他人を認める、怒らない | 人事コンサルタントのブログ

他人を認める、怒らない

 世の中には色々な人がいる。自分にとっての常識、知っていて当たり前が、他人にとっての常識とは限らない。「こんなことさえ知らないのか」ということがある。

もちろん、その逆もある。他人にとって知っていて当然のことを、自分が知らないこともある。
 

色々な人生があり、色々な経験があり、色々な知識がある。

自分の経験、知識だけで他人を判断しないようにしよう。

これは考え方やモノの見方も同じである。いろいろな正義がある。自分の考える正義だけが正しいとは限らない。他人の正義も認める心の広さが必要である。

 また、自分から見て「のろま」「ドジ」「間抜け」な行動にイライラしないことが大事である。

怒りの沸点を上げるということである。

すぐにカッとならないように沸点を上げる。

わざとであれば別であるが、本人としては一生懸命やって「のろま」「ドジ」「間抜け」なわけであるから、イライラしても怒鳴ってもどうにもならない。

広い心で応援してあげるのが望ましい。

怒るのは、意図的に攻撃を受けたとき、実害を受けた時だけである。

意図的でなく実害を受けたときは、事実に着目し冷静に弁償してもらうように対応すればよい。
感情的になってもしようがない。 

 

人事に関する記事は、同じアメブロの「評価のQ&A」に掲載しています。

 

合作を可能とする人事考課制度の仕組はこのツールセットで!
  

JK式人事考課制度の作り方動画(24分)をご覧ください!

 

人事考課基本研修動画(抜粋見本11分) をどうぞ!