グッドデザイン賞 2次審査会! | セーフティデザイン Safety Design.com
新型コロナウイルスに関する情報について

セーフティデザイン Safety Design.com

ご訪問ありがとうございます。

当方、主に医療機器や設備機器などのプロダクトデザインをしております。。

最近は日常の出来事などを色々と書いております(^^)/

どうぞよろしくお願いいたします。

今年も弊所では、グッドデザイン賞にエントリーしております。

 

 

グッドデザイン賞は、1957年より続くデザインアワードで、製品、建築、ソフトウェア、システム、サービスなど、さまざまなものごとに贈られます。かたちのある無しにかかわらず、人が何らかの理想や目的を果たすために築いたものごとをデザインととらえ、その質を評価・顕彰しています。

 

弊所では、デザイン開発にお手伝いさせて頂いた案件を中心に、ほぼ毎年エントリーさせて頂いてます。

 

例年は東京ビッグサイト、幕張メッセを会場にして、2次審査会が開催されるのですが、今年は東京オリンピックが予定されていたために、愛知国際展示場で実施されました。初の試みです。

 

 

エントリー商品を搬入するために、愛知国際展示場のあるセントレア空港まで向かいます。新型コロナの影響で、新横浜駅もさすがに閑散としています。

 

 

こんなに空いている新横浜駅は初めてですね。。

 

 

のぞみ号に乗車しますが、、

 

 

ガラガラ過ぎて、驚きました。1車輛に4人しか乗っておりません。。噂には聞いていましたが、ビックリしましたね。

 

 

名古屋駅からは名鉄で、セントレア空港まで移動します。

 

 

はじめて入るセントレア空港の構内です。やはり閑散とした印象。

 

 

 

ちょっと人が少なすぎて、開業前の特別入場日のような錯覚を憶えました、、。

 

 

中央のフードコートのようなところは、パラパラと人もいましたので、こちらで食事にしました。通常時は、混んでいるのでしょうね。

 

 

離発着の飛行機も見ません、、 通常時はひっきりなしの状況なのでしょうか??

 

 

セントレア空港から愛知国際展示場までは徒歩で、そうですね15分くらいでしょうか。。 屋外を歩くとは思っていなかったので、、この日も大変な暑さでした。

 

 

なんか、浮遊しているようにも見える樹木が並んでいます。面白いですね。。吊るしてあるようです。

 

 

ようやく愛知国際展示場に着きました。熱中症にならぬように、まずは、お水を飲みます。。

 

 

中に入ると、エアコンが効いていて、静かな空間です。この時期ですから、入り口での検温、手指除菌が行われます。

 

 

奥まったところにグッドデザイン賞2次審査会の会場があります。ようやくたどり着いた印象(汗)

 

 

広い会場に審査を待つ商品が並びます。今年はコロナの影響で、出展数も少ないかと思いきや、例年通りにも見える相当な数です。

 

 

我々の商品も東京よりトラックで搬送してもらいました。

 

 

今年は、デモセットをフルセットで用意。気合を入れて展示します。ドライバーさんも暑い中ご苦労様です。

 

この後、かなりの時間をかけてのデモセット組立、セットアップ完了となるわけですが、全て非公開ですので、内容についてはお見せできません。。すみません、、。

 

 

セントレア空港には、ボーイング787が展示されているテーマパークがあります。実物ですから、ものすごく広い空間で、レストランなども併設されているようです。仕事でなければ、寄ってみたいところですねぇーー

 

グッドデザイン賞は、書類選考の1次審査を通過すると、現品確認の2次審査会が行われます。結果は10月に発表となりますので、またこのブログでも結果報告をいたします。

 

今回は、コロナ渦での2次審査会ということで、搬入搬出ともに各企業の入場時間を区切り、「3密」を避ける工夫がされていました。これならば、感染リスクが減少するばかりでなく、空いた状態で作業が出来る為、安全性も確保できると思います。今後の展示会はこうした運営がスタンダードになれば良いと感じました。

 

 

帰路もガラガラの新幹線で、サンドイッチを食しながら帰還いたしました。ご協力頂いた皆様、大変おつかれさまでした。

 

 

 

弊社では、プロダクトデザインの制作はもちろん、グッドデザイン賞へのエントリーも行うことが可能です。来年度にエントリーをご検討の企業様は是非ご相談ください。

 

ありがとうございました。