自身の体重を合せると、200kgを超えてしまいます。

 

 

実は、どのメーカーもスロープタイプは、耐荷重が200kgまでなのです。

これは軽自動車にかかわらず、普通車でも同じです。

セレナやノア、ヴォクシーといった大きな車両でもスロープの耐荷重は200kgまでなのです。

 

というのも、これは福祉車両の特殊性にあります。

特殊であるがゆえに販売数は多くを見込めません。

だから、コストダウンをしないといけません。

そのため、他メーカー同士で福祉機構の部品の一部を共通化しているのです。

そのひとつがスロープです。

自社開発すると車両価格が約30万円もアップするそうです。

そのため、他社からスロープを融通してもらっているのです。

だから、スロープの耐荷重は他社と横並びになります。

 

今回のお客様への返答としましては・・・・・・。

申し訳ないのですが、以上の理由により期待に応えることが出来ません。

ハイエースの車いすリフトなら耐荷重は250kgなので、問題ないのですが・・・・・。

いかんせん、車体が大きい。

 

 

せっかくのお問い合わせなのに、お力になれずに心苦しいです。

重量のある電動車いすの方が乗れるようなスロープの発売を期待しています。

各メーカー様、どうぞよろしくお願い致します。

福祉車両専門店坂出自動車のホームページはこちら


テーマ:

救急車が入荷しました!!!

九州地方の救急隊がついこの間まで使用していました。

しかし、残念ながらパトライトとサイレンがありません。

ですので、元救急車となります。

緊急搬送をしない患者輸送車としてなら、まだまだ活躍出来ます。

 

 

平成23年式、132000キロ。

4WDです!!!

 

ニッサン救急車の詳細はこちら。

 

救急隊が使用していたこともあって、丁寧なメンテナンスが施されています。

まだまだ、活躍できますよ~。

救急車のことなら、販売実績が豊富な当店にお任せください。

福祉車両専門店坂出自動車のホームページはこちら


テーマ:

購入を検討しているスタッフに実車を見せたい!

 

以前、2台の福祉車両を購入して頂いた高知市の社会福祉法人様からご依頼がありました。

ということで、プチ出張展示会を行ったところ・・・・・・。

スタッフの方たちの評判も良かったので購入を決断して頂きました。

 

 

やはり、実車を見ることは大切なことです。

当日は、多くの現場スタッフの方が見て納得してくださいました。

「新車みたいだね。」

という嬉しい言葉も頂きました。

実際は、平成24年式の4.9万キロですけどね。(笑)

それだけの評価をして頂けたことに感謝です!!!

 

 

納車の際・・・・・・・。

「新車と変わらないね。」

「もったいないからすぐに屋根の下で保管します。」

という嬉しい言葉も頂きました。

このように当店は品質の良い福祉車両を全国へお届しています。

 

・不安なので実車を見てみたい。

・スタッフに見せて運用方法をイメージしてもらいたい。

 

近隣県にはプチ出張展示会を行います。

購入を前提に検討してる方は、是非ご用命ください。

福祉車両専門店坂出自動車のホームページはこちら