ワクチン注射痛そう! | 人事コンサルタントのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

ワクチン注射痛そう!

 テレビで新型コロナのワクチン注射を打っている様子がよく映し出されるが、腕に垂直に打っていてすごく痛そうである。


 そう思っていたら、「痛くない」注射の受け方4つのコツという記事がネットに出ていた。

1.冷却法冷たさ(冷覚)によって痛覚を感じにくくする方法
 注射を打つ直前まで約1分間、保冷材等で注射を打つ個所を冷やすと痛みが和らぐそうである。

2.呼吸法
 「ひっひっふー」と息を吸ってから細く長く吐くことで副交感神経を活性化させ、痛みをやわらげることができるそうである。
痛みをこらえようと息を止めて力んでしまうのではなく、注射の針を刺す直前から薬液の注入が終わるまで、息を細く口からフーッと吐き続けるのが良いらしい。

3.親指爪刺激法(注射の痛みを、他の痛みで紛らせる方法)
注射される腕と反対側の人差し指の爪先で、親指の爪のつけ根をギューッと押さえると良いらしい。爪でなくても全身のどこに痛みを加えても同じ作用をするそうだ。

4.ストレス鎮痛法
 戦闘中は痛みを感じにくくなるのと同様に、注射して薬液が注入され終わるまで、針の部分をあえてグッと見つめて気分を高揚させる方法もあるそうだ。

詳しくは、注射嫌いの大人におすすめ!「痛くない」注射の受け方4つのコツ(ニフティニュース)をどうぞ!

注射の痛みをやわらげる4つの方法を紹介 「痛みを痛みで和らげる方法」も|ニフティニュース (nifty.com)


なお、実際にワクチン注射を打った人の話によると、思ったほど痛くはなかったそうだ。

 

人事に関する記事は、同じアメブロの「評価のQ&A」に掲載しています。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!