イキイキと仕事をするためのしかけ | 人事コンサルタントのブログ

イキイキと仕事をするためのしかけ

 社員の不満をなくし、イキイキと仕事をするための対応・仕組み・しかけ
 
① 結果だけの評価ではなくて、やることをやっているかどうかの評価も重要視している。
  
② 人に仕事を教える人は高く評価されるようになっている。
  
③ 指導する人が評価する人であり、処遇を決める人になっている。
  
④ 「一人だけできるよりみんなができる方が、業績も上がりみんながよくなる」ということが職場に浸透している。
  
⑤ 昇格や昇進の理由が本人はもちろん、周りの人にもわかるようになっている。
 
⑥ 賃金や賞与の決め方を見えるようになっている。

(自分で自分の昇給が計算できるようになっている。)
  
⑦ 会社の評価項目に入っていなくても、目に見えない貢献をした場合は、職場内で賞賛されるようになっている。
 例えば、朝礼などみんなの前で拍手して表彰するようになっている。
  
⑧ 自社の商品やサービスに自信が持てるような働きかけをいつもしている。
 例えば、当社の商品やサービスに対するお客様からの喜びの声を掲示板に貼ったり、会議で発表するようになっている。
  
⑨ 会議では、できない理由やできない人に叱責するのではなく、できた人にうまくいったやり方や方法を発表してもらうようになっている。
  
⑩ 自分のやりたい仕事ができるようになっている。あるいは、やりたい仕事ができるように会社や上司が努力しているのを知っている。

 

デジタルコンテンツ販売店

 

人事に関する記事は、同じアメブロの「評価のQ&A」に掲載しています。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!