2012/11/14 「浜〇かふぇ」開催 | 浄土宗災害復興福島事務所のブログ

浄土宗災害復興福島事務所のブログ

東日本大震災からの復興のお手伝いをさせていただきたく開設された浄土宗災害復興福島事務所のブログです。
浄土宗災害復興福島事務所(いわき市平中山字諏訪下112 光林寺内)
tel&fax:0246-22-6818(tel:平日14:00~16:00,fax:24h受付)
e-mail:jodofukushima@gmail.com


テーマ:

今週の「浜〇かふぇ」は、「内郷白水応急仮設住宅団地 集会所」、「平山崎雇用促進住宅 広場」にて開催されました。



「内郷白水」では14:00~16:00の開催となりました


オープン30分前から5、6名の来場があり、オープン時には10名程の大人の来場者がテーブルを囲んで、ワッフルとポップコーンを召し上がりながらお喋りに花が咲いておりました(^^)


この日は、小学校にて健康診断があり、その後早めの授業終了ということで、スタッフが集会所に到着した時間にはもうお子さんたちが帰宅して、子供たちの声があちこちから聞こえてきました。


集会所においで、と促すと、あっという間に集会所は子供たちで溢れ、いつもより来場者の年齢層もかなり若く、ものすごくに賑やかになりました(^^)/


浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20121114白水①


内郷白水の仮設住宅にお住まいのお子さんが同じ学校に通うお友達を連れて遊びに来てくれたそうで、浜〇スタッフも子供たちの元気に圧倒されながらのカフェでした。


浜通り組青年会が毎年開催している「六時礼讃会」のことをお知り合いから聞いて、「こうやってカフェに来てくれて知り合いになったのも何かのご縁だし、法要に参加させてもらうよ」とおっしゃってくださる方もおります。


震災・原発事故が起きてしまったことはとても辛いことではありますが、こうやってご縁を結ばせていただけることは本当にありがたいことだと浜〇スタッフもおっしゃっておりました。



「平山崎」でも14:00~16:00の開催でした。


この場所では、外での開催ということもあり、暖を取るために薪ストーブで焼き芋を焼いて提供されました。


浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20121114山崎②
浄土宗災害復興福島事務所のブログ-20121114山崎①


オープンと同時に20名ほどの来場があり、寒い中ではありましたが、皆さん楽しそうに交流なさっていました。


15:30頃になると急に空模様が変わり、冷たい風とともに雨が降り出したため、皆さんご帰宅されましたが、「外での開催は寒くて厳しいけれど、来月も簡単な形でも良いからカフェをしていただけないか?」とのご提案もありました。


浜〇かふぇでは、甘酒などの温かい飲み物とちょっとしたお菓子を持って、少し立ち話をする程度でも良いから冬季も開催しよう、とお考えのようです。


ここの雇用促進住宅では、わずかながらもと住んでいた場所での生活を再開されて引越しされる方も出てきましたし、逆に新たに雇用促進住宅に入居される方もおります。


様々な自治体からここの雇用促進住宅に避難されて、なかなか交流の機会も少ないため、できるだけ開催したいとのことでした。



これから寒くなり、浜〇かふぇのメニューも暖かいものが中心となります。


焼き芋・白玉ぜんざい・あげ餅・チョコフォンデュ・・・


メニューについても全国の皆様からのアイディアのご提案を受け付けておりますので、トップページ上記の災害復興福島事務所のメール、または、浜〇かふぇHP記載のメールまでよろしくお願いいたします。

浄土宗災害復興福島事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス