セーフティデザイン Safety Design.com

セーフティデザイン Safety Design.com

ご訪問ありがとうございます。

当方、主に医療機器や設備機器などのプロダクトデザインをしております。。

最近は日常の出来事などを色々と書いております(^^)/

どうぞよろしくお願いいたします。

ここのところは、中々出張も行かれない状況でしたが、先日、久しぶりに、宇都宮大学へ打合せに行きました。

 

 

この日は、風はありましたが良く晴れていて、出張にはちょうど良い日でしたね。。

 

 

荷物もあったので、クルマでの移動です。感染防止の意味もあります。

 

 

東北自動車は、いつでも空いていて、走りやすいですね~ 首都高速と違い、郊外へ向かう高速道路は料金を払う価値があります。渋滞がなく、時間も正確です。

 

 

空が広く、だんだんと宇都宮が近づいてきました。

 

 

お弁当をつくってもらいましたので、車内にて食します。こういうときは、やはりクルマで移動はいいなと思います。

 

 

宇都宮大学へ到着です。東北自動車は空いているといっても、東京からですと、やはり3時間以上かかります。

 

 

今回は、とある共同研究の打合せで伺いました。工学系の研究室ですね。

 

 

詳しいことは、ここでは掲載できませんが、医療用システムについての共同研究です。弊所では、プロダクトデザインだけでなく、ユーザビリティ、色彩、認知、等の研究を進めております。

 

 

先生との打合せ、2時間ほどお話いたしました。非常に有意義な内容、うまく研究が進み、成果を出したいなと思います!

 

 

廊下からの写真です。近くにベルモールという商業施設があるようですね。次回、もう少し時間があれば寄ろうと思います。

 

 

遠方に見えるのが、社用車のハイエースバンです。様々な改良を施してありまして、長距離移動も楽に行えます。特別仕様のサスペンションで、精密なプロトタイプを安全に運搬することが可能です。

 

 

時間がなく、打合せ後すぐに、再び高速道路へ入ります。

 

 

しかし、しばらくすると、みぶハイウェイパークなる看板につられ、早くも休憩となりました(笑)

 

 

いかにも地元の野菜がありそうな、直売所がありまして、入ってみました。

 

 

こちらの玉ねぎは安かったですね~ 3Kg で450円です。早速買いました♪ 聞くところによると、北海道産とのことでした。

 

 

ここは、レストランやお土産屋も併設、しかも高速道路側からだけでなく、地元の一般道路側からもアクセスができるようになっていました。良い施設ですね。

 

 

西陽が眩しいですが、帰路を急ぎます。東京に比べ気温は低く。途中少し雪がちらついていましたね。

 

 

もう一度、休憩です。

 

 

個室の使用中表示が分かりやすいサイン付きになっています。。

 

 

使用中の個室は、一番上の青色が赤色になります。扉に設置されているサインが重なるだけのシンプルな仕組みです。

 

 

小の方の便器上にLCDが付いているのは初めてみましたね。。

 

 

なるほど、高速道路上のリアルタイム情報や注意事項などが表示されています。全便器に設置されているので、LCDの数も相当なものですが、設置費用は、広告料などで簡単に相殺されるのだと思います。

 

 

このあと、無事に帰還をいたしました。コロナ渦となり、中々遠方の出張は困難になりました。そもそもテレビ会議が浸透してきたこともあり、出張そのものの意味が薄くもなりました。

 

しかし、やはり対面での打合せで得られることも多いですし、道中での「気づき」は、テレビ会議では全く得られませんね、、

 

早く、以前のように自由に、移動ができるようになればなと願うばかりです。

 

ありがとうございました。

街を歩いていて、ふとクルマに目がいくことがよくあります。特に珍しいクルマというわけではなく、目立つ色でもない場合でも吸い寄せられるように眺めてしまうことがあるのですね。。

 

 

こちらは、深紅のカラーが眩いメルセデス。ご普通の方が運転されていましたが、カッコいいなと思いましたね~♪

 

 

こちらは、ミゼット2でしたっけ、、確か2人乗りだったと思います。改造してあるのか、グリルのデザインが興味深いです。。

 

 

こちらは、ハイエース100系のワゴンですね。私が使っている200系では、常用タイプのワゴンはアルファードに代わりましたので、キャブオーバータイプで、豪華装備のハイエースとして、根強い人気があるのだと思います。

 

 

こちらも、同じですね。この時代のハイエースは2トーンカラーが多かった気がします。さらにストライプデカールで装飾されていて、乗用モデルとして、販売されていました。

 

 

そういえば、マツダのボンゴというのも人気がありましたね~ こちらは、確かルーフが上方へチルトアップして、ベッドになるという凝ったモデルでした。バブルの頃だったのでしょうね、、とにかく豪華でしたね。

 

 

一転、こちらは、三菱のスポーツカースタリオンです。当時、カッコいいなと感じました。もっと大きい印象でしたが、今こうして見ると、意外にもコンパクトな気もいたします。リトラクタブルのライトがまた時代を感じますね。

 

 

三菱つながりということで、こちらは珍しいプラウディアですね。僅か1年程度しか生産されなかったレアなクルマです。もう20年以上前のクルマですが、この個体は大変綺麗に乗られていました。デザインも古い印象ないんですね~

 

 

こちらは、日産のFUGAです。特に珍しくないのですが、、エンブレムを見ると、、

 

 

450GT と表示されていて、これはシーマ用のV8 4.5L エンジンを積んだ中々見かけないモデルです。こちらも普通の方が、綺麗に乗られていました。

 

 

これは、レクサス LS の最新モデルです。こうしてみると、プラウディアやFUGA と比べても随分とサイズは大きくなりました。道は同じですが、サイズはどんどん大きくなっています。。

 

 

大きいといえば、ランドクルーザーの200も大きいクルマです。日本では、その実力を発揮できないかと思いますが、世界中の砂漠や荒野を安全に走りまわっているはずです。静かで乗り心地も良いクルマですね。

 

 

これは、古いクラウンワゴン。クラウンは次期モデルからセダンをやめるらしいですが。こういうステーションワゴンも良いなと思います。この個体は、サイドストライプが貼られていて、綺麗に使われているようです。2トーンカラーも良いですね。。

 

 

SUVといえば、やはりジープかなと思います。こちらのクルマは、綺麗なホワイトのボディーカラーにブラウンの幌を組合せ、センスの良い感じです。

 

 

あまりにカッコ良かったので、しばらく見ていると、オーナーが戻ってきて、エンジン始動、走り去っていきました。こちらも20年は経っているクルマだと思いますが、今見ても色褪せていませんね~

 

 

初代スマートがリリースされたのは、確か1998年ころでした。未だ親父が生きていて、「買おうかな。。」と言っていたのを憶えています。買うのかなと思いましたが、結局、無難なカローラフィールダーを購入。はじめてナビゲーションシステム付きで、母とあちこち釣りやドライブに行っていました。今思うと、スマートは、買わなくてよかったのかな(笑)

 

 

もはやミニとは言えないサイズですが、こちらも綺麗なボディーカラーでした。ボディーラッピングされているのでしょうか、複雑なグラフィックが面白いです。

 

 

軽トラも、ボディーカラーとタイヤをいじるだけで、ずいぶんとお洒落にみえるものです。清里にある、萌木の里にて撮影しました。

 

 

大きなトレーラーもカッコいいですね。特にこうした低床タイプは美しいと感じます。

 

 

幅が広いから、一段とカッコよく見えるのかもしれませんね。。これは幅2.99mかな。。

 

 

こちらは搬入待ちでしょうか。

 

 

やはり、重機を積んで、走っている姿が一番美しいですね。こちらは、いすゞのGIGAトラクタです。デザインも荒々し過ぎないので、良いと思います。ヘビーデューティートラクタだからと言って、力強いデザインがいいとは限りません。

 

 

慎重に走らないと、建機のアーム類が信号に引っかかってしまいそうです。。

 

 

働くクルマは、働いているときが美しいと思います。患者さんを乗せているのか、これから現場へ向かうのか、綺麗なハイメディック号ですね。

 

 

最後に、私が使用しているハイエースです。特に何というものでもないのですが、仕事に私用に大活躍してくれています。乗り始めて15年目となりますね~

 

というわけで、街中でみかけたクルマ達を、ただ掲載してみました。当方、以前はカーデザイナーでしたので、ついつい気になるクルマを見かけると、写真を撮ってしまうのですね。。

 

最新のクルマもいいですが、ちょっと古いクルマもまたいいなと思っています。みなさんはいかがですか?

 

どうもありがとうございました。

今年も東京藝術大学の卒業作品展に行って参りました。。

 

 

日本を代表する藝術大学ですので、毎回、大変感銘を受ける展示会です。。

 

 

この日も大変よく晴れた日でした。。日曜日でしたが、緊急事態宣言も延長で比較的道は空いています。

 

 

不忍池は、いつ見ても良いですねぇ~ 静かに佇んでいる感じです。

 

 

既に、梅ですかね、芽吹いていました。。

 

 

今年高校3年生になる娘も一緒でしたので、受験の祈願を!(^^)!

 

 

上野公園には、意外にも神社が沢山あるのですよね~

 

 

今回は、藝大美術館ではなく、東京都美術館での開催です。

 

 

緊急事態宣言ですので、事前の予約が必要でした。家族3人予約して入りました。予約の割には、館内は非常に混雑していた印象。。ちょっと多過ぎという感じです。完全に密という場面もありました。

 

 

こちらは、油絵のゾーン。100号ほどの大きなキャンバスに描かれた作と、脇に小さめの自画像の配置です。

 

 

抽象画ですね、よく描かれています。

 

 

こちらも色合いが暖かい印象で良かったです!

 

 

こうしてみると、大きな作品ばかりですねぇ~ さすがです!

 

 

左側の黒く見える作も、私の写真が悪く、本当は真っ黒ではありません。。とても印象に残りました。

 

 

こちらも、黒いバックで、印象に残りました。自画像の方も無彩色。

 

 

こちらのエリアは、建築学科ですね。緻密な模型に圧巻です!

 

 

さすがに藝大の建築だけあり、スケッチも「魅せる」印象です。

 

 

 

人の行動様式を図案化したものでしょうか。ペン画ですが、綺麗に描かれています。手描きではないのかな、、。

 

 

吊るされたドラム缶の中央をくりぬいて、

 

 

くりぬかれた穴を覗き込むことができました。。綺麗にドラム缶が並んでいますね。

 

 

こちらは、デザイン学科でしたでしょうか。最も印象に残る作が多いエリアでした。

 

 

もう素人には、どのように描いたのか分かりませんが、緻密に描いてありました。。綺麗ですねぇ~

 

 

こちらは、映像の作です。BGMの楽曲もなんだか、優しい感じで印象的で、こちらは音楽学部の学生さんとのコラボレーションみたいなことが記載されていました(と思います。。)。

 

 

これは、擬態作品です。発想が面白いですね~

 

 

こちらの学生さんは、大変可愛い画風で、畳むことのできる絵本をつくっていました。

 

 

少しご本人とお話できましたが、半年以上かかった作で、力作ですね。。こちらは原画で、これを印刷して製本したようです。「卒業後はどうされるのですか?」とお聞きしたところ、「大学院にいこうかと思っています」とのことでした。こういう学生さんは、もっと技を磨いてもらって将来は、たくさん魅力的な作品を創作していただきたいですね~♪

 

 

可愛い椅子です。多少プロダクトデザインっぽいものもありました。

 

 

 

 

色々とほかにもあります。

 

 

こちらは、たくさん並んだキャラクターですね。

 

 

それぞれに意識、表情、そういう表現がありました。

 

 

3Dプリントで制作されているようですね。

 

 

こちらは、陶器です。たくさんありましたが、これでも全品の半分くらいと言っていました。制作には、1年かかったそうです。やはり卒業後は大学院で学びを継続したいそうです。頑張って!

 

 

毎年のことですが、こちら東京藝術大学の卒業制作展は、素晴らし過ぎて、声もでませんね。。本当に、好きで創作する学生さんが集まっている大学なんだと思います。

 

 

素晴らし過ぎて、見疲れましたので、アメ横にある有名な若狭家 上野店で海鮮丼を頂いて帰りました。。

 

 

今年は、ひょっとしたらオンライン開催になってしまうかも、、と思いましたが、よく開催していただきました。また来年も見に行こうと思います。

 

因みにバーチャルツアーでも観ることができるようですね。こちらです ⇒ 

 

 

 

どうもありがとうございました。

 

 

市民農園の話題が8月から途切れておりました、、(汗)

 

 

既に全ての収穫物を採り終えて、今年度の市民農園は終了しております。

 

 

つい先日、最後の収穫をして、区画を掘り返してきましたので、ご報告です。

 

 

各区画ともに、僅かに残った野菜がありました。。

 

 

カミさんと2人でのんびりと収穫です。夏の間は、うっそうとしていたわけですが、冬になるとすっきりとしたものです。。

 

 

となりの区画の方は、早々に全て収穫を終えていました。。

 

 

スコップを使って、収穫後の区画を堀りかえします。

 

 

最終的には、園主さんがトラクタで掘り返すのですが、各々メンバーの方々は自身の区画を掘り返していますね。。

 

 

うちは、毎年、最後まで収穫を遅らせて、鍋物などで、食べております。。

 

 

このような感じです!

 

 

鍋物や、、

 

 

スープとかに使っております。。

 

 

サンドイッチなんかもですね!

 

 

このような感じで、市民農園の1年間が終了しました。また3月から種まきとなりますので、しばしの休憩という感じでしょうか~

 

また春にご報告します。ありがとうございました。

弊所でデザイン開発をしている再来受付機ですが、この度、がん研究センター様で、ご採用頂けましたので、確認に行って参りました。

 

 

初号機は、東京都立多摩医療センター様に採用頂きましたが、今回は千葉県の東病院様でのご採用です。。

 

 

やはり感染防止の意味もあり、社用車にて向かいました。公共交通はほとんど使わなくなりましたね。。

 

 

天気が悪いせいか、この日は道も空いていてスムースに走れました。常磐自動車道の柏ICを降りてすぐですね。。

 

 

こちらは、何度か来たことがありますが、425床の大きな病院です。。

 

 

外来の入り口を入ると、今回ご採用頂いた再来受付機が並んでいます。こちらの病院では、色違いで3台採用頂きました。

 

 

まだ稼働直後ですので、専属のスタッフがついていますが、特に問題なく運用頂いております。。

 

 

中2階の通路から見てみます。若草色、水色、ピンク色と綺麗に3台並んでいます。若草色の3号機は、未だ使われていませんね。。

 

 

今回は、受付票を別置きのプリンタから発行するということで、再来受付機の左側にそれぞれ設置されています。再来受付機のような設備機器デザインで難しいところは、本体そのものの色カタチだけではなく、周囲に設置される他機器とのバランスを考慮する必要があるというところです。

 

 

中身のメンテナンスをする際に、正面のカバーも大きく開くので、そうしたスペースも考慮しながらのデザインする必要があります。

 

 

それから、筐体カバーと画面デザインの調和も大事です。利用者様が主に操作をするのは、LCD画面部分になります。したがって、使いやすさという観点から、画面上で表示されるアニメーションなども非常に重要な要素となってきます。画面正面からみると、このようになっており、外観と画面内のカラーリングもうまく調和させました。。

 

 

このあと、近くのヨークマートで少し休憩をして、帰還となりました。

 

 

弊所では、デザイン開発終了後に必ず現場確認を行い、ご利用者様の操作などを見て、ユーザビリティの調査を行います。もし問題点があれば、次回のマイナーチェンジなどでは、改良提案をしています。

 

次回は、再び都内の病院様でご採用頂く予定です。

 

医療現場はコロナ渦で、大変な状況が続きます。弊所でも微力ながらご協力をさせていただきます。

 

どうもありがとうございました。