2013/01/23 「浜〇かふぇ」開催 | 浄土宗災害復興福島事務所のブログ

浄土宗災害復興福島事務所のブログ

東日本大震災からの復興のお手伝いをさせていただきたく開設された浄土宗災害復興福島事務所のブログです。
浄土宗災害復興福島事務所(いわき市平中山字諏訪下112 光林寺内)
tel&fax:0246-22-6818(tel:平日14:00~16:00,fax:24h受付)
e-mail:jodofukushima@gmail.com


テーマ:

今週の「浜〇かふぇ」は、「下船尾雇用促進住宅 集会所」と「常磐銭田応急仮設住宅 談話室」にて午後2時から開催されました。



まず、「下船尾」の様子です。


今回の浜〇かふぇには、大阪教区浄土宗青年会さまのご支援により、桂文枝一門の落語家「桂三金」さんが、大阪浄青岡村会長とともに応援に駆け付けてくれました!


ご来場くださった方々に岡村会長よりご紹介いただいた後、三金さんが自己紹介を兼ねて漫談形式でお話してくださいました。


さすが桂文枝一門の落語家さん、話始めたとたんに皆さん三金さんの世界に引き込まれていきました(^^)


浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20130123下船尾②


浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20130123下船尾③


急ごしらえの高座ではございましたが、引き続き落語について基本的なご説明の後、古典落語「十徳」や創作落語「読書の時間」をご披露いただき、ご来場の方のみならず、浜〇スタッフ、いわき市復興支援ボランティアセンターの生活相談員さん、保健士さんともども三金さんの落語の楽しさに魅せられている様子でした。



浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20130123下船尾⑤

夕方、学校から子供たちが帰ってくると、三金さんがバルーンアートで皆さんを楽しませてくださり、最初は恥ずかしがっていた子供たちも魅せられているようでした。



浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20130123下船尾①

入居者の皆さんも、落語の合間に三金さんや岡村会長と楽しくお喋りをされ、落語

の笑いの力によっていつもよりくだけた楽しい雰囲気が漂っておりました。


浜〇スタッフも、「笑い」のもたらす力のおかげで、いつもより入居者の方々とのお話も弾んだように思います、とおっしゃっていました。



桂三金さま、岡村会長、本当にありがとうございました!




次に「常磐銭田」の様子です。


こちらには、伊勢教区より寺庭婦人会山口会長と保母さん資格をお持ちのお檀家の方1名、埼玉教区より樋口上人が応援に来てくださり、精力的にお手伝いしてくださいました。



浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20130123銭田①

今回のメニューは、以前こちらでご要望をいただいた「チョコフォンデュ♪」。


浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20130123銭田④

旬のいちご、バナナ、マシュマロ、ベビーかすてらを具材をご自身で選んで、みんなでチョコフォンデュマシンに集まって嬉しそうにチョコをたっぷりとつける姿が印象的でした♪


いちご・バナナがとくに大人気でした(^^)/



子供たちが帰宅すると、山口会長とお檀家さんによる絵本の読み聞かせ会が始まり、子供たちは絵本に食い入るようにして楽しんでいました。



浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20130123銭田③
ちょっと近いかな?


今回ご支援いただいた「将棋盤&駒」と「子供向けの将棋本」をこちらの談話室に寄贈させていただきました。

未来の羽生善治が生まれるかもしれませんね(^^)


今回も多くの方が訪れて、楽しい雰囲気の中、かふぇは終了することができました。

遠方よりご参加いただいたスタッフの方々、本当にご支援ありがとうございました!






浄土宗災害復興福島事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス